大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。高田馬場校です。

11月3日に無事イベントを終えることができました。

 

そしておかげさまでWG生の中原啓翔君が最優秀賞を頂きました!!どの高校生も個性あふれ、パワフルな素晴らしいスピーチで感動いたしました。

 

初のオンラインによるこの文化祭を企画、準備、運営をしてくださったGLE本部の皆さま、そして実行委員の高校生の皆さま、スピーチ練習の教材、練習会を提供してくださったフォワードさんに心より感謝申し上げます。

 

WGではこの企画のほんの一部に参加させて頂いただけではありますが、多くの生徒、先生達に言葉にならないほどの宝物となりました。

 

皆様には応援のご協力を賜りましてあらためてお礼申しあげます。

 

とうとうWG代表の生徒さん4名が決定しました。おめでとうございます! 4名の生徒さんと全国100名余りの高校生参加者から選ばれた合計13名の動画はこちらで視聴できます。

 

中澤優奈さん(上大岡校)

中原啓翔くん(多摩センター校)

馬渕優人くん(幕張本郷校)

室塚優貴さん(幕張本郷校)

 

そして昨日(10/26)審査員らによりさらに4名にしぼられました。

 

WGからは室塚優希に決定!!

 

11/3(火)のオンライン投票、ぜひよろしくお願いいたします。視聴登録はこちらから

 

 

先生たちが冷や汗と涙を流しながら必死に練習をしている一方で、フォワードさんの協力のもと5回に及ぶオンライン練習会に参加した勇気ある高校生たちも。

 

始めて会うメンバーの前でスピーチを披露するのは、我々以上の緊張があったはず。石渡先生の呼びかけに最初はなかなか手があがらない気まずい時間がありましたが、次第に積極的な姿勢に変わっていきました。

 

最大の発見はセッション後に送られる録画ビデオ。自分の問題点はもとより(目をそらしたい一心ですが)、他の参加者のパフォーマンスとそれに対するアドバイスを聞き客観的に学べるということ。

生徒達は回を追うごとに飛躍的に成長したいか頼もしいほどでした。

 

練習会には参加はできませんでしたが、前もってフォワードさんのビデオで学習をして参加してくれた生徒たちも数多くいました。

その全ての生徒達に感謝します。

 

「中学の時にキング牧師の演説を授業で聞いたが、その時は英語が苦手で全く興味がわかなかったけど、今回は全く違う印象でした。」

 

「今回のことは時半にとって大変いい経験になりました。」

 

「普段なかなか練習できない細かい発音や表現の仕方を教えてもらったのでとても為になりました。ありがとうございました。」

 

そして一次審査を経て、100名あまりの中から選ばれた13名の高校生らの朗誦スピーチが公開されています。(WG生は東京、横浜、千葉)

 

GLE2020英語スピーチ朗唱大会

 

高校生の偉大な力に圧倒されます。ここから審査員、実行委員らによる選考が行われ5名の代表になり、その後11/3のオンライン投票に!皆さまの応援よろしくお願い致します。

https://gle2020.com/

 

2次審査の結果はこちら

 

 

 

史上初のオンライン高校生企画!

 

世界とつながるオンライン文化祭

 

Day 1 2020.  10/31(土)14:00- 

Day 2 2020.11/3 (火)第1部 13:00-  第2部 14:50-15:50

 

ウィングローブ生代表4名が一般高校生として11/3(火)の「英語スピーチ朗唱大会」に挑みます

 

最優秀生を決めるのはオンライン投票です。 ぜひ視聴登録をして応援をお願いします!

 

こちらのリンクをクリックし[視聴登録]を選んでください。※印のメールアドレスを入力し[確認する]を押し、登録されたメールアドレスに「一般社団法人おうえんフェス」GLE実行委員会から登録承認メールが届いていれば完了です。

 

 

第79回アカデミー賞「不都合な真実2 放置された地球」

環境保護活動家、民主党元副大統領でありノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア氏のスピーチの一節を朗誦

 

 

 

生徒たち、そして先生らの汗と涙の道のりはまた次回。                        

zoomによる初の高校生単語暗記大会が終わりました。

教室単位で同日同時間に開始することで、連帯感を共有できたと感じております。

 

馬場校は阿佐ヶ谷校と合同で行ないましたが、50名弱の参加者で大盛況。

アシスタントさん3名、私を含め講師2名で万全の準備で(予行演習も実施)したはずなのに、高校生のパワーに完全にやられてしましました。

テストの申し込みはラインまたはチャットでと行い、列に並んでいるイメージを確保。しかしその列が終了時間の5時になっても一向に短くなる気配がなく、皆さんに長時間待たせてしますという結果となってしましました。

zoomでの単語テストだからそれほど進まないと甘く見ていたわたくし大大大反省しております。

 

馬場校・阿佐ヶ谷校の結果

第1位 NI 高2 単語2600 熟語1000 合計3600

第2位 RI 高3 単語2400 熟語1000 合計3400

第3位 RS 高3 単語2100 熟語1000 合計3100

第3位 MN 高3  単語2100 熟語1000 合計3100

第5位 YM 高2   単語2100 熟語900   合計3000

 

