英検CBT早わかり

the first day of spring ~立春~
暖かい陽気とともに、春が訪れました。
昨日は、恵方巻を食べ、豆まきをして
『福』を迎える準備万端!(^^)!

1月中旬に、英検CBTを受験した生徒さん。
3級合格。おめでとうございます!
Writing満点での合格は素晴らしいですね!!
「まだ受験者の少ない英検CBTの様子を教えてもらえない?」
とお願いしたところ、快く引き受けてくれました(#^^#)
Q&A形式で前半は基本情報を、後半はナマの声をお伝えします。


誰でも受験できるCBT《computer based testing》早わかり
               (2019.2.4現在の情報です)

【2019年度、高2限定S-CBTも実施されます。詳細は英検HPで】

hatenapanda-300x231.jpgのサムネイル画像
従来の紙ベースのテストとどう違うの?

inventionpanda.jpgのサムネイル画像 
Speaking ⇒ ヘッドセット使用 マイクで録音
Reading  ⇒ 四択(クリックで番号選択)
Writing   ⇒ キーボードで入力
Listening  ⇒ ヘッドセット使用 四択(クリックで番号選択)
   ☆4技能を一日で受験します。
   ☆問題の形式や難易度は変わりません。


hatenapanda-300x231.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
会場や受験日、受験級は今までと同じ? 
inventionpanda.jpgのサムネイル画像 
会場はまだ全国19か所、神奈川は1か所のみ(横浜駅きた東口)
                  ≪2019,2,4現在≫
受験日時選択の幅は広く、各回の試験日が4日設定され、
さらに午前と午後に分かれます。
つまり各回計8つの日時から1つを選択(先着順)。
受験できる級は、3級・準2級・2級 (2019年11月~準1級も)

  ☆2019年度第1回の試験日程はこちら


hatenapanda-300x231.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
従来の英検と違って、戸惑ったことは?
inventionpanda.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像 
①受験者25名ほど、試験官3名、パーティションで区切られた席
 試験官が慣れていない様子だった。
メモ用紙と筆記具は自分のものは使えず、会場で渡される。
Speaking⇒Reading⇒Writing⇒Listening の順で受験。
 それぞれにログインなどの登録があり、時間がかかった。
Readingの長文は、長文全体を見ながら質問を見られない
 (画面をスクロールする)ようにしていて時間がかかった。
   ⇒長文全体を一画面で見られるようにも設定できます。
⑤ListeningやSpeakingの音量調整にも時間がかかった

⑥全員が同じタイミングで試験が終わるわけではなく、
 各自のペースで終了できる
 まだListeningをしているときに、他の受験者が立ち上がると
 椅子が動く音がして、聞き取りにくかった。
  

hatenapanda-300x231.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
では、従来の英検よりいいな、と感じたところは?
inventionpanda.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像 
①あとで見直したい問題にチェック(✔)を入れられるので、
 すぐにその問題に飛ぶことができる。
②Speakingの相手の話す速度がゆっくりに感じた。

 
他にも、長文は赤ペンやマーカー機能で線を引けるので、
 使いこなせば便利かもしれませんね。
 また、Writingでの自動で字数カウントありがたい!
 Speakingも実際の面接官と向き合うより緊張が少ないのでは?
 

hatenapanda-300x231.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
その他、まだ受験したことのない方に教えてあげられることは?
inventionpanda.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像 
面接官とするSpeakingの中の「音読」パートは、
時間制限がない(自分のペースで読める)と聞いたけれど、
CBTでは時間をカウントされているわけではなくても、
ある程度の時間が経つと自動的に次の質問の画面に移った
   ☆「英問英答」のパートでは、
    制限時間をカウントするバーが画面に表示されます。


以上です。
これから受験をお考えの方のお役に立ちますように。


参考:クリックで各リンクを開けます。
    ≪英検CBTのHP≫ 
    ≪You Tube動画≫  Reading    Listening
              Speaking   
Writing 
 

 

