大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。多摩センター校です。

英語ができると他教科の成績も上がる。そして

多摩センター校(2020年02月13日)

英語を伸ばすには、まず国語から 

 

をテーマに2019年の夏から

ウィングローブ英語塾 多摩センター校内に

出口式みらい学習教室、多摩愛宕教室を開設しました。

 

最初の生徒さんは、公立小の6年生で、

2019年9月から2020年の1月まで計20回の出口式の指導をさせていただきました。

そして2月からウィングローブ英語塾の新中一生として、その生徒さんは新スタートしています。

 

20回の出口式の指導を終えて、感想を書いてもらいました。

その内容が素晴らしかったので、ご本人と保護者様のご承諾を得て、ご紹介させていただきます。

 

小学6年生の生徒さんより感想

 

未来じゅくでは、学校で習わなかった「目的語」を学びました。
目的語を学ぶと、これまでより書かれている文の重要な部分がよく分かるようになりました。

文章の重要な部分が分かると、自分の頭の中で文章を分かりやすく整理でき、
これまでに比べて、本の内容や登場人物の心情が自分の中にスラスラと入ってくるようになりました。
じゅくで出される宿題では、文章の大事な部分を掴む力が伸ばされて、

学校の教科書に書かれている内容がよく分かり

ノートを自分で分かりやすいようにまとめられるようになりました
ノートを分かりやすくまとめられると自分のノートを見て授業の復習ができ、

その結果テストの点数が上がりました。
また、成績が上がるのは国語だけではありません

ノートを使うのは「算数」や「理科」や「社会」もそうなので、これらの成績も上がりました。
みらいじゅくのプリントは自分の意見を述べるものが多いため

自分の意見を分かりやすく相手に伝える力もつけられ、

学校の授業でも自信を持って発言できるようになりました。

みらいじゅくは国語以外の成績も伸ばせるので入ってよかったです。

 

(小学6年生 2019年9月入会~2020年1月、英語塾に移行 5か月通塾 レッスン数20回)

 

保護者より

息子は、通信教育もやっているのですが、国語は教科書の内容にそっての勉強でした。
そこで間違えたところを説明すると、よく分かっていなくて、

どう説明すればいいのか難しいときがありました。
でも、みらい学習教室で勉強しているのを見ると
こういう事を勉強すれば国語が分かりやすくなるのかな」と思いました。
短い期間だったのが惜しいですが、勉強できてよかったです。

 

ありがとうございました。

お母さまには、20回のレッスンに同席していただきました。

 

ウィングローブ英語塾では、英語の品詞と5文型、文の構造を柱に指導をしています。

その学習を始める前に、日本語の中の品詞と文の構造をとらえられるようになると、非常に英語学習に入りやすいのではないかと思い始めたところへ出口式に出会うことができました。

英語の構造をとることを、生徒さんと毎日している中で、

同じ視線で日本語の構造と論理を意識する作業は大変新鮮でした。

20回という短い期間にこれだけ成果が表れたのは、私としても大変嬉しい結果でした。

これから、それが、この生徒さんの中でどのように英語学習に生かされていくかを、

しっかり見届けようと思っています。

この生徒さんが「目的語」に着眼したのが、読んでいて大変興味深かったです。

他の教科の成績も上がるに違いないとは思っていましたが

ノートの取り方から発言に至るまで成果が出たとは、想定外の嬉しさを私も体験させていただきました。

 

出口先生にも報告し、大変喜んでいただきました。

 

4月から新たに、英語と日本語のバイリンガルである6歳のお子さんの指導出口式でお迎えします。

お子様を通して、日本語の美しさと論理を伝えらえれるように、今から楽しみにしております。

 

また英語塾の方は、お問い合わせが続いておりまして、一旦体験レッスンの受付は締させていただきます。

再開できるときが来ましたら、またご案内させていただきます。ご了承ください。

 

多摩センター校 教室便り Jan 2020

多摩センター校(2020年01月31日)

多摩センター教室便りの一月号から転載します。

 

一年間を振りかえって、そして新年を迎えるにあたり、生徒さん一人一人に語っていただきました。
その一部をご紹介します。

 

・英語がわかるようになった。不規則動詞を頑張る。(中1)

・学校で先生が言うこと、授業でしていることがわかる。テストで90点以上を取りたい。(中1)

・最初に比べて学校のテストが良くなった。15点くらい良くなった。80点以上が目標(難関私立中1)

