高校生対象行事の最近のブログ記事

高1 初参加 Nさん

Q「参加してみて、どうでしたか?」

参加してよかった。
苦しかったけど参加した甲斐があった
後輩や友達にすすめたい!

Q「なんでもよいので感想を!」

まだ覚えていない単語ばかりで少ししか暗記することができませんでした。

でも、普段こんなに熱意をもって取り組んでいる人が周りにいないので
自分にとってとてもいい経験になりました。

数時間で1周してしまう先輩方の単語力は、正直、異次元だと思いました。

でも、まだ高1のこの時期なので、
もっと単語力をつけていき、
もし来年参加する機会があったら1000ぐらいまではスラスラとできるようにしておきたいです。

今日は、こんなにも大勢の人に交じって勉強させていただき、
ありがとうございました。

この「できない」を「できる」に変えられるよう、
1年間がんばっていきたいです。

今年も、
春・夏に恒例で実施している、
英単語・熟語の暗記大会を、今年も2か所で、合計4日間実施、
約190名のウィングローブ生が参加しました。

そのうちなんと半分以上の110人が、約2000の英単語を暗記!

朝10時から17時まで、お昼をはさんで1日約6時間、
暗記しづめです。

単語熟語を、2周ずつ終了する生徒も14人ほど。
単語を見て瞬時に発音して意味を言う、というテストなのですが
2周目は、各単語の意味を全部言わないといけない、と、
一気にハードルが上がります。

「苦しかった」といったのは、127名中5名のみ。
あとは「参加した甲斐があった!」との感想でした。

なんでここまでやれるのか。

それは、日々暗記しているからです。
毎週の課題として暗記をしているから。
そして先生方も生徒も、その重要性を理解しているから。
ちゃんと勉強することって、気持ちよいです。
そしてあとで必ず自分に返ってきますので。

ウィングローブ 高校生の夏は、英単語暗記大会です!

akamaru.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

台風の中、実施が危ぶまれましたがIMG_3104.JPGのサムネイル画像
昼食時間を切り詰めて、その分早めに終了するという形で
なんとか実施できました!

横浜の会場に約50人のウィングローブ生が集結、
2日間朝から夕方まで
英単語・英熟語をガンガン暗記
していきます。

普段の授業で毎週行っていることを
夏・春は一堂に会して50人規模で
行います!
東京では100人規模!

高1~高3まで、1日単語熟語の暗記に取り組むウィングローブ生、
まじめです!
2100個の英単語、次に1000個の英熟語を暗記するのですが
200こ、100こ単位でテストして合格したらどんどん次に進みます。

両方の暗記が終了する人が何人も出ます。
1日目で、単語1周する人が20人ほど、
さらにその人たちのうち約10人は熟語も暗記終了していました。

2日目の結果が楽しみです。

試験官の先生方、卒業生のみなさん、ありがとうございます!

IMG_3105.JPG
新高2生がぶっちぎりの1位! 
高2って、数日前まで高1なのに~!

中野サンプラザでの、3月31日・4月1日の
恒例・高校生単語暗記大会
参加者総勢133名中、

上大岡校のAさんが
2日間で堂々、単語3周、熟語2周を制覇!

新高2生もう一人、多摩センター校のBさんも
2日で単語・熟語各2周合格しています。

単語1周は約2000の英単語を200ずつテストして、最後まで合格すると1周終了!という意味です。
熟語は1000。
単語2周目は、1単語につき書いてある複数の意味を全部言うという、
ハイレベルの要求です。

それなのに、昨年春と比べ、
単語1周終了者が54名と昨年より16人も多く、
熟語1周も10人増えて32名も、終了しています。

「単語・熟語が大事!」というウィングローブの姿勢が
ドンドン浸透してきています!

201804blog1_s.png



2時間半で、単語・熟語の両方が2周終了という生徒が2名!
単語1800X2周 + 熟語1000x2周 暗記しました!
6時間で、さらに6人が2周暗記。

高3の夏にここまで仕上がっていたら
大学入試はバッチリですね!

~ ○ ~ ○ ~ ○ ~

この夏、200人の高校生が
ウィングローブ英語塾の
高校生英単語大会に参加しました!

