大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。渋谷本部です。

「理系か文系か?」と聞かれて

山口先生は

「悩むことナシ。その人の個性で決まっているんですよ」

高1の12月ごろに高校生が悩む問題の一つは、「理系に行くべきか文系か?」です。

自分で「数学は苦手だから、文系」とか、「将来、航空関係の仕事をしたいから、理系」などの人は悩まないでしょうが、はっきりわかっていない人で、成績も文系科目理系科目でそれほど変わらないないような人は、悩みますよね。

でも、山口先生はこう言います。

「だいたい、その人の個性で決まっているんですよ。

理系の人はほとんど、高2くらいまでには何をやりたいか決まっています。だから迷わずその道に行けばいいんですね。」

「よく、学校の先生とか、世間の相談などは、

「なりたい職業を決めてから大学を決めろ」ってアドバイスしますね。

あれ、無理なんです

ほとんどの人は、17,18歳で何になりたいかなんて決まらないんですから

決まらなくて当然です。決まらない人は、だいたい文系です」

「でも、たまに、どちらの成績も変わらないという人もいます。

たとえばそういう人でも、どっち寄りかというのは見たらだいたいわかるのですが、

そういう人は理系の方向に行っても、研究というよりは外交的な仕事をしたりとか、橋渡しをするような仕事についたりするのではないでしょうか」

コース選択の直前に山口先生の面談を受けて「選択をまちがえなくてよかった!」と言っている人、大勢います。

無題2.png

アーカイブ

-

カレンダー

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • ウィングローブ英語塾