単語道場で締めくくった2018年

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る
といいますが、本当にあっという間に
新年が始まってから半月が経ちました。

今年のお正月は鎌倉,荏柄天神社へのお詣りからスタート。
受験生の健闘と、教室生全員の学力向上をお祈りしてきました。
元旦まだ暗いうちから出かけましたので、
混雑に遭遇することもなく、
おまけに鶴岡八幡宮のお詣りまででき、
幸先の良いスタートとなりました♡


さて、2018年末も押し迫った12月28・29日、
第2回の単語道場を開催しました。


全体4_LI (2).jpg全体3_LI.jpgのサムネイル画像前回と比べて自分の進歩を見つけた子、
3学期への展望を描いている子、
じっくり自分を見つめて、ちょっぴり反省をしている子、
単語道場での未消化分をその後補った子
などなど、今回も各自に実りある単語道場となりました。

皆のまっすぐな思いが
声となり、手を動かし、頭をフル回転させて、
結果に結びついていく様子は感動モノです!
声を出すのをためらいがちだった子も、
いつの間にか一生懸命単語を唱えはじめていました。
これぞ、同志のパワーですね!


今回も、有難いメールを頂戴することができましたので、
ご紹介させていただきます。
(恥ずかしいくらいほめていただいているのですが、
睡眠不足が吹っ飛んでしまうほどの元気を頂きましたので
ご了承を得て、思い切って公開です)


単語道場でも大変お世話になり、ありがとうございました!

☆☆は、最初、単語の多さに「え~!こんなにあるのか...」
と驚いてましたが、

やっていくうちにだんだんと気持ちものってきて、
時間が過ぎるのがあっという間だったようです。

先生が、50問づつ見てくださったので、次から次へと進み、
飽きることなく、効率よく覚えられたと言っていました。

3学期の学校英語と英検の単語までもしっかり学習できて、
参加できてよかった!と有意義な2日間でした。

ウィングローブは、熱い想いのある先生と
(☆☆から毎回先生は元気いっぱいで、
いろいろためになる話をしてくれると聞いています)、
志の高い生徒さんが集まっているので、
みなさんの集中力、頑張ってる姿からも刺激を受けられる、
とてもよい英語塾だと思います。

私も英語の勉強が好きで☆☆と一緒に教室に通いたいくらいです。

ついつい「いいな~☆☆は~お母さんの学生の頃にも
ウィングローブあったらな~」と言ってしまいます。

☆☆の勉強の進め方に理解とアドバイスをしてくださり、
先生のおかげで、学校の勉強&部活とウィングローブを両立でき、
英語の成績もあがり内申もキープでき、自信につながっています。

英検の対策も、先生のお力をたくさん頂き、感謝しております。

表示

ご本人の感想です。
今まで覚える時は、「声を出さずに集中派」でしたが、

初めての道場参加で、≪声を出す効果≫を実感したようです。
どうしても画像の横向きを直せません。
読みにくさ、ご容赦ください(>_<)


ごほうび.jpgごほうびのうなぎパイとウィングローブ消しゴム


最後になりましたが、年末のお忙しい中、
快くご協力いただきました各ご家庭には感謝申し上げます。

2019年も引き続きよろしくお願いいたします。













中3生、高校受験。

ヒイラギ.pngのサムネイル画像師走に入ったかと思えば、もうすぐ1週間。

1日でも1時間でも惜しんで苦手克服に取り組んでいる中3生は、
内申点も決定し、私立受験校を決める三者面談も終わりました。

Winglobeでは、目先の高校だけを考えるのでなく、
その先を見据えています。
高校は、無理して背伸びをして上の学校を目指さなくても大丈夫、
というのが基本的な考え方。
けれども、もちろん進路を選び取っていくのは
本人を中心とした各ご家庭。
たくさんの選択肢の中から本命を決定するのは
決して容易いことではありません。

大船富士見町校の中3生は高校受験をします。
中3二学期の英語の成績や総合成績が上がったことを
笑顔やうれし泣きで報告してくれました。
加えて、秋の英検に合格し受験に弾みをつけた生徒さんもいます。

