大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。下北沢校です。

どうなる?受験英語

下北沢校(2019年09月01日)

 

 

現行のセンター試験は今年度いっぱいで終了し、

 

2021年1月から、大学入学共通テストと呼ばれる

 

新制度に切り替わります。

 

その改革の目玉の一つが英語で、

 

TOEICや英検、GTEC等、合計8つが

 

民間の外部試験として認定され、その準備は

 

着々と進んでいるように思われました。

 

ところが先ごろ、TOEICが

 

新テスト参加の取り下げを突如発表。

 

これが入試の現場に大きな混乱を

 

もたらしているようです。

 

 

 

 

 

 

 

■TOEIC撤退の理由

 

 

TOEICといえば

 

その名を知らない人がいないほど

 

英語の民間試験としてはメジャーなので、

 

共通テスト参加について

 

疑問視する人はいなかったでしょう。

 

しかし、TOEICが参加するにあたり

 

最もネックになったのが

 

「4技能を1回の試験で測れない」

 

という点だったようです。

 

TOEICは「聞く・読む」と「話す・書く」の

 

2つ別々の試験が必要で、実施日も申込日も違います。

 

それに、「聞く・読む」は

 

受験生全員で一斉に受けられますが

 

「話す・書く」はPCを使わなければならず、

 

その台数に限りがあるので、受験生が希望する

 

タイミングで受けられない可能性が出てきます。

 

試験日についても、

 

TOEICの場合、世界各国で調整、設定されるので、

 

日本だけ大学入試の日程あわせてもらう・・・

 

ということはかなり厳しいなどもあり、

 

条件面の整備が全くつきそうもないが為の

 

勇気ある撤退となったようです。

 

しかしながら、受験生にとって

 

民間試験を受験する機会は、

 

高3の4月から12までに2回はあるものの、

 

受験までに既に1年を切ってしまっています。

 

そんな中でのこの撤退劇に衝撃が走るのは、

 

当然と言えば当然のことです。

 

 

 

■そもそも有識者は反対

 

 

こうやってTOEICの撤退理由を見ると

 

大学入学共通テストの「条件整備」。

 

これはかなり問題のようです。

 

しかもこれは、

 

今回の件がきっかけに明るみになったのではなく、

 

かなり以前から有識者によって

 

指摘され続けたことでした。

 

これは、彼らが立ち上げた

 

「英語民間試験の利用中止を求める国会請願」

 

の中の「制度の問題点」でも詳細に説明され、

 

ニュースでもかなり取り上げられました。

 

これを読むと、民間試験が大学入試に相応しい

 

「信頼できるテスト」であるかというと、

 

その厳しい条件をどれも全くクリア出来ていない

 

というのが良くわかります。

 

今回のTOEIC撤退は、まさにそれが本当であることを

 

証明しているかのようです。

 

危機感を頂いた全国高校長協会は

 

「試験の周知に計画性がh無く、詳細が明確でない」

 

などとし、不安を解消するよう文部科学省に

 

申し入れをするほどの事態となってしまいました。

 

 

 

■ウィングローブなら大丈夫

 

 

受験のこういった混迷した状態に

 

多くの高校や予備校さえも

 

頭を抱えていますが、

 

私達ウィングローブは

 

それを冷静に受け止めています。

 

何故なら、国の受験に対する方針や体制が

 

どのように変わろうとも、

 

私達は必ず結果の出る手法で

 

生徒達を確実に合格に導いているからです。

 

では、その確実な手法とはどのようなものか?

 

1つは、ウィングローブ独自の英語指導法。

 

そしてもう1つが、

 

山口受験アドバイザーのカウンセリングです。

 

まずは独自の英語指導法についてですが、

 

英語を理解する上で最も重要なポイントは

 

「五文型と品詞の機能の理解」であると

 

私達ウィングローブは認識しています。

 

これは英語の基礎中の基礎なので

 

これさえきちんとマスターすれば、

 

英検だろうがGMATだろうが、

 

どんな民間の試験にも対応できる英語力が付きます。

 

だからそれを中心に徹底指導します。

 

次に山口受験アドバイザーですが、先生は

 

全国予備校協議会会長校の校長・事務局長を歴任し、

 

今までに7000以人上の大学受験生を個別に

 

面談・指導してきた

 

受験を知り尽くしたプロ中のプロです。

 

ウィングローブでは、このプロの先生が受験生の為に

 

英語以外の全ての教科の学力アップを

 

全力でサポートしています。

 

先生は、進路全般は勿論のこと、受験に向けての

 

スケジューリングやメンタル面に至るまで、と

 

そのサポートは非常にきめ細やかです。

 

故に、現役受験生や保護者の方々から

 

厚い信頼を得ています。

このように、山口先生という貴重な存在のお陰で

 

ウィングローブは英語塾でありながら、

 

それだけではない。

 

全ての教科の学力がアップし、

 

国公立や難関私大にも合格する

 

総合塾のような役割を果たせるのです。

 

 

 

 

 

 

 

新たな大学入試共通テストの

 

民間外部試験が

 

何になろうと

 

その内容がどう改定されようと

 

「五文型と品詞の機能」

 

を攻略し

 

「山口受験アドバイザー」

 

のサポートで

 

不可能に思えた合格も

 

可能になる!

 

 

ウィングローブ英語塾

 

下北沢校なら

 

新たな受験英語に

 

不安を抱えたあなたを

 

合格に向けて力強く導いてゆきます。


今すぐ

 

体験レッスンへお申し込みを!

 

あなたのご連絡

 

お待ちしております!

アーカイブ

-

カレンダー

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • ウィングローブ英語塾