ウィングローブでは在校生向けに
「ウィンコム」という英文ネイティブ添削サービスを行っておりますが、
最近、高校生のなかで定着しつつあります。

大学受験や英検にも必要ですが、
「書いて内容を伝えられる」ことは
「英語が使える」ということです。

以下は、添削後の英文ですが、
素晴らしい内容です。

トピック: Basic Income という考えをどう思うか

I am against the idea of basic income, for the following two reasons.

First, the idea of basic income itself is good, but it is not realistic. Introducing basic income would mean reorganizing the whole tax system. It would take too much time to gain the people's support.

Second, there is a possibility that basic income might contribute to financial difficulties or financial collapse. For example, France has a welfare system called Revenue de Solidarite Active (RSA). This system provides money to people on low incomes, on a means-tested basis, even if they don't have French nationality. Thanks to this generous system, unauthorized claims are rampant and it is a burden on the treasury. So, I would like to say that handouts from the government inevitably lead to people claiming benefits illegally.

For these reasons, I strongly believe that basic income should not be adopted.

(高田馬場校 高3生)

今年の英検 

英検合格者 

今年1月~11月までの結果のうち、
スゴイ!!という成績のみ
お知らせします(判明分のみ)。

準1級★ 中1合格! 高2! 高3・2人

2 級★ 中1合格! 中2・4人も合格! 中3多数

準2級★ 中1!

3 級★ 小6合格! なんと小2合格!

小2で3級に合格したのは、大分校生。
帰国生ではないそうです。
小3になってから準2級に挑戦しましたが、
数点足らなかったとのこと!
ちゃんと5文型とか品詞とか学びたい!と言っているそうです。

これからが楽しみです!
世界に羽ばたいていってほしいですね。

266-illustration-technology.pngのサムネイル画像

キャンパスツアー!

アメリカ、カリフォルニア州サンタクルーズからお届け、
第二弾は「キャンパスツアー」!
Akiが現在通うカリフォルニア大学サンタクルーズ校は
1965年に設立た研究を中心とする大学・大学院。
学校の敷地の広さは約8k㎡
(参考:ディズニーランドが0.465㎢、ディズニーシーが 0.7㎢)。
自然豊かな森の中に建っています。

学校がかなり広く、登り下りの坂が多いので学生の間では学校の中を歩くことを「Hiking」とジョークを言ったりします。
あまりの広さのなので学校の全部をお見せすることはできませんが、
ぜひ日本とはまた違う大学の雰囲気をお楽しみ下さい!!!

勝どき校を今年卒業、
見事、国際教養大学に合格したOくんが、

同大学の入試制度紹介動画に、登場していますので
ご紹介いたします。

引用元:

http://web.aiu.ac.jp/aiutopics/34581/

国際教養大学「AIUの入試制度」から引用



A little bit about me!

Hello everyone!

はじめまして、Akiです!

現在、アメリカのカリフォルニア州にあるサンタクルーズという街にある大学院に留学しています。

A little bit of about myself:

生まれも育ちも埼玉、小学校から高校まで通った学校も埼玉、
根っからの地元っ子として育った私は中学生頃から英語に興味を持ちはじめ、
英語がペラペラになりたいと思っていました。

英語を学ぶならまず基礎を身につけないといけないと思い、
中学校入学とほぼ同時に英語の塾、
ウィングローブに通いはじめました。


南浦和教室の種田先生にしっかりと基礎を叩きこまれました。
そこでは 文法をはじめ、文型やシャドーイング、そして英語で物語を読むなどしました。

私のお気に入りはシャドーイングで、
英語の会話や物語を聴きながら、あとを追って英語を実際に口から出す、
スピーキングの練習をたくさんしました。

楽しみながらできたので英検やTOEFLではリスニングは得意分野でした。

高校卒業までウィングローブ塾にお世話になりました。



そして、高校3年生の三者面談で

「海外の大学に留学する!日本の大学には行かない!」

と宣言し、最初は反対されていたものの、説得を繰り返しついに同意を得て、
東京にある英語の専門学校で1年間みっちり英語の勉強をし、
19歳の夏に晴れて大学留学のために渡米!



(それまで地元、親元を離れたことがなかった私は当時かなり苦労しました。。。)



大学では人文コミュニケーションを専攻し、
2016年12月に California State University, Monterey Bay (カリフォルニア州立大学モントレーベイ校) 卒業
しました。


そして今年の3月に大学院の合格発表が出たので、
9月から University of California, Santa Cruz (カリフォルニア大学大学院サンタクルーズ校) へ
進学しました。


現在は、社会学研究科修士・博士課程の一年生をしています!

****

そして、毎月ごとに更新されるビデオで私の留学生活を紹介していきたいと思います!

