受験シーズンたけなわ

1月末日、高3生及び、高卒受験生が、
ついに本番に向けて飛び立っていきました。
あとは報告を待つだけになります。

やるべきことはやりました。
あとは自分の力で飛ぶことです。
試験を受けながら着実に力をつけていくのです。

それは、ひな鳥が巣を飛び立って、
試行錯誤を繰り返しながら、
自力で飛ぶ力をつけていくのと同じようなものか。
大空を自由に飛べるように強くなって下さい

といいながら、
今年は恒例の花束に
「ヤマコウバシ」の葉っぱをカードに添えてみました。

IMG_2664.JPG
この葉っぱは「枯れても木から落ちない」ことで知られていて、
今年は広島のとある神社でも配られたとか。
うぬ、先を越されたか。いやいや、
実は私もそれを昨年5月に知って、
密かに集めておいたのですよ。コホン。

山香ばし クスノキ科植物、
葉や幹に香り成分がが含まれていて、
芳ばしい香りがすることから
ヤマコウバシという名前がついたようです。

落ちない葉っぱとは他愛ないシャレですが、
試験会場では緊張しがちです。
緊張してつい堅くなり、実力が発揮できなくなってはいけないので、
肩の力を抜いて、自分を信じて、正常な判断力で取り組めるように。
頑張れ受験生。

IMG_2656.JPG力を十分に発揮できるよう祈っています。

快挙 高3生 全国1位!

英検合格に続き、朗報が届きました。
10月下旬に行なった、全国高校共通テスト
幕張本郷校の高3生が、全国1位の成績をたたき出しました!
偏差値81.5夏に続いて2度目の快挙です。

英文和訳は満点

英作文問題においては、惜しくも満点を逃しましたが、
解説によると、
「かなり長い文に加えて、いくつかの語句の表現の難しさや正しい完了時制を選択することができなかったという点で点数を稼ぐところまで届かなかった生徒が続出。苦心の跡が見られたが、得点に繋がった生徒は少なかった」という中で、
1点の減点という素晴らしい完成度でした。

しかし、高3生にとっては1番を取ることが目標ではありません。
これは目標達成への一つの通過点に過ぎないのです。
この塾生君は教室に来るとシャドウイングを10分は集中してやっています。
単語・熟語を増やす努力は、誰よりも地道に行なっています。
ローマは一日にしてならず。

今週末はいよいよセンター試験。
受験本番はいよいよ目前に迫りました。
頑張れ!受験生!
輝く未来が待っているのだから!

いつもの力を出し切ってください。
出し切ることで、次の力がついていきますから。

祝中3生 秋の英検2級合格

年始めの1週間、生徒全員オールスターが揃いました。
風邪の子もインフルエンザの子もなく、
全員健康で元気な顔で本当に良かったです。

「怒濤のブログアップ」宣言から2週間が経ってしまいましたが、
2018年秋の英検の結果から発表しましょう。

中3生 1名 2級をゲット! よく頑張りました。そして、当校の中3生の2級取得者は3人目となりました。

準2級 中2生 1名
 3級 中2生 1名
 4級 小6生 1名

文法力、読解力、リスニング力、スピーキング力、
これらすべてにバランス良く力を発揮できるのは、
ウイングローブの基本メソッド、品詞と5文型。
音声教材のプログラム、リピ-トークによるシャドウイング提出、
ネイティブ講師との共同プログラムでトレーニングした英作文、プレゼン力の相乗効果です。

学習したルールに従って、十分トレーニングを積んで筋肉をつけます。
トレーニングを怠ると筋肉は落ちます。
なので、繰り返しトレーニングします。
いろんな角度からトレーニングします。
方法は様々あります。
名詞、動詞、助動詞・・・などの使い方はパート練習。
長文はそれらを総合して取り組む試合みたいなものです。

野球でヒットが打てたら、嬉しくてやる気が出ますよね。
ホームランならなおのこと。
英語も同じです。
わかると楽しく、やる気が出ます。
一番をとったらもっと進みたくなります。

最初、なんで来なきゃいけないの?と、
つまらなさそうな顔をしていた生徒さんに、
だんだん笑顔が見えてくると、私もワクワクしてきます。
そのワクワクは不思議と周りにも広がっていきます。