オリジナルテキストで「品詞と文の構造をとって語順訳」
を中心とした授業を続けて8ヶ月。
学校の教科書をメインで扱っているわけではありません。
が、見事、学校の定期テストでも模試でも
安定して高得点を残せるようになりました。
英語が他教科をリードしています。

覚悟を決めた姿は美しい。
可能性にあふれている中学生たちは、
時には泣き言を言いながらも
高校受験という一大イベントに向かって前進し続けます。

そんな変化を傍で見せてもらえることは、この上ない喜びです。
もちろん「合格おめでとう!」を分かち合いたいけれど、
結果がどうであれ、「努力は裏切らない」ことも重要な事実。
高校のもっと先を見る余裕があれば
(この切羽詰まった時期に、そんな余裕なんてあるわけないか?!)
今までWinglobeで学んできた過程が
まっすぐ先につながっていることが分かるはずです。

あと2か月。
冬休みの単語道場も、中3生長文読解も、アツく行きますよ!

そんな中3生に続いて、「来年1月の英検を受けたいです!」と
表明した中学生が何人かいます。
部活で忙しく、通常の日程では受験ができないと
CBTに挑戦する生徒さんも。
英検も自学が基本。
私はペースメーカーになるだけですが、
Winglobeでの学習がベースにあれば、無理なく進んでいけます。
クリスマスツリー.png















収穫の秋 ~みなさんの活躍 その2~

もう一度
忙しくても
リピートークは毎日です!

文化祭に限らず定期テスト前なども、生活が忙しくなると
ついついリピートークが後回しになっていませんか?
が、理想は「淡々と普段どおり」を維持すること。
習慣になってしまえば「毎日5分」は「忙しくてできない」
ことはありません。
だって、忙しいからといって、洗顔や歯ブラシを省略ってことは
ないですよね?! 普通は。
リピートークもそれと同じです。

事実、忙しい中でもきっちり「毎日コツコツ」を積み上げている
生徒さんがいます。

とはいえ、どうしてもできなかったのなら、
早く元のペースに戻すことが肝心。

そこで、10月は「リピートーク完全燃焼プログラム」を実施!
練習時間の不足分を、授業後補ってから帰宅していただきました。
おつかれさま。


2学期中間テスト結果
行事を終えると、早々に中間テストが待っていました。
普段通りの実力を発揮して、89点、93点、94点などなど
素晴らしい成績を残した中学生たちはもちろん
「はなまる」(#^^#) だったのですが、
他にもこんなうれしいことがありました。

入塾したての一学期中間テストより20点以上もUPの中学生。
うれしくて、shake hands(←複数でしたね!)してしまいました(*^^)v
繰り返し読んで書いた成果ですね!
お母さまからお礼のメールを頂戴し、やる気もUPです。

そしてもうひとり、一学期期末テストから20点UPの中学生。
時間不足に泣いた前回の経験を活かし、解く順番を考えたと。
さすがです! !(^^)!
いっぱい練習した関係代名詞の成果が表れている答案でした。
学校のスピーチ発表でも、きれいな発音を皆がほめてくれたとか。
じわじわと追い上げてきています。

英検 現在進行中
中学生二人が英検3級に挑戦して、一次通過中。
二次の面接に向けて練習中です。


以上、大船富士見町教室の生徒さんの活躍をご紹介しました。

あれ?高校生は?
もちろん単熟語・文法と基礎固めにコツコツ取り組んでいます。
Keep going!

