大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。下北沢校です。

消え行く夏休み

下北沢校(2015年08月01日)

夏:すいか.jpg

 

今、まさに夏真っ盛り!

 

こう暑いと体はぐったりし、

 

思考も停止気味になりますよね~。

 

だから皆夏休みを取る。そう、夏はバカンスの時!

 

通常子供達の場合、7月中旬~8月一杯までが夏休みです。

 

大人は仕事の関係でそんなに長く

 

休んでいられませんから、何とも羨ましい限りです。

 

しかしどうもここ最近、子供達の夏休み事情が

 

大きく変わりつつあるようなのです。

 

 

 

 

 

 

■ 消え行く夏休み

 

夏休みは学校から解放される時。

 

時間に縛られないから夜更かしだってできるし、

 

その分寝坊したってかまいません。

 

友達とプールに行ったりカラオケに行ったりと

 

自由に遊びまわれます。その代り、

 

宿題は必ず出るんだな~。

 

こればっかりは仕方ない。

 

面倒くさいけど、さすがに我慢、我慢!

 

ところが最近、我慢出来ない事態に

 

直面している子供達がいます。それは、

 

夏休み中の補習に出なければならない子供達です。

 

「補習」というと、分からなくなったり遅れている

 

学習を補う、というイメージですよね。

 

ところが、今の補習はどんどん先に進みます。

 

つまり補習とは名ばかりで、夏休み返上で

 

通常の授業を受けさせられるものになっているのです。

 

この傾向は特に私立に多く、酷い所では

 

夏休みが遂に1週間しかなくなった学校もあるようです。

 

 

 

■ 夏休みまで削る背景

 

それには、子供達の学力の低下があります。

 

特に英語の場合、昔は単なる暗記科目でしたが

 

今は数学と同じくらい頑張っても出来ない

 

科目になっています。私立は受験して入った優秀な子の

 

集まりであるはずですが、そんな子達ですら偏差値40は

 

ざらになってしまっています。どの学校も

 

「うちは英語指導に力を入れている」と言い、

 

実際、英語の授業の種類や時間数はかなり多いです。

 

にもかかわらず、英語力は下がっていく一方に。

 

そこでその原因を「生徒の勉強不足にある」

 

と結論づけた多くの学校がさらに授業時間を増やし、

 

内容もどんどん詰め込んでいく方向へ。

 

それが通常の授業日数では足りなくなり、

 

遂に夏休みをも浸食する結果となってしまったのです。

 

 

 

■ 英語が出来ない原因

 

それは「生徒の勉強不足」。

 

本当にそうなのでしょうか?確かに、

 

生徒の中にはさぼりがちの子もいるでしょう。

しかし厳しい受験を勝ち抜いた彼らは入学当初は

 

偏差値も高く、根本的に優秀なはずです。

 

その大半がここまで出来なくなるというのは、

 

教える側に何等かの問題がある。

 

そう考えた方が正しいのではないのでしょうか。

 

私が思うのは、私立であろうが公立であろうが

 

日本の学校は英語力の付く正しい指導法を

 

全く分かっていない、ということです。

 

英語を理解する上で最も重要なのは

 

「五文型と品詞の機能の理解」です。

 

この二つが英語の文章を読み解く基礎であり、

 

英語の全ての発想はここから派生しています。

 

よって「五文型と品詞の機能」の理解無しに

 

英語力がつくことはあり得ないのです。

 

しかし日本の学校は、

 

完了形、受動態、関係代名詞、仮定法といった

 

他の文法項目は熱心に教えていますが、肝心の

 

「五文型と品詞の機能」には軽く触れるくらいで、

 

ほとんど指導をしていません。それではいくら大量の

 

課題を与えたとしても、

 

英語を理解出来ることは永遠にないでしょう。

 

そんな事も気づかずにできない事を子供達のせいにし、

 

ノルマばかりを増やしていては結果が出ないばかりか

 

逆に彼らを潰してしまうことになります。

現に、毎年400人~500人もの子供達が

 

中学校を中退しているという統計が出ています。

 

一番多い時で700人やめたそうです。

 

そのうち200人が経済的理由をあげていますが

 

あとの500人は、授業についていけないというのが

 

圧倒的な理由のようです。英語ができないことを

 

子供の勉強不足と決めつけてばかりでは

 

事態は益々深刻になるばかりではないのでしょうか。

 

 

 

■ ウィングローブは分かっている

 

私達は何故子供達が英語が出来ないのか、

 

その原因をよ~く分かっています。

 

出来ないのは勉強不足などではなく、

 

正しい学習法で学んでいないから。

 

その正しい学習法とは、

 

「五文型と品詞の機能」を徹底的に指導すること。

 

とにかく「五文型と品詞の機能」こそが、

 

一番大事な基礎中の基礎なのです。 しかし世間では良く

 

「そんな基礎的なこともわからないのか」

 

という言い方をするように、

 

「基礎」イコール「簡単なもの」と誰もが思いがち。

 

ところが「基礎」とは実際には

 

「応用をきかせる為に大事なもの」であり、

 

決して簡単なものではありません。

 

むしろ難しく奥が深いものなので、

 

繰り返しの学習をしていかなれば身につきません。

 

だからウィングローブではこの大事な「基礎」の理解に、

 

毎回とことん時間をかけています。

 

しかもこれを「サイトラ」という同時通訳者の

 

トレーニングと同じ高度な手法で、学ばせています。

 

だから誰でも確実に、英語が出来るようになるのです。

 

 

 

 

 

ウィングローブでは

 

英語の核である

 

「五文型と品詞の機能」を

 

徹底的に指導。

 

だから

 

やみくもに量をこなさなくても

 

英語が

 

出来る!分かる!

 

そして 夏休みをとことん

 

楽しめる!

 

「最低限の労力で最高の結果を出す」

 

それがウィングメソッド。

 

これぞ究極に

 

効率の良い英語学習法!

 

もっと詳しく知りたい方は

 

今すぐ、

 

体験レッスンにお申し込みを。

 

あなたのご連絡、

 

お待ちしております!

検索窓白_無料体験小.png

アーカイブ

-

カレンダー

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • ウィングローブ英語塾