さあ、英検も受験ももう始まります。本気になれば絶対できます。
ことしも一緒にワクワクしましょう!もっともっと。

新年です

とうとう新しい年が明けましたね。
新たな年はどこでどのように迎えましたか?
ここ千葉幕張は、元旦からまぶしい陽光が降り注ぎ、
新年の輝かしい幕開けを感じました。

IMG_2543.JPG皆様も新たな希望と決意に燃えていることと思います。

私も、2020年が射程距離に入り、
なにごともワンランク上を目指しつつ、
本気でチャレンジしていこう!
という気を新たにしました。
大切なのは「本気」。
「本気!」です!
新年最初の教室では、妥協のない「本気」が中高生を待っていますよ。

ということで、
まずは、昨年後半に生徒達が見せためざましい活躍の、
怒濤のアップを目指しましょう。乞うご期待。

今年も頑張っていきましょう。
教室は1月7日からです。

ウチの生徒はキラッキラ

久しぶりの更新になります。
間があいてしまってすみません。
前回予告した「海外留学体験報告会」、本日無事終わりました。

留学先の比較検討がしやすいように
1期間 2利用したプログラム 3国・都市 4費用 5選んだポイント 5ステイの様子
6良かったこと 7困ったこと 8注意した方が良いこと 9行く前にやっておいた方がよいこと。
10留学して学んだこと 11ウイングローブの学習との関連
についてまとめてもらいました。

IMG_2026.JPG

感動したのは、みな堂々と、要点を押さえ、わかりやすく発表してくれたこと。
高校生の力に目を見張りました。

なるべく外国人(向こうではこちらが外国人ですが)と交流をもつようにしたこと。
日本と現地との当たり前のことの違いに気づいたこと。
道を間違えたハプニングなどの、行かなければ知り得ないとっておきの話。

ことに、言葉に関しては、一人で困難に対処しなければならないため、みな共通して
自己解決能力、自己分析能力、コミュニケーション能力を伸ばすことができた、
ということが印象的でした。

IMG_2027.JPGみんな、定期試験や部活、毎日の学習に忙しい中、夜遅くまでかけて
本当に素晴らしい画像を編集していました。

発表する高校生の姿から、中学生諸君もすばらしい刺激を受けたことと思います。
保護者の方はもちろん誇らしく思えたことと思いますが、
私も改めて思いました。
ウチの生徒達はキラッキラです!

中高生は誰もがものすごい伸びる力を持っています。
その力を軌道に乗せて、どこまでも進んで行きましょう。

次は11月25日スピーチ大会です
テーマは「気になる人物についての考察」

こちらも全員がパワポで画像を写しながらの発表となります。
本日の発表者も言っていました。
ブレンダン講座でのプレゼンがとても役に立ったと。
さあ、同じ場所、同じ時間で行ないます。頑張りましょう。

短期海外留学報告会

夏休みも最終週。心身共に新学期の準備、始めましたか?
そろそろ生活のリズムも整えていきましょう。

さて、
美味しそうなお菓子!
アメリカから帰った高1生からのお土産。
オーストラリアから帰った高2生からのお土産。
休み明けの先週は、みんなでこれらのお菓子をほおばりました。

これが最高に美味しいのです!



IMG_1799.JPG

何より嬉しいのは、海を渡り、言葉も文化も違い、我を忘れるようなエキサイティングな毎日を送りながら、
この教室のことを頭において、こんなかさばるお土産を、はち切れるような思い出と共に、限られたスーツケースの貴重なスペースの中に、ためらうことなく詰め込んできてくれたこと。

しかも!ですよ。
この教室は何人ですか?
と、
自分のクラスだけでなく、教室全体の生徒の数まで気にしてくれて!
そのスペース、T-シャツ何枚入ったことでしょうか!
涙が出るほど嬉しいです。

だから余計に美味しい。

私からは小さなキーホルダー。


IMG_1800.JPG

全員分プラスアルファー、だから、なるべく小さいものを、とは思いましたが、
決して労を惜しんだわけではありませんよ。(お店の人が目を丸くしながら在庫を全部出してきてくれて、重かったですよ~)