ウィングローブに在籍する高校生は現在442人。
ですので、
半分弱が参加したこととなります。

この参加者数は過去最高!
単語・熟語暗記の重要性が強く浸透してきました。

単語集1冊(1800語または2100語)、
熟語集1冊(1000個)を暗記してテスト。
合格ライン(高3は8割、高2は6割など)に達すれば
次の単語200を覚えてまたテスト、という
ことを1日(約6時間)繰り返し、
語彙力を高めていくイベントです。

春休み・夏休みに行っています。

いったいどのくらいで1周1800個の暗記ができるのか?

ウィングローブの高校生は、ふだんから
毎週200個以上の単語を暗記していますので
初めて覚えるわけではなく、
高3ですと、すでに7周~10周暗記しています、
という生徒が多いのですが、

なんと2時間半で、単語・熟語の両方が2巡終了という生徒が2名!

さらに6時間で6人が2周しています。

つまり、ほとんど頭に入っているということです。

さらに単語2巡目は、
1つの単語の意味を全部言うという過酷なもの。
4つ意味が書いてあったら全部言わないと合格にならない、
というテストです。

100人からの生徒が集まって、
周りがどんどん合格していく、
そこに参加するといやがおうにも刺激を受けます!

「自分は暗記がまだできないけど
 でもドンドン暗記する人がいて焦る!」
「途中でもう無理と思うが、周囲ががんばっている。
 それで私も力をもらいました!」など、

いろいろな気持ちを持ちながらも
集中して向かっていくのです。

単語・熟語をおぼえた、という以外に
副産物としてメンタルが鍛えられます。

実際
受験は自分との闘い。
自分に負けず、最後まで集中力を切らさず向かっていく姿勢、
それも経験できるのです。

では、どうしてそこまでやるのか?

その答えは、英文の長文問題を解くとわかります。

単語の意味がわかれば、内容がどんどん頭に飛び込んできます。
速く読めればそれだけ文全体の意味もつかみやすくなります。
そうすると問題も正しく解けるわけです。

熟語も大切。
ちゃんと頭に入っていると、「書く」にも反映されます。

「使える」英文法力を、
アクティブに習得!

それが、ウィングローブ英語塾の「英文法力」です。

英文のルールってこうだから答えはこうなります、と
説明できれば、
問題が変わっても応用できるわけです。
逆に、そうなっていないと使えない!
ウィングローブの高校生はそこまで求められます。
だから文法問題に強い!

今年も行いました。
高校生、年に2回の「文法力アップセミナー」。
渋谷・横浜で2日わたって実施、1日約6時間、
参加者は約90名。

トップはもちろん、受験生高3生なのですが、
英文法問題集を1冊ガンガンテストしていきます。
1周16章ほぼ1000題。
1章ずつ、出題は数題、
正しく説明しつつ正答を言う、高3は8割以上で合格。

なんと、トップの成績を出したのは
★ 3 周  (46章)
★ 2.25 周 (36章)
★ 2.1 周  (34章)
★ 2 周  (32章)

たった6時間でこんなに!

完全に頭に入って、ジブンノモノ、になっていないと
達成できない量です。

これなら
センター9割以上まちがいナシ!

kisoseiko1.png

banner.png


高校生にとって
英単語・熟語力、そして文法の知識は、
英語ができるために本当に必要な「インフラ」。
それが「確実に」会得されているかいないかで
どれだけ
   英文が「読める」のか
   英文が「作れる」のか
は、全然違います。
基本的な構文・熟語が、ただ丸暗記しただけでなく
「使えるように」「ぱっとわかる」ようになっていなくては
アウトプットできません。

さて、そのためにウィングローブ英語塾では、
英単語・熟語の暗記大会と
文法知識インプットの大勉強会を
夏・春に行っています。

今年もやります~
今年は、最大規模になりそうです

中野と横浜で実施、
中野は最大1日150人まで参加できるような
会場を準備しています。

今ではすっかり高校生の間に定着、
昨日もある保護者に
「学校の勉強合宿と重なるんですけど
 こちらに来させます」
と言われました。
 
その大事さが浸透しつつあります。
日本一「英単語・熟語・文法の知識を会得する!
英語塾を目指します!(もう、なっているか・・・!)

