山口面談

先週から、受験生にとって最後の山口面談が始まりました。

面談に臨む受験生の顔は緊張と不安でいっぱいです。

「日本史の一問一答が9週目に入ったのに、覚えている気がしない...」
「〇〇大学以下の大学には行きたくないと思っているが...」
「漢文が手つかずだが、やる時間が取れない」
「センター使用で滑り止めの合格を取れるだろうか」
「小論文の書き方がわからない」

などなど、生徒の質問は尽きません。

その質問の一つ一つに、山口先生がていねいに答えてくださいます。

「一問一答が10周終わっても、8割覚えていないと思ったら、もう1周やってみなさい。
 問題集に入っても自分の記憶に不安があったら、詳説日本史や一問一答に戻って読み直しなさい。
 明日受験ではない。あと、2か月あるんだから、まだまだ力はつきますよ。」
「行きたい大学に行ける精神的確率を上げるために、押えの大学を作った方がいいですよ。」
「△△大学の漢文は難しいですよ。今から時間をかけて漢文をやっても、本番でできないこともあり得ます。
 受験ですから、やればやっただけ点数になる確率の高いものに時間をかけて点を取りなさい。」.........

山口先生の答は、生徒の気持を汲みながらも生徒を元気づけ前向きにさせていきます。

面談を終えた受験生の顔には、笑顔と自信が戻ってきていました。
山口マジックです。

さあ、受験まであと1か月半です。
悔いのない勉強をして、胸を張って受験に臨んでください。
健闘を祈ります!










全国模試で快挙!

6月に行われた全国高校共通テストにおいて、ウィングローブ生が高3英語、高1英語で全国1位を取りました!
特に高3の英語の結果は素晴らしく、ウィングローブ生はすべての項目で全国平均を大きく上回っています。

渋谷校の高3生もいい結果を出しています。
全員英語の点数が他教科を上回って、英語が得点源となっています。
クラスで英文の構造を正確にとらえる力をつけ、自己学習として単語・熟語・基礎精講をしっかりやることで、英語力がついていることがよくわかります。

さあ、基礎力をつける夏休みです!
この結果に甘んじることなく、さらなる飛躍をめざしましょう。



卒業生アンケート その2

2017年卒業生からのアンケート第2弾です。

Kくん:お姉さんの卒業と入れ替わりに、高1から渋谷校に入塾(3年間在籍)
    早稲田大学・人間科学部、東京理科大・理工学部、立教大学・理学部、明治大学・全学部、
    法政大学・生命科学部、東京農大・応用生物学部他 合格

1.入塾前の英語力はどうでしたか。
文の構造がまるっきりわかってなくて、高一のセンター同日模試では(200点満点で)91点だった。
授業は難しくてついていくのが大変で、何度もやめたいと思った。

2.他塾と比べて、ウィングローブの良かった点は?
とにかく単語をやらされたこと。長文や問題集を解いていく中で、単語が重要であることがわかり、単語をやっていてよかったと思ってます。

3.山口先生の面談について。
山口先生と面談することで、特に英語以外の教科の勉強法ややるべきことを教えてもらえるので、これだけやっていればいいという安心感が生まれて、不安がなくなった。

4.後輩たちへの一言。
高三になるまでは、単語も全然できなかったし長文も読むことができなかったけど、急にできるようになる日が来るから、そこまで我慢してやることが大事だと思います。
今うまくいかなくてもやめないように頑張ってほしいです。
理系の人にとって英語ができるというのは相当な強みになり他人と差をつけることができます。
先生に言われたように勉強すれば絶対に希望の大学に受かるので信じて勉強頑張ってほしいと思います。

5.ウィングローブの授業の中で英語力を伸ばすうえで役に立ったと思うものは?
  ●品詞・文型の学習
  ●単語・熟語・基礎精講の自己学習
  ●前からの同時通訳式訳





