大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。横浜校です。

ウィングローブが求められる理由の最近のブログ記事

横浜校では、最近問合せが多くなっております。

本日も2件、体験レッスンを行ってまいりました。

 

先日体験された中学生の保護者の方からお聞きしたのが、

以前通っていた塾に、「いい英語塾ないでしょうか」と相談したところ

ウィングローブ英語塾というのが、人気上昇中のようですよ」と教えてくれたとのこと。

早速体験にいらして、入塾いただきました。

 

よく聞くのが

定期テストでは暗記して点はとれる。でも、外部模試などだと点がとれない

という話です。

 

初見の長文が読めない、というのもよく聞く話です。

 

教科書本文を暗記することは悪くはないですが、

理屈がわかっていて暗記するのではなく、ただ「どうしてこの文ってこういう意味になるの?」がわからないまま暗記するのって、、、モチベーションも上がらないし、暗記しにくいし、入れたとしても身にならずにすぐに忘れてしまいます。それでは次につながらない。

 

文の構造を分析できる力をつけて、応用できるようにする

 

「将来につながる英語塾」が、ウィングローブ英語塾です。

 

 

横浜校を開こうと思った理由

中山(2017年03月11日)

DSC00346.JPG

 

私は現在、武蔵小杉校の塾長をしており、
今年はおかげさまで昨年よりもさらに生徒が増え、約90人の中高生と4月の新学期を迎えることになりました。

その私がどうして横浜校を開こうと思ったのか?それは、需要があると思ったからです。

 

武蔵小杉校では今年になって約30名の方が
ウィングローブの英語指導法にご賛同いただいてご入会を決められました。

 

現在中学・高校で、ちゃんと文型・文法が教えられていない、
⇒ だから長文も読めない、読むのが遅い、
⇒ だから英作文も不得意、

 

であることに危惧を持ち、

→ 英語に自信がない → 将来が不安

 

そのため、

いい英語塾を探してウィングローブの門を

たたいてくださった方が多かったです。

 

ご説明と体験を行ったあと、

保護者様もお子さんもニコニコ、

私もニコニコ、
そんなふうに終わって、

すぐに連絡をいただくことが多かったです。
体験途中、生徒さんの表情がグーッと真剣になってくる。
前のめりになって、

もっと続けてやりたい感じが前に出てくるのを感じました。

 

体験レッスン直後、

「私もこういうふうに教えられたかった」

と、ある保護者の方。

また、ある程度英語はできるものの、

確実でない、ちゃんと身についていないから使えない、と見受けられる場合がありました。

本当に需要があるなと、あらためて実感しました。

 

そのため、

ほかの地域でも教室を開こうと思い、

このたび横浜校をオープンすることに

至ったわけです!

 

私が塾長をしている武蔵小杉校で、
今回こういうことで入会された方もいらっしゃいました。

かなりレベルの高い中高一貫校の中3生、つまり新高1生、
学校では、すでにこの1年間で高1レベルは終えたという
そういうカリキュラムの学校に通われている方でした。

実は仲の良い、同じ学校に通う友人が
昨年の夏からウィングローブ武蔵小杉校に通いだしたら、
グングン成績が伸びた。

それを知って、「ぜひ、体験したい」とのことでみえました。

彼は、
5文型は大体分析できるということで、実際知識はあるのですが、
でも長文を読むのが「遅い」という自覚があるとのこと。

実際、5文型を「知って」いても、
体に入っていてパッと判断できないと、
長文を読んで正しく内容理解ができないわけです。

それを、体験で指摘され、また熟語・構文が見抜けないため
正確な理解ができない箇所もあり、

「確実な知識」を「くり返してしっかり習得」することが
必要だと分かったようです。

ですが、かなりいい方向で努力されているケースで
さらに「上を目指して」のご入会です。
理系なので余計に英語が必要だという認識で
(最近、理系の方の入会が増えています)

今まで通われていた塾を終了し、こちらにというご希望でした。

アーカイブ

-

カレンダー

2024年7月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • ウィングローブ英語塾