大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。幕張本郷校です。

またまたすごいニュース

幕張本郷校(2019年12月16日)

12月も押し迫ってきました。

またまたすごいニュースが舞い込んできて、ビックリの毎日です。

 

まずは高3生、

ある日、二人がニコニコ顔で登場。

開口一番、先生クッキーお願いします、と。

 

聞けば他塾さんで行なわれた全国模試にて、

一人は偏差値81.5 だそうで、有名県立C校で1番

もう一人は千葉県内2番、H校で1番。

さらにその高3生は、11月にウイングローブで行なった全国高校共通テストで

全国9位、ウイングローブ内1位でした。

 

というわけで、一番クッキー登場。二人のイニシャルのHとT。

 

 

おめでとうございます。

小中高生みんなで美味しくいただきました。

ウイングローブで有終の美を飾りましたが、

本番はこれからですから油断しないようお願いしますよ。

一人はうっかり、選択肢にない記号を書いて減点でしたから。

 

ただし、和訳も英訳もいい線来ていました。

過去問講座での、スピード及び正確な精読が効果を発揮してきたというところでしょう。

 

本番に向けてますます精鋭していきます。

緊張感をもって取り組んでいきましょう。

自分自身にも言い聞かせています。

オーディエンス賞おめでとう!

幕張本郷校(2019年10月23日)

ウイングローブのイベントではないのですが、

高2生がプレゼンテーション大会に出場して、賞をいただいてきました

 

それは○○田塾さんと米国TIME社さんの協賛で行なっている大会で。

その話があったのは7月末で。

英語のチェックが必要とのこと。

 

 

ちょうどネイティブレッスンが再スタートしたところでしたので、

S先生に文法や流れのチェックをお願いしました。

 

大会に出るための原稿作りは生やさしいものではなく、

複数の先生が携わっていたこともあり、

助言あり、弱点の厳しい指摘あり、書き直すこと数度。

彼女はめげることなく、何度も何度も推敲して、

素晴らしい原稿を作り上げました。

 

迷った時の合い言葉はオーディエンスのため」

貴重な時間を使って聞きに来てくれる人たちのために、

来て良かった、聞いて良かった、と思ってもらえるような、そんなプレゼンにしよう!

自分の主張をわかりやすく、飽きさせず、印象深く。

 

公民館の講堂を借り、パフォーマンスをチェックし、

声の調子、パワポで映し出す映像とのタイミングをチェックし、

時間を計り、幾度も練習を重ねました。

 

そして迎えた当日。

出演者は30名。

彼女は第一部の最終演者でした。

 

第二部、次々と優秀な出演者が続きます。

海外生活が長いというネイティブ並みの高校生達の堂々としたプレゼンもありました。

みな流れるように行なっていきます。

 

一部のプレゼンは次第に遠のいていきます。

 

でも!

賞の発表の時、金銀銅賞のある中で、

栄えあるオーディエンス賞に彼女の名前が呼ばれたのです!

聞いていた皆さんが一番良かった!と認めたのは彼女だったのです!

本当にすごい!

 

彼女のプレゼンは、内容、パフォーマンス共に、

オーディエンスの心を捉えたのです!

何よりも価値がある最高の賞です。

 

 

おめでとう!

本当に素晴らしかったです。

 

努力は人を裏切らない。

勉強してきました

幕張本郷校(2019年10月07日)

気温30度越えといっても、あの汗ばむ暑さはすでになく、

風は爽やかで、ついに夏も秋に座を明け渡すときが来たようです。

 

そこで、たまったニュースを順次お伝えすることにしましょう。

 

 

実は10日間ほどイギリスに行って参りました。

 

今回はWocester市のKingsway語学学校で、5日間授業を受けてきたのです

 

 

受講者は25歳以上という条件なので、

ビジネスマンやこれから起業したいという人、

特派員として働きたいから、英語を使ってグローバルに商売を展開したいから、

と、真剣な外国人ばかり。

スイス、フランス、ブラジル、スペイン、リトアニアからも参加でした。

日本人は私一人です。ラッキーです。

みな2週間から4週間のコースを予定していました。

専門の英語を身につけたい人は3ヶ月いると言っていました。

私は遠くから来ているのにたった一週間!

