2019年度スケジュール

ウィングローブ赤羽校
2019年4月からのクラススケジュール

高校生

月 19:00~21:30
火 19:00~21:30
水 19:00~21:30
金 19:00~21:30

中学生

月 19:00~21:00
火 19:00~21:00
水 17:00~19:00
  19:00~21:00
金 19:00~21:00

小学生

水 17:00~18:20
*他の曜日は席の空き状況によりますので、お問合せください。

理数クラス

木 19:00~20:30
  20:30~22:00

★生徒数の変動などにより、年度途中でもスケジュールが変更になることが
ありますので、体験レッスンの時にご確認ください。

赤羽校
砂田佳代子

中学時代の巨大な壁?

ウィングローブ赤羽校のカコです。

高校受験の結果も出て、進学先が決まるころですね。
ほっとしてこれから卒業式の準備に入る方もいるでしょう。

赤羽校の英語クラスは来期はまた週3日に戻すつもりでしたが、
新入会の方も増え、月、火 水、金の週4日で続行する予定です。
クラスの空き状況はお問合せください。
さて、前回ブログの続きです。

中学1年生、2年生に訪れる巨大な壁とは??
それは親にとっての壁ですが、、
必ずと言っていいほどこの時期に訪れる 「反抗期」です。 子供が大人に成長していく上で必要なもので、とても大事なものです。 が、親にとっては、なかなか対応が難しいです。 反抗期がひどくなると、親の方が我が子の反抗的な態度にまず、冷静になれません(^_^;) ムッとして言い返すと、その何倍ものトゲのある言い方、もしくは態度で返してきますので
けんか別れになることが多いですね。 そしてうまくコミュニケーションがとれなくなってきます。 という訳で、この時期の子供は
親の言うことを聞かなくなるので、
成績が芳しくなくて母が心配して
「英語わからないなら、塾を探そうか?」なんて言っても
余程、自分が危機感を持つまでは
子供は聞く耳をもちません。 そして、中学2年生の1学期の中間、期末テストの結果で、お母様真っ青!
もう本人の言い訳も利かなくなります。
公立中は内申点のことが頭をよぎり、
私立中の場合は学校からのプレッシャーもありますので、
渋々お母様と一緒に塾を訪問、という流れになることが多いのです。 対策はお早目に(*^^)v。
でも「うちは出遅れた!?」とお感じになる必要はありません。 気づいた時に行動に移しましょう。 ウィングローブは ☆入塾テストはありません。どんなレベルからでも対応します。 ☆解らなくなった所から丁寧に順々に指導します。 詳しくはお近くのウィングローブ英語塾にお問い合わせくださいね! カコ

なぜ中学1年生の入会者が少ないのか

ウィングローブ赤羽校のカコです。

先日のブログに書いたお話の続きですが、
なぜ中学1年生の入会者が少ないのか?
ということについて書いてみます。

中学に入学して4月は
学校生活になれること、友達作り、いくつも部活の体験に行ったりと忙しく、
すぐゴールデンウィーク。連休あけもうかれて遊んでいるうちに中間テストです。 最初の定期テストでは ほとんどの1年生がどう勉強していいかわからないし、
甘くみていますのであまり勉強しません。 英語は2ヶ月間で習った内容ですから、体して準備していなくても
公立ですと大体80∼90点、私立でも60∼70点くらいは取ってきます。 そうすると他の教科とあまり差がないので、親御さんも安心します。
一学期のうちはまだ大丈夫ですが、 「あれ?」となるのは 秋以降。 気になってきたお母さんが 「英語どうしたの?塾を探す?」と優しく声をかけても
お子さんは 「次はちゃんと勉強するから」 「大丈夫、自分でやるから」
いかにも次は本当に勉強するかのように
"かわします。"(^-^; そしてあっという間に1年生最後の定期テスト。 何の対策もなしにここで持ち直すことはできないので、
かなりまずい結果になることが多い。 自分も気づいています。 もちろんお母様方も目がつり上がってきます。 焦って塾に入れようとします、 が! ところが!です。 大体、この時期は 巨大な壁が立ちはだかるのです❗

この続きはまた(^^)/



英語、分からなくなってからで大丈夫?

ウィングローブ赤羽校のカコです。
おかげさまで2月に入ってから
体験レッスンのお問合せが続いています。

みなさん学年は違うのですが、
お話を伺うと
「基礎から教えてくれるところ。」
「文法をきちんと指導してくれるところ」
を探していた、とおっしゃいます。

中学で基礎から順々に文法もきちんと
教えるカリキュラムの学校は本当に少ないのです。

ですから、公立中だと
品詞どころか文型もよくわからない(指導されない)状態で高校に上がる。
私立中だと教科書の内容も難しい、むやみに進み方が速い!
ので、ついていけなくなったまま高校に上がる、

いずれにしても早くは中2、だいたい高1で
「わからない!」状況に陥ることが多いのです。

きちんと教えられていないから分からないのですから、
「もっと勉強しなさい!」とお子さんを責めたり、
「これからじゃ遅いわ」と悲観したりする必要はありません。

基本から順々に学べば理解できます。
その方法をウィングローブは知っています。

英語
分からなくなる前に始めるのが
もちろんいいのですが、
分からなくなってからでも
充分間に合います。

品詞と文型を
分かりやすく繰り返し
指導します。

詳しくは体験レッスンで!

始めが肝心!

