教科書は面白い


週末の土曜日に、普段部活で忙しい在校生からの依頼で
定期テストに向けた個人レッスンをしました。
教科書Lesson1とLesson2の本文の
品詞・文型を確認し徹底的に構造分析をしていくあっと言う間の2時間でした。
学校の授業でも英文の構造分析を始めたということで、
普段よりもやる気満々の高2生への指導は、こちらも楽しく、多くの発見がありました。

教科書の本文の内容が素晴らしかったのでご紹介します。
Lesson 1 
Accessibility for Everyone by Chieko Asakawa

中学2年の時にプールでの不慮の事故で視力を失った少女が、
苦労を重ね点字を覚え大学の英文科に進み、その後東京大学で学び
自分と同じように目の見えない人のために、
視覚障害者が世界にアクセスできる新技術を開発した
日本人女性のお話。
個人レッスン後に検索して詳しく知り新たに感動しています。
↓  TED 動画 IBM 浅川智恵子さん https://www.ted.com/talks/chieko_asakawa_how_new_technology_helps_blind_people_explore_the_world?language=ja
目は見えなくても、未来は見えていた素晴らしい浅川さんのスピーチです。↑

Lesson 2
The Problem We All Live With  by Ruby Bridges

この有名なノーマン・ロックウェルの絵の中の白いワンピースの女の子は実在し、
この絵にある状況が起きた一日とその後の話が
現在の本人、Ruby Bridges の言葉でつづられています。
この日、この女の子は、彼女の一生を形作ることになる教師と出会います。
そして大人になってからその教師と再会を果たします。
自分も指導者として、「こうでなくてはいけない」と思いました。
この教師、Barbara Henry についても、これから詳しく調べたいです。

生徒さんが学校で使っている英語の教科書は、すべてそろえて目を通すようにしています。
教科書は簡潔で余計な言葉を使わず読みやすいです。
偉人の自伝を中高生に読んでもらい、希望を抱いて欲しいと願っている
選者の思いが伝わってきて、元気になります。

定期テストのために必死で、今は感動どころではないかも知れませんが
いつかスラスラ読めて、日本語と同じように
言葉が伝える力を味わって欲しいなと思います。

教科書は面白いです。








家でもできる定期テスト対策

たくさんのお問い合わせをいただきましてありがとうございます。。
ただ今、新中一生、新高三生に若干名の空席があるのみで他学年の方をご案内することができません。
そこで、ご案内できないお詫びに
多摩センター校の中学生に伝えている定期テスト対策をご紹介したいと思います。

☐テスト範囲が発表されたら、すぐに試験範囲の始まりと終わりに付箋を貼る。これ効果あります。
  教科書
  問題集
  プリント類
  教科書ノート(オリジナル)※

     ※教科書内の新出単語を巻末の索引を使って調べて作る簡単なノートです。

☐付箋を貼ったテスト範囲を教科書の本文を20分間音読する。

↓ 単語道場で調べて作った教科書ノートの新出単語部分を使って
☐試験範囲の単語の意味をすべて口頭で言えるかチェックする→間違えたところに印しをつける。
☐調べた意味を見て、スペルがすべて書けるかチェックする→間違えたところに印しをつける。

☐同時通訳方式で自分で訳した本文の訳を見て英語を書けるかどうかチェックする。
  →すぐにチェックして赤ペンで訂正する。(ここが本番で間違え易いところです)

☐試験範囲の問題集は必ずすべて解いて、丸付けをしてできなかった問題は青マーカーを入れる。
  青マーカー問題の正解の文章全体を5回音読して正の字をつける。

☐付箋を貼った範囲は、最低一回は音読しましょう。他教科にも応用してください。
 「僕は15回音読します」という生徒さんがいましたよ。\(◎o◎)/!(全教科90点以上)

勉強を勉強だと思わないで、作業のように進めることによって楽しくなってきます。
作業が終わったら、☐にチェック☑を自分で入れていきます。

以上が多摩センター校の中学生に伝えている定期テスト対策です。
重箱の隅をつつくように徹底的に攻めるので100点も続出中です。
高校生には対策をしていませんが、中学生から続けている生徒さんは
高校に入っても高得点を取り続けています。

