願えば叶う!

2017年の大きな出来事は『英国ホームステイ第2弾
  ロンドンより西へ2時間のドライブ
  Dorset Shaftesbury の先生宅に5泊の滞在&STUDY

ヒラリー自宅.JPG


お昼を挟んで2時までの授業では
 『英国と日本の教育の違い』『AIで変わる未来』など
  記事を読んでディスカッションディクティション要約
  毎日のJournal(日記)の添削発音 etc...etc...

ヒラリー.JPG

退職されたご主人が食事全般の担当です

午後は、車を走らせて近隣の自然豊かな村々へ先生と散策
とても贅沢な一週間でした。

バース.JPG ヒラリー海.JPG

そして、ふと・・・
いつになっても願いは叶う』と思うのです
  2008年:英語教授法DIPLOMA修得、
  Chichester University にてガウンをまとって卒業式出席
  2014年:英国短期留学&ホームステイ第1弾 実現
  2017年:英国短期留学&ホームステイ第2弾 実現

  ズーット願っていた学生時代に出来なかった事

受験生の皆さん
 センター試験が終わっていよいよ本番ですね
 チャンスはそこらじゅうに散らばっています
 GETするのは自分次第!!


2018 starts

  新年 明けましておめでとうございます    

   戌年 調宮jpg

2018年1月、南浦和教室の予定

 11日 Speaking Class:
    昨年6月より準備してきたプレゼン原稿を暗記して
    発表の準備
    PowerPoint資料も完成間近
    2月8日が本番です

 14日  多読教室
 18日  自由に1~2時間、辞書を引かない簡単な読書時間を設けます
   
 18日 国語教室
   おなじみ芝田先生(児童文学作家)
   新聞の天声人語、社説の要約
   古典の解説など一般教養の心地よい時間です
   頭のトレーニングは『思考力、表現力』へとつながります

   今年もよろしくお願いします


多読教室

希望者を募り、多読教室を開催しました

多読教室.jpg

多読
とは、簡単な一文字からの本を
 1.辞書を使わない
 2.わからない所は飛ばす
 3.つまらなければやめる
の3原則で読み進める方法です

内容挿絵とで意味を推測し、
繰り返し出てくる事で確信するわけです
CDで音声の確認もできます

今日の参加者は
  小学6年生、中1生x2名 中2生
  の4名

退席自由の1~2時間で
小6生、2、100ワードを読み終わりました

来週は、小学生4~5年クラス対象に1時間の予定で行います
毎月1回開催します
    
     多方面から英文に親しむことが目標
 


AKI chan だより No.1

米国大学院留学中の当教室卒業生 AKIちゃんの動画が
本部ブログにアップされています

http://winglobe.jp/blog/shibuya/2017/11/a-little-bit-about-me.html

小学生発表会 & 保護者会

9月6日
於:さいたま市文化センター

小学4年生 『The Doorbell Rang』:パートを決めての暗唱
  さすが、臨界期!!(母国語を覚えるように外国語を吸収する年齢:約12歳まで)
  毎回CDを聞いて音読をするだけで、発音アクセントバッチリ (*゚▽゚*)
  発表会後に渡した新教材『Something from Nothing』も翌週には
  スラスラと口から出ています
  語学は年齢に合わせたアプローチ効果的
  テクニックで英検に合格するより、
  しっかりと地盤を固めた方が、その先がぐーーんと楽になります
     何より、楽しむこと ♫

        2017 小学生発表会1.jpg


小学6年生 『Compass』(ウイングローブ教材)から
   クラス内で訳&品詞&文型&シャドーイング&訳の確認テスト
   が終了した章をひとりづつ暗唱。
   をずーーっと追いかけているので、
   schwa(シュワー/あいまい母音)もなんのその!!
   中学生教材なので授業の進度は亀の歩みですが、知的好奇心を刺激します
   絵本で身に付けた英語感覚を駆使して、『わかる!!』を実感しています
     中学準備を少しづつ着実に!!

                 2017小学生発表会2.jpg



米国大学事情

      失敗することを恐れないで! 失敗から学ぶことは多いから
      学ぶことのありがたさを知った
      留学すれば英語ができるようになる
                  ===>なんてことはない!!

