大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。高田馬場校です。

成人クラスの最近のブログ記事

教員採用試験③

担当(2017年02月12日)

教壇に立つようになってから、上野先生に感謝することばかりでした。

もしあの時、何もせずにたまたま合格していて、上野先生のところで授業を受けていなかったら…
ALTとも話せず、生徒の前で間違った発音を繰り返し、
英語教員として恥ずかしい自分になっていたでしょう。

先日、正規教員採用に向けた試験を受け、無事正式な教員として合格いたしました。
上野先生から学んだことを活かし、生徒の指導にあったっています。

また忙しくてなかなかまとまった時間が取れませんが、隙間時間を見つけては学習を継続しています。
そしてTOEIC900点以上、英検1級を目標に努力していくつもりです。

教員採用試験②はこちら

gahag-0060320403.png

 

教員採用試験②

担当(2017年02月12日)

そこで妻から、中学・高校と指導を受けていたという上野先生を紹介してもらったのです。
上野先生曰く「一番弟子」だそうです。

そこでの授業は、何もかもが新鮮そのものでした。

品詞分解により文の構造を学び

短文精読により読解力を

毎回の単語・熟語テストで語彙力を

毎回のシャドーイングテストによりリスニング力を

バランスよく訓練することでどんどん伸びていきました。

音読アプリ「リピートーク」は自分でも呆れるほどやりました。自分の声を録音して聞き、修正、また聞き、修正を繰り返しました。

「これが英語の勉強というものか!」を実感することができました。

週一回の授業でしたが、授業に向けて全力で取り組みましたが(時には怠けてしまい、テストで散々な結果に
終わり叱咤激励して頂いたこともありましたが…)授業の後には毎回、全力を尽くした達成感に満ちていました。

わずか6ヶ月の受講でしたが、その成果は驚くものでした。

読める

聞ける

書ける

そしてその自信は「話せる」ことにも繋がりました。

その2ヶ月後受けたTOEICのテストは、735点!
これまでの最高得点は英語を勉強していた大学生時代の615点。
そして7年間勉強してこなっかた自分が、TOEICの勉強ゼロで、これだけ伸びるとは想像もしていませんでした。

その後!
なんと落ちていたと思っていた一次試験に合格していたことが分かり、二次試験、面接、実技試験を受けました。

結果は… いわば仮合格!

念願の教員として中学校の教壇に立つことになりました。  教員採用試験③に続く

教員採用試験①はこちらから

 

教員採用試験①

担当(2017年02月11日)

去年、教員を目指していた方に猛特訓をいたしまして、無事合格をしたF様に体験記を書いて頂きました。

私がウィングローブで英語を学んだのは、教員採用試験で自信があった英語が全く解けなかったことがきっかけでした。

私は大学卒業から7年間、大手印刷会社の営業として働いていました。しかし、高校生の頃から抱いていた「好きな英語を使って、
先生として働きたい」との思いが強くなり、一念発起をして仕事を辞め、教員採用試験を受けることにしました。

7年間、英語は全く使っていませんでした。また、勉強もゼロ。しかし「まあ、勉強し始めれば何とかなるだろう」という軽い気持ちでいました。

しかし、教員採用試験の過去問を解こうとすると手も足も出ない状態。慌てて単語を必死で覚えましたが、全く読めず。
それもそのはず、

教員採用試験の問題は英検1級レベル(TOEIC900点以上目安)です。単語を覚えただけでは読めるはずもないのです。

途方に暮れました。
何をしていいいのかわからない。

つまり私は「英語の勉強の仕方」が全くわかっていなかったのです。

そんな状態のまま、採用試験の筆記に臨みました。結果は54/100点。ボーダーは55点を言われていました。

「落ちた・・・」

と思いました。

ここでようやくスイッチが入りました。ここでなんとかしないと、もうどうしようもない。
来年の試験に向けてスタートしないと間に合わない!!

教員採用試験②に続く

アメリカからのメッセージ

担当(2016年11月13日)

去年アメリカ留学に旅立った成人クラスの生徒さんからこんなメール頂きました。

「今ちょうどファイナル前のリサーチペーパーを書いています。
久しぶりにターゲットの熟語を開くと、ほとんどが普段の会話の中で使われていることに気づきました‼️
先生にちゃんと覚える様に言われていたのに、さぼった自分を反省しているところです。
やっぱり単語熟語は大切ですね。それを伝えたくてメッセージしました。」
そうです!
世間が言う「受験英語」なんてありません。
ぜひその先もずっと使える英語をウィングローブで

成人クラスインタビュー④

担当(2016年06月18日)

saitousan-interview.png

成人クラスインタビュー③

担当(2016年06月12日)

yadansan.png

成人クラスインタビュー②

担当(2016年05月21日)

midorisan02.png
banner3.png

成人クラスインタビュー①

担当(2016年05月18日)

yoshikisan.jpg

banner3.png

成人クラス

担当(2014年12月06日)

「もしかしたら、来年の夏にカリフォルニアで会おうなんてあるかも」

どうやら偶然が重なり、来年の留学先がカリフォルニアになりそうな大学生と社会人

の生徒さん。

もう一人の社会人さんは来年3カ月間、西海岸で会社の研修らしく、

・・・なんともうらやましい話です。

でもここ出会えてグループワークを通して生まれた友情です。

ぜひ実現して頂きたいです。

banner3.png

 

成人クラス

担当(2014年11月20日)

馬場校では成人クラスがあり

毎週火曜の夜、大学生や社会人の生徒さんが英語のお勉強に励んでおります。

 

卒業生が多く、大学受験までは教えたくてもなかなか教えられなかったおもしろい英語の世界に浸かってもらっている感じです。

実は夏にプレゼンをこっそり行いましたが、わたくしの望むレベルとは

あまりに程遠いものでしたので、本気でその気持ちをぶつけました。

大人でも生徒は生徒。

お客さんではありません。

今回のプレゼンは新人さんが多かったのも原因かもしれませんが

次回に期待しましょう。

とはいえ、1年通うと、見事に成長してくれます。

1年前はディクテーションも半分くらいしか聞き取れなかったし、

シャドウイングもボロボロ。

そんな生徒さんも継続は力なりで、9割は聞き取れるようになるし、

シャドウイングにはドンドン磨きがかかります。

何といっても年2回のグループワークが最大の難関であり楽しみ

これを経験して巣立っていった生徒さんたちは

英語大好きになっているはずです。

banner3.png

アーカイブ

-

カレンダー

2022年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • ウィングローブ英語塾