国語教室の最近のブログ記事

国語教室(20)

2018年3月、第20回目の国語教室内容:

小、中学生
1.『ディープラーニング』につての論文を解説
   難解だが、小学校卒業したばかりの男子生徒は
   「なんとな~く理解できた」との感想

2.志賀直哉、短編『清兵衛と瓢箪』朗読と解説
  "父と子の葛藤"というテーマを見抜くとは "さすが!!"
  と、芝田先生の感想

3.天声人語:段落ごとに小見出しを付ける作業
  (1)「トランプの関税」EUへの鉄鋼25%アルミ10%関税の話
  (2)「森友学園公文書書き換え」

高校生
1.志賀直哉『清兵衛と瓢箪』

2.『ディープラーニング』(脳神経とAIの話から)
   「シンギュラリティ=AIが人間を凌駕する」の説明
   芝田さすが高校生、食付きが良い

3.天声人語:解説

4.和歌『陸奥のしのぶもじずり誰ゆえに乱れそめにし 我ならなくに』の解説

大学に進学する高3生は卒業となりました
感想は:1.時事問題に関心を持つようになった
    2.受験勉強で日本史を勉強していくうちに、
      国語教室の内容もより理解できるようになった
      歴史を知っていたら もっと面白かったんだと思った

同じ題材『志賀直哉』でも、小、中学生と高校生とでは
取り上げ方が違います。
現在進行形の時事問題の解説は、後の人間力となります
社会に出てからも役立つでしょう



   

国語教室(13)

国語教室、10、11、12、13回、継続してますよ~~~

昨年4月より、ほぼ1ヶ月に1回。
丸一年が過ぎました
着実に国語脳はできていると思います。
      ゆっく~~~りですがね♪

5月の内容
小学、中学生クラス
天声人語『京都でのタケノコ堀』の要約
古典暗記
小学生男子が前回の作文を下記なおし写真まで付けて提出
  (^O^)丁寧な芝田先生の書評を頂けると、『よし、次も!!』ってなりますね)

高校生クラス
社説『フランス大統領選挙の決意』見出し、要約
  (^O^)世界の動きまで知っちゃいます
古典:『源氏物語・若紫』:2回続けて解説した後=>30回読んで暗記する(宿題)
小説鑑賞:『宇宙からの帰還』立花隆
     アメリカの宇宙飛行士に作者がインタビューしたもの
     ベトナム戦争の戦火を宇宙から目撃するという体験の部分
     (^O^)現在は現在のみで存在するのではなく、過去の歴史、史実、事実の
       延長上にあるのですから、自分たちが生きている今をより深く
       理解できますね

前回提出した作文*芝田先生が、ひとりひとり丁寧に講評してくれています(ピンクから下) 
         まず褒めて、それからどのように改善したらもっと良くなるかの
         アドヴァイス付き

国語教室、作文.JPG
   (*゚▽゚*)今は、当たり前だと思っていると思いますが
      大人になって、どんなに貴重な経験をしたかを思い返す時がきっと来る!!

次回国語教室は高1男子が体験参加します。



国語教室(9)<=小学生クラス新設!!

小学生向けに体験を行い
小学生2名と、今年2月に体験をして、
国語が苦手という中1生が参加を決めました

授業内容
小中学生
 古典:『枕草子』冒頭の朗読と解説 <= 早い時期から古典に触れる!!
                   良いですね~~♪

 現代文:天声人語『失われた自然と驚異の声』
     段落ごとの小見出し  <= 内容把握の訓練です!!

高校生、中2生
 芝田氏へ提出済みの作文『私が○○大臣だったら』について
 一人づつ口頭添削。『書く事』と『客観化』について指導
               <= プロから直接手ほどき!、貴重~!

 古典:『平家物語』那須与一の段、解説と朗読
 現代文:天声人語『失われた自然と驚異の声』要約 
               <= 題材は同じでも指導は違いますね
   
 小説:村上春樹、短編紹介、要約、解説は次回へ繰越

英語教室なのに何故、国語(?_?) 
 ===> 考える脳を鍛えれば長い英文の内容把握にも繋がる!!のです

提出した作文はこのように添削返却されます

国語作文添削.jpg

hyakuninn-riki

2016年12月4日付け朝日新聞

国立大記述必須.jpg

  2020年からの大学入試改革では
   ==> 知識量だけでなく思考力や判断力、表現力などを
       問う入試を目指し国語の記述式導入を検討しています
       "短文または80字超" で
 
    英語は、4技能(聞く、話す、読む、書く

書く事は中々難しい作業ですね
暗記と違って、試験直前に突然身に付くものではありません。

月に1回の国語教室WINCOM提出は 百人力!! ヽ(*´∀`)ノ
           

国語教室 (7、8)

9月、10月、勿論行いました
ファンタジー作家芝田勝茂氏講師 『国語教室

9月
宿題『ポケモンGo』の作文添削 => 書く事が思いつかなく、皆短い(芝田氏感想)
『源氏物語』暗記=>苦戦する訳は、古文の中でも際立って難解だから
社説『省庁の地方移転』の段落ごとの逐次解説とまとめ

宿題作文:『OO省の大臣だったら』=>皆悲鳴をあげる
  強制的に書かせられるのは良いですね ♪

10月
現代小説『みかづき』(森 絵都)の朗読と語彙、文意解釈
社説『ボブ ディランのノーベル賞受賞』 (風に吹かれて)の訳と解説を含む
  小見出し、要約
暗記課題『方丈記

現在進行形の題材を使っての授業は、臨場感があり
引き込まれますね

また、10月は大学受験のAO入試の小論の添削や
明治学院大学の入試問題にある
『課題英文を読んで日本語200文字に要約
の添削、解説を提出者全員にして頂きました。
  ===> なんと贅沢な!!

