大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。下北沢校です。

講師ご挨拶の最近のブログ記事

講師ご挨拶

下北沢校(2014年08月01日)

グローバル.jpg

ここ何年も「世の中は国際社会で英語は必要だ」

 

と言われてきており、

 

その必要性を感じている大手企業では、

 

社員に何とか英語力をつけてもらいたいと、

 

経費をかけて英語研修を提供しています。

 

私は長年そういった研修に呼ばれては、

 

今まで英語には無縁でしかも苦手としてきた

 

ビジネスマンの方々に、

 

TOEIC対策やビジネス英会話の

 

ご指導をさせていただいています。

 

しかし皆さん日々の仕事に追われ忙しい中、

 

苦手な英語を上司命令で

 

嫌々学んで大変苦労なさっています。

 

そんなビジネスマンの現状を目の当たりにしていると、

 

もっと若いうちから英語力を身につけていれば

 

こんなに苦労しなくていいものを・・・

 

とつくづく思います。

 

中学校から大学と長きにわたり学校で

 

英語を学んでいるにもかかわらず、

 

何故そんなに英語が苦手なのでしょうか?

 

学校の英語の授業は試験対策がメインで、

 

本来のコミュニケーションの為の

 

学習では無いからでしょうか。

 

それも一つの理由かもしれません。

 

しかし一番の理由は、英語は日本語とは

 

そもそも全く違う性質のものであり、

 

それ故に私達日本人が習得するには非常に難しい

 

言語である、ということではないかと思います。

 

それではやはり英語習得は無理なお話し

 

なのでしょうか?いえいえ大丈夫です。

 

日本語と英語の大きな違いを理解したうえで、

 

それを集中的に克服するトレーニングを

 

積み重ねていけば英語力は必ず付きます。

 

ではどうやって・・・?

 

ウィングローブにはそのノウハウがあります。

 

私も苦労をして英語を習得した日本人の一人ですから、

 

ウィングローブのコンセプトや学習法を

 

初めて知った時は目から鱗、感動しました。

 

私達の弱点をきちんとカバーし、日本にいながらにして

 

帰国子女並の英語力を身につけさせることが出来るのです。

 

是非一度お教室を見学しにいらして下さい。

 

私達の熱い思いとユニークな学習法を、

 

直接その目で確認しにいらしてください。

 

きっとそこに皆さんの答が見つかるはずです。

 

今の世の中大変厳しい状況が続いています。

 

きっとまた良くなる事もあるのでしょうが、

 

皆様のお子様達が成長してゆく過程でも変動は激しく、

 

楽観視はできない状況が続いてゆくことでしょう。

 

そんな世の中だからこそ、

 

今の子供達は小さいうちから使える英語を

 

身に付けておくべきだと思います。

 

そうすれば、社会に出てから

 

現在のようなビジネスマンの諸先輩方と

 

同じ苦労をしなくてすむでしょうし、

 

仕事にあぶれることもないでしょう。

 

私が望むこと、それはこれからの

 

日本の将来を担う子供達が英語を自然に操りながら

 

国際社会で堂々と活躍する社会人になっていただきたい、

 

ということです。そして私はウィングローブの講師として

 

英語をご指導させていただきながら、

 

そういった人材育成に少しでも貢献できれば、

 

と思っております。

 

そのような思いに共感なさる皆様からのご連絡を、

 

心よりお待ちしております。

アーカイブ

-

カレンダー

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • ウィングローブ英語塾