大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。多摩センター校です。

ごあいさつの最近のブログ記事

開講 まる8年になりました

多摩センター校(2017年11月11日)

11月、多摩センターの紅葉は素晴らしい色つきになっています。
お陰さまで多摩センター校は開講からこの11月でまる8年、英語塾を続けてくることができました。
日頃よりご理解とご愛顧をいただきまして、ありがとうございます。<(_ _)>

そんな開校記念月の今週の授業風景をお伝えします。

水曜日は、前半が中学一年生、後半が高三生となっています。
高三生は単語熟語の精度を上げて来たので、
2学期から単語帳に書いてある意味を全部言えない場合は合格にしていません。
または、単語数を増やし一冊からとか500個から10題のテストに切り替えています。

すると、精度を上げてきたとはいえ不合格者も出てきて追試を受けにくる生徒も出てきます。
高三生は、前半の中一生の時間に早々と来て、教室の隅でブツブツ単語を唱えています。
そして、中一生の授業の切れ間に、申し訳なさそうに追試を申し込んできます。
中一生が全員息をひそめて見守る中、
「1から500でお願いします」「1から1900でお願いします」と言ってきて
この単語数から無作為に選ばれた10個に答えていきます。
そのスピードたるやお見せできないのが残念です。
しかし、この幸運な中一生達はその目で見て、耳で聞いています。まさにライブです。
高三生がすべてに答えて合格したあと、中一生一同顔を見合わせていました。

「すごいでしょ。神業だよね」

と言いながら単語帳をその高三生に返し中一生の授業に戻ります。
このような異学年からの刺激、
特に人生かけている高三生を目にすることは下級生にとって大きな刺激になると思います。
現在の高三生も中学生の時から、そういう高三生を見てきました。だから今があるのだと思います。

後半の高三生の授業では終了前に卒業生を呼んで
2014年の受験生から2018年の受験生に向けて熱いメッセージを届けることができました。
高三生からも、現実的な質問が飛んできました。
「センター日本史は何割を目指し、実際何割でしたか?差し支えなければ教えてください」
「日本史の勉強でこれは失敗だった。この勉強は成功だったというのがありますか?」
「一問一答」の1ページに、だいたいどのくらい時間をかけましたか?」
「英語がもっとわかるようにするにはどうしたらよいですか。一問一の覚え方はありますか」など様々。

卒業生からは
「10割目指して8割5分、これは期待以下の結果でした。しかし私大はこの一冊でほぼ完ぺきでした」
「山口先生にやりなさいと言われたことをすべてやりました。失敗した勉強は一つもなかった」
「一問一答は、答えられなければすぐ答えを見て、次々と進めた。
受験までにする回数から逆算して一日に何ページをやるか決めてやっていた」
「英語は受験勉強にはいる前に基礎精講を4周していて、受験まで続けた。この一冊で受験を乗り越えられる。
一問一答を覚えるのに覚えかたはない。どこかに魔法があるわけではない。
とにかく繰り返せば覚えられます。質ではなくて量です」

最後に、「勉強とは思わずに作業だと思ってやれば気が楽かもしれない」
という言葉を残して去っていきました。

先輩としてかっこをつけることなく率直に答えてくれたのが良かったと横で聞いていて思いました。
あとで、卒業生にお礼をいうと、「量は始めは大事だけれど最終的には質です」と言っていました。
これもしっかり伝えておきます。

開講まる8年、ブログに書ききれないドラマが続いております。

「あ~講師になって良かった!」 (^v^)

ロシアより 愛を込めて

多摩センター校(2017年01月03日)

rei オーロラ1.jpg2rei オローラ.jpg3rei オーロラ.jpg2rei サンクトの新年.jpgのサムネイル画像新年rei サンクトの.jpgのサムネイル画像rei サンクトの新年3.jpgのサムネイル画像ロシア留学中の卒業生から
シベリアからのオーロラと
新年の様子が届きました。
お料理はちょっとおせちのようですね。

