ウィングローブ英語塾を開きませんかの最近のブログ記事

高木先生のコメントをお送りします。教室写真201809 - コピー.jpg
「こんにちは!wyuta (2) - コピー.jpg

ウィングローブ英語塾守谷校の高木です。

教室開設から早いもので10年がたちました。

いつもたくさんの方々にお世話になり、

感謝申し上げます。

向上心に溢れる生徒の皆さん、

ご理解ある保護者様に恵まれ

小学生や中学生の時からの

長い付き合いの生徒も多く

「この教室に通ってよかった!」

「ウィングローブに出会って

人生が変わった!」

という言葉を頂いたり

"You are the best teacher ever!"と言ってくれる生徒がいたり

ありがたい限りです。

毎回の授業を通して

英語力向上はもちろんのこと

中高生が、これから生きていくうえでの

必要な力や、ヒントを、

少しでも感じとってもらえたら嬉しいです。

そして、

卒業後、ふとした時に思い出したり、

帰ってこられる場所でありたいと思っています。

そんな私の気持ちを汲んでか

9月は大学生になった生徒たちがよく遊びに来てくれます。

これからも、皆さんとの出会いを楽しみながら

英語を通して、共に成長していきたいと思います。

おまけ・・・

守谷には、美味しいレストランや自然の中のカフェがあり、

スィーツもいろいろ楽しめますよ!

飲料の工場見学もでき、

高速道路のサービスエリアでは、各地のお土産も買えます!

どうぞ足を運んでみてくださいね!!」

先日、茨城県のつくばの手前にある、守谷校を訪問させていただきました。

IMG_1023.JPGのサムネイル画像秋葉原からつくばエクスプレスで30~40分、

新しい街、子育て世代に配慮した、
若い家族が住みやすい街作りに
なっていると思いました。

さらに人口は増加中。

新しい住宅街もどんどんできつつある、

そんな中に高木先生の守谷校はあります。

開校して11年目、DSC03741 (3) - コピー.JPG

国立医学部、早慶などに多く合格させている、守谷校

きゃしゃな見た目とは違い(?)
いつも強い気持ちで生徒を叱咤激励、

海外で仕事をしていた経験から、
高い英語力をお持ちの先生は

地元の名門校に通う高校生たちから
絶大な信頼を受けています。

すでにベテランの域に入る指導力は
ウィングローブの中でも光っています!

本部主宰の東京での高校生単語大会や文法講習などにも

「絶対に参加しなさい!」と、

毎年生徒をたくさん送り込んでいます。

~ つづく ~

IMG_1038.JPG







高遠校では現在中1中2中3各ひとクラスずつあります。

IMG_7922.jpg

中1生は4月からスタートしたのですが、

最初は、アルファベットの発音、リーディング、文法には苦労しました。

ウィングローブオリジナルのルールブック「Wing Mast」の文法説明が
簡潔で分かりやすいので常に利用しています。

数カ月経ち、文法はだいぶわかってきましたが、

単語は現在、苦戦しつつ。です。

中2の3人は2年目。
スタート当初の昨年は苦労していましたが、
今でIMG_3258.jpgは文型がずいぶん理解できるようになり、

3人とも学校で英語が得意科目になりました。
来年ホームステイに行く生徒もいます。


中3は夏前からスタートしましたが
確実に基礎を固めていこう!と、
焦らずひとつずつ、
ウィングローブのテキストで文型を丁寧に指導中です。

ほとんどの生徒が同じ中学から通ってきているので
(近くにある中学は1つだけ)、
間に挟む5分休憩は学校の行事や友達の話、
先生の話などで盛り上がります。

~ 3へ続く ~


高遠校には成人クラスのQueens' Englishもあります。
IMG_2115.jpgのサムネイル画像
現在アラフォーの美しい女性2人が参加中。

ヨガの先生と美容サロンの経営者です。

中学英語からやり直したいということで、
文の構造を「コンパス」テキストを中心に進めています。

おかげで構文が少しずつ理解できるようになり、
スラッシュリーディングも正確になってきています。

お二人とも「コンパス」で文構造を学ぶのが、楽しいようです!

来春には二人で旅行を計画しているとか。

英語を勉強する楽しみの一つは
外国人とコニュニケーションすることだと思うので、
楽しい体験をたくさんしてきて欲しいと思います。


英語を理解することによって目の前に開ける大きな世界、
そのひとかけらでもいいから感じてもらいたい、
という思いで毎回生徒たちに接しています。

 (写真は、教室からのぞむ中央アルプスの姿)
IMG_3245.jpg長野県・伊那市、高遠。
「高遠」と言えば桜の名所として有名ですね。
伊那市全体では人口は6.8万人ですが、
高遠はかなり山間部にあり人口は5700人に満たない地域です。

そんな高遠に移り住み、昨年、教室をオープンさせたのが阿久津先生。
3年ほど、川崎市の武蔵小杉校で講師をした経験を踏まえ、移住に伴い開校されました。

現在生徒数11名。大人も含め、地元の小学生・中学生が通ってきています。

教室は、自宅とは別の家を購入、
パートナーであるロジャー先生が、キレイにリノベーションしたもの。
少し坂を上ったところにあるのですが、歩いてくる生徒もいるそうです。



IMG_7919 B (2).jpgのサムネイル画像













~ 2 へ続く ~





近隣のお子さんに、ウィングローブ英語塾の方式で英語を教えませんか?