学校の英語の成績が上がると、英語全体に対するモチベーションが上がります。
『英語が出来るというだけで、いくら数学の成績が悪くてもバカにされないから不思議です』
と言う生徒さんがいます。
そして、英語が早めに仕上がると、あとは他教科にどんどん勉強時間が使えますので
他教科も次第によくなっていきます。

ゴールデンウィーク明けの定期テスト頑張ってくださいね。

"そうだ英語を勉強しよう!"   WG英語塾








  
 
 

一橋大学 合格体験記 

3月9日 午前10時39分
高三生の平本大樹君より 一橋大学経済学部合格のメールが入りました。

こんにちは。受験結果が出たので報告します。

一橋 合格

目標の大学に合格できました。8年間ありがとうございました。

平本大樹

入会時は10歳でした。体験レッスンを終えて、「どうだった?」と聞くと
「楽しかった~」と高い声で目を輝かせて応えてくれました。
その当時の事は、全く覚えていないそうですが
まさか、大学受験まで通うことになるとは思っていなかったようです。

合格発表の翌日に、試験問題と合格証と合格体験記を書いて持ってきてくれました。
この素早さも彼の特徴の一つだと思います。

ご本人の承諾を得ましたので、その合格体験を皆さまにご紹介したいと思います。

ウィングローブ英語塾 多摩センター校  平本大樹  都立国立高校
進学大学 一橋大学 経済学部

1.教室に通ったのは8年間  (入会学年 小学5年生のとき)
2.ウィングローブの授業の中で英語力を伸ばす上で役に立ったと思うものを挙げてください。
  (1)品詞と文型の学習、(2)単語・熟語・基礎精講の自己学習、(3)音読・リピート・リスニング
  (4)前からの同時通訳式訳、(5)個別対応指導
3.他塾と比べて、ウィングローブの良かった点は?
  他塾に通ったことがないのでわかりません。
4.授業の満足度を表すとしたら?
  非常に満足
5.山口先生の面談の良かった点、得られた効果は?
  自分で考えた学習法との一致点、不一致点を確認できた点。
  自分の勉強法に自信がもてました。
6.後輩たちへ伝えたいメッセージ、ウィングローブ全体を振り返ってなど、なんでもお願いします。
  勉強はさせられるものではなく自分でするものであるということを認識することが合格への第一歩だと思います。
  例えば、ウィングローブの先生(高山)は非常にしつこく単熟語の学習を迫ってきますが、
  それによりかからず、自分が必要だと思う勉強を取捨選択して学習することで
  勉強はさせられるものではなく自分でするものへと変化します。
  しかしこれを勉強しない言い訳にしてはいけません。
  自分が本格的に受験勉強をはじめたのは高3の9月ですが、
  それまでも学校の勉強においていかれないようにテスト前だけは勉強していました。
  このように、自分に必要な勉強を自主的に最低限確保し、勉強を自分でするものに変えることが必要です。
  また、勉強の質を確保することが必要です。
  質を確保できない時間などいくらやってもしかたがありません。
  一日に勉強した時間ではなく、
  一日に何を勉強して何を得たのかということを自覚できるようにすることが大切で す。 
 
  これが上で述べた勉強をするものに変えるということにもつながります。
  これから受験生となるみなさんは、是非実践してみてください。
  繰り返しとなりますが、
  勉強をさせられるものから自分でするものに変えることで合格は大いに近づきます。

以上の合格体験記を発表の翌日に私の元に届けに来てくれました。
その翌日から、後期で受験予定だった北海道へ一人旅に出るということでした。

体験記を読んで、私に対してかなり厳しいなと思いましたが
大樹君らしく後輩を思った立派な意見だと受け取りました。
しかし、皆、大樹君のような生徒ではないので私も見極めて生徒に押す時は今後も押していこうと思います。
今回は山口先生から、彼の思うようにやらせてくださいと言われていたので、私は口を挟まないでいました。
とにかく凄い生徒が来てくれて、8年間も通ってくれたことに感謝しなくてはいけないと思いました。