伴走しています。

ハロウィン2.jpgのサムネイル画像

収穫の秋 ~みなさんの活躍 その1~

季節は移り、秋も深まってきました。
夏休みを終えて二学期が始まったと思った頃から
ブログの更新が追い付いていませんでしたが、
生徒の皆さんはそれぞれに活躍し、成果をあげています。

まさに、収穫の秋!
うれしいことがいろいろと起こっていますので、ご紹介。


文化祭シーズン!
秋といえば文化祭。一大イベントですね。
学校によっては、体育祭も開催というハードスケジュールの
ところもあり、9月10月はすっかり行事月間でした。

大船富士見町教室には、都内の私立中に遠距離通学されている
生徒さんも在籍していますが、押せ押せの準備で遅い時間となり、
ついに学校近隣のお宅に泊まったというエピソードも。
学校には内緒だったでしょうか。。。(^^ゞ

また、近隣の中3生は、中学最後の学校祭への思い入れが強く、
自主練に励んだり、目標順位が取れなくて涙・・涙・・だったり。

そんな中、モノレール沿線の学校にお通いの生徒さんが所属する
英語部の英語劇を見せていただく機会がありました。

圧巻!!

一時間半もの大作のシナリオは、オリジナルで高校生が考えたもの。
セリフの言い回しも、演技も、歌も、衣装も、大道具も
舞台上のすべてが素晴らしかったのはもちろんのこと、
舞台袖の何十名もの中学生によるコーラス(もちろん英語!)が
劇に重厚さを加え、全体を盛り上げていました。

舞台袖のMちゃんに「よかったよ!!」と叫んで手を振り、
感動で、ウルウル・・・

中学生は、憧れの先輩高校生の舞台を支える役目を果たしながら、
伝統を受け継いでいくのですね。
中高一貫ならではの強みを感じました。

Mちゃんが舞台デビューしたら、絶対に見せてもらおう!
と、今から楽しみです。
(まだ誘ってももらっていないのですが・・・)

他にも、ピタゴラスイッチを制作した生徒さんや、
軽音バンドでカッコよくドラムをたたいている生徒さんなど、
普段とは別の顔を見せていただき、興奮の一日を過ごしました。


が、ここで辛口の一言!
リピートークは毎日です!!
ハロウィン1.JPGのサムネイル画像

その2に続きます。


You can do it ! ~単語道場を終えて~

夏休みも中盤。厳しい暑さは続きます。
大船富士見町校では、7月31日、8月1日と第1回単語道場を開催。
1日6時間、ひたすら単語を覚える2日間でした。


スイカ.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像           
2日間を終えたその日、お母さまからメールを頂戴しました。

2日間、大変お世話になりました。
おかげさまで、帰宅した〇〇は、達成感に満ち溢れた表情でした!
〇〇曰く、「人生で一番集中できた」らしいです。
「単語道場は、神だ!!!」とのことです。
今から、冬の開催を心待ちにしているようです。

というわけで、早速「冬も開催決定!」です!(^^)!

いえいえ「神なのは、〇〇ちゃん、あなたよ!」
というのが私の正直な気持ち。
ラスト10分ほどで、あと1回分(60個)覚えられるかしら、、、
と思っていたところ、
なんと倍の120個を覚えてしまったのです!!

すさまじい集中力。
自分でも結果に驚いたようで、
少しはにかみながら達成感を味わう様子は、
さわやかで美しく、感動的ですらありました。
一心に単語を発音し続け、皆のお手本でしたね。表示

You can do i t !

        
ひまわり.pngのサムネイル画像
参加者それぞれにドラマがありまして、
それは、サッカーワールドカップにも高校野球にも負けない
ドラマだったと思っています。

休み時間も終了時刻も、自ら延長してやりきったKちゃん。表示

膨大な量の単語(2学期学習分が500語を超えていました)に
くじけそうになった1日目を終え、2日目には心機一転。
全ての単語のリストアップを終え、
さらに残り時間でできることを自ら提案したAさん。表示

入塾ホヤホヤ、顔見知りもいない中で挑戦してくれたHくん。表示

基本文後半が「覚えられない~ (*_*;」と、
途中で泣きが入ったものの、
最後は見事に全文覚えきったKさん。表示


おつかれさま。
皆が各自の課題と真剣に向き合い、一生懸命取り組む中で、
限界(だと思っていたこと)を超えられた貴重な体験でした。

You can do it !