単語2.jpg

2017春高校生単語暗記大会

回を重ねる度に規模が大きくなり、おかげ様で、東京、横浜会場合わせ総勢184名の生徒さんが参加してくれました。

単語.jpeg中野サンプラザ会場
【結果】
高3生 
1位 単語3周5400コ  熟語3周3000コ 合計8400コ!
2位 単語2.4周4400コ 熟語2周2000コ 合計6400コ
3位 単語2.1周3900コ 熟語2周2000コ 合計5900コ

高2
1位 単語2周3600コ  熟語2周2000コ 合計5600コ
2位 単語1.8周3300コ 熟語1周1000コ 合計4300コ
3位 単語1.6周2800コ 熟語1周1000コ 合計3800コ

高1
1位 単語2周3600コ 熟語1.2周1200コ 合計4800コ
2位 単語1.6周2800コ 熟語1周1000コ 合計3800コ
3位 単語1周1800コ 熟語0.5周500コ 合計2300コ

平均
高3(受験生)
1日参加生徒 1679コ
2日参加生徒 2946コ

高2
1日参加生徒 1103コ
2日参加生徒 2149コ

高1
1日参加生徒 720コ
2日参加生徒 1358コ

継続力の大きさを感じます。
去年の夏の大会にも参加した生徒は、この半年間でほとんど1.5~2倍もスピードアアップしています。

そして驚くべきは新高1生の平均でしょう。
ついこの前までは中学生だった彼らが、2日間集中したら1358コも覚えられたという事実。
首都圏の高校では単語・熟語集のテストは課しているものの、再テストの基準も徹底されてなく、
また各学年で違う単語集を使用しているというようなことも耳にします。
学校で半年以上かけてやる量をたった2日でクリアできるのがウィングローブの単語暗記大会の強みです。

ウィングローブではずっと同じ単語、熟語集を徹底的に追いかけます。繰り返します。
だから4周目(私は「覚醒の4周目」と呼んでいますが)に到達した生徒は、どんどんスピードアップします。
やればやるほど楽になるわけです。
自転車に乗るまでは時間がかかりますが、身体が覚えてしまえばなんてことはありません。
繰り返しのパワーをこれからも期待しています。

参加してくれた生徒の皆さん!また夏に成長した姿を見せてください。
IMG_5785 (002).JPG
今期も高校生は基礎精講セミナーでスタートです。

渋谷、横浜の2会場で開かれ、合計70名の参加となりました。

今回から少し方法を変え、

どんどん進ませたいグループ
じっくり苦手な部分を繰り返し克服するグループ

に分けて行いました。
結果は大成功で、新高1生や入塾間もない生徒たちも参加しやすいものになりました。

[結果]
高3 トップ24章 平均11.9章
高2 トップ24章 平均10.4章
高1 トップ9章  平均6章

説明できるレベルまでもっていくということは、きちんと理解できているということ。
しかも文の構造から、品詞から説明ができる様に導きます。

その結果、この問題にもあの問題にも使える説明力がつき、応用力が発揮されます。
長文を速く正確に読みこなすには「あれ~、なんだっけ...見たことあるな~」というレベルではスピードはつきません。
単語と同様、即!反応できるまでひたすら反復の筋トレです。

今回まだ授業も受けていないとう入塾間もない高1の生徒さんが、「このセミナーがとても良かった、また来たい」と言ってくれました。
参加した全ての生徒が満足してくれるセミナーを今後も目指していきます。


余談ですが、基礎精講セミナーも毎年回を重ねていくと、他の教室の生徒たちの成長ぶりに驚かされます。
いつも会っている先生はその変化に気づかないものす。

他の先生から担当生徒の成長ぶりを聞き、先生も喜ぶという素敵なこともありました。
今年もこの時期を迎えました。

英単語・熟語暗記を朝10時~17時まで、の、英単語暗記大会が
2日間。

今年は、中野・渋谷・横浜の3箇所で、
1日平均130名が参加!

英単語集約2000語 1冊全部を暗記テスト、
終わると熟語1000も暗記です。

単語集1周終了者が50人以上!

英文法問題集を1冊テスト・説明し切る
文法セミナー。

「説明できる文法力」がつきます。
すると、
応用力がつきます。

詳細報告はまた!

アーカイブ

カレンダー

<   2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  • ウィングローブ英語塾