大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。渋谷本部です。

1クラスに4,5名、1人ずつ対応していく授業スタイル。

珍しい形式でしょう。理解されにくいようです。

 

生徒1人の持ち時間は3分、4分。その時間内で1対1で指導、

自分の番でない10分程度の時間にはやることを指示されています。

 

ですが、これは実は、高いテクが要求されます。経験も必要。

 

それは、

生徒1人1人に、瞬時に対応していかなければならないためです。

 

3,4分の1対1の時間の中で、

「以前より進歩したな」

「でもこの部分はまだモノにしていないな」などと判断して

次の指導をしていくのですから。

 

ですからかける言葉も一人一人違います。

 

・まだこれがわかっていないな、ならここがわかっているかの質問をしよう。

➡やはりそこを忘れていたな、じゃあもう一度説明しよう。

 

・よくできている、スピードも出てきた、ならばもっと上のレベルのことを要求してみよう

「これ、わかる?」など。

 

ことばをかけるのも、相手の性格や、状況も考えつつになります。

 

やるべきことをやっていない場合、それが毎回なのか、毎回なら注意しよう。この子は頭ごなしはダメかな。でもきつく言わないとな。

また、いつもはやってくるのに今日は課題をやり切れていなかった、それには何か理由があるなと思い「今週はどうしたの?」と聞いてみたり。

 

一方的に講義をするのでなく、生徒の反応に対応していくのが大変な部分です。

 

でも、それが効く!と思っての指導形式です。

 

 

 

 

 

アーカイブ

-

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • ウィングローブ英語塾