これほど多くの高校生が参加してくれて我々試験官に全くひまを与えなかったことに大きな拍手を送ります。

第1位と第5位の高2生は緊急事態宣言下の自粛期間中に単語・熟語テストを受けまくってました。

様々な制限があってつらい状況が続きそうですが、高校生たちにまたたっぷりとエネルギーチャージしてもらいました。

 

ありがとうございます。

 

 

7月からの授業について

担当(2020年06月25日)

7月からの授業に関してのお知らせ

 

4ヶ月ぶりの対面授業再開です。

教室のパーテーション設置、入室時の手洗い、検温の実施、マスク着用、換気を徹底し生徒同士の間も間隔を空けて授業を行います。

 

7月はまだ学校が分散登校だったり、もう少し様子を見て通塾に切り替えたいという場合はオンラインを継続して下さい。

そのため対面とオンラインのミックス授業となります。

 

またしばらく控えておりました体験レッスンも教室で行いますので、ぜひお問い合わせお待ちしております。

 

生徒たちに会えるのがこんなにも嬉しいとは!

 

 

 

 

 

愛すべき卒業生 in NY

担当(2020年05月02日)

横目で見ていた「マツコ会議」

 

えええええええーーーー!!!と叫んでしまいました。

卒業生が彼のYouTubeチャンネルと共に紹介されているではありませんか!

 

彼はマレーシアのエアラインのFAを経験し、その後アメリカの航空会社に転職。日本ではまだ珍しい男性の客室乗務員を目指す方々のため、また旅先でのアメリカ国内の様々な街の様子を共有できればとの思いから開始したチャンネルももう少しで3万近くの購読者に。

 

マレーシアに発つ前に会いに来てくれた時は、憧れのアメリカのエアラインのアナウンスを死ぬほど聞いて暗記したこと、毎日朝から夜まで聞こえてくるのは英語のみという生活を日本で続けたことを語っていました。そのためインタビューでも留学経験のある人達をものともせず見事合格!

 

元々発音は素晴らしくセンスもあったところに、やって下さいと課したことは全て完璧にこなした高校生でした。

 

今はニューヨークをベースにアメリカ国内を飛び回っています。新型コロナウィルスのため自宅で過ごす日が増えている様ですか、動画で元気な姿を見れる一視聴者である私は毎日パワーと幸せもらっています。

 

視聴者からの英語勉強法に関する質問で「文型SとかVとかやりましたよ。前置詞の後だからこれは動名詞だとか考えちゃいます。」なんて言ってくれると、こっそりにやけてしまいます。

 

何より彼の尊敬すべきことは、今のFAとしての仕事が大好きで(本人の曰くー泣きたいほど楽しいらしい)お客様との出会いを心から楽しんでいるということです。動画に滲み出る彼の純粋さ、いつもフラットな姿勢、何事も楽しむ気持ちが、飛行機に乗ったお客様にもきっと伝わるのでしょう。お客様の笑顔でまた幸せをもらうという完璧なサイクル。

 

愛すべき卒業生からは学ぶことも多く、不安な日々の中ではやはり人の繋がりがいかに大きいものか痛感します。

 

お時間のある方は是非ご覧下さい。

 

リキリシャス

https://youtu.be/sufrz05nuCc

 

 

 

 

 

整ってしまった自宅環境

担当(2020年05月01日)

オンライン授業が始まり2か月が過ぎました。

高田馬場校からタクシー往復で運んだ教材や資料は膨大で、机の上、下のあちこちに散在しストレスでした。

 

そこで家中を探索し空箱、使っていない本棚やファイルを見つけ整理。またAmazonさん(感謝!)延長コードやUSBポートなど足りない機器を準備し快適な空間に。

 

また授業中のオーディオ環境を整えるべくKrispというアプリをダウンロードしました。ノイズキャンセリングのおかげでこれまたストレス軽減。

 

しかしこんなに整っていいものか。ひと月で終わってほしかったのですが、もう少し続きそうです。

 

6月には皆さんに会えることを強く願っています。

オンライン授業が始まりあと少しで2ヶ月になろうとしています。

高校生は「単語熟語ルーム」や「基礎精講カスタマーセンター」の設置で効率がさらにアップ。

 

さて次は小中学生の音読問題。オンライン授業中に講師とリピートをすると他の生徒さんのイヤフォンにもずっと聞こえることになります。また新中一生などはしっかりとリピートを徹底させたい時期でもあります。

 

そこで高校生クラスのアシスタントさんに「音読リピートルーム」を新設してもらうことに致しました。長年にわたり発音矯正スクールに通ってきた彼女は講師を超えるほどの発音の持ち主。頼もしい限りです。

 

今週から必要な生徒さんに試していますが、2つの部屋を自由に問題なく出入りできました。

 

活躍しそうです。

アーカイブ

-

カレンダー

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  • ウィングローブ英語塾