大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。武蔵小杉校です。

当塾に通う生徒の最近のブログ記事

3月の英単語暗記大会の申込が始まりました。

授業で、案内を渡しつつ、
「この教室は、単語暗記大会1位を、数人輩出してるよ~」と。

去年の夏1位をとったAくんは、今年のセンター試験で英語筆記195点。
その前に1位をとったBさんは、高3でTOEIC780点。

「狙ってるでしょ~!?」と、高2のCくんにふる。
やはり狙っているようだ。
既に単語が10周、熟語もほぼ8周、
単語は意味を複数も覚え、今日は「派生語もやりました」。
熟語は、英語⇒日本語も、日本語⇒英語 もやっている。

1年間でそれだけがんばったおかげで、センター同日模試でも
以前と比較して、グンと力があがったことが証明された。

「3周目まで、制覇行けると思います!」
燃えてます。

彼のがんばりはクラスでいい影響を与えている。
春夏参加の高1生も、「今度は2日出ます」。
新入会の生徒もがんばり始めています。

6月に入会した、中高一貫校の高1生、Aさんは、
体験レッスンのときにこう言った。

「学校の試験は、丸暗記したら点数がとれてしまいます。
 でも、ぜんっぜんわかってないって、自分でよくわかってるんです」

文型・品詞、全然わからないといって、入会
4カ月後の10月の全国模試で、英語の偏差値が72に!

5文型と品詞を指導することで、もやが晴れて、
自覚的に勉強すると、このスピードで高い結果が出る。

ウィングローブ英語塾は、そういうシステムです。

成長していく生徒達・・・ 

中山(2015年12月08日)

Aさん。中学1年で、「英語が不得意です」といって入会してきた。
中1の前期の試験は、普通みんな90点後半とか100点とかとるもの。
それが70点台だった。
現在高1。地域二番手の高校で、クラス1番。
「周囲はみんな、英語がわからないってヒーヒー言ってます」

Bさん。中3で私のクラスへ。中学のときはがんばって「4」だった。
中学だと致命的なケアレスミス系。英検準2級も惜しくも合格せず。
「高校に入ったら、部活もやらないで、塾も来ない」なんて言ってた。
現在高1。バレーボール部。全科目総合でクラス1番。英語は3番。
物理が得意な将来大物?なぜか勉強がいつも嫌だと言っている。

Cくん。中高一貫校、中3直前に入会した男の子。
中学のときは、学校の試験勉強を「やっておきなよ」と言っても
毎回、「やりませんでした」。
そのため平均に届いたり届かなかったり。
それが、中3後半で成績が上がってきた。
本人は何も言わないけど、学校で受けた模試で「よかったんです!」とお母さん。
定期テストより、実力テストの方が点数がよかったという結果。
そんな気は全然なさそうだったけど「英検受けてみる?」
受けてみると準2の筆記「合格しちゃった」。

高1の今、「中学の頃より勉強しています」。
進路指導の山口先生はそれを聞いて「変わったヤツだな」と。
普通、高校になると中学のときより勉強が嫌いになるものだから、と。
                全国模試10月の結果は、偏差値64.5が出た。数学は63。
                         中学のときからすると、変わったなあ~~~

横浜翠嵐、横浜サイエンスフロンティア、県立多摩、県立新城、市立橘、県立生田、等

早稲田実業、学習院、桐光学園、麻布、明治大明治、法政二高、攻玉社、芝、逗子開成、捜真女学校、森村学園、田園調布学園、広尾学園、神大付属、山脇学園、大森学園、サレジオ、文教、等

公立中学: 今井中、井田中、西中原中、中原中、宮内中 

kosugi-0061.jpgのサムネイル画像

アーカイブ

-

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • ウィングローブ英語塾