大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。渋谷本部です。

幕張本郷校で学んだ宇井くんが

東京大学理科Ⅰ類に合格しました。

宇井君写真 (2).jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
ウィングローブ英語塾で学んだことについての感想、
また、後輩へのメッセージをお願いしました。

 

 「僕は英語に関して偉そうなことを言える程ではありませんが、今回の大学受験に限って言えば英語のアドバンテージは大きかったです。

 学校の英語の授業と、週1回のウィングローブに行く以外には全く自分で勉強する必要はなく(感覚を保つために学習用の英字新聞をとって毎朝眺めてはいましたが)受験において、他の人と差をつけられる得点源となりました。

 要約やリスニング、作文、論説文読解、小説読解と様々な題材を通じてspeaking以外の3技能をバランス良く問う東大の問題にも殆ど苦手を感じることはありませんでした。(唯一、小説はあまり読み慣れていなかったので苦労しましたが)

 これはウィングローブで4技能を見据えた学習をしていたからだと思います。

 具体的には、まずは、文法や単語等の基礎の徹底が大事です。

 ウィングローブに週1回通うことで自然とコツコツと積み上げていくことができました。

 次にshadowing(シャドーイング)はとても効果があったと思います。

 自分で発音できるようになるとリスニングができるようになりますし、センターの発音・アクセント問題で苦労することはありません。

 また、個人的には英語の文章を何度も口に出していうことで文章のリズムをつかむことができ、英文を読むときや英文を作る際にも役立ったと思います。

 繰り返しになりますが、shadowingは非常に大事です。

 英語がすんなりと自分のなかに入ってくるようになります。

 最後に、ウィングローブにいたからこそ英語学習の指針となるようなものを得ることが出来たと思っています。

 ウィングローブでは英語しか学びませんでしたが英語を通じて学んだ勉強のやり方のようなものは、他教科を学ぶ際にも一つの指針となりました。

 ありがとうございました。

 英語に限らず、勉強は自分で一つ一つ積み上げていくことが大事です。

 そこに何らかの指針を見つけられるととてもやりやすいです。

 楽しようと考えるのではなく、他教科や勉強以外のことでも色々と試行錯誤し、他の人のやり方を参考にしながら自分のやり方を確立していくことが大切だと思います。

 後輩の皆さんのご活躍をお祈りしています。

 

アーカイブ

-

カレンダー

2019年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • ウィングローブ英語塾