大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。幕張校です。

リピートークの最近のブログ記事

シャドーイングがとまりません

幕張校(2021年09月05日)

気がつけば空は碧く高くなり、銀杏の葉もわずかですが色づいてきました。

9月に入って涼しい日が続き、季節が動いたのを感じます。

 

さて、夏休みに提唱したリピートークマラソン。

シャドーイングの練習をしてweb提出する音声プログラムですが、

お見事でした!

半数以上の生徒さんが毎日提出を完走したのです!!!!

一番練習量があったのは、この31日間で、486分!

ということは、8時間ですよ。素晴らしい!

続いて、336分、283、182、163,148,121分・・・

一人平均158分、一日5分はやっていた計算になります。

さて、その効果は?

日に日に発音、イントネーションが良くなりました。

休み明けのテストのリスニングがハッキリ聞こえてきたとのこと。

訳をした後にシャドーイングをすると、より英語のままでわかるとのこと。

そうなのです!聞いた音声をすぐに口から出していく練習はまさに脳の筋トレ

 

英語独特の強弱、長短、高低を押さえていえるようになると、

シャドーイングがバシッと入るようになります。

訓練によって英語脳が鍛えられます。日本語を介さず英語で理解できるようになるのです。

 

リピートークマラソンは英語脳を鍛えるだけでなく、

敬遠しがちだった生徒さんが音声に対する抵抗を下げ、軌道にのるようにすること。

一学期に提出が滞っていた生徒さんがなんとか提出にこぎ着けた、というだけでも、、

リピートークマラソンを提唱した甲斐がありました。

声が大きくなり、自信もついてきましたから。

 

そして、リピートークマラソンがゴールを迎えた9月、

今も提出が止まりません。皆、ちゃーんと軌道に乗れたようです。

添削のボックスをあけると提出の山。

嬉しい悲鳴を上げながら、耳を傾けています。

 

9月、いよいよ、図書券の出番です。

引き続き頑張ってください。

ルーティーンで平常心を

幕張校(2021年01月31日)

高3生はいよいよ受験本番です。

最後のレッスンの日、最後だから何をしようか、

なにかためになることはないか、

特別なことはないか、と、しばし考えました。考えて時間が経ちました。

そこで発見。これです。こんなふうに考えていたら時間がもったいない。

受験生にもこれが言えます。

 

試験というのは焦るもの
焦ると、いつもは簡単に出来たこともうっかり判断ミスをすることがあります。
焦った時には平常心に戻って冷静な判断をすることが大事です。
そのためには平常心を呼び戻すルーティンワークが1番です。
特別はない。
あえて、いつものプログラムを貫きましょう。
いままで成果を出してきた学習。
単語、熟語、基礎精講、文法、和訳、過去問。そして自宅からのシャドーイング、リピートーク提出。
これらのルーティーンで英語脳にエンジンがかかり、加速し、
快適ないい走りを継続していたわけですから
その走りを本番でフル回転させましょう!
決して減速しないように
さあ、ルーティーンで心を落ち着けて、れまでの人生をぜ〜んぶ、余すところなくぶつけてください。
普段の力を全部出し切るのです!
出し惜しみをするのはやめよう。出し惜しみしても少しもいいことはありませんから。
努力の蓄積を全開にしてこそ、新しい一歩が踏み出せるのです。
(「(夢を)カナエ-ル」「ウカルック」受験お菓子も目白押し)
この一年、コロナのため全編いきなり最後まで、まさかのオンラインレッスンとなった二人の高3生。
昨年3月にすぐさまzoomをつなげ、月に一度は何らかの形で外で顔を合わせ、速度を緩めることなく学習を進めてきた二人。
未来を築く二人とここまで駆け抜けてこれて光栄です。本当にありがとう。
この二人だけでなく、全国の高3生たち、この1年、過酷な状況の中で良くがんばりました
これまでの努力が実るよう。自分の力を信じて挑んで下さい。

健闘を心から祈っております。

Good Luck!

リピートークマラソン結果報告

幕張校(2019年09月07日)

とうとう9月になりました。

まだまだ暑い日が続いていますが、

空は高く、日は短くなり、

季節は確実に秋に向かっているようです。

 

さて、長い夏休みに入るとき、

シャドーイングを30回提出したら図書券ゲット!を掲げて

リピートークマラソンを提案しました。

「プレゼントにほだされて」、というだけでは決してないと思いますが、

達成者が5名

 

驚いたのは、日を重ねるごとに、シャドーイングの達成時間が短くなること。

どんなに長い文章もあっという間にスラスラとシャドーイングができてしまい、

乗ってくると毎日、しかも何度も。

それで60回提出という強者も登場しました。

 

もちろん、10回の子もいれば9回の子も、たった1回の子もいました。

意識しなかったら忘れて過ごしていたかもしれません。

いつもやっている子でも、この提案がなければ、30回もやらなかったかもしれません。

 

やってみてわかったことが沢山あったと思います。

高い山を越えたことで、もっと先の広々とした景色が見えたことでしょう。

登山をするとき、最初は目の前の山と格闘するのが大変ですが、

登り切ってしまうと今戦ってきた山はもう足の下。

次の峰が美しく見えてそれが目標となります。

それはゾクゾクとした魅力です。

 

ほとんどの生徒達が、意識して提出する努力をしたこと、素晴らしいと思います。

そしてやっただけの爽快感も、力がついたことも実感したかと思います。

 

図書券6枚分、嬉しい出費です。

まずは夏休み企画大成功。

9月から始まった後半戦、がんばって行きましょう

リピートークマラソン中間報告

幕張校(2019年08月22日)

夏休みも残すところあと2週間。
短期留学、合宿、部活の試合、また、ふるさとへの帰省など、
メラメラと燃えたメインの行事は、続々山場を越えたかと思います。

 

かくいう私も5日間ほどタイへ行き、憧れのホワイトタイガーに会ってきました。

 

 

このたくましい姿は、夏にたっぷりエネルギーを蓄えた中高生のようです。

タイ滞在はたった5日間でしたが、
帰ってからリピートークの管理画面を明けると、
48件も提出があってビックリ!

 

早朝提出の高校生もいれば、真夜中に提出する中学生もいて、
みんな暑い中、よく頑張ったなあ~と添削させていただきました。

 

すでに30回の提出を達成して、図書券をゲットした塾生が2名います。

 

毎日のリピートーク練習は頭の回転を良くします。
運動をやっている人ならすぐわかると思いますが、
運動や筋トレと同じで、血流が良くなり、脳がさっぱりします。

 

続けていると、脳に筋肉がついた感じ。
脳に筋肉はないのでしょうが、いつの間にか早くできるようになり、
わかることが多くなります。

 

かく言う私も、言うだけではいけないと、毎日やってみました。
毎日20分でも30でも、10分でもやってみると違います。
筋肉は裏切らないーーー!と実感します。
これは私の感想ですが、うそだと思う方はぜひやってみて下さい。

習慣化して学習及び英語への抵抗感を少なくし、
次のステップに進む基礎体力、いや、原動力をつけられたらしめたものです。

 

9月まであと9日。
一日一日、計画を立てて、やるべきことをつぶしていって下さい。
小さくてもいいので、毎日成果を確認しましょう。
さらなる提出を待っています。

 

 

なんのかんの理由をつけてサボったら、
しっぽをつかんで離さないわよ

アーカイブ

-

カレンダー

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • ウィングローブ英語塾