大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。下北沢校です。

英語を楽しく学ぼう!

下北沢校(2019年08月01日)

外人:仰向け.jpg

 

この写真の若者たち。

 

ちょうど皆さんと同じくらいでしょうか。

 

なかなかいい感じですよね~。

 

そんな彼らと英語で自由に話せたら

 

どんなに楽しいだろう、どんなに凄いだろう

 

と、思ったりしませんか?

 

でも、英語って難しくて

 

なかなか出来るようにならない・・・。

 

だから苦手意識が強くなり、

 

しり込みしがちですよね。

 

そんな皆さんのお悩みを解消すべく、

 

英語を楽しく学ぶ為の新たな取り組みが

 

今、世の中に広がっているようです。

 

 

 

 

 

 

■ロボットで楽しく

イラスト:コミュニケーションロボット.jpg

 

まず一つ目の取り組みが、

 

英語の授業に人工知能 (AI) を搭載した

 

ロボットの活用です。これは、

 

米国のあるAI企業が開発した物で、

 

米のテレビドラマや英語教材から

 

数百万もの会話データを AI に学習させ、

 

例文の会話練習だけでなく、

 

自由な対話も出来るという優れ物です。

 

このAIロボットを英語の授業に導入する動きが

 

今、全国の小中学校で広がっているようです。

 

ロボット相手だと、人前で英語を言うのを

 

とかく恥ずかしがる子供達でも、

 

自発的に楽しみながら会話するようになり、

 

発話量も増え、

 

英語学習の意欲を高めることが出来ます。

 

さらにこのロボットには、各生徒のデータを登録して

 

彼らの英語力を採点・管理までする機能がある為、

 

教員の負担軽減といった効果も見込まれています。

 

小学校の英語教育の本格導入が

 

2年後に迫っていることもあり、

 

専門家は、より多くの小中学校に対し

 

ロボット導入の加速を促しています。

 

 

 

■体験型で楽しく

イラスト:外人と日本人女性.jpg

そしてもう一つ別の取り組みが、

 

利用料を払って丸一日英語漬けとなる

 

体験型の施設の登場です。これは、

 

東京都教育委員会と民間の事業社が

 

提携して昨年9月にオープンした

 

「Tokyo Global Gateway」という所です。

 

英語を効率よく身に付けるには

 

「PICサイクル」に沿うべきである、

 

というのがここのコンセプト。

 

このPICとは、Pが practice (個人学習)

 

Iが interaction (対話型学習→学校の授業)

 

そしてCは、communication (実践学習→現場で)。

 

日本の英語教育の現状として、

 

Cの部分が不十分であると考えた創始者は

 

このCの実践学習部分を補う為に、

 

英語を用いた生活や社会活動を

 

国内にいながらにして疑似的に体験できる場を提供し、

 

小学生から高校生までの英語力を

 

伸ばすことを目指しています。

 

実際にこの施設内には、薬局やホテル、雑貨店、

 

ファーストフード店など、英語しか通じない

 

外国の12のシチュエーションが用意されています。

 

ここの1日の料金は4,800円から。オープン当初より、

 

5万人近くもの予約が入り、大盛況のようです。

 

 

 

■でもやっぱり、文型で楽しく

イラスト:100点の男子生徒.jpg

 

ロボットは遊び感覚で

 

体験型施設は軽いアクティビティ感覚で

 

確かに気軽に楽しく

 

英語を学べそうですよね。

 

しかしその反面、この両者共

 

基本は日本語を全く使わず

 

英語だけで学ぶという方式なので

 

どうしてもフレーズの丸暗記が主体となります。

 

学校のテスト直前の一夜漬けと

 

同じようなものですよね。

 

そういった丸暗記は、皆さんお分かりのように

 

記憶がなかなか定着しません。

 

それじゃあ単に楽しいだけで

 

終わってしまうではないか!

 

楽しいだけではなく、本当に力が付く学習法で

 

学ぶべきではないか!と考えたウィングローブの

 

イチ押しは、やはり「五文型を楽しく学ぼう!」です。

 

「いやいや、それって文法でしょう?難しいし、

 

むしろつまんない。楽しいわけない!

 

と言われる皆さん

 

英語を学ぶ上で一番重要な事は

 

「英語を組み立てる能力」って知っていました?

 

ネイティブも帰国子女の私も、英語を喋る時は

 

浮かんだ単語を

 

1~5文型のどれかで瞬時に組み立て、発する

 

ということを繰り返しています。

 

だから、英語の組み立て方のコツさえ掴めば

 

暗記したフレーズばかりを頼りにするのではなく

 

どんな文章でも臨機応変に、

 

その場で作ることが出来ます。

 

これにより、会話だって出来るようになりますし

 

学校のテストの点や模試の偏差値だって上がります。

 

また、英検やGTECへの対応力だって身に付きます。

 

こういった目に見えた成果が出てくるから

 

英語が文型で楽しくなるのです。

 

そしてもっと頑張ろうという意欲が湧き

 

明日の希望へとつながるのです。

 

 

 

 

 

 

ロボットで、体験型で、

英語を楽しく学ぼう!

でもやっぱり

文型を極めると

英語を組み立てる力がついて

英語が出来る!分かる!

だから結局


も~っと楽しく学べるぞ~!

 

イラスト:国際交流.jpg

英語が得意になって

 

世界の人達と交流しよう!

 

ウィングローブ英語塾

 

下北沢校なら

 

そのお手伝いができます。

 

今すぐ体験レッスンへ

 

お申込みを!

 

あなたのご連絡、

 

お待ちしております!

 

 
検索窓白_無料体験小.pngのサムネイル画像

アーカイブ

-

カレンダー

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • ウィングローブ英語塾