卒業生アンケート 

2017年卒業生からアンケートが届きました。

Mさん:それまでは大手予備校に通っていたが、物足りなさを感じ2016年11月入塾
    上智大学・外国語学部、文学部、立教大学・文学部他合格

1.入塾する前の英語力はどうでしたか。 入会当初のウィングローブの授業の印象は?
   文法に苦手意識がありましたが、(入塾後の)センター試験本番の文法問題はすべて正解できたので、
   とても英語力が上がっているなと実感しています。
   個別の英語塾に通うのは初めてだったので、ていねいなご指導に驚きました。
   大手の塾で無理をしてレベルの高い授業を受けるよりも効率がいいと思いました。

2.他塾と比べてウィングローブの良かった点は?
   基礎力をつけることを大切にしている点です。
   ウィングローブに入ると、単語・熟語・基礎精講の進度を管理してもらえるので、
   自然と基礎力をつける学習をするようになります。

3.山口先生の面談について
   他では聞くことができない受験に関するデータや情報を教えていただきました。
   特に、英語の自己学習のアドバイスは、私の英語力の向上にかなり役立ちました。
   また、小論文の書き方もご指導いただけて、本番でも焦らず記述できました。

4.後輩たちへの一言。
   私は高3の秋に入塾したので、数か月しかウィングローブには通っていません。
   しかし、この数か月がなければ合格をつかむことはできていなかったと思います。
   基礎精講の小テストと説明は本当に役立ちました。
   もっと早く入塾すれば単語・熟語もたくさんインプットでき、速読できるようになれていたと思います。
   また、他教科の自己学習方法も教えていただけるので、授業料以上の価値が確実にあると思います!
   受験生のかたは、ウィングローブに入塾したら、先生方のご指導を信じて頑張ってください。


祝合格!!

  

ウィングローブ英語塾・渋谷校の2017年大学受験結果が出ました。

    
      
早稲田大学 人間科学部              上智大学 外国語学部

    上智大学 文学部            東京理科大 理工学部

    立教大学 理学部            立教大学 文学部

    明治大学 全学部            青山学院大学 国際政治経済学部

    青山学院大学 経済学部         青山学院大学 教育学部

    中央大学 商学部            法政大学 生命科学

    津田塾大学 総合政策学部        東京農大 応用生物

    東京女子大 現代教養学部        日本女子大学 文学部

    日本大学 商学部            国士館 経済学部  

    専修大学 政治学部


みんな頑張りました。 
おめでとうございます!

合格おめでとう!

2017年、ウィングローブ英語塾・渋谷校の合格実績です。(3月3日現在)

早稲田大学 人間科学部

上智大学 文学部 ドイツ文学

明治大学 全学部

東京理科大 理工学部

立教大学 理学部

立教大学 文学部

中央大学 商学部

法政大学 生命科学学部

東京農大 応用生物学部

津田塾大学 総合政策学部

東京女子大 現代教養学部

日本女子大学 文学部


日本大学 商学部

国士館 経済学部

専修大学 政治学部


皆よく頑張りました。   合格おめでとう!! 




    

いよいよ

今週末はセンター試験。
大学の学部によっては、来週から一般入試が始まります。

受験生クラスの生徒たちの顔もさまざま。
心配そうな顔、不安いっぱいの顔も見えます。
勉強をすればするほど、自分が分かっていないところが見つかったり、
やったはずなのに忘れているところがあったり...
頑張っている生徒ほど焦るようです。

でも、受験勉強は、これで完璧!準備は万全!なんてところに到達できるものではありません。
一歩一歩普段の勉強を繰り返して、力をつけていくだけです。

自信を持ってください。
ウィングローブの受験生は、受験指導の山口先生の指導の下、
効率の良い、正しい勉強方法で、しっかり勉強してきましたよね。

ウィングローブの受験生の皆さん、
さあ、顔をあげて、胸を張って、戦っていらっしゃい。

健闘を祈ります。



7月も半ばとなり、夏休みが近づいてきました。

この夏休みも、ウィングローブの高校生にはおなじみの行事が待っています。
基礎精講セミナーと単語大会です。
どちらも春と夏の恒例行事になり、参加者も増えました。
今年からは、横浜でも基礎精講セミナーと単語大会が開催されていますので、
両会場を合わせると、
基礎精講セミナーは、1日で約100名、
単語大会は、2日間で延べ320名以上が参加する予定です。

