一橋大学 合格体験記 

3月9日 午前10時39分
高三生の平本大樹君より 一橋大学経済学部合格のメールが入りました。

こんにちは。受験結果が出たので報告します。

一橋 合格

目標の大学に合格できました。8年間ありがとうございました。

平本大樹

入会時は10歳でした。体験レッスンを終えて、「どうだった?」と聞くと
「楽しかった~」と高い声で目を輝かせて応えてくれました。
その当時の事は、全く覚えていないそうですが
まさか、大学受験まで通うことになるとは思っていなかったようです。

合格発表の翌日に、試験問題と合格証と合格体験記を書いて持ってきてくれました。
この素早さも彼の特徴の一つだと思います。

ご本人の承諾を得ましたので、その合格体験を皆さまにご紹介したいと思います。

ウィングローブ英語塾 多摩センター校  平本大樹  都立国立高校
進学大学 一橋大学 経済学部

1.教室に通ったのは8年間  (入会学年 小学5年生のとき)
2.ウィングローブの授業の中で英語力を伸ばす上で役に立ったと思うものを挙げてください。
  (1)品詞と文型の学習、(2)単語・熟語・基礎精講の自己学習、(3)音読・リピート・リスニング
  (4)前からの同時通訳式訳、(5)個別対応指導
3.他塾と比べて、ウィングローブの良かった点は?
  他塾に通ったことがないのでわかりません。
4.授業の満足度を表すとしたら?
  非常に満足
5.山口先生の面談の良かった点、得られた効果は?
  自分で考えた学習法との一致点、不一致点を確認できた点。
  自分の勉強法に自信がもてました。
6.後輩たちへ伝えたいメッセージ、ウィングローブ全体を振り返ってなど、なんでもお願いします。
  勉強はさせられるものではなく自分でするものであるということを認識することが合格への第一歩だと思います。
  例えば、ウィングローブの先生(高山)は非常にしつこく単熟語の学習を迫ってきますが、
  それによりかからず、自分が必要だと思う勉強を取捨選択して学習することで
  勉強はさせられるものではなく自分でするものへと変化します。
  しかしこれを勉強しない言い訳にしてはいけません。
  自分が本格的に受験勉強をはじめたのは高3の9月ですが、
  それまでも学校の勉強においていかれないようにテスト前だけは勉強していました。
  このように、自分に必要な勉強を自主的に最低限確保し、勉強を自分でするものに変えることが必要です。
  また、勉強の質を確保することが必要です。
  質を確保できない時間などいくらやってもしかたがありません。
  一日に勉強した時間ではなく、
  一日に何を勉強して何を得たのかということを自覚できるようにすることが大切で す。 
 
  これが上で述べた勉強をするものに変えるということにもつながります。
  これから受験生となるみなさんは、是非実践してみてください。
  繰り返しとなりますが、
  勉強をさせられるものから自分でするものに変えることで合格は大いに近づきます。

以上の合格体験記を発表の翌日に私の元に届けに来てくれました。
その翌日から、後期で受験予定だった北海道へ一人旅に出るということでした。

体験記を読んで、私に対してかなり厳しいなと思いましたが
大樹君らしく後輩を思った立派な意見だと受け取りました。
しかし、皆、大樹君のような生徒ではないので私も見極めて生徒に押す時は今後も押していこうと思います。
今回は山口先生から、彼の思うようにやらせてくださいと言われていたので、私は口を挟まないでいました。
とにかく凄い生徒が来てくれて、8年間も通ってくれたことに感謝しなくてはいけないと思いました。

指導者から見て、明らかに彼が秀でているところは、8年間を通してやり残した教材が一つもなかったということです。
ウィングローブが終わって家に帰ると、クタクタに疲れていたとお母様からお聞きしたことがあります。
それだけ、週に一度2時間半のレッスンに集中して取りかかってくれていたようです。
中学の頃、レッスン中に文法問題集の訳と英作文を書きすぎて手が痛いなどと言っていました。
高校受験も大学受験も英語が早めに仕上がっていたので、他教科に専念することができたようです。
欠席することもなく、自己管理能力もかなり高かったです。