授業が始まってすぐ、その短さに驚愕し、

1週間では足りなさすぎ、を実感しました。

 

とはいえ、バラエティーに富むアクティブなレッスンは、

ふだんから机を離れないで学習をする日本人にとって面食らうことばかり。

電話を使ったり、映像を使ったり、アプリを使ったり、

でも、そこに、実際に使って力をつけていく、ということは当然かもしれませんが

あらためて大きな発見でした。

 

文法を口で説明するととても難しくなりますが、

音が入る、感情が入ると、理屈抜きですんなり入ってきます

それはレッスンの中で活かしていきたいと思います。

 

 

土地が違えば光の色も違います。空気も、言葉も違います。

違う言語を使う人たちが集まったとき、お互いの言葉が話せなくても、

英語という共通語があれば意思疎通が可能になります

英語ができると世界が広がります。

 

ウイングローブ英語塾は、英語の構造をひもとく品詞と5文型をはじめ、

音声も文法も、そして幸運なことに幕張本郷校には、

ネイティブによるスピーキングレッスンも用意されています。

英語習得には一番有利なところにいます。

 

本校に通う塾生さん達には、英語のその先の可能性を見つめながら、

どんどん前に進んで行って欲しいし、

私も惜しみなく全力を尽くしたいと思います。

リピートークマラソン結果報告

幕張本郷校(2019年09月07日)

とうとう9月になりました。

まだまだ暑い日が続いていますが、

空は高く、日は短くなり、

季節は確実に秋に向かっているようです。

 

さて、長い夏休みに入るとき、

シャドーイングを30回提出したら図書券ゲット!を掲げて

リピートークマラソンを提案しました。

「プレゼントにほだされて」、というだけでは決してないと思いますが、

達成者が5名

 

驚いたのは、日を重ねるごとに、シャドーイングの達成時間が短くなること。

どんなに長い文章もあっという間にスラスラとシャドーイングができてしまい、

乗ってくると毎日、しかも何度も。

それで60回提出という強者も登場しました。

 

もちろん、10回の子もいれば9回の子も、たった1回の子もいました。

意識しなかったら忘れて過ごしていたかもしれません。

いつもやっている子でも、この提案がなければ、30回もやらなかったかもしれません。

 

やってみてわかったことが沢山あったと思います。

高い山を越えたことで、もっと先の広々とした景色が見えたことでしょう。

登山をするとき、最初は目の前の山と格闘するのが大変ですが、

登り切ってしまうと今戦ってきた山はもう足の下。

次の峰が美しく見えてそれが目標となります。

それはゾクゾクとした魅力です。

 

ほとんどの生徒達が、意識して提出する努力をしたこと、素晴らしいと思います。

そしてやっただけの爽快感も、力がついたことも実感したかと思います。

 

図書券6枚分、嬉しい出費です。

まずは夏休み企画大成功。

9月から始まった後半戦、がんばって行きましょう

リピートークマラソン中間報告

幕張本郷校(2019年08月22日)

夏休みも残すところあと2週間。
短期留学、合宿、部活の試合、また、ふるさとへの帰省など、
メラメラと燃えたメインの行事は、続々山場を越えたかと思います。

 

かくいう私も5日間ほどタイへ行き、憧れのホワイトタイガーに会ってきました。

 

 

このたくましい姿は、夏にたっぷりエネルギーを蓄えた中高生のようです。

タイ滞在はたった5日間でしたが、
帰ってからリピートークの管理画面を明けると、
48件も提出があってビックリ!