・入ってから、学校だけでなく発音も良くなった。英語の文をちゃんと書けるようになりたい(難関私立中1)

・初見の長文問題が解けるようになった。ケアレスミスが減った。リスニングが苦手なのでネイティブと話せるようになりたい。(中3)

・中学では単語を覚えても活用できていなかったが、高校では長文で活かせている。リピートークを活用して、しゃべれるようになりたい。ネイティブと話すことが目標。(高1)

・文の構造が取れるようになった。学校のテストで時間が足りないと思うことが減った。単語をもっと身につけたい。(中3) ☆構造分析のスピードが一番早くなったかも。

・文法の問題の正解率が上がった。Ielts試験で6.5以上取りたい。(高1帰国生)

・単語力がついた。高校に入ったらTOEICの準備をしたい。(中3)

・学校の教科書の文が読みやすくなった。品詞がわかったのと、他にも文の修飾関係がわかって、単語テストは元々意味だけで応えていたけれど、意味と働きがわかった。これからもっと単語を覚えてそれを使って文を作れるようにしたい。(中1帰国生)

・9月の終わりに入塾してから、文のSVOの書き方がわかった。それまでは全部暗記だった。複数のsとか、動詞のsがどういう場面で付けるかわかった。複雑な文でも文型を使って読めるようになりたい。(中1)

・一、二年の記憶があまりない。部活を引退してから今までが短く感じる。(高3) ☆一生懸命だからですね。

・中学から常に先取りができた。単語を暗記して良かった。大学には合格したい。大学で勉強したい。(高3)

・中学からやって、高校に入って単語を始めたころはわからなかったけれど、頑張って暗記を続けていたら長文がわかるようになった。高校で部活は大変だったが(キャプテン)両立しようと思った、絶対に。(高3)

・最初は先生が言っている暗記は出来るわけないと思っていたけど出来た。最後まであきらめないで頑張りたい。(高3)

・中学まで英語は全然できなかった。暗記をするばかりで、本当の意味で英文を読めていなかった。学校ではみんな上を目指していない。私はもっと上に行きたい。後悔のない受験をしたい。(高2入会、高3生)

・最近英語が難しくなっているのを感じる。前置詞をたくさん覚えてきた。英検2級を取りたい。(中3)

・中学を卒業するまでに、頑張ることをしたい。 (中3)  ☆頑張れる自分になりたいという意味かな?

・自分一人で英文を訳せるようになった。受験が終わったら、英検2級の勉強を始めたい。(中三) ☆自分一人で、は本当に嬉しいね。

・リスニングがよくなった。英語をもっと頑張りたい。数学と理科が伸びた。受験に合格して英検、漢検の準2級を取りたい。(中3) ☆英語ができるとなぜか他教科も上がってきます!

・入会したばかりで、まだよくわからないけれど(周りの人のように)システムに早く慣れたい。(中3) ☆大丈夫!

・1、2年の時より単語を覚えられるようになった。文法もわかるようになった。日本史も教材を合計13周したあたりでわかるようになった。大学に合格して、しっかり大学生活を頑張りたい。(高3) ☆君の頑張りは尊敬

・進歩がなかった。目標:次の英検準2級を取れるように頑張る。(高1 ) ☆毎回のレッスンで絶対に進歩する!と思って下さい。

・最初は無理だと思っていた単語が最近スラスラ出て来るようになったのが嬉しい。もっと覚えて来年の受験を頑張りたい。(高2)

 

中高生の脳には限界は無いです。先輩たちが証明しています。”繰り返し”を続けてください。(^O^)/

 

今年の2月から開講いたします2020年度のクラススケジュールと空席状況をお知らせします。

 

2020年 2月より実施予定のクラス

全クラスオープンクラス 中学生(小6生含む)・高校生・高卒生のどなたでもお入り頂けます。

 

月曜日 17:00~19:00 空席2

月曜日 19:15~21:15   満席

 

火曜日 17:00~19:00   空席1

火曜日 19:15~21:15   満席

 

水曜日 17:00~19:00 空席2

水曜日 19:15~21:15   満席

 

現高三生の卒業により、上記の空席が出来る予定です。

多摩センター校は、2020年度から全クラスをオープンクラスにします。

中学生(小6生含む)・高校生・高卒生のどなたでもお入りいただけるようにいたしました。

 