国語添削.jpg
  (各人への添削)

解説を読ませていただきましたが   (芝田氏による要約方法解説)=> 

 なるほど~~ こんなふう考えるのか!!芝田.jpg
と~~~ても勉強になりました      










国語教室(6)

夏休みも国語教室を行いました
現役ファンタジー作家、芝田勝茂氏による
月一回の授業は貴重な時間です

内容: 暗記宿題の『伊勢物語、東下り』の確認
   前回授業で行った天声人語(中学生)、社説(高校生)の
   内容要訳を一人ずつ確認
   
   次回暗記宿題となる『源氏物語』の解説
   芥川賞『コンビニ人間』の朗読と解説
    ↑↑ さっすが、タイムリーな選択ですね
   宿題は社説『ポケモンゴー』の要訳<= これまたタイムリー
    
頭を使うことが、頭を良くする!!
  芝田氏がよく子供達に言っている言葉です

月に一回でも、集中して考えることは力となりますね
               次回は9月15日

この後、芝田氏はご自身の企画する 『縄文サマーキャンプ』(8/20~21)
に出掛けて行きました

縄文キャンプ.jpg

お天気が気になるところでしたが、無事に終了したとのことです (*^^)v

国語教室 (5)


国語教室
4回目、中学生授業後半から高校生授業を
参観しました

1.中学生:顔を付き合わせて天声人語
国語教室1.jpgのサムネイル画像
     パラグラフごとの要訳をじっく~り
     1時間半
      
2.高校生
 ① 宿題だった古典竹取物語』の暗唱
 ② 提出していた前回の宿題である社説の要訳を

   一人づつ指導
 ③ 古典伊勢物語』の一文を解説をしながら読み進める
 ④ 本日の目玉!!
   昨年の芥川賞作家 又吉直樹火花』 
   読み進めながら:
   『ここは、主語をがないとわかりませんね~』
   『これは、なくても良い箇所』    国語教室2.jpg
   などなど解説
   漢字の難しい読み方を生徒に聞いて、意味を説明
   分かりにく~い文章は
   何を言っているのかを生徒に質問したり・・・

   かなり充実した2時間!!

   次回までの宿題は
   古典の暗唱と社説の要訳

   『主語が分からないと、理解しにくい』>>>
   メールLine、会話調で進むやりとりに、
   真意が伝わらなかったり、誤解したりされたり・・・

   言葉は大事に伝えよう!!
     戒められた時間でした
   
   来月も楽しみですね




国語教室 (4)

2月の体験から数えて、7月14日の国語教室4回目となります。
                 ↑↑
早くも、生徒から実際役立った!!という話が届いています

高2女子A: 国語の試験で1,400語の文章を100~150語に要約するテストがあり、

     国語教室の方法で要約したら5点満点中5点!!
     いつも成績の良い他の生徒は、
     難しい言葉を使って色々言い換えたので3点だった。
     本当にいいやり方だと実感した。

高2女子B:修学旅行で沖縄に行くに当たり、
     沖縄についての社説を要約して発表する時間があった。
     国語教室の方法で書いたら簡単にできた。
     やり方を知らなかったら、時間が掛かってうまくいかなかったと思う。

芝田氏に報告したところ、

    高2なのでまだまだ伸びますよ!
    また、すぐに結果が出るものではないのですが、
    信じているからこそと思います。
とのこと

さすが、プロですね。国語力をつける方法は間違いないようです。
皆、自然と国語力がついてきているようです

私たちの思考の根底にある日本語の力をつければ過去問.jpg自ずと、
英文の理解力も深まりす。
大学受験問題は、長文理解がほとんどで、その内容は


日本語にしても難しい物も少なくありません。

急がば回れ、
が一番の近道!!

『いいですよ!』
の一声で引き受けてくださった、芝田氏の活動の一部です
                      ↑↑        
ご参照ください


国語教室よりご紹介

4月21日より始動致しました
南浦和校国語教室の講師を引き受けてくださっている
児童文学作家、芝田勝茂氏の最新作は

葛飾北斎.jpg

伝記『葛飾北斎 --- 世界を驚かせた浮世絵師』 です

あの 『睡蓮』のモネや 
可愛らしい女の子の横顔に代表されるルノアールといった印象派の画家達が、
当時鎖国だった江戸の浮世絵に大きな影響を受けた!!
                 のですよ~~

大人も楽しい一作です

国語教室 (3)

児童文学作家芝田勝茂氏を迎え
月に一度の貴重な国語教室が4月21日に始まりました!!

中学生クラス
 天声人語:『熊本地震』 『タックスヘイブン』
      の小見出しと要訳  
 古典解説

高校生クラス
 社説:『熊本地震』 『新幹線の脱線』
 古典朗読と解説

現役文学作家さんから、直に指導を受けられるとは
なんと贅沢な時間でしょう!!

翌日英語の教室にやってきた高2生に感想を聞いたところ
  授業は勿論ですが、
  『越中、越後などの地名の成り立ちなど、知らないことを
  沢山教えてもらえた、とても楽しかった』
と、かなりの手応えでした。

芝田氏からは
 皆さん、学ぶ気持ちが強くて、しっかり考えようとしてくれるので
 充実した時間でした
 何より、生徒さんたちの性格が良く気持ちよく講義することができました
 楽しかったです
 このようにいい子達に会わせてくれて感謝です
 個性も掴めたのでこれから色々突っ込んで指導したいです

とのお言葉を頂きました。

国語教室を開けたことに加えて、生徒達を褒めていただいたこと
  が
なにより嬉しかったワタクシです。

今後の予定は 5月12日、6月2日、7月14日、8月4日
        乞うご期待


アーカイブ

カレンダー

<   2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  • ウィングローブ英語塾