 

早朝提出の高校生もいれば、真夜中に提出する中学生もいて、
みんな暑い中、よく頑張ったなあ~と添削させていただきました。

 

すでに30回の提出を達成して、図書券をゲットした塾生が2名います。

 

毎日のリピートーク練習は頭の回転を良くします。
運動をやっている人ならすぐわかると思いますが、
運動や筋トレと同じで、血流が良くなり、脳がさっぱりします。

 

続けていると、脳に筋肉がついた感じ。
脳に筋肉はないのでしょうが、いつの間にか早くできるようになり、
わかることが多くなります。

 

かく言う私も、言うだけではいけないと、毎日やってみました。
毎日20分でも30でも、10分でもやってみると違います。
筋肉は裏切らないーーー!と実感します。
これは私の感想ですが、うそだと思う方はぜひやってみて下さい。

習慣化して学習及び英語への抵抗感を少なくし、
次のステップに進む基礎体力、いや、原動力をつけられたらしめたものです。

 

9月まであと9日。
一日一日、計画を立てて、やるべきことをつぶしていって下さい。
小さくてもいいので、毎日成果を確認しましょう。
さらなる提出を待っています。

 

 

なんのかんの理由をつけてサボったら、
しっぽをつかんで離さないわよ

リピートークマラソン始めました

幕張本郷校(2019年07月31日)

一昔前の、「冷やし中華始めました」のノリですが、、、

なんて言っても、

今どきの中高生には通じないでしょうね。

 

そうであっても問題ではないのですが、

イベントだらけで忙しい夏休み中、少しでも

英語に触れていていただきたい、

音声に慣れていただきたい。

スピードに慣れていただきたい。

という一心で、

リピートークマラソンなるものを始めました。

この夏休み、30回リピートークを提出したら、図書券進呈!

 

すると、ふだんなかなか出さなかった塾生たちも心を揺さぶられたらしく、

続々シャドーイングが届くようになりました。

すでに13回、9回、7回と提出数がのびています。

 

うんうん、その調子。

多少練習量が短くても、多少怪しげな箇所があっても、

家で実際やってみることに意義があり、

続けることで、自分の中の何かが変わるのを見つけたら御の字です。

 

明日から8月。

暑さに負けず、気合いを入れて頑張りましょう。

悲鳴を上げるほどの提出、待っています。

 

熱中症にはくれぐれも気をつけてね。

水分補給はこまめにして下さい。

アメイジング!

幕張本郷校(2019年07月26日)

長かった梅雨がようやく明けて、暑い夏の太陽が顔を出しました。

 

 

夏休みに入り中高生たちは、部活、海外留学、夏期講習にと、
毎日大忙しですが、夏は長いように見えてあっという間です。

暑さに負けず、今年の夏も大いに頑張りましょう!

 

さて、6月に行なわれた北西出版主催の全国高校共通テスト
幕張本郷校の生徒が,
なんとなんとなんと!!!
高1生・高2生・高3生ともにウイングローブ内で1位を獲得してしまいました!

That’s アメイジング!

(本来カタカナ語はいけないのですが、このほうがインパクトがね)

高3生 1位(全国順位22位) 3位
高2生 1位 2位
高1生 1位     5位 9位2名

 

結果が届いたときには信じられなくて、何度も見返してしまいました。

寝る前にも、起きたときにも、夢ではないかと思い、

現実は数字が変わっているのではないかと。。。

 

そして、保護者の方にその報告をしながらも、この電話は夢じゃないですよね、

と確認したくらいです。信用しなくて失礼。

 

1位から5位までの生徒達の共通点は、

1.中学から徹底的に文の構造を学習していたこと

2.リピートークを1000分以上練習していたこと。

3.ネイティブレッスンを受け、英作文及びTEDトークの要約、プレゼン経験を通してアウトプットのトレーニングしていたこと。

 

すべて一見地味で時間のかかる作業ですが、

その地道な訓練が時を経て確実な力となっていたのですね。

身近に優秀な成績をとった先輩たちを見て、

自分の可能性に燃える生徒達もいます。

 

その調子で頑張れ!

 

夏休みは力をつけるチャンスです。

チャンスは絶対ものにしよう。どうするかって?

