卒業生アンケート 番外編

昨年卒業のMくん。
1年ぶりに顔を見せてくれた機会を捕まえて、去年もらいそびれたアンケートを書いてもらいました。
高1の4月入会で3年間在籍。
慶応義塾大学経済学部進学(慶応大学商学部、文学部、早稲田大学人間科学部、中央大学法学部、明治大学政経学部合格)

他塾と比べて、ウィングローブの授業の良かった点は?
品詞・文型などの基礎を徹底して学ぶことができたことは、
自分の英語力全体に役立ったと感じています。
特に、英文和訳等の問題では、問題文の構造を正確につかめるようになりました。

入会する前の英語力はどうでしたか。それがウィングローブに通ってどう変化しましたか?
あまり覚えていませんが、英語が全然わからなかったことは覚えています。
ウィングローブに3年間通うことで、かなり英語力は向上し、
難易度の高い慶応の英語にも対応できるようになりました。

山口先生の面談の良かった点、得られた効果は?
英語に限らず、すべての教科についてアドバイスをいただけたのがよかったです。
英語以外は完全に独学だったので、
どの参考書をどのように使えばいいのかといったアドバイスは本当に助かりました。


後輩たちへ伝えたいメッセージ
最初は皆できない状態から始まるということを、後輩たちには知っていてもらいたいです。
ウィングローブでは、基礎から丁寧に教えてくださるので、
努力すれば結果はついてくるはずです。
それから、受験は単純な実力がそのまま反映されるわけではありません。
どんなに実力があっても第一志望に行けるとは限りません。
しかし、それでも全力を尽くした結果なら納得できるものです。
恐れずに悔いのないような勉強を続けてみてください。

卒業生アンケート その2

Sさん。
高2の7月入会。
早稲田大学教育学部に進学(青山学院大学文学部、明治学院大学心理学部、学習院大学文学部他合格)
自習用の英語速読用問題集は21冊終了。

他塾と比べて、ウィングローブの授業の良かった点は?
中学生の時に通った大手塾と違って少人数制なので、
一人ひとり親身になって教えてくれていると感じられる点。
自信がつかない私に何回も面談をして精神的なサポートをしてくれた点。

入会する前の英語力はどうでしたか。それがウィングローブに通ってどう変化しましたか?
英語はリーディング、ライティング、リスニング、どれも苦手だった。
学校の先生は単語と熟語を覚えることが基本と言い、
そのことは十分理解し実践したつもりだったが、いまいち効果は現れなかった。
ウィングローブで単語、熟語、基礎精講をどれだけ繰り返すべきかを教えてもらった後は、
徐々に英文が読みやすくなった。

山口面談の良かった点、得られた効果は?
自信のつかない私の励みになるような受験の体験談やデータを語ってくれた。
特に、都立や私立高校の大学合格実績が自分のイメージと違って驚いた。
自分の高校からでも早稲田大学を目指してみようと思えた。



卒業生アンケート

今年も、大学受験を終えた卒業生からアンケートが届きました。

まずはMさん。
高3の5月入会。
ウィングローブにいた期間は9か月と短いですが、
素晴らしい頑張りで、8月には単語・熟語・基礎精講を7周終えました。
センター試験も190点!
青山学院大学国際政治経済学部に進学(立教大学文学部合格)

他塾と比べて、ウィングローブの授業の良かった点は?
単語・熟語・文法のテスト管理。
他塾の子に話を聞いてもここまでしてもらえるところはありません。
正直安定するまでつらいけど「テストがある」という意識でやるのは効果が全然違うと思います。
文系を重視した教材のおかげで、読むのが飛躍的に速くなり、
リピートークの活用により、長いリスニングで困ることがなくなりました。
すべて論理的だなと実感します。

入会する前の英語力はどうでしたか。それがウィングローブに通ってどう変化しましたか?
英語は得意な方でした。でもそれは「感覚がよい」だけであって受験には一切通用しなかったのです。
ジャンプ力はあるけど土台がない。そんな感じでした。
入ったときは無理だと思っていた暗記の周回をすることで、土台の部分が格段に高くなりました。
それからは揺らぐことのない土台を武器に、高いレベルの問題で闘うことができるようになりました。

山口面談の良かった点、得られた効果は?
英語だけでなく、他の教科や全体を通して細かいアドバイスをくださること。
今何をすべきかに対して迷うことはありませんでした。
やる気が出ない!上手くいかない!って!時もお話しするともう一度エンジンがかかるみたいな、
とにかく心の支えになっていました。
面談がなければ、今の第一志望なんて目指そうともしてなかった。
本当に感謝しています。






A⁺!!

先日、卒業生が遊びに来ました。

英語が大の苦手で、
ウィングローブに入るまで、三単現の s と名詞の複数形につく s の区別がついていなかった!
という話は、入会して半年後ぐらいに聞きました。
それまでは、恥ずかしくて言えなかったそうです。

ほぼ一年ウィングローブで頑張って志望大学に合格、
教室にやってきた顔を見れば、楽しい学生生活を送っているのはすぐにわかります。

英語の成績は何とA⁺!だそうです。

英語の授業中に
「この if 節は、目的語になる名詞節だから『~かどうか』と訳します」と答えたら
先生にべた褒めされ、
友達には、英語を教えてくれと言われるようになったといいます。

大学からは、英語圏への留学を勧められているそうです。
期間は半年か一年、
その間授業料は免除、
大学から補助金も出るということです。

ウィングローブに出会えて、本当にラッキーでした!と
ニコニコ顔で言ってくれたその言葉が、私たちには何より嬉しいプレゼントでした。








合格おめでとうございます!

