まちがいない!!

2019年が始まりました

4月には元号も変わり、
2020年はオリンピック大学受験も変わります
   合わせて高校受験もその形態に追従します

新年早々、セミナーに参加し
ウイングローブメソッドに間違いないことを確信しました。
センター試験とプレテスト(大学共通試験の準備段階試験)の『読解』
を比較するとどの教科も文字量が増え、そのメッセージは
   『ちゃんと読め!!

英語に関しては、教科横断型(社会、理科などの知識を必要とする)
暗記だけでは対応できず、
  表を読み解く
  広告から情報を得る
など、社会知識、考察力も必要です

多い文字量に対応するには
 語彙
 文法
そして何より、文を前から区切って意味を取り
素早く内容を理解するスピード
が力を発揮します

ウィングローブの生徒の皆さん
 『ズーットこの方法で読んでいるから大丈夫

と、安心しませんか?

私は『やっぱり、間違いない!!
  と自信満々で帰路につきました 
良い新年の幕開けです  
                   logo_small_50dpi.png


プレゼンテーション、大成功

11.22 プレゼン本番Brendan.JPGのサムネイル画像
小学生から高校生まで、全員パワーポイントを使ってのプレゼンです
4月から6ヶ月間、naitive講師Mr. Brendanと準備しました
 内容:小学生:自作Storyを紙芝居パワポで発表
    中、高生:題材、構成、オリジナルです
    今回2回目となる中2生は『Trick Art
    高校生ははじめてでも『RACES』,『Five Senses』と科学的
 プレゼン内容に合わせたアクティビティも独創的でした。

参加生徒達
『大変だったけど、達成感あり』
『作成の過程が楽しかった』
『本番は楽しかった』
『人前で話す経験がしたかった』
『外人への恐怖心がなくなった』

保護者から
『テーマについてよく調べていた』
『学校の授業では体験できないこと』
『原稿を見ないで、皆すごい!!』
『クイズが面白かった』
『大変高度で素晴らしい』

国語教室の芝田先生から:
『発音がとても良い。日本の子供たちが英語で、これだけの内容を
短い時間にスピーチできることにカンゲキしました』

夏子本番.jpg
 プレゼン後のクイズ
陽香剣道ゲーム.jpg
 剣道の手ぬぐいの巻き方

この成功体験がMOTIVATIONとなる!!
例え失敗しても、次の成功の元!!

最後にBrendanさん
『皆は人前で話す事、多言語での発表というチャレンジ
 をして成功しました!!』

認めて、褒める事が一番のMOTIVATIONかな?
Brendanさんから学んだ最高のKEY


All English Activity 完結編

Young Learner の Barrierを取り除く方法は???

成功体験を持つこと!!
ではないでしょうか?

通じた!話せた!分かってもらえた!
話していることが分かった!!
小さい成功体験の機会を持つこと
が堅いBarrierをすこしづつ崩してくれたら
と願う毎日です
もっと知りたい!!がMotivationに繋がる
翻って、成績UPや資格試験に合格につながったら........
どんなに良いでしょう

Katsuya&Brendan.jpgのサムネイル画像  Natsuko&Brendan.jpg
(小学生:発話練習)       (高2:当日のパワポ資料を確認)

1ヶ月に1回、
ネイティブと対面してプレゼンテーションの原稿を作成
教科とは違う英語体験Motivationを刺激中

All English Activity 高校生編Ⅱー2

後日亜紀ちゃんから感想をもらった
感想の一節:
In addition to making students practice speaking English, I had another goal in mind to make them practice (critical) thinking. The skill that I think Japanese students lack is how to think on their own. I strongly believe the critical thinking skill or a thinking skill itself is critical when it comes to not only learning but also working. Japanese students are excellent at doing given tasks and following instructions. However, what it leaves to is the lack of thinking. How often do you encounter situations where students are asked "what do you think?" Most of students I taught managed to speak, listen, and do tasks in English. However, when I gave them an activity to come up with their own ideas, they had hard time doing so.

『スピーチ原稿を作り上げ発表する目標に加えて
考えさせることも目的とした。
日本の学生は、与えられた課題をこなすことに優れているが
考える作業に欠けている。』

Overall, activities were successful as they were able to "think" and work on the project I gave them. I was impressed by how much they can make sentences in English on their own. Although middle school students needed some help with grammar that they haven't learned, they were able to make full sentences in English.

『全体としては、英文を書く力があることには驚いた』
ーーーーーーーー ☆ ーーーーーーーー ☆ ーーーーーーーー ☆
参加したセミナーでの鳥飼玖美子さん(立教大学名誉教授)の言:
コミュニケーションの土台になるのは
読むことと書く事。
その力さえあれば、状況に応じて話すことは付いてきます』
ーーーーーーーー ☆ ーーーーーーーー ☆ ーーーーーーーー ☆
ウイングローブの生徒達は、授業の中で
読む、聞く、書く
文法を基礎に
ダントツ行っています
(文法なんて必要ない!なんてとんでもありません(゚д゚)

足りないのは:言葉を発するまでの自身の葛藤
       恥ずかしいと思う自身の中にあるバリアを取り外す勇気
これを Adolescent Barrier といいます