また大学生活で大きく羽ばたいてください。
近況報告を楽しみにしています。
8年間、通ってくれて本当にありがとう!!!
これからも応援しています。

お母様からのお手紙より 
<前略>
小学5年生の息子が体験レッスンに行った日の事は、昨日の事のように覚えています。
こんなレッスンを受けたら、きっと英語が良くわかるようになるだろうなぁ
自分も学生の時に、こんな風に教えてもらいたかった!」というのが私の素直な感想でした。
息子も自分から 「習いたい!」とやる気を見せ即決で入会させていただくことになりました。
あの時に、体験レッスンに誘っていただいたことが今日につながっていると確信しています。
高校は部活と行事漬けの日々...勉強は学校の授業とウィングローブのレッスンのみ、
本人は毎日やりたい事をやり、充実していましたが親としては正直モヤモヤすることが多かったです。
そんな時に山口先生の面談でお話をお聞きすることで、私の心の安定が図れました
ウィングローブのご指導があったからこそ、
息子は憧れて入学した高校で思い切り学校生活を楽しめたのだと思います。
(高校生活はやりきったので、浪人しても悔いはない!と言っていました。)
<後略>

掲載のご承諾をありがとうございました。
このご両親ありて、大樹君ありというご家庭でした。
こちらも学ばせていただくことが多かったです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
8年間、毎週お顔を見てきた大樹君の卒業は淋しい気持ちもありますが
これからのご活躍を心から楽しみにしております。

一橋大学ご入学おめでとうございます。

ウィングローブ英語塾
多摩センター校
高山秀美









感動する文法力 基礎精講 文法セミナー 

昨日は、千駄ヶ谷区民会にて、基礎精講文法セミナーが行われました。
ウィングローブ全校から高校生が結集し
7時間、英文法と向き合います。

基礎精講を読みこむ読みこむ
そして、問題に取り組む。
そして「どうして、その答えになるの?説明してくれる?」と問われてしまう。
生徒さんによっては、身体を動かして一所懸命説明する準備をしている。
まるで指揮者のように意味をもった空気をその手でつかむように
「○○が△△だから□□になります」と思考を具現化している姿が見えました。

多摩センター校からは5名の参加。
学芸大高校に進学のSくんも早々に出席。次は東大かな?
私立校学年首位のHくんは、もはや常連、新高2生
普段、基礎精講は苦手だけれど敢えて参加の都立校のMくん集中していました。
都立中高一貫のRさん、昨年11月入会の新高三生、
長年の靄が晴れたような、清々しい顔を終了時にしていました。
私立校のY姉妹の妹Mさん、今回初参加で家に帰って夕食の時に
「あれは感動するよね!」「感動するよね!」と姉妹で話していたので、
それを見ていたお母さんも感動したとメールをくださいました。

指導する立場としても毎回感動するのです。
どうしてでしょう。
どうぞ確かめにいらしてくださいね。

これをもちまして、私は春休みに入ります。
高校生の皆さんは、3月31日。4月1日の本部主催の単語大会頑張ってください。
4月9日(月)から生徒の皆さんにお会いできることを楽しみにしています。
まず、乞田川の花見に行ってきます(^^)v












生徒さんのやる気に圧倒!

今日は単語道場の初日でした。
参加者10名
教科書、一学期分の単語調べと暗記、スペルもOK
明日は、英検単語に入ります。

準1級を取得済みの帰国生の3人は、最初から英検単語
一人は1級単語の前に準1級単語の短文集で単語の推測訓練
一人も準1級の単語をもう一度50個ずつ総ざらいし
一人は1級パス単覚書ノートで300個合格。

月末の、ウィングローブ本部主催の単語大会に参加する新高2生は、
教科書クラウンを4課分早々と仕上げて単語1800個、熟語100個を7時間で制覇。

初参加の新中一生は、教科書単語の書き出しと調べるところまでに時間がかかってしまったと悔しがり、
それでも3課分の単語の暗記と正確なスペルを書けるようになりました。
「7時間は集中してやったら早く感じた。単語をもっと覚えたい」
と感想に書き記していました。\(◎o◎)/!