次のブログでご紹介。乞うご期待です。

芝田国語講座開催

幕張本郷校(2019年05月26日)

去る5月18日(土)夕刻、
長編ファンタジー作家芝田勝茂氏による「国語講座」が開かれました。
芝田先生は、かつての名書「銀河鉄道の夜」や「坊っちゃん」など、
今や小中学生が読むには少々難解になってしまった文学作品の
リライトも手がける日本屈指の児童文学作家です。
最近の伝記「葛飾北斎」はとてもわかりやすく、
スイスイ読めてしまうので、読むのは少し苦手、
という小中学生さんにお勧めです。
もちろん、高校生、社会人にも面白く読めます。
私はそれで北斎のお墓のあるお寺まで行ってしまいました。
それが母校の道2つ先、というのを発見したからですけどね。

さて、今年は少人数のクラスで顔を見ながらじっくりと教えたい、
という先生のご要望で、
中高生各クラス5名限定で行ないました。
IMG_3458.JPG扱った教材は天声人語の記事。ひとりひとりと話を交わしながら、
新しいと思われる単語や難しそうな事柄には丁寧に詳しく解説を加え、
そのあと生徒達は段落ごとにその場で要約をします。
要点を外したり、
言葉を取り過ぎてほとんど元の文章そのままだったり。

どの言葉が大切で、どの言葉を切り捨てるか
実践して要約を身につけていきます。

聞いてみると、学校で要約はほとんどしないとのこと。
慣れていないのです。

しかし、現代は
情報の量がかつてないほどにとてつもなく増えている情報化社会。
たった数行の文章からでも、
瞬時に要点を読み取る練習をしていかなかったら
情報は積み上がるだけで、使えないものになってしまいます。
要約はますます重要だと痛感します。
英語の長文問題の内容把握に不可欠、一生役立つ力になります

来年はもっと多くの参加を!
というわけで、次回からは漠然とした「国語講座」ではなく、
中身をとらえやすい「要約講座」にしようかと、
私も学習しました。

芝田先生は、生徒も驚くマシンガントークで、
思いの丈を惜しみなく伝えようとします。

IMG_3457.JPGこんなにも、中高生に対し熱く語る人は他にいるでしょうか。
参加した生徒は本当に貴重な機会を得たと思いました。
芝田先生、お忙しい中遠くまでおいでいただき、本当にありがとうございました。

令和最初の更新は国語講座!
次回は中身の濃い英語の記事を用意しましょう。

皆勤賞3名

幕張本郷校(2019年04月19日)

新学期の時間割が整い、
各曜日、各クラス、
各自、スケジュール表に目標も設定して、
元気よく新たなスタートを切りました。

ただいま月曜日から金曜日まで、
どのクラスも満席となっています。
4月5月は、構成に多少の変動が発生しますが、
新規入会はしばらくお待ち下さいませ。

空席ができたときにはお知らせいたしますので、
ブログの方は続けてご覧下さいね。

さて、2018年度、4月~3月まで、全レッスン43回
一度も休むことなく通った塾生さんが、
3名も!
いました。
一度もです!
風邪を引くこともなく、
明日テストだからと休むこともなく、
雨の日も風の日も、コツコツと通い続けたのです。
すごいです!

なので、皆勤賞を進呈

IMG_3159.JPG今回は駅前のプチマリエさんのお菓子です。
保護者の方の健康管理。
何があっても行かなきゃ、という本人の強い意思と責任感。
素晴らしいですね。
この皆勤賞は、今後何かをやり遂げる上で、
大きな自信にも繋がると思います。

他の塾生さん達も、皆勤賞を目指して頑張って下さい。
さあ、令和に向けて出発です!

合格おめでとう!

幕張本郷校(2019年03月24日)

大学受験・英検と、嬉しい合格報告が相次ぎました。

<大学受験>
東京大学 理科Ⅰ類
慶応大学 理工学部 
早稲田大学 先進理工学部
法政大学 国際文化部
成城大学 文芸学部
大妻女子大学 文学部
芝浦工大 
千葉工業大学
室蘭工業大学 理工学部

すごい!
よく頑張りました。
しかも、成城大学は特待生という快挙です!
みな行き先が決まってホッと一息。

<英検>
準1級 高2生
2級  高1生
準2級 高1生
3級  中2生
4級  小6生
各級各1名ずつ。

本当によく頑張りました。
おめでとう!おめでとう! おめでとう!

幕張本郷校は一足早くサクラ満開です。

IMG_0017 (編集済み) (2).JPGのサムネイル画像輝かしい未来へ、力強く飛び立ってください。

アーカイブ

-

カレンダー

2019年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • ウィングローブ英語塾