今より成績を上げたい!英語を基礎から学びたい! 意欲のある生徒さんを募集しています。

体験レッスン 

にどうぞお申し込みください。

 

 

 

お問い合わせをお待ちしています。

 

ウィングローブ英語塾

多摩センター校

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月10日(火)

たまたま仕事後にホッとしながらテレビ画面を見ていると

見慣れた光景が映し出されました。

 

ハローキティーの町、多摩センターのサンリオピューロランド。

 

このエンターテイメントパークが危機にあったとはつゆ知らずでしたが

この5年でV字回復させた女性社長を紹介する番組でした。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます 日経電子版より

 

小巻亜矢さん 60歳

日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー 2020

 

仕事もスタイルもカッコいい社長でした。60歳とはとても思えない。

 

日経新聞にも12月3日から連載されていました。

https://www.nikkeibp.co.jp/atcl/newsrelease/corp/20191129/

 

そう言えば、ここ数年、京王線も小田急線も多摩センター駅はサンリオ仕様になっていて

名誉駅長は、キティーちゃんです。

 

こういう大きな変化も、小巻さんの経営手法の一環だったのかなと妙に納得。

 

サンリオキャラによる装飾が完成した京王多摩センター駅の改札前コンコース。

https://response.jp/article/img/2016/07/09/278193/1073863.html?from=tpimg

 

多摩センター校から、ピューロランドが煌々と見えます。

大いに刺激を受けました。

 

私も頑張るぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.nikkeibp.co.jp/atcl/newsrelease/corp/20191129/

12月7日(土)午後

出口汪先生:現代文のカリスマ講師

木村達哉先生:天下の灘校の英語科現役教師でありユメタンなど著書多数、作家

お二人の

昨年関西学院大がで行われた絶妙な国語と英語の対談の第二弾

しかも、今回は京都寺町のお寺、天性寺での開催に

新幹線に乗って行ってきました。

 

主催は、京都の若いママたちが組織する団体

MaMan KYOTOさん

出口汪&木村達哉先生 『AI時代の読む力』対談

100名以上の参加があった『AI時代の読む力』を基にした対談の会。参加者さんからのご質問「どうすれば子どもが本を読むようになりますか?」に応える 出口 汪 (Deguchi Hiroshi)先生の回答の一部です。出口先生の衝撃の答えは、今の子ども達は「読まない」のではなく、「読めない」。そこをクリアせずに「読みなさい」と言っても無理だということ。詳しく知りたい方はお二方の著書『AI時代の読む力』までどうぞ♪木村先生が途中、四つん這いになられていますが、これは参加者さんからの質問ポストイットを確認されているところです(^^

MaMan KYOTOさんの投稿 2019年12月8日日曜日

若いママさんからの質問が、忘れかけた時を戻してくれました。

 

MaManさん「就学前にこれだけは、やっておいた方が良いことはありますか?」

 

出口先生:漢字です。

木村先生:経験値を上げる。

今まで行ったことが無いところへ連れて行ってあげることです。

(例として茨城県の水戸が挙げられていました。

いつ、どこで、なにと水戸が繋がるか分からない。とおっしゃっていました)

 

MaManさん「本を読まない子供に本を読ませるにはどうしたらよいですか」

 

出口先生:子どもたちは本を『読まない』のではなくて『読めない』のです。

『読める』ようにしてあげれば読みます。

読めるようにするには、まず漢字を読めて語彙を増やすこと。

英語で言う語彙が”単語”であるならば、日本語で言う語彙は”漢字”です。

 

木村先生:子どもが本を読まないと言う前に、大人が本が読んでいますか?

まず大人が読んで、その姿を子どもに見せることです。

家に本棚があることが大事です。

我が家は貧乏だったけれど、本は買ってくれた。

ドラえもんはええやつや!と父親がすべて買ってくれました。

 

非常に中身の濃い2時間でした。

私が印象に残った言葉

 

出口先生:他者意識を持つこと。相手が察してくれると思っていてはいけない。

むかつく:不快だ!誰か解決しろ!と言っている。

やばい:相手に察してくれ!と言っている。

察する文化にいる子どもたちが、一切察してくれない言語である”英語”ができるわけがない。

他者に言葉ではっきりと伝える国語の”論理力”をまず持たなくてはいけない。

 

