英文添削サービス ウィンコムの最近のブログ記事

ライティング力アップ講座として
時事英語の文章を読み、それに関するエッセイの添削を
ネイティブスタッフのロジャー先生(イギリス人・オックスフォード大学卒業、東京理科大などで長年指導、翻訳業にも長く携わる)
に依頼していますが、

この1年に提出された100本のうち、ロジャー先生に優秀なエッセイを選考していただき、見事10本が選ばれました!

★★★ 最優秀賞 TOP THREE  3本
★★★ 優秀賞  RUNNERS-UP 6本
★★★ オリジナリティ賞 COMMENDATION FOR ORIGINALITY 1本

《 ロジャー先生 講評 》

エッセイコンテストにあたり、これまで添削したエッセイを読み直しながら、
皆さんの英語力と努力に、あらためて感心しました。

時事英語の内容はかなり難しいものもあったと思います。

選考は、
エッセイが論理的にまとまっているか
その内容
トピックに対する関心がどの程度向けられているか
説得力があるか
等に基準をおきました。

こういったポイントが、ただ質問に答えているだけのエッセイと、
読者に感銘を与えるエッセイとの違いを生むのです。

当初はトップ5を選ぼうと思っていましたが
同じくらい素晴らしいエッセイが多かったので
選考に苦労しました。
まずトップ3を選び、次いで甲乙つけがたい6本、
そして「オリジナリティ賞」を選んで10本と致しました。


~~ 今後、優秀作品を発表していきます ~~


中2なのに、こんなエッセイが書けています!
多摩センター校の中2生K.Nくんです。

中1の時に英検準1級にも合格しています。

「プラスチック廃棄物による汚染の問題に対し、日本政府は何をすべきか」という時事的な問題に、ロジカルに提案しています。


トピック:
In your opinion, what actions should the Japanese government take to solve the problem of plastic pollution?

I think Japanese government should make a new rule about throwing a plastic materials to the enviroment. Also they need to make a board and warn that throwing a plastic or other kinds of trash to the enviroment is same as committing a crime.

First Japanese government has to make a rule to stop littering trash in public places. For example, if you throw 100g of trash you need to pay 1000 yen. To stop people throwing trash in eniviroment, we need to make more trash can in the sea, forest, or etc.

Second is that they should make more board and put them on place that people could see very clearly. They don't know how much plastic were thrown away in 1 day. So the government can reaserch them and put the broad that has singnificant numbers.

Reducing plastic trash from enviroment is very easy if each person tried to take home a plastic trash not throwing them in any place. We need to think about plastic problem more seriously and government has to do their best to present eniviroment from plastic.

ウィングローブでは、特に高校生には、
時事的トピックに関するessay を書くよう奨励しています。

今回は、'Overwork' に関するエッセイを読み、

In the future, would you rather work longer hours (more hours a week) and earn more money, or work shorter hours (fewer hours a week) and earn less? Give reasons for your choice.
というトピックで高2生が書いた作文を紹介します。


K.Y.くん 高2 岸町校

I think Japan should follow Germany and France to reduce the number of working days and hours. I have two reasons. First, if people work harder, they may be promoted and earn more money. But, they will lose time to spend the money on their family, hobby and so on. Second, long-time and hard work does not always make more profits because it is by no means efficient. The employees of a successful company seem to work, taking their time, and enjoy their tasks. Some of them even reach their office 9 a.m. and finish working 5p.m., and then go home. For these two reasons, I think Japan should make efforts to cut down on the number of working days and hours.


Y.Y.くん 高2 岸町校

I think overwork is the production which modern society generated. Recently most parents think their children never succeed if they cannot have good jobs. So these parents make their children study hard. These children are certainly clever, but are so tired physically and mentally that they don't have enough power to work in strict competitive world in a company. However, on company's side, it is important whether employees are competent or not. They don't care about their mental condition or relationship to others. I think overwork problem is born from the difference between employees and companies.

