大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。渋谷本部です。

公立中学生にとって、高校の選択はひとつのポイント。

私立に進むか。私立でも大学の付属高校という選択肢もあります。

山口先生は、「大学の付属高校への進学は、おすすめしませんね」

大学の付属の高校に進学した場合、そこそこの成績をとっておけば、学部の希望がかなえられるかは別にして、大学に進学できる可能性は高いですね。

親御さんの、「大学受験は大変そう」「高校受験でMARCH以上の高校に入っておけば大学も安泰」という親心は、本当に親心なのでしょうか?

大学の方は、進学には、ちゃんと勉強して成績を取っておかないと進学できませんよ、といい、実際多くの学校で、以前よりは進学基準が厳しくなっているようですが、

それでもやはり 「付属生は勉強しない!」。

一般受験の生徒とは、勉強量がダンゼン違います。

山口先生は、この時期、勉強しておいた方が、将来のためにゼッタイいい、と。

大学受験は、人生初の「本気」の時。

「志望校に合格しないんじゃないか」「どこにも合格しないんじゃないか」というプレッシャーにさらされながら、親との関係や、周囲の雑音、いろいろな情報、そういうものに惑わされず、いかにやるべきことをやるか。

メンタル的に、人間的に鍛えられるいいチャンスだと山口先生は言うのです。

最近は就職試験のときに「君、内部進学?」と聞かれることもあるとか。

これからは、自分を磨いておかないといけない時代です。キツイ経験をすることで、人間性もあげていくことが必要、ではないでしょうか。

ウィングローブは、「一般受験生」を応援します。

アーカイブ

-

カレンダー

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • ウィングローブ英語塾