明日も行います。
今日の参加者は明日も頑張る!と書いています。頼もしい。
明日は記念すべき多摩センター校単語道場初めての満席道場になりました。

今日の単語道場に参加して、明日は早退予定だった新中3生が
予定をキャンセルして、最後まで残りたいと言ってきました。

部活でこれないと言っていた新中3生も、部活の予定が変わったということで、
「今から間に合うでしょうか?」と聞いてきました。
そういう生徒に最後の一席が残されていました。

いや~もう本当に、ここまでやる気を見せつけられて講師冥利に尽きています。
単語道場はやめられません。





桜 咲く 2018 ❀

多摩センター校生 合格おめでとうございます。

2018

【大学入試】 

 国立  一橋大学    経済 

 私立  明治学院    文学
     日本      芸術
     獨協      外国語
     玉川      芸術  
     亜細亜
     成城      補
     駒沢      補
     東洋英和    人間科学部
     東京薬科    生命科学
     麻布      獣医
     湘南工科

【高校入試】
 
 国立  東京学芸大附属

 私立  桐光学園


【2017年度英検】
 
 準1級 高三、 中一
 2級 高一
 準2級 中二、中一
 3級 中一
 4級 中一

    ※2級、準1級取得済みの、準1級、1級チャレンジャー多数






中一生 英検 絶好調

2017年第三回 英検一次合格

準1級 中一 \(^o^)/
準2級 中一 \(^o^)/
3級 中一 \(^o^)/ \(^o^)/
4級 中一 \(^o^)/

上記以外の中一生 前回の英検で既に3級合格で今回は一回休み中

全員2次試験も合格しました。\(^o^)/  2018.3.6追記

準1級
昨年準1級に合格した帰国生の紹介で入会した同じく帰国生の中一生が見事準1級に合格。
入塾前はかなり長期間苦戦をしていたようですが、
やる気を見せてきたのは年末の単語道場。
7時間を二日間、単語の暗記に集中しました。
以後は、何かつかんだ顔つきに変化していました。
模擬テストの英作・リスニングに問題なし。
オリジナル教材で文型と品詞を確認し
磨いた単語力で見事に、入塾後一発で一次突破しました。

準2級
小3から英会話を始めて、基礎英語は入塾前に既に2ターン聞いていて
現在は高校生向け英語会話をラジオで聴いているという筋金入り。
中学生になったらしっかり文法を学びたいと一年前にウィングローブに入塾。
一次試験の得点は、既に英検2級の合格点に達している。
凄い子が入ってきたな~と思っていましたが、本当に凄かった。

3級
小学校時代は中学受験で英語どころではなかったので
純粋に中一からABCから始めました。そして一年弱で、この結果は素晴らしい。

4級
本当は、上記の3級合格組にいたはずですが、前回まさかの結膜炎で棄権。
今回はリベンジで余裕の合格でした。

2次試験
練習は滞りなくレッスン中に済ませ、
面接試験も終わり、今週の合格発表待ちです。そわそわしているだろうな~

英検対策は日頃の授業では特別にしていません。
英検合格を目標にもしていません。
ウィングローブでは英語学習に必要な大切な基本である
品詞と5文型を押さえた画期的な指導を行っています。
そして結果として、それが定期テストの高得点やや英検の合格として現れてきます。

中2から 過去形、不定詞、動名詞、比較と難しそうな文法用語が大学受験まで
たたみか掛けてきますが、この指導法についてくれば心配はいりません。(^^)v
英検は、これからも力試しに利用していきます。
















"冬がこどもを強くする"



我が子が通った"青空幼児村"という幼稚園は、園舎がなく、写真のような雪の日も
一日中外で、走りまわっていました。体から湯気が立っているのが見えるくらい。

"冬がこどもを強くする"

と幼児村の先生が言っていました。
お弁当も外で食べる。かじかむ小さな手で箸を握って
ちいさな歯も寒さのためにガチガチと音をたてている。
でも、そういう間にどんどんこどもは強くなっている。

"冬がこどもを強くする"

その言葉を受験生を持つようになってから、特に高三生を送り出したあとに思い出します。

教室から見える桜の木は、この時期、凍てつく寒さに耐えていますが
この冬があって、毎年綺麗な花を咲かせます。夏の青葉が吸った栄養を体の芯に蓄えています。

1月31日、21時51分は、皆既月食で、
ラストレッスン終えた高三生と冷たいベランダに立ち
赤い月を仰ぎ見ました。

翌日から彼らは試験会場に向かうというのに、いつもと変わらずやってきて
残していた追試も、すべて合格して
いつもあたり前のように机を囲んで切磋琢磨してきた仲間と別れ、
それぞれの道へ出発して行きました。

あれから一週間、
そろそろ疲れも出てきていると思うけれど
この冬は、あなたの人生を必ず強くする。最後の一秒まで諦めないで合格ににじり寄ってください。

そして保護者の皆さん、もう試験に行かなくていいから家にいていいからと
思うかもしれないけれど、(実際私はそうでした)
お子さんは、思っているより絶対強いです。安心して送り出してください。

          頑張れ!大学受験生!