指導者から見て、明らかに彼が秀でているところは、8年間を通してやり残した教材が一つもなかったということです。
ウィングローブが終わって家に帰ると、クタクタに疲れていたとお母様からお聞きしたことがあります。
それだけ、週に一度2時間半のレッスンに集中して取りかかってくれていたようです。
中学の頃、レッスン中に文法問題集の訳と英作文を書きすぎて手が痛いなどと言っていました。
高校受験も大学受験も英語が早めに仕上がっていたので、他教科に専念することができたようです。
欠席することもなく、自己管理能力もかなり高かったです。

また大学生活で大きく羽ばたいてください。
近況報告を楽しみにしています。
8年間、通ってくれて本当にありがとう!!!
これからも応援しています。

お母様からのお手紙より 
<前略>
小学5年生の息子が体験レッスンに行った日の事は、昨日の事のように覚えています。
こんなレッスンを受けたら、きっと英語が良くわかるようになるだろうなぁ
自分も学生の時に、こんな風に教えてもらいたかった!」というのが私の素直な感想でした。
息子も自分から 「習いたい!」とやる気を見せ即決で入会させていただくことになりました。
あの時に、体験レッスンに誘っていただいたことが今日につながっていると確信しています。
高校は部活と行事漬けの日々...勉強は学校の授業とウィングローブのレッスンのみ、
本人は毎日やりたい事をやり、充実していましたが親としては正直モヤモヤすることが多かったです。
そんな時に山口先生の面談でお話をお聞きすることで、私の心の安定が図れました
ウィングローブのご指導があったからこそ、
息子は憧れて入学した高校で思い切り学校生活を楽しめたのだと思います。
(高校生活はやりきったので、浪人しても悔いはない!と言っていました。)
<後略>

掲載のご承諾をありがとうございました。
このご両親ありて、大樹君ありというご家庭でした。
こちらも学ばせていただくことが多かったです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
8年間、毎週お顔を見てきた大樹君の卒業は淋しい気持ちもありますが
これからのご活躍を心から楽しみにしております。

一橋大学ご入学おめでとうございます。

ウィングローブ英語塾
多摩センター校
高山秀美









感動する文法力 基礎精講 文法セミナー 

昨日は、千駄ヶ谷区民会にて、基礎精講文法セミナーが行われました。
ウィングローブ全校から高校生が結集し
7時間、英文法と向き合います。

基礎精講を読みこむ読みこむ
そして、問題に取り組む。
そして「どうして、その答えになるの?説明してくれる?」と問われてしまう。
生徒さんによっては、身体を動かして一所懸命説明する準備をしている。
まるで指揮者のように意味をもった空気をその手でつかむように
「○○が△△だから□□になります」と思考を具現化している姿が見えました。

多摩センター校からは5名の参加。
学芸大高校に進学のSくんも早々に出席。次は東大かな?
私立校学年首位のHくんは、もはや常連、新高2生
普段、基礎精講は苦手だけれど敢えて参加の都立校のMくん集中していました。
都立中高一貫のRさん、昨年11月入会の新高三生、
長年の靄が晴れたような、清々しい顔を終了時にしていました。
私立校のY姉妹の妹Mさん、今回初参加で家に帰って夕食の時に
「あれは感動するよね!」「感動するよね!」と姉妹で話していたので、
それを見ていたお母さんも感動したとメールをくださいました。

指導する立場としても毎回感動するのです。
どうしてでしょう。
どうぞ確かめにいらしてくださいね。

これをもちまして、私は春休みに入ります。
高校生の皆さんは、3月31日。4月1日の本部主催の単語大会頑張ってください。
4月9日(月)から生徒の皆さんにお会いできることを楽しみにしています。
まず、乞田川の花見に行ってきます(^^)v












生徒さんのやる気に圧倒!