木村先生:灘校は面倒見が悪いです。

面倒見がよいと、思考停止になる。

やたらと手を差し伸べると受け身になる。

これから確実に外国人が増えてくるのは分かっている。

どうして英語を勉強するのか深く考えるべきだ。

英語に限らず、これが出来るとどうなるんだろう?とものごとを考える。

機械的に何かを始めてもダメです。

 

ここには書ききれませんが、お二人の共同著書を読まれるとかなり追いつけると思います。

↓↓↓

国語と英語のカリスマ教師が教える

”AI時代の読む力”

出口汪氏・木村達哉氏著

 

 

講演会をきっかけに、晩秋の京都も2泊3日で満喫してきました。

 

 

<写真は来年掲載します>

 

 

 

千葉県 鋸南町からお礼状

多摩センター校(2019年12月30日)

鋸南町台風15号で膨大な被害を受けた千葉県鋸南町長からお礼状を頂きました。

わずかながらの寄付金でしたが、わざわざこうして封書を出してくださることを

お忙しいところを申し訳ない、切手代だって使わせてしまって・・・

しかし、やはりお気持ちをいただくというのは気持ちがほっこりするものですね。

ありがとうございます。

 

最近のテレビ番組で東京の大地震についてのドラマがありましたが

自分がお世話になることがあるかもしれない。

できる時にできることをしようと思います。

 

災害に会われた皆さんが温かいお正月を迎えられますように。

 

 

 

 

進路指導面談 2019 終了しました。

多摩センター校(2019年12月18日)

今日は、山口進路指導アドバイザーが来校して面談がありました。

高3生にとっては、最後の面談。

受験校も確認し、山口先生と握手している場面もありました。

やることはやってきました。

「これだけやってきても。明日受験ではないのです。

まだ2カ月もあるのです。いいでしょう?」と言われていました。

 

高2生は、この面談から受験生としてカウントされます。

来年の今ごろ、どれだけ力をつけているか。

既に現在の状況が非常に良い。

保護者の方からも、「近頃良く家でも単語を暗記する声が聞こえています」

というお話がありました。

 

合格の基準が分かっているから、自信を持ってすすめているカリキュラムです。

最初は疑いつつも、きちんとこなしてきた高三生が

本当に言われた通りだったと実感するのが12月の面談です。

一年前の自分と明らかに違う自分を認識している顔になります。

あとは最後まで前だけを向いて、やることをやり続け

運を身につけましょう。

 

中三生には、最終学歴は大学だから

高校は余裕を持って部活と勉強ができるところへ行った方が良いという指示。

大学院という道もあるし、高校選びは慎重に。

 

真剣に皆さんの面談に付き添わせていただき、心地よい疲れに浸っています。

 

がんばれ受験生!!!

 

 

 

100点 100点 偏差値71 \(◎o◎)/!

多摩センター校(2019年11月21日)

公立中三年生のHくんからの報告。

先週のスケジュールの隅に書いてあって、期末テストの目標点かと思い

いつも控えめなHくんが「ついに書いたじゃないの~」と違った意味で喜んでいたのですが

よ~く見ると既に終わった試験の100点の報告でした。

すぐに反応できなくて申し訳なかったです。

今週、よ~く聞いてみると

総合塾の先生も「(100点を)久しぶりに見た」と驚いていたそうです。

Hくん、このテストだけでなく、学校の模擬テストでも100点、

偏差値71をたたき出しているそうです。凄い!!!

期末テストも、遠慮しないで、その調子で取りに行ってください。(^^)v

 

私立の中三生は受験が無いので、高校生の単語・熟語の暗記に入っています。

なんと、中三なのに、大学受験の単語100個からのテストに10割合格する準備をしてきます。

指導者も目が点です。

若いという事は、放っておいては勿体ないですね。

どんどん吸収できるのですから。

勉強のフライイングは、いくらでもしていただきたいです。

 

高2生も

昨今の大学受験の話題から、先月、「現高2の大学受験の英語は一年前倒しだと思ってね」

と伝えたところ、高2というのにいきなり200個からの単語テストを10割合格してきました。

一年からの積み重ねが開花してきたのだとは思いますが

「どうやって、暗記しているの?」と急激な成長に驚いて質問すると

こちらの指示どおりに声を出して、単語集を音読しているそうです。

音読となると、学校や電車の中では出来ないので

自宅でやっているのでしょうから

「○○さんの単語を覚える声が聞こえて、お父さんもお母さんもきっと喜んでいるよ」

と話しました。

 