      






2018年度クラス始動しました。

2018年度 クラス・スケジュール  

高校生・高卒生       16:30~19:00 高三生・高卒生対象 若干名募集中
         ・火・
 19:15~21:15 満席 
                                 

         

                            

中学生      ・水   17:00~19:00 中1生・中2生対象 若干名募集中
                           

         
月・水   19:15~21:15 満席  

             
小学生      今年度の開講はございません。<(_ _)>

今年度も新高三生クラスを除き、満席になっております。


ニュースといたしてましては、
中三生学芸大学付属高校に合格
中一生昨年に引き続き英検準1級合格
他にも中一生が昨年11月に3級に既に合格し、今年2月には準2級、3級、4級に合格
高三生一橋大学経済学部に合格
体験レッスン について
お子様と保護者の方とご一緒にお越しください。

体験レッスンフォームにご記入いただき、しばらくお待ちください。

多数のお問い合わせをいただきましてありがとうございます。<(_ _)>
4月を過ぎますと部活の関係でおやめになる方が出る場合もありますので
引き続きお問い合わせをお待ちしております。

2018.4.24更新


                                  


高一生の成長 が 嬉しい

今日は高一生のレッスンでした。
野球部男子くんから、学校の単語のテストで290番から170番になったと報告がありました。\(^o^)/
毎日の厳しい野球の練習でクタクタで毎回睡魔と闘っていますが
こうやって形に現れると本当に嬉しいです。

他の高一生も、単語、熟語の返答のスピードが全員速くなり
あっという間にテストを終えることができました。
考え込まないで即答できる。
冬休み明けは、「冬休みは何してたの?(>_<)」と私に凄まれていたメンバーとは別人のようでした。
「今度は何が起きたの?」という感じです。

手を抜く時はみんなで手を抜き、力が入る時はみんなで力が入り、仲良しさんということでしょうか?
やっと努力の結果が目に見えるようになってきた最初の段階に遭遇した気がします。

片や「おとうとに身長抜かれた~」と賑やかに帰って行きました。
十分あなたも成長しています。

お疲れ様、来週も驚かせてください。期待しています。(^^ゞ



寒中お見舞い申し上げます

2018年も幕を開けて本日1月11日
昔から数字の1が並ぶのが大好きな、多摩センター校塾長の 高山です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

早々に私ごとで恐縮ですが、昨年末に実母が天へと旅立ちまして
新年のご挨拶を控えさせていただきました。
この場をかりてご報告させていただきます。

1月6日、山口面談
そして1月8日に予定通り三学期のレッスンを再開いたしました。
授業がある日は、朝から授業のことで今でも朝からテンパっています。
だから、この冬休みに穏やかな気持ちでいられる時を選んでくれたのかなと
最後まであっぱれな母でした。
この人の娘で良かった。

あたたかい励ましの言葉をかけてくださった保護者の皆さん
生徒の皆さん
講師の皆さん
ありがとうございます。
今年も頑張って参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。


あたたかくなる。

高三生徒の緊迫した授業が続いています。
一秒も無駄にできない。
私語など、もちろんない。
質問も高度で、私もうかうかしてはいられない。

そんな中で、ここ数回の傾向として、それぞれ力の入った授業の終わりに
「福岡のかきで~す」 (^.^)
「実家のゆずで~す。お風呂に入れてね。」 (^-^)
「じいちゃんの庭のライムで~す」 (^_^)
「りんごが送られてきたんで~みんなに~」 (*^_^*)

と秋の実りを同じテーブルで学ぶ仲間に配っている姿が見られます。
なんだか、あたたかくなります。
心中はみんな迫る受験でいっぱいなはずなのに、
このあたたかい気持ちを忘れないって、大切なことですね。
「生徒さんたちに配ってあげたら~?」と保護者の方々の声も聞こえてくるようです。
ありがとうございます。

" 実るほど頭を垂るる稲穂かな "

学識や徳行が深まると、その人柄や態度が謙虚になることにたとえる。(広辞苑)

センターまで1カ月
ウィングローブで学ぶのもあと2カ月
一緒に頑張っていきましょう。
まだまだ、最終コーナーではありませんからね。
時間はたっぷりあります。(^^)v






アーカイブ

カレンダー

<   2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  • ウィングローブ英語塾