ウィングローブ英語塾を開きませんかの最近のブログ記事

毎年恒例、「ウィングローバル」。
長年指導いただいた先生方をねぎらい、感謝する会です。
今年もなんと40人の方が、お祝いに駆けつけました。

地域の小学生・中学生・高校生の英語力を上げようと
長年努力されてきた先生方、
いろいろ大変なこともあったと思いますが
それを乗り越えて継続されてきた、その極意は
やっぱり「情熱」なのでしょうね。

今年は4人の方をお祝い致しました(お一人は欠席でした)。
それぞれスピーチをしていただいたのですが
障害のある生徒を教えるなど英語だけでなく地域社会に貢献されている先生、
3人の子をかかえて長年教えてきた先生、
がんばる母を支える3人の息子たちに感謝、という先生、
本当にみなさん素晴らしかったです。

それをまた30人以上の先生方がお祝いに集まってくれる、
いい団体だと誇りに思っています。

余興にクイズなどするのですが、全員ノリノリで参加、
開校3年目で初参加の先生方も、楽しめたと思います。

70才まで、イエイエ75才まで?! きっとみなさん
教え続けるのでしょうね! 

P7040057 - コピー.JPG

千葉県・西船校主宰の片田千栄先生。DSC03633 - コピー (2).JPG
行徳校で講師としても教えておられます

ウィングローブの仕事には?
変満足しています

ウィングローブ英語塾開校の決め手は?
教材がいいと思ったこと、また、
 高校生まで教えられるのがいいと思いました

やりがいは?
ー最も大きなやりがいは、自分で仕切ることのできる仕事でありながら
 収入が得られることです。

 大学や社会での経験が今の仕事につながっているので、
 生徒たちにもよりよい教育の機会を手にしてほしいと思っているので 
 受験指導はやりがいがあります
千葉県で開講中 B先生アジサイ15.jpgのサムネイル画像

開校の決め手は?

「品詞・文型を重視する指導法」
「教材がいいと思った」
「高校生まで教えられるのがいいと思った」
「本部のサポートが安心できるものだと思った」

この仕事に満足していますか?
「満足です」

どの部分で満足?
「指導内容・教材・研修体制・面談体制が整っている・本部のサポート体制 すべてに満足!」

やりがいは?
「生徒たちに英語力をつけられること。
 それによって英語が好きな子供たちが増えること。
 また、自分で自由に使える収入が得られることもやりがいです」

自慢の生徒を教えてください
「みんな自慢の生徒たちですが
 卒業後、英語圏に限らず東南アジアやフランスやドイツなど
 いろいろな國に留学したり仕事を見つけたりした生徒が何人もいます。

 日本を飛び出し世界で自分の人生を切り開くきっかけの一つを
 ウィングローブが作ったのではないかと自慢に思っています」





ウィングローブ各校を運営されている先生方のお声を披露しています。

《 A 先生 千葉県にて開校中 》

アジサイ1.jpg

Q ウィングローブのどの部分で満足されていますか?

A 指導内容・教材・研修体制・面談体制・本部サポート
・会費・イベント・勉強会・本部の雰囲気
・他の先生がたちの交流すべてです。

純粋に生徒に英語力をつけようということに焦点をあて
その点で皆が同じ方向を向いているのが気持ちいいですし、
そのためのノウハウがしっかりしていることも
やりやすく感じます。

(高校生の)三つのテストと品詞と文型に重点をおいた教材も
他に類の無いものと思います。


本部の説明会・講演会・新しい提案

本部が、現行の英語教育の状況や変化に敏感に反応して、
説明会・講演会・新しい提案などしてくれることは
力強いことです。
情報としても助かります。

Q この仕事のやりがいは
A 生徒にちゃんと英語力をつけられる
それを通して若い生徒に触れ合い、伝えられることを伝える。
責任と緊張を伴うことで、自分自身も成長させられるようです。

それに、経済的にも、やっぱりウレシイですね。

ウィングローブ英語塾を主宰する各校の先生たちへのアンケートで、
「ウィングローブの先生という仕事に満足していますか」
と聞きました。

なんと、100%の方が、「大変満足」または「満足」です!

先生アンケート1.jpg







「指導内容に満足していますか」という質問には
回答していただいた先生のうち、
85%の方が「満足している」と答えていただいております。


グラフ指導内容.png
















「研修体制に満足していますか」という質問に対しても
80%の先生が、満足、とのウレシイお答えをいただいております。

毎月の定例研修、
さらに大学受験生への指導に欠くことのできない
大学受験過去問講座もほぼ毎月、高3生の指導までバッチリ
研修しているので、満足頂いているのだと思います。

また、発音講座や、受験に関するテーマなど、
プラスアルファの研修なども行い、
よりよい授業をしていただけるようにしております。

研修体制に.png


今春、新しい教室が誕生しました。
生徒募集で生徒が入会し、
教室がスタートいたしました。

その先生がたの研修が始まりました。
2グループに分けて行っています。

毎月1回、授業の内容をびっちり、
経験ある先生から指導を受けます。

授業内容、進め方、指導の仕方、
英文の文法の、細かいところまで確認しています。

さらに、入会した生徒さんについての
さまざまな相談にも答えます。

新人 - コピー.jpg

この研修以外でも、質問があれば
本部でいつでも
受け付けています。

それで安心して、いい授業が進められるわけです。


今春、ウィングローブ英語塾がさらに増えます。
banner.png

【東京都】  池袋本町校 本郷校 鶴川校
【神奈川県】 北茅ヶ崎校 横浜校
【埼玉県】  浦和田島校
【長野県】  上田校 (5月より)伊那市高遠校
【群馬県】  桐生校