多摩センター校では、高校生の単語を暗記する声がよく響いています。

それを小さい頃から聞いて育った我が子も、年頃になると自室でマネして単語を唱えていました。

子ども部屋から単語・熟語を暗記している声が聞こえると、

親としてもじわ~っと嬉しく感じたものです。

 

これは

歴代の卒業生達が代々と引き継いで残してくれた財産です。

 

新人講師の頃に言われました。

「指導者が無理と思ったらいけないのよ。生徒の頭は無限なのよ」

 

本当に中高生の力は無限です。

 

今月で英語講師生活丸10年、2009年の11月に開講し

非常に恵まれた2019年の11月を送らせていただいております。

いつも力をくれる生徒さん達のそれぞれの成長に感謝。

 

 

 

 

 

 

 

中間テストの結果 報告のあった一部をご紹介します。

 

中1生:98点、98点、88点、85点、 前期期末80点

中2生:96点

中3生:98点、94点、94点、91点、90点、80点

高1生:80点(学年2位)

 

他の皆さんも良く頑張っています。(^^)v

 

中一生のTくんは、英語(98点)だけでなく、学年総合一位に輝きました。

 

新中一のために年度初めに行われた山口進路指導面談での、

山口先生に指示された他教科の教材を学校の授業の復習に使い

間違ったところには印をつけてやり直し

試験前に全体を2、3回繰り返したそうです。

 

お母様からメールを頂いたので許可を得て転載します。

 

「英語に関しては本当にただただウィングローブに通わせて頂いてるだけで、

試験前にこれといった勉強をせずに今回のような点数に繋がりました。

今回の成績は英語のお陰で全教科の平均点を引き上げることが出来た結果だね…

と息子に話し、そのことを高山先生にご報告して来てね!と送り出しました。

 

ウィングローブで日々しっかり勉強を積んでいるお陰で

試験前に慌てることなく

英語に掛けるべき時間を他の教科に充てられることも

全ての成績向上に繋がっており

本当に有難いことだと感謝しております」

 

ありがとうございました。

こんなに嬉しいメールをいただき、昨日から大変幸福です。

 

英語のアドバンテージは大きいです。

 

普段から英語を鍛えておけば、試験前は他教科にその分の時間を使えます。

 

Tくん、皆さん、この調子で期末テストも頑張ってください。(^^)v

 

 

 

 

中2生、一名募集中 そして近況報告

多摩センター校(2019年10月01日)

更新が滞っていました。

失礼しました。

 

空席情報

月曜日17時~19時のクラスに11月より空席が一席出る予定です。

中1生のお問い合わせをお待ちしております。

 

近況をお伝えしますと、

9月から、出口式みらい学習教室の方に、

小学6年生、来年度の新中一生が入会して5回のレッスンを終えました。

日本語ですが、瞬時に述語動詞が分かり、主語、目的語、修飾語を見極めることが出来るようになりました。

品詞を知った上で、来年の2月から英語学習を始めるので、本当に楽しみな生徒さんです。

 

「先生、国語だけじゃなくて、他教科の成績も上がりました!」という報告を待っています(^^ゞ

夢ではないと思います。

数学も、理科も、社会も、みんな日本語で考えるわけですから。

 

英語教室の指導にも活かせるように、情報交換をして日夜勉強中です。

 

英検では、7月に高三生が2度目の準1級に合格しました。

中学時に取得していたのですが、新しい大学受験に備えての再受験になりました。

1級には、わずかに届かず、また再挑戦して欲しいです。

 

定期テストでは、一学期の期末テストで久しぶりに中三生から100点が出て

サーティーワンアイスクリームでお祝いをしました。

 

中一生も順調なスタートを切り、皆頑張っています。

中学から始めた英語に慣れてきました。

最初は、口も動かず苦労をしていましたが

最近はCDの音を聞きながら、見事なシャドーイングをしてくれます。

暗記もスラスラしています。さすがに13歳の頭は柔らかい。

 

高三生は、緊張感のある授業が続いています。

とにかく、今は基礎を固めています。

応用に手を出さず、じっと我慢で基礎を積んでいきます。

山口進路指導面談では、志望校にGOサインも出て、もうあとはゴールを目指して

合格する基準に達成するまで学習を進めるのみ。

前だけ向いて行きましょう!

 

以上、生徒募集と近況をお伝えしました。

 

ウィングローブ英語塾

多摩センター校

 

 

 

 

アーカイブ

-

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
  • ウィングローブ英語塾