          ー to be continued ー





All English Activity 高校生編Ⅱー1

亜紀ちゃんクラス,高校生校生編2回目

お題は:Japan in 50 years from now
    『50年後の日本』

Effect亜紀クラス_20180928_214911.jpg

さすが高校生!!
2回目とあって、手順はバッチリ
ポイントを2つに絞って、スマホで調べながら
プレゼンの原稿を時間内で仕上げ、
2時間で発表までこぎ着けました
課題をコツコツと自己完結するのは得意な日本人ですが

気になったのは...
   9月亜紀クラス2instraction.JPGのサムネイル画像
  (亜紀ちゃんが示した事前のInstruction) 
  
日本の高校生に欠けている全てです

何故英語を学ぶのか?
   この原点に帰って考えてみましょう
   後日、生徒に投げかけました
将来役に立つから
社会に出て突然アウトプットができるでしょうか?
  言葉は人間のコミュニケーションのツールです
  頭の中の言葉を出さなければ伝わりません
      
          ー to be continued ー





英検報告

2018年度第1回英検合格
  4級 :中2 1名
  準2級:高1 1名
  2級 :高1 1名
      高2 1名 
      高3 1名

  Congratulations !!



All English Activity:中学生編

California State University 大学院
留学中亜紀ちゃん、帰国しています

中学生だって行わなければなりません!!
  Role PlayingAll English Activity
   Let's get started!!

Ice Breaker
 高校生と同じゲームですが、
 語彙が出てこない分Body Languageが増えます
   目的は、リラーックス

Pick a Movie & Come up with a Story
 グループに分かれて、映画の後日談を作ります

Script a Scene & Make sentences
 映画の場面設定をして、
 セリフを一人4つずつ考えて英語にする

④ Assign Lines
  ひとり4ずつのセリフを割り当てて練習
 
⑤ Play! :寸劇発表

亜紀中学生ロールプレイ2018.jpg

All English ではありますが、
中学生には日本語で補足説明があります。
聞いた英語が推測通りかを確認するのも、
          類推力を育てます

生徒感想:普段の時間を掛け考えてする英作と違って
     日常使う言葉を知らないことがわかった
     英語がもっと知りたくなった

亜紀ちゃん感想:エネルギッシュで、セリフも言えて
        想像以上の出来栄え

英語は何のために学ぶか?
モチベーションとなったと思います



All English Activity : 高校生編

California State University 大学院
留学中亜紀ちゃん、帰国しています
  早速、高校生6名の
  ALL English Activity 決行 


① Ice Breaker : メインのActivityを行う前の緊張ほぐし
  グループに分かれて、引いた単語にヒントを出して
  当ててもらう、類推ゲーム
        ↓↓↓↓↓
  瞬時に英語を口に出すウォーミングアップ
普段話をしない生徒同士も打ち解けて
盛り上がりました

② How to prepare for and give a speech
亜紀ちゃんが英語で説明します。

③ Speech 原稿作成
  テーマを決めて、スマホを使ってネット検索
  情報をoutoline(箇条書き)ー>センテンス
        ↓↓↓↓↓
      Intoroduction
      Main Point
      Closing
  のサンドウィッチ型に原稿を組み立てる

Make a Speech
正味2時間弱で発表まで終了しました~~~!!

亜紀高校生プレゼン.jpg

高校生感想:似たような授業は高校でしたことはあるけれど、
      このような体験は初めて。
亜紀ちゃん感想
  思った以上に皆原稿が書けて発表も出来たことに驚いた

 『やれば出来る!!』自信がつきましたね

Full of Confidence !!



昨年、夏、
在籍高校の留学プログラムにより
バンクーバーへ約1年の留学へ旅立った
現高2生からの動画です
英語は世界とつながり、世界を広げます

『百聞は一見にしかず』

その成長ぶりをご覧下さい


小学生<=Story Telling

Brendanさんのネイティブクラス2回目終了

小学生:1.絵コンテに合わせて作った一文ずつの英文センテンスを直します
      3単現ーs、a, the, be動詞...:やっぱりここがはじめの一歩

Brendan.jpg  Brendan 小学生.jpg
    
    2.Mind Mapping:
      Brendanさんが『LRRH』とMapの真ん中に書き、登場人物を記号化して
      StoryのMapを描きながら内容を説明します。
        
            Brendan マインドマップ.JPGのサムネイル画像

     What story is this? ===> 『赤ずきん!?』:Little Red Riding Hood !!
                    ↓↓↓
                    正解
    3.Homework : Write a mind map about "桃太郎"

ネイティブの指導は、大きな枠からだんだん焦点を合わせていきます
  小学生は自作のStoryをプレゼンするのが目的です


中高生:HomeworkはPresenのTopicについて:
    1.調べることを3つ考えてくる
    2.それぞれを5つの項目に分けて、Answer まで調べる
      でした。
   
   Lessonでは
    1.3つの項目が、それぞれ独立しているか(重なっていないか)
      =>Brendanさんのアドバイスを受ける  
    2.英文が正確かをチェック

   Homework:項目ひとつだけを230ワード程度の英文にしてくる
   しかも、正確な英文と文法を使って

言い忘れましたが、授業はすべて in English です


アーカイブ

カレンダー

<   2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  • ウィングローブ英語塾