本日、朝日新聞朝刊「教育関連・人材育成 求人募集」というページに
「ウィングローブ英語塾はじめませんか?」という記事を掲載いたしました。

ウィングローブは、関東を中心に現在64校ある英語塾です。

生徒は小学生・中学生・高校生。

独自のテキストを提供、教え方も一から詳しく指導致します。

昨今、英語が得意な生徒も増えていますが
実はそのかげで英語がニガテ!という生徒が増えているのです。

学校がコミュニケーション重視、文法軽視の指導に変わったため、
一から文型を教えず、文法すらさっとしか指導しないので
「英文のしくみが、よくわからない!」ためなのです。

ウィングローブ英語塾では、しっかり英文構造を教えます。
その結果、めきめき力をつけられます。

「教えたことがないので不安」という方もご安心ください。

契約前に研修をします。その後、安心して開校するか決めていただけます。

また開校後も手厚いサポート、保護者や生徒への面談ケアもございます。

先生たちは毎月研修に楽しんで参加され、
生徒たちとのクラスを楽しみ、
ほぼすべての先生が「この仕事に満足です!」とおっしゃってくれています。

ぜひ、お仲間になってください。


毎年恒例、「ウィングローバル」。
長年指導いただいた先生方をねぎらい、感謝する会です。
今年もなんと40人の方が、お祝いに駆けつけました。

地域の小学生・中学生・高校生の英語力を上げようと
長年努力されてきた先生方、
いろいろ大変なこともあったと思いますが
それを乗り越えて継続されてきた、その極意は
やっぱり「情熱」なのでしょうね。

今年は4人の方をお祝い致しました(お一人は欠席でした)。
それぞれスピーチをしていただいたのですが
障害のある生徒を教えるなど英語だけでなく地域社会に貢献されている先生、
3人の子をかかえて長年教えてきた先生、
がんばる母を支える3人の息子たちに感謝、という先生、
本当にみなさん素晴らしかったです。

それをまた30人以上の先生方がお祝いに集まってくれる、
いい団体だと誇りに思っています。

余興にクイズなどするのですが、全員ノリノリで参加、
開校3年目で初参加の先生方も、楽しめたと思います。

70才まで、イエイエ75才まで?! きっとみなさん
教え続けるのでしょうね! 

P7040057 - コピー.JPG

千葉県・西船校主宰の片田千栄先生。DSC03633 - コピー (2).JPG
行徳校で講師としても教えておられます

ウィングローブの仕事には?
変満足しています

ウィングローブ英語塾開校の決め手は?
教材がいいと思ったこと、また、
 高校生まで教えられるのがいいと思いました

やりがいは?
ー最も大きなやりがいは、自分で仕切ることのできる仕事でありながら
 収入が得られることです。

 大学や社会での経験が今の仕事につながっているので、
 生徒たちにもよりよい教育の機会を手にしてほしいと思っているので 
 受験指導はやりがいがあります
千葉県で開講中 B先生アジサイ15.jpgのサムネイル画像

開校の決め手は?

「品詞・文型を重視する指導法」
「教材がいいと思った」
「高校生まで教えられるのがいいと思った」
「本部のサポートが安心できるものだと思った」

この仕事に満足していますか?
「満足です」

どの部分で満足?
「指導内容・教材・研修体制・面談体制が整っている・本部のサポート体制 すべてに満足!」

やりがいは?
「生徒たちに英語力をつけられること。
 それによって英語が好きな子供たちが増えること。
 また、自分で自由に使える収入が得られることもやりがいです」

自慢の生徒を教えてください
「みんな自慢の生徒たちですが
 卒業後、英語圏に限らず東南アジアやフランスやドイツなど
 いろいろな國に留学したり仕事を見つけたりした生徒が何人もいます。

 日本を飛び出し世界で自分の人生を切り開くきっかけの一つを
 ウィングローブが作ったのではないかと自慢に思っています」





ウィングローブ各校を運営されている先生方のお声を披露しています。

《 A 先生 千葉県にて開校中 》

アジサイ1.jpg

Q ウィングローブのどの部分で満足されていますか?

A 指導内容・教材・研修体制・面談体制・本部サポート
・会費・イベント・勉強会・本部の雰囲気
・他の先生がたちの交流すべてです。

純粋に生徒に英語力をつけようということに焦点をあて
その点で皆が同じ方向を向いているのが気持ちいいですし、
そのためのノウハウがしっかりしていることも
やりやすく感じます。

(高校生の)三つのテストと品詞と文型に重点をおいた教材も
他に類の無いものと思います。


本部の説明会・講演会・新しい提案

本部が、現行の英語教育の状況や変化に敏感に反応して、
説明会・講演会・新しい提案などしてくれることは
力強いことです。
情報としても助かります。

Q この仕事のやりがいは
A 生徒にちゃんと英語力をつけられる
それを通して若い生徒に触れ合い、伝えられることを伝える。
責任と緊張を伴うことで、自分自身も成長させられるようです。

それに、経済的にも、やっぱりウレシイですね。

アーカイブ

カレンダー

<   2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
  • ウィングローブ英語塾