大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。渋谷本部です。

充実した指導者研修の最近のブログ記事

ウィングローブ英語塾の、指導者研修は
「手厚い!」と、定評があります。

 

まずは 《 開校前の研修 》 から始まります。

それは、開校してから
「こんなはずじゃなかった!」「イメージが違う!」
と思うと、お互いにunhappyなので、
内容を理解して納得いただいてから開校!して
いただいております。

 

《 開校後のサポート 》

毎月、研修があります。
実際に授業が始まってみると
「教え方、これでよかったかしら」
「こういう生徒、ケースは、どう指導したらいいかしら」と、
さまざまな疑問が出てくるはず。

+ 研修は、先輩が担当 ++
実際に教室を運営している先輩の先生が担当するので
・指導法は最新
・具体的なアドバイスをもらう
ことができます。

何年指導していても毎月研修に参加される先生がほとんど。

約60人の先生のうち年間10回の研修参加平均回数が7.68回、
さらにこの1年「皆勤賞」がなんと10人!

 

《 本部のサポート 》
開校後、生徒募集に関しても
本部がしっかりサポートがしております。

 

《 質問できる体制 》
日々の質問に答えてくれる本部・教務スタッフがおります。

 

《 進路指導アドバイザーの存在 》
英語以外の科目について、
また、高校受験や大学受験など、さまざまな進路における相談も

進路アドバイザーが【出向いて面談】【メール・電話で相談】
をしておりますので、
安心してどんな学年も教えていただけます。

 

研修風景 (2).JPG

「もっとスゴイ教師になる!」をめざし、
「あなたの強みを引き出す研修」を行いました。
英語発音学者の小川直樹先生が講師です。
http://www.hth-c.net/

準備運動… まずは体をあっためる。からスタート。

・指導効果を上げるには
   褒めて育てる?厳しく育てる?
うーん難しいですね。

・高等技術 「寸止め」?
…謎のことばが登場!

「褒めるトレーニングをしましょう!」と、
ペアになった相手の先生を、とにかく褒める!!
という練習をしました。
ほめるには「相手を観察することが大事」
なるほど。
常に視線は「生徒へ向けましょう」。

「英語が好きだと生徒に伝えましょう。
みなさん、ご自分が英語を好きだったんですよね、
だから授業は楽しく!」

「指示のことばは短く1文で!」
相手に伝えるには、簡潔に。
そのほうが生徒にちゃんと伝わると。

すぐに役立つアドバイスをたくさんいただきました。
授業で実践します!

スゴセンセミナー (2).pngのサムネイル画像

先生たち対象に、教材会社の営業マンを招いて、セミナーを行いました。

ふだん毎月2回の研修で、よりよい指導をしていただくための研修をしています。

私たちの研修は、ただ指導法を教えるだけでなく、「育てる」研修です。

先生ご自身の、英語指導のスキルも上げていただくべく研修をしております。

そのため、先生たちの英語力も上がるんですね。

今回は、定例の研修とは別の、特別セミナーでした。

塾をとりまくさまざまな環境、その中でも今回は、高校入試をとりあげてのセミナーを行いました。

先生たちに、塾経営者として、よりプロフェッショナルになっていただくためです。

常時、大学受験までの進路アドバイザーがおり、いつでもアドバイスがきけるという形で各教室をバックアップしておりますが、

さらにこういったスポット研修をすることでサポートし、保護者の方に、より信頼のおける教室運営がなされていると思っていただけるようにしております。

ですので、安心して教室運営をしていただけます!

キーチェイン.jpg

※ある先生がお友達に頼んで作ってくださった、ウィングローブ(ロゴのW)のキーチェインです。自発的に作ってくださったもので非常にうれしいです。本部と先生方はそんなふうにつながっています。

 

高校入試.jpg

アーカイブ

-

カレンダー

2022年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • ウィングローブ英語塾