大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。渋谷本部です。

『受験の天王山』と呼ばれる夏休み。

早くも8月に突入しました。

受験生にとっては勉強に集中できる貴重な時期。

みなさんは、どのように勉強していますか?

今回のブログでは、

受験本番で結果を出したウィングローブの先輩たちが

どのように夏休みを過ごしてきたのか解説します。

ですがその前に、受験勉強について

大切な前提を知っている必要があります。


■ 入試傾向 vs 学力

世間では入試傾向への対策をうたう、

○○大英語、△△大数学といった講座や問題集が数多く存在していて

それを選べば、さもその大学に合格出来るかのようなアピールがされています。

しかし、入試傾向への対策だけで合格出来るなら、

その講座を取ったり問題集を解いたりした全員が

合格するはずですが、実際はそうではありません。

それはなぜなのか。

それは合格する上で最も大切な

 「学力」

を身につけていないからです。

では、学力とは何を指すのでしょう。

ここでいう学力とは、

基礎的・標準的レベルのどんな問題が出ても解ける力

のことをいいます。

入試問題は広く全範囲から出題されます。

その範囲の広さに対する対策が必要なのです。

狭い範囲の入試傾向だけに絞った対策では 

たまたま自分が受験する年にその範囲が

出題されない可能性が大いにあります。

ですからまず第一に、
 
全範囲について、基礎的・標準的な問題をもれなく解けるようにすること

が必要なのです。 

ではどうやったら学力をつけることができるのか。

後編では

学力をしっかりと身につけるために

夏休みどのように過ごしたらよいのか、

3つのポイントに絞って解説します。

アーカイブ

-

カレンダー

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • ウィングローブ英語塾