さて、学校以外で英語を学び始めるタイミングですが、
中学入学前と後では かなり違います。 それは 最終的な学力の差がでるというよりも、 同じ内容を習得するときの
本人の時間的、精神的な負担の差だといえます。 実際には赤羽校では
中学1年生の4月~2月に入会する生徒はほとんどいません。 小学6年生は多いのですが。
中学生入会者で一番多いのは2年生。 公立中でも私立でも同じく2年生が多いです。 そして、皆さん揃って 英語苦手! 英語大嫌い!
になっておいでです(;^_^A。
嫌なんだけとしょうがない、、と お母様に渋々連れて来られた状態。 この状態から学ぶので 自己否定感タッブリですし 0からのスタートならまだいいのですが、 マイナスからのスタートです。
かなりの努力もしなくてはなりませんね。
ウィングローブでは必ず
その生徒さんのわからなくなった段階まで戻って
理解できるまで繰り返し説明します。
ですから
どの状態で入会されても大丈夫!
なんですが~

ただ、中学2年生というのがポイントで
2年生で指導されるべき文法的な事項が
重要かつ多い!のです。

つまり、1年生の内容を説明、確認しつつ
2年生の内容に追いつき追い越すのを目指すので
なかなか大変な状況になるわけです。

何事もそうですが、
やはり「はじめが肝心!」ですね。
より良いスタートを切るためには
準備は必要です。

ウィングローブの指導で
中学入学までに1ヶ月あれば

日本語と英語の文の構造の違いを理解します。
代名詞を覚えます。
英語の構造理解に必要な品詞を覚えます。

単語を沢山覚える時間がなくても大丈夫。
1ヶ月でも充分。

それでスタートダッシュをものにしますよ!!

カコ





英語って、いつから始める?

「英語はいつから習わせたらいいの?」

お友達のママからよく尋ねられます。

ほとんど小学生のお子さんがいるママですね。


営業的なことを言わなければ、

お子さんが始めたいと思うときがベスト。だと思います。

でも、お母様が「始めさせる」ことができるのであれば、

遅くとも中学に入学する2~3ヶ月前に始めた方がいいです。


中学受験のあるお子さんは受験勉強のための塾で手一杯ですから、

受験が終わってからの2月3月からでもいいのです。


入学前というのがポイント。

中学生活が始まってからスタートするのとは

かなり違いがありますよ~。


その辺の話は別の日に。

カコ(^_-)-☆







改めまして

赤羽校のカコです。

新年を迎えたと思ったら
あっという間に1ヶ月が過ぎ、
もう明日は節分です!

中学、高校、大学と
全ての入試本番に入っていますね。
受験生のみなさんが
自分の力を充分発揮できることを祈っています。

赤羽校もおかげさまで開講から11年経ちました。
これも皆様の支えがあってのこと。
本当にありがたいことです。

これからも
生徒のみなさんが
自分の輝く未来を見つけるお手伝いを
していきたいと思っています。

改めまして、
本年もよろしくお願い致します。

9月からのクラス2018


☆2018年9月から金曜クラスを新設しました!


高校生

月 19:00~21:30
火 19:00~21:30
水 19:00~21:30
金 18:30~21:00

中学生

月 19:00~21:00
火 19:00~21:00
水 17:00~19:00
  19:00~21:00
金 18:30~20:30

小学生

水 17:00~18:20

理数クラス(時間帯が変更になっております)

木 19:00~20:30
  20:30~22:00

★生徒数の変動などにより、年度途中でもスケジュールが変更になることが
ありますので、体験レッスンの時にご確認ください。

赤羽校
砂田佳代子

面談の効果

「6月6日に雨ザーザー降ってきて~♪」
毎年このお絵描き歌を思い出します。
今の子供たちは知らないんだろうなあ。

さて、今回も
卒業生アンケートのご紹介です。

前回のTさんのアンケートから、
進路指導の山口先生面談についての感想です。


Q: 山口先生の面談のよかった点、得られた効果は?

山口先生の面談があるのはたいてい「この問題集のペースはこれで大丈夫かな?」と不安になったり、
どのように進めればいいか分からなくなった時で、毎回「ナイスタイミング!」と思ってました。

聞き忘れがないようにあらかじめ質問をメモしておいてから面談を受け、アドバイスをもらい、
精神的に安心できたのが一番の得られた効果だと思います。

特にウィングローブの授業にない科目は自分で地道にやっていくしかないので、
そこに対して的確なアドバイスをもらえて安心でした。

また、高3の4月では学校の参考書との兼ね合いで色々悩んでいましたが、
結局、基礎を固めないと学力を伸ばすことはできないと気づかされ、
山口先生の薦めてくださった問題集をしっかりやろうと思いました。


・・・・ということです。

確かにTさんは面談のとき、いつも自分のメモをみながら質問し、
そして山口先生のアドバイスも聞き漏らさないようにメモをとっていましたね。
素直で努力家のTさんらしいコメントでした。
ありがとうございます!

卒業生アンケート
まだまだ続きますよ!

カコ






尊重してくれた

赤羽校のカコです。

卒業生のアンケートの紹介です。

小学生の時から赤羽校に8年間!通ってくれたTさんが受験後に
アンケートに答えて沢山メッセージを書いてくれましたので
少しずつ紹介していきます。

☆他塾と比べて、ウィングローブの授業の良かった点は?

一番は自分の意志をしっかり尊重してくれた点です。
第一志望を変えた時も、納得してくれた上に「変えて良かったんじゃない?」
と言われて、なんだかほっとしました。

これは個別対応指導で私のことをしっかり理解してくれているからこそだと思います。

また、ウィングローブの授業は基本的に単語熟語テスト→語順訳→文法の順で毎回進むので
学年が上がるに連れてスピードが上がり、自分でも力がついてきたと感じやすいと思います。

やり続けるのは根気入りますが、それを乗り越えてこそ
真の実力がつくのではないかと思います。

(2018年3月)






アーカイブ

カレンダー

<   2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
  • ウィングローブ英語塾