大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。下北沢校です。

外人:驚く赤ちゃん.jpg
つい先日、文部科学省が

 

高校生の英語力を把握する為に、

 

全国の高校3年生およそ7万人を対象に

 

初めて大規模なテストを行った、

 

というニュース報道を目にしました。

 

そのテストの内容は、英語の

 

「聞く・話す・読む・書く」の4つの力が

 

バランス良くついているかどうかを

 

図るものであったそうです。

 

国としては現在、高校卒業時点の英語力は

 

英検準2級から2級程度を目標にしている

 

ということですが、

 

実際このレベルに達した生徒は以下の通りです。

 

「読む」→ 27.3%

「聞く」 → 24.1%
「書く」 → 13.5%
「話す」→ 12.3%

 

この結果を受けて文部科学省は、

 

「書く」力と「話す」力が

 

目標レベルに達していない生徒が

 

9割近くいることを特に問題視し、

 

「これは実践的な英語が

 

身についていない証拠である」として、

 

今後の学習指導要領や大学入試の在り方を見直し、

 

英語力向上に取り組むべきである、

 

と結論づけていました。

 

しかしちょっと待って下さい。お国はここで、

 

高3の9割が「書く」力と「話す」力が

 

英検準2級や2級レベル以下であることが

 

問題である、と強調していますが

 

「読む」「聞く」力だって

 

8割近くが目標レベル以下です。

 

こっちだって相当酷いものです。

 

全てのスキルのデータがここまで低いわけですから、

 

この結果を真摯に受け止め、

 

わかりやすく表現するならば

 

「日本の高3生の英語力は中3以下」

 

ということになるのではないでしょうか。

 

この調査により、その事実が明白になったわけです。

 

世界がボーダレスになって久しく、

 

猫も杓子も英語!英語!と騒ぎ続け、

 

「うちは英語教育に力を入れています!」

 

と宣言する学校も多い中、

 

一体どうしてこのような事態に

 

なってしまったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

■ こんな事になったのは

英語を理解する上で一番重要なポイント、

 

それは「五文型と品詞の機能」の理解です。

 

英語は言葉のを並べ方が5種類(文型)あり、

 

その順番通りに並べなければなりません。

 

そして単語には「品詞」があり、

 

その品詞の種類によって文型の

 

どの位置に来るのか決まっています。

 

それを「品詞の機能」といいます。

 

よって、全ての文法項目を名詞・動詞・

 

形容詞・副詞の4カテゴリーに分類できれば

 

バラバラな文法が5文型という1本の線でつながり、

 

複雑怪奇に見えた英文が驚くほど簡単に

 

読めるようになるのです。

 

日本の学校ではこの大事な「五文型と品詞の機能」を

 

20年以上前は教えていました。

 

しかしゆとり教育が始まってからは、

 

こういった事よりも会話表現の指導を重視。

 

つまり「決まり文句の丸暗記」にシフトしたのです。

 

ところがこのような教育を続けていった結果、

 

子供達の英語力がどんどん下がっていってしまいました。

 

それはまずいと気づいた国は、

 

数年前の教育指導要領改訂の際、

 

指導方針を大幅に修正。今度は各学年の

 

習得単語数や文法項目を増やし、

 

さらには難解な長文も追加し、

 

詰め込み式の指導へと変わりました。

 

しかし変わったところで、

 

肝心の「五文型と品詞の機能」は

 

さして重要視されませんでした。

 

今回の高3生7万人を対象に行った英語のテストは、

 

その新たな指導要領の成果を確かめる

 

目的もあったのでしょうが、

 

国の期待とは裏腹に

 

「日本の高3生の英語力は中3以下」

 

という事実が露呈し、 文部科学省のみならず、

 

日本国民にも衝撃が走りました。あわてた国は、

 

学習指導要領や大学入試のあり方を

 

さらに見直すとしていますが、

 

「五文型と品詞の機能」の

 

指導をきっちり盛り込まない限り全ては空回りし、

 

今後も日本の子供達の英語力向上は、

 

あり得ないでしょう。

 

お国はそれに一体いつ気がつくのでしょうか?

 

 

 

■ 国の先へ

 

私達ウィングローブは、

 

英語力を付ける為には何が一番大事か

 

きちんと把握しています。 だからこそ私達は

 

「五文型と品詞の機能」を柱とした

 

指導を徹底しています。

 

とにかく「五文型と品詞の機能」こそ、

 

英語の基礎中の基礎なのです。 しかし世間では良く

 

「そんな基礎的なこともわからないのか」という

 

言い方をするように「基礎」イコール「簡単なもの」と

 

誰もが思いがちです。 ところが「基礎」とは実際には、

 

「応用をきかせる為に大事なもの」であり、

 

決して簡単なものではありません。

 

むしろ難しく奥が深いものなので、

 

繰り返しの学習をしていかなれば身につきません。

 

だからウィングローブではこの大事な

 

「基礎」の理解に毎回とことん時間をかけています。

 

しかもこれを「サイトラ」という方式で学ばせています。

 

サイトラとは英語を英語の語順のまま理解する手法で、

 

同時通訳者向けのトレーニングとして有名です。

 

なので非常にレベルの高い学び方でもあるのです。

 

このように、ウィングローブ独自の英語指導法は、

 

英語の核の部分である「五文型と品詞の機能」を

 

子供のうちから

 

「同時通訳者と同じやり方で学ばせる」もの。

 

だから誰でも確実に英語が出来るようになります。

 

その証拠に、ウィングローブで学んだ生徒達の多くは

 

有名私立・国公立大学に合格しています: 詳細はこちら

 

国の指導要領の成果は「中3以下のレベル」。

 

ウィングローブの指導法の成果は

 

「有名私立・国公立大学合格レベル」。

 

つまり私達の指導法は、

 

国のずっと先を行く指導法なのです。

 

 

 

 

 

                   ウィングローブで学べば

 

あなたも

 

英語がわかる!出来る!

 

英語を

 

得意科目にしよう!

 

まずは

 

                  体験レッスンへお申し込み下さい。

 

                     あなたのご連絡、

 

お待ちしております!

検索窓白_無料体験小.png

 

 

 

アーカイブ

-

カレンダー

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • ウィングローブ英語塾