大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。武蔵小杉校です。

「文型が、使えるように教えられていれば、もっと英語がわかるのに・・・」
と私はためいき。

12月、1月になり、何人もの高校生が英語塾を探して、
ウィングローブの体験を受けに来て、入会されています。

– 動名詞、不定詞など、名前はわかるが、文章の中に出てくると、
 どの用法なのか見分けがつかない。
 結果、長文が読めない、実力テストで点がとれない。

こういった状況も、品詞や文型の概念をはめていけばよくわかります。

  主語になれる品詞は「名詞」。目的語も名詞です。
  だから、
  主語とか目的語になっていれば、「名詞用法」なので「~すること」と理解。
  -ingの区別は、動名詞か分詞。
  分詞は前かあとの名詞を修飾して、形容詞的役割。
  おなじ-ingでも、主語とか目的語になっていれば動名詞。

バラバラに教えられた知識も、このようにすれば使えるものになります。
ある高校生は、体験レッスンを受けたあとに
「私、何もよくわかっていないなってわかりました」
と言っていました。

別の高校生は、ここの授業を受けることによって、
何が達成されるかわかったようで、すぐに「今、申込できますか?」  

インターネットでウィングローブを知っていらした保護者の方が、
体験レッスンを受けて、
求めている通りのものがここにはあると確認できたようです。

理系で、数学はかなり得意で、また、暗記も得意であるということ、
国語にも不得意感はないとのことなので、めざす国立大合格に、
「あとは英語だけ」。
その最後の1ピースが埋まると思われたのだと思います。

「もったいない」の一言です。
もっている知識を「使える」ものにするすべが、ココの授業にはあります。

アーカイブ

-

カレンダー

2023年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  • ウィングローブ英語塾