このキーホルダーを見たときにはこれだ!と思いました。
オックスフォード大学のエンブレム(風?)入りの格調高い色と形
青い色はウイングローブのテーマカラーにも通じるでしょう。
この重みを手に感じて、ぜひ自力で学びに行って欲しいなあ、という願いを込めました。

このように、この夏、幕張本郷校は短期海外留学ラッシュ。
上記に紹介したように、
アメリカのスポケンに高1生1名。
オーストラリアのパースに高2生1名。
地中海のマルタに高2生1名。
9月末までの3ヶ月間、オーストラリアのメルボルンに高1生1名。

また、6月には1年間のアメリカ留学を終えて帰ってきた高3生が報告にきました。

一口に短期海外留学といっても企画する組織によって、
国、都市、学校、家庭、授業、と、みな違うプログラムを持ち、違う過ごし方をしています。
私を含めて6名の短期海外留学の豊富な体験談が集まっています。

こんな貴重なチャンスはまたとありません。
すでに彼らにはパワーポイントを使ってプレゼンテーションをするように頼みました。
そこでお知らせです。
10月27日(土)夕刻、「短期海外留学報告会」を行ないます。

ぜひ話を聞いてみたいと思いませんか?ぜったい素敵な報告会になると思います。

ブレンダン講座でプレゼンになれてきた高校生。
どんな素敵な発表をしてくれるでしょうか。
どうぞお楽しみに!

夏休みはどう過ごす?

とうとう夏休みに入りましたね。
部活、夏期講習、家族の旅行、など忙しいことと思います。
計画を立てずに追われてばかりいると、夏はあっという間に過ぎてしまいますから、これだけは!という目標と、目標達成のための、達成可能な具体的な予定を立てておきましょう。中学生はテキストの本文を最後までノートに1行おきに書き、新単語、熟語、文法を洗い出し、文型を分析して訳すのが課題です。それをしておくことが、どれだけ2学期からの学習を実のあるものにできることか!です。どのみちやるのだから、楽な方法でアプローチした方が得策です。

IMG_1398.JPGさて、ドレスデンのお話です。これがエルベ川です。
このそばを歩いているときにスマホがブルッとなりました。
実は6月、5年ぶりにイギリスへ自主研修に行き、1週間ギリンガムのH先生の元で、発音、イントネーション、ライティングをみっちり見ていただき、ガーデンの歴史とともに、イギリスの特徴的な建築様式を勉強しました。

     IMG_0948.JPG     

その後ロンドでウイリアムモリスの新婚時代の家、アートアンドクラフト運動の先駆者達が彼らのセンスと技術を結集した建物レッドハウスを見学し、ドイツ、ベルリンに飛んだのです。

IMG_1077.JPG

奇跡的な再会あり、集合あり、別れあり、印象深い旅になりました。

英語は世界中どこに行っても、コミュニケーションのとても有効な手段になります。相手に思いを伝えてこその英語力。大きな声ではっきりと、相手に届くように話しましょう。言ってみれば文法はアプリ、単語熟語はデータ。文法は枠組みとして身体にインストールした状態にします。中高生ならそれができます。今がチャンスです。この夏、大いにステップアップしましょう。
幕張本郷校はそんなわけで、夏休みは8月12日~17日までの一週間のみです。振り替え補習大歓迎です。

全国高校共通テスト全国1番!

先日の中3生100点クッキーに続き、高校生の朗報が届きました。

5月下旬~6月始めにかけて、
1年生から3年生まで全員に実施した全国高校共通テスト

本校の高3生が全国1位になりました!