         

 

そしてこちらは多摩センター校からの初日の出です。

雲ひとつない空
桜のつぼみに燦々と明るい光が降り注いでいます。
今年もよろしくお願いいたします。

                  
Welcome 2017

Welcome 2016

多摩センター校(2016年01月02日)

2016 初日の出明けましておめでとうございます。
今年も頑張っていきましょう。

☆☆☆

冬の仕込み、単語道場を開催しました。
参加した生徒の感想を載せさせていただきます。

 こんなに単語を覚えられるときは、あまりなかったので貴重でした。

冬休みの宿題をやってまた来たいです。
小6女子 準2級合格点まであと6点

2回目でしたが、やはり疲れました。
しかしその分、単語がたくさん覚えられたといういう実感があったので良かったです
教科書の予習は学校でも生かさると思うし、
ユメタンの暗記も初めてやって、結構覚えられたので、楽しかったです。
また、機会があったら参加したいです。 
中1女子 英検4級模擬テストは余裕だったので3級から挑戦

三学期に習う単語を冬休みの間に覚えられて良かった。
ユメタンの暗記は全く知らない惑星の名前や、
全て覚えられなかったけど、不規則動詞活用表を少しだけ覚えられた。
家でも習慣づけようと思った。
中2女子 入会10カ月で大躍進

1日目
今日は、ひたすら英検2級の勉強をしました。単語を覚えるのは大変でしたが力がつきました。
2日目
今日も英検の勉強でした。
大変でしたが身につきました。英検合格できるように頑張っていきたいと思います。
中2男子 ”仮定法”も分詞構文”も目を輝かせて取り組んでいます。


主に英検準2級の勉強をしました。必要な単語がたくさんおぼえられてよかったです。
すぐ忘れちゃうので家でも同じような方法で勉強しようと思います。
関係代名詞が難しかったです。”who” とか ”which” とか ”that” とかを使い分けるのが少し大変でした。
でも理解できるととても楽しかったです。
一文作ってみました。
Ariel is a mermaid that everyone likes.
「アリエルはみんなが好きな人魚です」
中2女子 関係代名詞、バッチリです。元気が出るコメントをいつもありがとう!

今回、2級の英検に向けて、単語の暗記をしました。
急に難しくなって覚えるのはたいへんでした。けど、何度も口に出しているうちに自然と頭に入ってきました。
家でも同じようにやってたくさん単語を覚えたいと思います。
中3女子 高校生の単語集”アクティブ”に入りました。

次回のテスト対策ができたので良かった。
関係代名詞は少し苦手で非制限用法も難しいと思ったが簡単だった。
少しだけ時間が長いと思った。
高1男子 教科書中心にやりました。今までで一番燃えてました。その調子!

目標をアクティブ一周することにしていたが、できなくて残念だった。
これから自分でもっと効率的に覚えられるやり方を見つけたい。
高3の人に刺激されて前回より集中できた。
高1女子 今回も気迫を感じました。 効率的な覚え方をもう実行してますよ。繰り返すこと、声に出すこと。

苦手な単語や熟語がわかって良かったと思った。
もう少しで1周できたがおしかった。
高3男子 熟語は1000個、単語は1600個を達成しました。

単語も1周できればよかったです。
高3女子 熟語は1000個、単語は1600個を達成しました。

3周目まで終わらなかったのは悔しかったけど、
一日目よりも二日目に進む速さがはやくなったのがわかって嬉しかった。
2日目の方が人数が多くて、中学生なのに英検2級とかの対策をしていて、刺激をもらいました。
いい二日間でした。もう参加できないと思うと残念です。
高3女子 熟語1000個×2周、 単語1800個×2周 それぞれ3周目にはいりました。

☆☆☆

高3生諸君 これからは試験監督で来てください。グッとくる感想ありがとう。
        みなさんの頑張りのDNAを絶やさないように私も頑張ります。

Welcome 2015

多摩センター校(2015年01月01日)

夢に向かって 限りなく ギリギリまで にじりよろう!