             心に響く強い
             STATEMENT

8月27日、米国大学院進学が決まった当教室卒業生の亜紀さん
生徒や他教室の先生方を前に行ってくれたプレゼンテーションです。

2017 亜紀ちゃんプレゼン.JPG

5年間米国で暮らし大学院合格を手にした彼女からは、
口には出さなくても確固たる信念と輝きで溢れていました。

詳しい留学事情は勿論のこと、
 転んで、へこんで、立ち上がって前を見る彼女から
 少しでも刺激を受けてもらいたい!!
              今回はそんな思いで企画した座談会です

  当教室だけでは勿体無い!!=>他教室に声を掛けたところ
                ↓↓↓
  留学を考えている高校生、まだまだ遠い話だけど足を運んでくれた中学生、保護者
  そして、ロシアの大学に1年留学経験経験のある大学生の6名 
                     & 他教室の先生方5名がジョイン

プレゼンでは、米国大学、大学院受験事情、日本でできる準備
      (語彙、文型、シャドーイング、ドラマ、映画の活用法)
       留学中の勉強法
       大学の種類(reserch 中心、lecture中心)授業形態、
       奨学金、留学後の就活、友人との付き合い方、安全面

       などなど、多岐に渡りました

中でも、
1.大学院受験選考で一番大切なのは
  Statement of Purpose(入学したい理由)& CV/Resume(履歴書)
  Resumeにはボランティア活動や、今まで貰った奨学金(少額でも)なども書くと
  評価が上がる
2.GREは大学院受験に必要な試験で英語数学
  英語=>膨大なvocabularyが必要。数学=>統計を出すのに必要
3.アメリカは返済しなくて良い奨学金が(2,3万円~数百万円まで)沢山有る。
  大学が出す奨学金もある。
  在学中、成績でB評価を取ると奨学金がSTOPされる。
4.授業形態は参加型DISCUSSION形式が主で、出席は厳しくチェックされ、
  教授によっては3回休むと落第に。
5.ペーパーテストが良くても、授業内のDISCUSSIONに参加しないと
  A評価はもらえない 
6.Office Hour というのがあって、教授と学生が蜜に話せる時間が多く
  授業内容の相談や、雑談など関係が近い
7.授業は少人数なので、教授は学生のことがよくわかる

など、在籍していたからならではの興味を引く話ばかりでした

生徒たちからは
  1.大学受験に必要なTOEFLの成績
  2.ボランティアはどのように探すのか
  3.奨学金事情
などの質問や
  大学の看護学部に在籍していて、海外の医療事情を知るために留学したい
  日本の大学に在籍していると留学できる期間は短いか
  成人式はどうしたか?
など、より具体的な質問も出ました

亜紀ちゃん参加者1.jpg   亜紀ちゃん参加者2.jpg


また、
 1.学校に来て公演をしてくれる女性は、かなりのキャリアで成功した人ばかりなので
  ピンとこなかったけど、年齢の近い女性の話が身近で聞けて良かった
 2.こんなにキラキラしている女性にあったのは初めて!

   など、留学事情だけでない刺激も大いに受けてくれました!!(だいせいこ~~

後日頂いた先生方のコメントには
 情熱キラキライキイキ!!と、内面への感想ばかりでした

    亜紀プレゼン 先生方.JPG


将来は校長先生となって教育を変えたい!!
と夢は大きく広がっています。
   『子供は大人の言葉に影響される
    私も、良い影響を大人から沢山受けたので、そういう立場になりたい
                                  そうです

          ☆☆頑張るひとは うつくしい☆彡

戸田奈津子さん&鳥飼玖美子さん

字幕翻訳家第一人者同時通訳&英語教育者
     その名にスグ目が行きます。
             我々英語関係者は ...

2017 8 8戸田奈津子.JPG


自分のことは自分で決める。これが人生で一番大事。
 誰のせいにもできないけど、自分の選んだ道なら
 どんな結果にも満足できますから

8月8日付け、読売新聞『戸田奈津子さん』の記事です。

ウィングローブには、英語は勿論、他教科に渡り
受験や学校生活へのアドバイザー山口がおります。
各教室を回り生徒と個別に面談を繰り返します。

受験生たちはそのアドバイスに
力をもらい、訳も無く失った自信を取り戻し、再び目標に向かいます
中には、どうしても納得せず自分なりのやり方を突き通す生徒もいます
         実際、何が正解で不正解かは誰にもわかりません。

私は、そんな時、無理強いせず
  生徒の納得のいくやり方で進み
   間違ったと気づいたときに戻れば良いと判断しています。

   他に従って失敗した時、人は必ず他人のせいにします
                         けれども
   自分で決めたことなら、結果を素直に受け入れられる
                         からです
        失敗は成功の第一歩ですからね

Multi-tasking

4日間連続過去問講座(高3生対象)3大学分が終わりました!!