年々、たくさんの学生が世界中に留学しています。
それでも、まだ留学というアイデアが遠くに感じたり、
不安に感じたりする人もたくさんいます。


そんな方々に向けて、留学の魅力をこのビデオでお伝えしていきます。


一人でも多くの人に、留学はもちろん、英語、そして学ぶことは楽しいんだ!
ということを知ってもらうのを自分のミッションとしています!



よろしくお願いします :)

266-illustration-technology.png

南浦和校卒業生のAKIさんは
現在、アメリカ大学院に留学中。

これから留学を考えている人や
考えていない人にも、
興味をもってもらおうと
「留学生活って、こんなかんじ!」
と、紹介してくれることになりました。

'Wind from Abroad' -
毎月のアメリカからの風を楽しんでください!








11月13日、2020年度導入の
「大学入学共通テスト」のプレテストが
始まりました。24日までで行うとのこと。

全国の国公立、私立高校の生徒19万人が参加、
学校数では1900校(全国の4割)とのことです。

試験科目は、
英語は来年2,3月に実施とのことで今回はナシ、
国語と数学ⅠAは、記述式問題が導入されるわけですが
それらの科目を含め
数ⅡB、社会、理科なども実施です。

英語は来年2月13日~3月3日に実施の予定です。

illustrain02-juken09.png

カシオ辞書.jpg毎年恒例、この時期に情報セミナーを行っています。
先生方に、
役立つ情報を知っていただき、
クラス運営に役立てていただくためです。


今年は、
前半:カシオ 電子辞書の活用法セミナー
後半:教育開発出版(株) 入試関係情報セミナー

という趣向でした。

参加の先生方25人、一人一人に
電子辞書が配布され、
デモンストレーションとともに活用法を教授してもらい、
スペリングがわからないときにどうするか、など
気づいていない活用法などを学びました。
さらに効率よく利用できそうです。


後半は、教育開発出版の担当の方から、
大学受験の内容が変更すること、
また、スピーキングなど4技能+語彙力・文法力も計測できるという
ピアソンのテストのご紹介。
教育開発progress.jpg
英語の「スピーキング」「ライティング」の力まで
計測でき、
CEFRのスケールも利用し、
瞬時に結果が出るというものでした。

現中3以降、必要になってくるという4技能、
客観的なものさしとして、
本番前の練習として利用できるテストということでした。




11月8日、文科省が
2020年度に始まる大学入学共通テストの英語試験に
どの検定試験・資格試験が採用されるか
その認定要件を発表しました。

・国内で2年以上実施した実績がある
・高校生の受験や大学入試での活用実績がある
・英語4技能を偏りなく評価できる
・高校の学習指導要領と整合性がある
・毎年4月~12月に全国10か所以上で複数回実施する

12月中旬まで実施団体の要請を受け付け、
18年3月までに公表するとのことです。

国内に拠点を持つ法人が試験を実施する団体である必要があるため、
実際には、
・英検  ・TOEIC  ・GTEC 
などを含めた7種類程度が想定されているとのこと。

ウィングローブでは、

在籍する先生方の指導力を高めていただくためのセミナーや講座などを、毎月の1-2回の定例研修以外にも行っているのですが、

今回は「発音講座」を企画いたしました。

講師は、英語音声学者の小川直樹先生。IMG_1653 (2).JPG

小川先生は、津田塾大学非常勤講師であり、
Heart-to-Communications代表取締役でいらっしゃいます。


30人もの先生がご参加。
みなさん「よりよい授業を」と本当に熱心です。

「英語らしい発音を身につける」というタイトルで、
「音」を、「動作」「イラスト」を結び付けることでイメージしやすくなり、

さらに発音も良くなる!というものでした。


母音の発音を、少し大げさな動作をしながら学ぶのですが、
想像してみてください、
30人がいっせいに行っている様子を!

「なんか変な宗教のようですが」と、
先生もおっしゃって、大ウケ!IMG_1640 (3).jpg

楽しく印象に残り、しかもクオリティが非常に高く、
みなさん「なるほどね!」と
随所で膝を打ってらっしゃいました。

終了後の質問コーナー、質問が次から次へと
とまりません。

日々、生徒たちの発音をどうしたらよりよくなるか、を
考えているからこその質問ばかりでした。

翌日さっそく、

「授業で応用させていただきました!」との感想が複数。

IMG_1644 (2).JPG
こんなふうに、熱心な先生が多く、

だからいっそう、さらに指導力を常に向上させていきましょう、
と本部も頑張る、

というのがウィングローブ英語塾です。

アーカイブ

カレンダー

<   2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  • ウィングローブ英語塾