ウィングローブ英語塾 多摩センター校

今年もよろしくお願いします。

2015 太陽3

ごあいさつ

多摩センター校(2014年09月03日)

はじめまして、ウィングローブ英語塾 多摩センター校の講師の高山秀美と申します。

多摩市愛宕に英語教室を始めて間もなく丸5年になります。

この4月からウィングローブ英語塾として新たに開講しました。

多摩センター駅から北へ歩いて7分、上ノ根公園の桜並木の遊歩道に面してに立つ三角屋根のマンションに

多摩センター校はあります。

そこに小学5年生から高校3年生の生徒さんが通ってくれています。

同時通訳形式で右へ右へと英語を理解していくウィングローブの指導法を体験すると

どの生徒さんの目もパッと輝きます。

英語が 「わかる」 って嬉しいですよね。

あとは、単語 と 熟語 を覚えていくだけです。 

そこを大学受験まで、さらに社会人になっても、しっかりサポートしていくのがウィングローブの特徴です。

体験レッスンに是非お越しください。 お待ちしております。

写真AFS 集合.jpg

【 講師紹介 】

英文科を卒業後、航空会社に国際線乗務員として勤務。乗務歴14年 渡航地  30カ国、 54都市
  海外長期出張 : フランス パリ  ヨーロッパ路線、現地採用(イギリス、ドイツ)の乗務員の教育担当
 
 
  外資系他社便に通訳として出向 : カナダ航空、ニュージランド航空

資格 : 英検準一級、仏検三級、日本ソムリエ協会認定 ソムリエ、東京シティーガイド検定合格

渡航歴 : アメリカ、カリフォルニア州 パサデナ ホームステイ
      ニューヨークシティーマラソン参加、完走 
      アメリカ大陸横断 (ロサンゼルス→ニューヨーク) 
      中国、新疆ウィーグル自治区 ウルムチ、トルファン、カシュガル など多数

国際交流 : 留学生をホストファミリーとして受け入れる。(アメリカ、メキシコ、フィンランド)
         Up With People , World Campus Tama, AFS

趣味 : 料理、ワインの試飲、映画鑑賞

【 英語との出会い 】

父親の書棚にあった英語のコミックを見るのが好きであった。
テレビで「アテンションプリーズ」というスチュワーデスの番組を見て国際客室乗務員をめざす。
小学4年から当時少数であったアメリカ人講師の英語学校に通う。

【 講師になったきっかけ 】

英語がわからなくなった中学生から依頼を受け、半年間見てあげたところ
学校で下位10%内だったその生徒を上位10%以上まで引き上げ
習熟度別クラス編成の最下位クラスから、3ランクアップに成功した時、
指導することに喜びを感じ、指導者を志ざす。

【 ウィングローブ英語塾との出会い】

指導法を研究している時、航空会社時代の元同僚で非常に優秀な英語力を持っている友人に
自分の理想の英語学校のイメージを語ったところ
そういう英語塾あるよ」と言われ、現在のウィングローブ英語塾の指導法に出会う。
英語教室を開いて6年目、生徒の保護者からの紹介も増え
小学五年生から高校三年生の英語指導に、日夜研鑽を積んでいる。

【 生徒さんと保護者の方々に伝えたいこと】

大きな事がない限り、確実に5年後、10年後、20年後・・・と末来はやってきます。
その時のために、今からコツコツと英語に触れていきましょう。
そうすると確実に5年、10年、20年・・・先の
末来(友人、学び、仕事、出会い、子育て)は違ったものになると、私は自分の人生を通して感じています。

空席はわずかになっております。是非、お早目に 体験レッスン にお越しください。

 

アーカイブ

-

カレンダー

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • ウィングローブ英語塾