Companies should know employees more deeply and make good working condition for them. Some European countries have already introduced reduction of working time. Although company's turnover reduces, the company will be more successful in the long run. I think how fulfilled employees feel in their life is far more important than how companies prosper.

business_zangyou.png

ウィングローブでは在校生向けに
「ウィンコム」という英文ネイティブ添削サービスを行っておりますが、
最近、高校生のなかで定着しつつあります。

大学受験や英検にも必要ですが、
「書いて内容を伝えられる」ことは
「英語が使える」ということです。

以下は、添削後の英文ですが、
素晴らしい内容です。

トピック: Basic Income という考えをどう思うか

I am against the idea of basic income, for the following two reasons.

First, the idea of basic income itself is good, but it is not realistic. Introducing basic income would mean reorganizing the whole tax system. It would take too much time to gain the people's support.

Second, there is a possibility that basic income might contribute to financial difficulties or financial collapse. For example, France has a welfare system called Revenue de Solidarite Active (RSA). This system provides money to people on low incomes, on a means-tested basis, even if they don't have French nationality. Thanks to this generous system, unauthorized claims are rampant and it is a burden on the treasury. So, I would like to say that handouts from the government inevitably lead to people claiming benefits illegally.

For these reasons, I strongly believe that basic income should not be adopted.

(高田馬場校 高3生)
今回、「英作文選手権」!を企画しました。

普段、「ウィンコム」というサービスで
ライティングの添削が受けられるようになっておりますが、
今回さらにパワーアップです。

タイムリーなテーマの英文を、保護者・生徒への通信に掲載するので
そのトピックで英作文をして応募してもらい、
後日優秀作品を発表するというものです。

その元となる英文を、
現在ウィングローブのネイティブ顧問をしていただいております
ロジャー先生に書いていただきました。
ロジャー先生には普段、英作文添削サービス「ウィンコム」の
担当をお願いしております。

英国オックスフォード大学卒業、
東京理科大等で英語を長年教えられ
留学生の論文などを含め学生の添削を多数行ってきたロジャー先生は
あらゆる程度の英語を理解し、
非常に高いレベルの英語を使える方です。

今回ロジャー先生に、時事的なトピックをテーマに
英文を書いていただきました。
今現在起こっている問題についての事実とコメントです。
素晴らしい英文なので、みなさんに味わっていただき、
一緒に提示される'Composition Topic'に答える形で
英文を書いて添削を受けようというものです。

第一回のテーマは、'Overwork' 第二回は 'Child Poverty' です。
第三回は'Basic Income' という、
「経済三部作」となります。

日本の経済に鋭く切り込む内容に
ウィングローブの生徒たちはどう反応するのか?
楽しみです(^◇^)

在籍生徒対象 生徒の英作文を ネイティブの先生が添削するサービスを開始! 
名付けて WinCom(ウィンコム) です。

現在大学受験では、TEAPや国公立の2次試験、早慶の入試問題などで、
ある程度の分量の英作文が課されています。
その対策として「書く経験」を積むこと、
間違いを的確に訂正してくれる場」を得る必要があります。

ウィングローブ英語塾は、高校生の全国模試で、
「英作文」は19ポイント、「英文和訳」は12ポイント、平均点より高い!
という結果がでました。
つまり、普段の授業で、十分、作文の力はつけられているということ!!

ですが、さらに、入試用などボリュームのある作文や、
自由作文などに取り組む必要のある皆さんをサポートするため、

長らく大学の講師であり、入試問題作成メンバーでもある
ネイティブの先生に添削をお願いすることになりました。

よりよい表現を指摘してくれるなど、普段の授業では得られない指導を受けることが出来ます。
日本語での解説もつきます

講師の先生は : roger northridge.jpg

Roger Northridge (ロジャー・ノースリッジ) 先生

英国オックスフォード大学卒業

翻訳、教科書執筆、様々な分野の和英辞書編集に携わる。

東京理科大他、英語講師歴25年
入試問題作成にも、数年携わってきた。

オリジナリティー溢れる授業は評価が高い。

趣味は山登り、読書、家の改造、旅。すでに50カ国近く訪れている。

現在山の家を改造中である。



アーカイブ

カレンダー

<   2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  • ウィングローブ英語塾