大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。渋谷本部です。

小3、小4になると、首都圏の親御さんは、周囲の公立中学の様子をうかがいつつ、

「受験させた方がいいかしら」と考えるのでしょうね。

もちろん、受験して進学し、性格的に合っていれば楽しい生活になることでしょう。

ですが、私立中学の実態を知っていれば、「入学してから苦労する場合がある」ということを

ご存知の方が、決定には役立つはずです。

【 休めると思ったら・・・ 】

生徒は、入試が終わったら「休める!」と思うはずです。

けっこう一生懸命勉強をして大変だったので1、2年は休みたい、入学すればバラ色だ・・・

それが、違うんです。

特に、ムリして少しでも上のレベルの学校へ、と思い、実際、進学した場合は。

【 授業レベルは、上から3分の1~4分の1をターゲット 】

入学するとさっそく、そのスピードと勉強量、課題の量に驚くはずです。

私立は結果を出さないといけない命題があるため、大学受験のよりよい結果を求めます。

そのため、上のレベルをより伸ばそうとし、

授業は、上から3分の1~4分の1の生徒のレベルに合わせて行われます。

ですので、ギリギリで入学した場合は、授業レベルについていけないのです。

【 課題量の多さ 】

課題は多く、スピードは速く、「楽しい学生生活」のためのイベントなども目白押し。

消化しないままどんどん進むと、定期試験は丸暗記でのぞみ、自分のものになっていないので

使えないまま不毛の勉強になってしまいます。

【 でも、実績は出ていない 】

○ある中堅私立では、中1時に「中学卒業までに全員英検3級合格」とうたったそうですが、

結果、合格したのは3分の1だったとか。

○大学受験の合格率 実は偏差値70の高校ですら、進学実数としては、MARCH以上に半分程度です。

大学受験の結果が出ないから、中学受験にしわ寄せがきているということです。

力がつく指導をしているのなら、それほど量をやったりしないで、ちゃんと基礎から積み上げれば

いいはずなのですが、

そういう方法で指導できていないので、とにかく量をやらせているということです。

こういう実態を知れば、中学受験、考え直すのでは?

アーカイブ

-

カレンダー

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • ウィングローブ英語塾