大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。下北沢校です。

日本人の英語力の最近のブログ記事

大学でも求められる英語力

下北沢校(2022年05月01日)

 

 

大変だった受験も終わり、

 

今、皆さんは晴れやかな気分で

 

大学生としての一歩を踏み出しました。

 

大学での英語のクラス分けには

 

TOEICを紗採用する所が多いので、

 

入学早々、もう受けられた方もいると思います。

 

TOEIC受験。とりあえずその義務は果たしたから、

 

あとは大学生活をエンジョイしよう!

 

と思いたいところですが、

 

これから大学からのTOEICへの圧力が

 

ジワジワと強くなってくるのです。

 

 

 

 

 

 

(さらに…)

英語をマスターしよう!

下北沢校(2021年10月01日)

 

 

国際ビジネスコミュニケーション協会は

 

今年の6月に、2020年度実施の

 

TOEICテストにおける世界各国の

 

平均スコアとそのランキングを発表しました。

 

そのトップ3ヶ国は

 

1位:ドイツ(826点)

2位:フィリピン(773点)

3位:チュニジア(750点)

 

アジア圏からはフィリピンが健闘して

 

2位にランクインです。

 

他のアジア諸国では、次に韓国が12位(683点)、

 

マレーシアが17位(634点)となっています。

 

そして我らが日本はというと・・・・。

 

531点で27位という結果に。

 

TOEICでは600点くらいで

 

「日常会話が出来るレベル」と判断されるわけですが、

 

この点数ではちょっとした会話もおぼつかない、

 

ということになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

(さらに…)

現代の魔法使い

下北沢校(2021年06月01日)

 

世の中には凄い人が沢山いますが、

 

その中でも特に昨今、注目を集めているのが

 

唯一無二の天才、 落合陽一氏。

 

彼は、世の中を新規な視点で見つめ、

 

そこから湧き出る発想を

 

全て具現化してしまうメディアアーティスト。

 

テクノロジーを駆使した魔法のようなアート作品を

 

次々に世に送り出すことから

 

「現代の魔法使い」と呼ばれています。

 

そんな彼は新進気鋭のアーティストであるだけでなく

 

自ら立ち上げた会社のCEOであったり、

 

筑波大学の准教授、他、4つの大学で教壇に立つなど

 

教育者としての顔も持っています。

 

そんな彼がある番組のインタビューで

 

教育に関する持論を展開し、

 

それが非常に興味深かったので

 

今月はその内容を一部ご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

(さらに…)

間違っているコロナ関連の英語

下北沢校(2021年05月01日)

 

私達が今、生きている時代。

 

それはまさに、コロナ時代。

 

この感染症の影響で

 

私達の生活様式が変わっただけでなく、

 

新たなコロナ関連の言葉も

 

続々登場しました。

 

しかも、その多くがカタカナばかり。

 

一応全部は英語の外来語として

 

カタカナになってはいるのですが、

 

どうも本来の意味とは違う

 

間違った意味合いで

 

使われているようです。

 

 

 

 

 

 

 

(さらに…)

英語が出来て当たり前

下北沢校(2020年10月01日)

 

 

コロナ禍での生活も長くなりましたが

 

人々の生活を守るための経済活動を

 

促進する動きも続いています。

 

それでもやっぱりリモートワークが主流となった今、

 

お家にずっといる分、ちょっとした気晴らしとして

 

バラエティ、映画、ドラマなど

 

今まで以上にテレビを見る機会が増えています。

 

そんな中、7年ぶりに復活した大ヒットドラマ、

 

「半沢直樹」は、再び大いに盛り上がりました。

 

私もご多分に漏れず見ていましたが、このドラマ以上に

 

私を長年虜にしているテレビ番組があります。

 

それが、スカイパーフェクトTVの

 

Foxチャンネルで放送されている

 

America’s Got Talent。通称AGTです。

 

 

 

 

 

 

 

(さらに…)

アーカイブ

-

カレンダー

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • ウィングローブ英語塾