高3生 全国1位!  ウイングローブ内 1位
高2生 全国81位   ウイングローブ内 2位
高1生 全国1727位  ウイングローブ内 7位

よく頑張りました。
各学年ウイングローブ内でも10位以内の番付にのって、大健闘です。
1年で50~60への飛躍を見せた生徒もいました。

しかし、忘れていけないのは、
これらの数字は目標ではなく、
今の学習の達成度であり、通過点にすぎないということです。
だからこそ、おごることなくとどまることなく、絶え間なく前進することが大切です。
絶え間ない訓練で、英語はどんどん身についていきます。

IMG_1474.jpg1番クッキーの味は格別。でも、
舌鼓を打ちながらも、私は身が引き締まりました。

さて、この朗報を真っ先に送ってくれたのは、勝どき校のS先生です。
ドレスデンのエルベ川の辺りを歩いているときでした。
そう、ドイツのドレスデンです。
手元のスマホがブルッとなってメールを見たとき、
エルベ川上空の、抜けるような青空に向かって数メートル飛び上がりそうになりました。
電波が地球を半周して届いたのをありがたく実感しました。
本当にありがとうございました。


実は私、ここだけの話ですが、イギリスに1週間の語学研修に、そのあとドイツに行っていたのです。
さらに今夏は、幕張本郷校から4名の高校生が海外短期留学に出発します。
次も素敵な話題が続きます。お見逃しなく。

中3生の100点クッキー!

本日は7月14日。
新学期が始まって3ヶ月と半月が経ちました。
試験、部活、日々の宿題に追われても、
ウイングローブ幕張本郷校は絶え間なく一歩前に踏み出します。
単語・熟語・基礎精講、問題集、なにがなんでも一歩前進。

はい、そうなんです。
「昨日より、先週より、一歩前に!」が本校の合い言葉。
そこに大切なのは
「正確であること」
「スピードをあげること」
これはどんな仕事においても最重要課題です。
早くても正確でなかったら、だれもその業者には仕事を頼まないでしょ。
仕事が来なかったら、生活は成り立ちませんから。


で、中3生のS君が、正確さを突き詰めて、ついに100点を達成しました!
おめでとうございます。
中3となり、文法、単語、熟語がどんどん高度になる中で、
ノーミスというのは大変なことです。
しかも!100点というのは、最高点というよりは、
さらに伸びるという可能性を暗示する数字です。

S君は以前あまり点数は意識していませんでしたが、
何度か他の子の100点クッキーを食べている内に、
自分の力で100点クッキーを獲得してみたいと思ったようです。

IMG_1472.jpg今回のクッキーはS君の「S」です。
ノーミスっていいでしょう。わかるっていいでしょう。
おめでとう!みんなで美味しくいただきます。
これからも頑張って下さい。

国語講座大盛況

だいぶ時間が経ってしまいましたが、
5月27日開催した、芝田勝茂先生の国語講座の報告です。

まずはお互いの自己紹介で講師と生徒達の距離が少し縮んだかな、
と思いきや、
始まったとたんいきなり、
「今日は頭を使ってください」と言われ、みんな目をシロクロ。
しかも、ダッシュをかけるような3倍速のマシンガントークに、
必死で聞き取ろうと、いやでも集中力が高まります。

まずは新聞から抜粋した記事を読みながら、
それぞれの段落に小見出しをつける作業に取りかかりました。

いきなりまとめるのではなく、
知らない項目などをきちんと解明していきます。
文章を読むというのは、知識も必要なんだ、
一見横道にそれているように見えて、
物事があっちもこっちもはっきりしてくると、何を言いたいのかわかってくることを発見。

大きくまとめすぎているところは少しずつ具体的に詰めていきます。
みんなの頭も3倍速で回転し始めました。

頭を使うとこんな風になるのですね。みんなの手が頭にかかっています。
頭を使っています。

IMG_0387.JPG小見出しを確認した後は、残す段落を4つ選び、その文章を半分に縮めたら要約完成です。

小見出しをつけるということ。
それはその
中身がわかってくるということです。
だんだん面白くなっていきます。
これは繰り返しのトレーニングが必要だな~と思いました。

あっという間に1時間半が過ぎ、終了時刻にはみな生き生きとした表情をしていました。
ぜひまた参加したいという声も多数。

先生も、みんなの変化がとても嬉しかったようで、
ぜひ又やりましょう!と約束しました。

さいごに芝田先生がみんなに残した素敵な言葉をご紹介しましょう。
「目の前にあるものは、みんなあなたのためにあるんですよ」
いい言葉ですね。
自分の目の前にあるものの意義、考えてみましょう。
活かしていきましょう。

芝田先生、ぜひまたお願いいたします。

アーカイブ

カレンダー

<   2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
  • ウィングローブ英語塾