みなさん、この指導法で教えたら
生徒ができるようになる!とご賛同いただき、
開講されたのです。

今、学校でちゃんと文型・文法を教えない。
それなのにテストはけっこう応用力を要求してきて難しい。
ちゃんと教えてもらえばできるはずの生徒たちが
苦しんでいます。

banner.pngウィングローブなら、品詞の機能と5文型分析を身につけ、
さらに前から右へ右への訳で、
かんたんに英文の構造がよくわかる。
すると、正しく・速く、ちゃんと読める・書ける力、
音読・シャドーイングでリスニング力もつき、
総合的に英語力がつきます。

そして、うちのもうひとつの強みは
ひとクラス数人の中での、個別対応。

集団授業でも、映像授業でもできない
ー 弱点を個別に克服
ー 戻るべきところに戻ってそこから復習、その見極めができる
ー 個別に対応 でも
  1クラスに数人生徒がいるので、
  1対1の欠点「生徒のペースになってしまう」がない

そして、さらにウィにグローブの強いのは
先生たちです。
毎月の講師研修で
常に指導方法をブラッシュアップしbanner.png
お互いに指導アイディアをシェアし
経験を重ねている
プロ講師ばかり。
大学生はいません。

こんな強みばかり、
絶対に英語力があがる英語塾。ウィングローブです。


 



ウィングローブ英語塾は、
現場の先生たちが生き生きと楽しく授業に取り組めることが
本当に大事だと考えています。

ですので、毎月1回~2回さまざまに工夫した研修を実施して
参加いただくことにしています。
そしてうれしいことに出席率が非常に高いのです。

まずウィングローブの先生になったら、
ウィングローブの独自の英語指導法をマスターしていただく研修で、
スムーズに授業を行えるようにしていただきます。

研修風景 (2).JPG指導に慣れて、結果が出せるようになっても
生徒はなまもの、授業は生き物、
英語も日々変わり、
新しい問題、対処すべきこともどんどん出てくる。
それに対して、いかに
生徒と保護者にとってよりよい方向性に導けるか。
研修会で、さまざまな問題を共有して一緒に考えます。

どんなにベテランになっても、毎月1回か2回は
本部に足を運んで研修を受けてもらっています。
先生が常に努力していること、勉強し続けていること、
それはそのまま授業に反映されると思っているからです。
ですので、常に、新しいことを学べるように本部は考えています。

最近の教育事情についてお互いに知識をシェアしたり
そういうセミナーを企画したり
最新の大学受験や高校受験の問題を研究・勉強しあうことで、
常に新しい情報に触れるなど。

ウィングローブの先生たちは、自分を向上させていくことに余念がないので
研修会の出席率が非常に高いです。
経験30年のベテランの先生たちですら
「もう、私は勉強することないワ」とならないのです。

そういう先生たちの熱意を受けて、本部も工夫するので
お互いに「ありがたい」と思える関係を築けていると思います。
先日、最新教育事情について、教材会社の方を招いてセミナーを実施しました。

このように、先生たちによりブラッシュアップしていただけるための
セミナーなどを時折開催しております。

IMG_0632.JPG

スタッフ含め38名参加という、盛況ぶりでした。


今回のテーマは
① 小学校英語改革について
② 新大学入試制度について
③ 高校・大学入試の現状分析と展望
④ 新版教材のご案内

でした。
今回は出版会社の編集部英語課 課長の女性にもいらしていただき、
有益な話が聞けました。

【 内容 】
◆ 小5・6で英語が「外国語活動」ではなく「教科」になること。
歌やゲームを通して英語にふれる、あいさつなどが言える、単語のスペルや文法や読み書きは
しない、というのが現状ですが、教科になってどの程度までやるのかはまだ
発表されておりません。

ですが、中学入試に英語を使う学校が増えるはずなので(実際に増えています)
その例として、桐蔭学園中等教育学校の、まるで高校受験かという問題が例に
上げられました。
ただしこのレベルまでの要求は例外です。
大体は、英検4級程度のリスニングや課題文暗唱、かんたんな自己紹介、などです。

IMG_0644 (3).JPG◆ 新大学入試制度について
高校生が受ける「基礎学力テスト」、センター試験に変わる「学力評価テスト」についての話。

◆ 新版教材について  などでした。 

【 軽食 】
セミナー後、先生たちに軽食をお配りしました。
近くにオープンした「キッシュ・鎧塚」のキッシュ2個がオシャレなパッケージに入ったものです。

そのスタイリッシュさに、「わあっ!」という声多し! 写真を撮る方も!
みなさん食べながら、話に花が咲いていました~ 
こういう意見交換も、明日の授業への活力・ヒントになるのですよね!





アーカイブ

カレンダー

<   2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  • ウィングローブ英語塾