今日は単語道場の初日でした。
参加者10名
教科書、一学期分の単語調べと暗記、スペルもOK
明日は、英検単語に入ります。

準1級を取得済みの帰国生の3人は、最初から英検単語
一人は1級単語の前に準1級単語の短文集で単語の推測訓練
一人も準1級の単語をもう一度50個ずつ総ざらいし
一人は1級パス単覚書ノートで300個合格。

月末の、ウィングローブ本部主催の単語大会に参加する新高2生は、
教科書クラウンを4課分早々と仕上げて単語1800個、熟語100個を7時間で制覇。

初参加の新中一生は、教科書単語の書き出しと調べるところまでに時間がかかってしまったと悔しがり、
それでも3課分の単語の暗記と正確なスペルを書けるようになりました。
「7時間は集中してやったら早く感じた。単語をもっと覚えたい」
と感想に書き記していました。\(◎o◎)/!

明日も行います。
今日の参加者は明日も頑張る!と書いています。頼もしい。
明日は記念すべき多摩センター校単語道場初めての満席道場になりました。

今日の単語道場に参加して、明日は早退予定だった新中3生が
予定をキャンセルして、最後まで残りたいと言ってきました。

部活でこれないと言っていた新中3生も、部活の予定が変わったということで、
「今から間に合うでしょうか?」と聞いてきました。
そういう生徒に最後の一席が残されていました。

いや~もう本当に、ここまでやる気を見せつけられて講師冥利に尽きています。
単語道場はやめられません。





桜 咲く 2018 ❀

多摩センター校生 合格おめでとうございます。

2018

【大学入試】 

 国立  一橋大学    経済 

 私立  明治学院    文学
     日本      芸術
     獨協      外国語
     玉川      芸術  
     亜細亜
     成城      補
     駒沢      補
     東洋英和    人間科学部
     東京薬科    生命科学
     麻布      獣医
     湘南工科

【高校入試】
 
 国立  東京学芸大附属

 私立  桐光学園


【2017年度英検】
 
 準1級 高三、 中一
 2級 高一
 準2級 中二、中一
 3級 中一
 4級 中一

    ※2級、準1級取得済みの、準1級、1級チャレンジャー多数






中一生 英検 絶好調

2017年第三回 英検一次合格

準1級 中一 \(^o^)/
準2級 中一 \(^o^)/
3級 中一 \(^o^)/ \(^o^)/
4級 中一 \(^o^)/

上記以外の中一生 前回の英検で既に3級合格で今回は一回休み中

全員2次試験も合格しました。\(^o^)/  2018.3.6追記

準1級
昨年準1級に合格した帰国生の紹介で入会した同じく帰国生の中一生が見事準1級に合格。
入塾前はかなり長期間苦戦をしていたようですが、
やる気を見せてきたのは年末の単語道場。
7時間を二日間、単語の暗記に集中しました。
以後は、何かつかんだ顔つきに変化していました。
模擬テストの英作・リスニングに問題なし。
オリジナル教材で文型と品詞を確認し
磨いた単語力で見事に、入塾後一発で一次突破しました。

準2級
小3から英会話を始めて、基礎英語は入塾前に既に2ターン聞いていて
現在は高校生向け英語会話をラジオで聴いているという筋金入り。
中学生になったらしっかり文法を学びたいと一年前にウィングローブに入塾。
一次試験の得点は、既に英検2級の合格点に達している。
凄い子が入ってきたな~と思っていましたが、本当に凄かった。

3級
小学校時代は中学受験で英語どころではなかったので
純粋に中一からABCから始めました。そして一年弱で、この結果は素晴らしい。

4級
本当は、上記の3級合格組にいたはずですが、前回まさかの結膜炎で棄権。
今回はリベンジで余裕の合格でした。

2次試験
練習は滞りなくレッスン中に済ませ、
面接試験も終わり、今週の合格発表待ちです。そわそわしているだろうな~

英検対策は日頃の授業では特別にしていません。
英検合格を目標にもしていません。
ウィングローブでは英語学習に必要な大切な基本である
品詞と5文型を押さえた画期的な指導を行っています。
そして結果として、それが定期テストの高得点やや英検の合格として現れてきます。

中2から 過去形、不定詞、動名詞、比較と難しそうな文法用語が大学受験まで
たたみか掛けてきますが、この指導法についてくれば心配はいりません。(^^)v
英検は、これからも力試しに利用していきます。
















"冬がこどもを強くする"