2017 過去問.JPG

  
部活にプライベートに励んで(?)いた高3生も、夏休みは真剣です
    受けて立つ(?)こちらも、念には念を入れて準備
        なので、"おわった~~ \(^ω^)/" 

と、一瞬なるのですが、
   保護者を前に行う小学生の発表会の構想とか
   中3生の高校受験準備に何を用意しようか? などなど
        脳はジワジワ~~と考え始めます
 
         絵本2017 小学生.JPG


ウイングローブの教室は、小学生から大学受験生、
          はたまた大人までをカバーしています
           ↓↓↓
講師達は自ずと、一度に数個のタスクを処理する能力が付いてしまうのです \(^^@)/

     女性は男性より同時に作業をする能力に優れていると言われていますが
     ウィングローブの教室構成&授業形態(一斉着席 but 個別指導)は、
              講師のマルチな能力をどんどん育てくれているようです

  授業小学生向けテンションUP ↑↑↑から大学受験問題まで、
     講師は頭のファイル
       入れ替え取り替え
       時にはひっくり返して、
       こなしていきます

In additon to that!!
人生の有効時間を最大限に活用し
プライベートも充実させてますよ~~~

昨日は、講師仲間から『今、カンボジアよ~~♫
   見たことのない背景の写真がLINEに載りました

停滞していた台風5号が関東を通り過ぎて行った、晴れ間
洗濯物を干しながら、『ワタシ達、すごい!!
            と自画自賛夏の午後

                     でした (^_-)-☆




一時帰国

度々登場する卒業生です

カリフォルニア州立大学サンタクルーズ校大学院への入学を前に
                      帰国しています

難関大学院2校から合格の通知をもらった彼女には
想像を遥かに超えた努力から勝ち取った Confidence で溢れていました

5年前、ただ英語が話せるようになりたいと渡ったアメリカ
 生活して学んで、生活して学んで ・・・・・> 研究したいテーマを見つけ
 4年生大学に編入し・・・・・> 大学院へ

将来の夢
  アメリカの大学を日本に紹介する架け橋
  => Ph.d を取得して大学の教授
  => 学校の校長
                へと変わっていた

帰国中前半、卒業大学(モントレー校)の上司に同行して、日本の提携大学など20校以上を周り
      これから留学をする生徒への説明やオリエンテーションなどを行ったそうです
                    最初のユメが叶いましたね (*^^)v

渡米前の8月後半には、生徒や保護者対象に
  米国大学の授業形態や大学への出願方法など、日本との違いや
  勿論苦労話をしてくれる予定です
     
          ☆ If you can dream it, you can do it ☆彡
                           = Walt Disney =



Demonstration

Naitiveに指導してもらうSpeaking クラスは7月に3回目を終了しました

2回目
 1.初回に行った自己紹文に、膨らんだ話題をプラスして
                 マンツーマンのトーク
 2.実際、Presentationはどのように行うかを全員に見せてくれる

   そして、Topicを選ぶこと
         がHomeworkでした。 

3回目:選んだTopicをどのように展開していくかをマンツーマンで決める
   (勿論 in English!!)

ブレンダンさんからは、ヒントとなるアイデアがどんどん出てきて
  "・・・ topic everyone knows is boring, choose a new thing !!"
  とカツを入れられ、
  生徒達は "なるほど~~~"

Native と相対してしっかり取り組む事に、生徒達はドキドキ
慣れない英語での会話と、
   主体的に準備するプレゼンに少し不安げな様子も見られます
            =>ブレンダンさんNo pains, no gains~~~♫ 

Homework:
  1.選んだTopicQ/Aを考えて=>インターネットや本で調べる 
  2.Draftを作ってくる(in English please~~~)
  3.視覚に訴える資料も必要

       busy busy summer vacation!!   :)

次回は夏休み開け
      楽しみ!!

アーカイブ

カレンダー

<   2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  • ウィングローブ英語塾