厳しい状況の中、今年も皆結果を出すことができました。

渋谷校の合格状況です。

慶応義塾大学  商学部
早稲田大学   教育学部
立教大学    文学部
青山学院大学  国際コミュニケーション学部
青山学院大学  文学部
学習院大学   文学部
日本女子大学  数物科学学部

ウィングローブに入会した時期は様々ですが、皆よく頑張った一年間でした。

合格おめでとう!!

健闘を祈ります!

今年度最後の大学受験生クラスが終わりました。

毎年のことですが、受験生クラスは皆よく頑張ります。

中でも、Rさん、
夏休み以降に提出してきた速読用の自習の問題集がなんと21冊!
これまでの最多記録です。

それから、Mさん、
5月入会から9か月で、単語集13周、熟語集13周、文法問題集12周終了しました。
もちろん、シャドーイングや復習も頑張って、その結果センター試験も190点!

そのほかの受験生も、それぞれ置かれた状況の中で、しっかりベストをつくしました。

ここからは、それぞれの闘いが始まります。
自分を信じて、力を出し切ってほしいと思います。

健闘を祈っています。


またまた全国模試で!!

11月の高校生全国模試の英語で、6月に引き続きウィングローブの高3生が全国1位を取りました!
英語の全体平均点が90.2点(200点満点)のところ、なんと190点! 偏差値は81.5でした。

そのほかの高3生も頑張っています。
受験したウィングローブ生の30.5%が偏差値60以上、63.4%が偏差値50以上でした。


渋谷校の高3生も好成績です。
受験した高3生全員が偏差値55以上、
特にそのうち3人は偏差値が、66.4,63.8,62.6と素晴らしいものでした。

問題別では、長文読解や英文和訳問題で高得点が目立ちます。
「英文和訳が出ていると『やったー!』と思います。
 正確に構造がわかるので、ちゃんと点が取れるから。」と、生徒の言葉。
日頃クラスでやっていることの成果がしっかり出ているのを改めて実感させてくれます。


どの学年も共通して、長文読解や英文和訳問題の得点が全国平均を上回っています。
構造に強いウィングローブ生の力が表れているということですね。







シャドーイング

「先生、リピートークっていいですね!」
先日、クラスに来た高校生が言いました。


渋谷校では、3年ほど前から、シャドーイングのためのアプリとしてリピートークを導入しています。


クラスで訳をやった文章を、シャドーイングができるよう練習してくること、

というのが高校生の毎週の宿題です。

リピートークを使ってシャドーイングを練習すると、
見本の音声を聞きながらフレーズごとにリピートの練習ができ、

自分の録音を聞き直して、見本の音声に近づけた正確な発音と発語を意識することもできます。
その結果、生徒は苦労せずに、質の高いシャドーイングができるようになります。


リスニングの点数が上がった、って言うのかな、と思いながら、
「何がいいと思ったの」と聞くと、
「初めての長文を読んだとき、以前は単語がズラズラつながって見えたのが、
最近は、フレーズごとに切れて見えます。
英文の頭から、自然に構造を取れるようになりました。」
という答えが返ってきました。


これこそが、シャドーイングをすることで私たちが目指しているものです。

シャドーイングの効果というとき、まず頭に浮かぶのはリスニングがよくなるということでしょうか。
もちろん、シャドーウィングをするとリスニング力は上がります。
でも、それだけではありません。

クラスでしっかり構造を取ってから和訳した英文を
何度も聞いて何度も口に出すことで、
日本語を介さない意味了解に至ることができます。
これを繰り返すことで、正確な速読を目指すことができるのです。


渋谷校では、生徒全員に1週間に30分のリピートークを宿題としています。
しっかり取り組んで、正確に速く英語を読む力をつけていってほしいと思っています。





山口面談

今週から、渋谷校の高校生の山口面談が始まりました。
大学受験生は、受験まで4か月となり、いろいろな思いと不安をかかえて面談にやってきます。

教えていただいた参考書を教えていただいたやり方でやっていても、思うような結果につながらない、
と不安そうな理系志望の生徒。
実際には、数学も化学も、4周終わっているとのこと。
「それなら大丈夫!
今点数につながらなくても、4周やって基礎の部分が6~7割詰められているんだから、
ちゃんと間に合います。
ウィングローブの生徒が、最後の模試でD判定、E判定でも90%以上が受験に合格するのは、
こうやって基礎をきちんと詰めているからです。」
という山口先生の言葉に、笑顔が出ました。

受験勉強が順調に進んでいる生徒に対しては、
入会した時の志望校よりさらに一段上を目指すようにアドバイス。
「現在最優先させるべきなのは...、それが仕上ったら次は~」と具体的な話に、生徒も真剣に聞き入ります。
「英語の副読本は、何冊仕上げるのを目標にする?」と聞かれ、
「20冊やります。」と答えた生徒の表情には、パワーが溢れていました。

生徒一人一人の現在の状態を的確に把握し、その生徒の性格まで考慮に入れてのアドバイスは、
生徒の心に一番響く言葉になっているようです。







クラス 空き状況!

現在、渋谷校は、火曜~金曜まで授業を行っておりますが、

以下のクラスが空いておりますので

ご案内いたします。

【 高校生 】
水曜 17時~19時30分
木曜 17時~19時30分

【 中学生 】
火曜 16時~18時
水曜 17時~19時
木曜 17時~19時
金曜 17時~19時

【 小学生 】
金曜 16時~17時

book_cha.png

アーカイブ

カレンダー

<   2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  • ウィングローブ英語塾