朝10時から夕方5時まで、
ひたすら英文法を勉強する、
ひたすら単語・熟語をおぼえる、
とても大変でつらく苦しい作業ですが、
たくさんの仲間がいるから頑張る力が湧いてきます。

そして、この頑張った体験が、
受験の時の大きな自信となります。

今年の夏も、試験官を感動させてくれる高校生たちがいます。
熱い夏になりそうです。





個人面談

先週から今週にかけて、渋谷校では山口先生による個人面談がありました。

受験生はもちろん、受験生でなくても、
受験指導の山口先生から、
今どんなことに注意して勉強すればいいか、学年に応じたアドバイスが受けられます。

古文が苦手な生徒、評論文が読めない生徒、
文系でも数学が必要な生徒、
社会は何を選択すればよいか迷っている生徒...
悩みはさまざまですが、山口先生の的確なアドバイスに、面談後の生徒の表情はスッキリです。

保護者の方も、今の大学受験の実情を聞かれて、
いわゆる世間の常識が、どんなに実態とは異なっているかに驚かれます。


その後、講師と保護者の面談です。

講師からは、現在の生徒さんの様子、これから目指すべき目標などについて話があります。
保護者からは、家庭での様子などをお聞きします。

その中で、
何人かの保護者から、
「ウィングローブに来ていれば英語は大丈夫だと思っています。」
とおっしゃっていただきました。

何よりも嬉しい言葉です。
改めて自信がわきます。

皆さんからの信頼を、これからのエネルギーにさせていただいた個人面談でした。




録音アプリ

テキストを見ずに、聞こえた英語に少し遅れて正確にその英語を再現すること
これがシャドーイングです。

ウィングローブの生徒は、訳が終わった英文を、次週講師の前でシャドーイングします。

シャドーイングの効果は広く知られています。
イントネーションや発音がよくなるのはもちろん、リスニング力が圧倒的に向上すると言われています。

さらに、ウィングローブでは、
クラスで精読して、意味や構造が正確にわかっているものをシャドーイングしますので、
英語をより深く理解できます。

シャドーイングについてのこれまでの最大の問題は、講師が生徒の練習量を把握できなかったということです。
問題集の宿題と違って、やっても形に残りませんので、
音を聞いた時間、読みを練習した時間を正確に見抜くことはできませんでした。


この問題が、録音アプリを導入することで解決されました!

生徒は、自宅のパソコンを使ってシャドーイングを練習し、録音して講師に提出します。
講師は、自分のパソコンで、生徒から提出された録音を聞きコメントをつけます。
生徒が練習した時間も、講師のパソコンに表示されます。

昨年10月から、ウィングローブ渋谷校と高田馬場校では、試験的に録音アプリを導入、
5ヶ月後、その成果を検討しました。

このアプリを使うようになってから、
生徒のイントネーションやリズムが目を見張るほど上達しました。
リスニングも、アプリ導入前に比べると、どの学年もスコアがアップしました。

生徒たちからも、
○学校でネイティブの先生の英語が聞き取りやすくなった。
○ステップに従えばいいのでシャドーイングが楽になった。
○センター試験の時、単語が一語一語クリアに聞き取れた。
など、効果を実感する声が聞かれました。


ウィングローブでは、日々の活動を丁寧に行いながら、
2020年の大学受験の変革に対応し、4技能アップを目指したいと考えています。










アーカイブ

カレンダー

<   2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  • ウィングローブ英語塾