大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。坂戸鶴ヶ島校です。

インド人女性のお産にまつわる話

坂戸鶴ヶ島校(2017年08月30日)

前回の続き。

翌日O産婦人科に行ったが

結論から言えば、足りないものはあまりなく

病院で手に入るか、ママがすでに買ってあったので

買い物には行かなかった。

食事のこととか検査のこととかその他諸々

看護婦さんと新米パパママの意思の疎通の

お手伝いをしたのだけど。

面白かったのはママの分娩室での話。

「いきむ」は英語で「push」と訳すのだが、

英語を話すナースが

「なが~~~くいきんで!」という意味で

「ロ~~~~ングプッシュ!」と言う。

何度も、何度も。

しかし、そのナース、”looooooooong push ! “

という代わりに

“r”の発音をするので

彼女には”wroooooooong push ! ” と聞こえて

困ったそうな。

なんとなれば

「なが~~~~く いきんで~~~!」ではなく

「間違った いきみ~~~!」と聞こえるので

いきんでいいのか悪いのか、はたまた発音間違いなのか

大変な状況の中で混乱したそうな。爆笑。

“l” と ”r” の発音は昔から教えられてきたのにねぇ?

そういえば、今の文科省は「使える英語」を目当てとするので

「会話表現」がいっぱいの教科書になっているのに。

学校での発音の指導は行き届いていない。

昔なら当然 ”s” と ”th” の音の違い、

” sh ” と ” s “ の違いなどは教えたので

(出来るかどうかはともかくとして)

少なくとも「それが英語らしい発音だ」という

知識はあったはず。

今の新卒、23歳くらいの年代から

” she “ と ” sea ” ” see ” の発音を区別できる生徒さんが

少なくなったもんなぁ・・・

ある生徒さんは毎回直してもなかなか

上の単語の違いを区別することが出来なかった。

ましになった、と感じるまで4年かかった。

リピートークを使って音を実際に出し、

それを聞いてもらって正しく直してもらう活動が

改めて有益だと思いました。

==============================

本部(渋谷)HPはココ←クリック!

当校(鶴ヶ島市若葉)のコース、料金詳細はココ←クリック!

クラススケジュールはココ←クリック!

無料体験申込みフォームはココ←クリック!

アーカイブ

-

カレンダー

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • ウィングローブ英語塾