          
シロクマ.png
教室開催の単語道場のあと、
横浜開催の単語大会にも参加した高校生がいます。
結果、教室での単語道場2日間の進度とほぼ同じ量を、
横浜の単語大会では1日で達成!

その間に出かけた旅行帰りの飛行機内でも
単語覚えに余念がなかったとのこと。

単語道場で「思っていたより進めた」と小さな自信が生まれ、
横浜の単語大会では、他教室の生徒さんたちの頑張っている姿が
とても良い刺激になって、さらにパワーアップした様子。

つい先日まで、「覚えられないんです(T_T)」と言っていたのが
うそのようです。表示

You can do it !


レモン.png
たかが単語、されど単語。
食事をとらなければ人が動けないように、
燃料を補給しなければ車が走らないように、
単語のストックがなければ、英語を操ることはできません。

単語道場参加者は、単語のストックを増やしたことはもちろん、
「僕って、私って、結構やるじゃん!」と
自分への信頼ストックもグ~ンと増やしましたヽ(^o^)丿

それが何よりうれしいです!

Yes, we did it !


かき氷.pngのサムネイル画像
「高校受験を控えた中3生に、何かしてあげたい」
と思ったところから形になっていった、第1回単語道場。
開催には、多くの方のお力添えをいただきました。

山のような質問に丁寧に答えてくださった柿岡先生、
ご自身の単語道場を見学させてくださった高山先生、
ありがとうございました。

そして、昼食やおやつの用意など、
各ご家庭の暖かいご協力にも恵まれました。
感謝申し上げます。海.pngのサムネイル画像のサムネイル画像





七夕は年に1度、リピートークは毎日!

イラスト短冊.pngのサムネイル画像今日は七夕。
星空は期待できないどころか、
西日本では豪雨による被害がでています。
年に1度の七夕に何かお願い事はされましたか?

さて、音読練習アプリ「リピートーク」を導入し、一か月余り。
4月、5月のCDでの練習からリピートークにつなげてきました。
ここ3か月ほどの生徒さんの変化をご紹介します。


高校生Rくん
入塾当初は、英文を読むことに慣れていない様子で、
付属のCDでは、ポーズ入りのお手本を使って練習していました。
それでも追いつけないこともあり、
CDを時々ストップさせながら必死に読む感じ。
「学校では、こんなに速く読まない。。。」(>_<) と。。。
今では、リピートークのスピードに慣れて、
口が滑らかに回るようになり、

ほぼお手本のスピードについていけています。
次の課題は、意味にフォーカスしながら
シャドーイングできるようになること。
部活に忙しく、練習時間は少なめですが、
必ず授業前日の深夜、練習成果を送ってくれます。


中学生Aくん
いつも課題をしっかりこなしてくるAくんですが、
入塾当初は、音読に慣れていない様子が感じられました。
が、そこはさすがのAくん、努力でカバーしました。
他の教室生の取り組みを自分にも取り入れ、
毎朝少しの読み練習を繰り返して、
早くもリピートーク導入前に成果が見えていました。
リピートークになってからは、
合格した個所でもさらに提出するという徹底ぶり!
イントネーションやアクセントがお手本とそっくりです。
今はPCで取り組んでいるけれど、
アンドロイドアプリが出たら、もっと取り組みやすくなるからね。


中学生Kさん
英語は得意で、読みもスラスラとできていたKさんなのですが、
平坦で、ベタっとした感じの読みが変わったらいいなー・・と
密かに思っていました。
すると、強弱がしっかりついて、読みに流れが出てきました。
1週間取り組むと、ほぼ英文を覚えてしまうそうです。
文頭からの日本語訳も自然と頭に浮かんでくるということ。
最近、毎日の練習サイクルが崩れがちなようですので、
習慣を取り戻して、さらにシャドーイングに磨きをかけましょう!


「ちりも積もれば山となる」
1回は数分の練習でも、1週間、1ケ月・・と続けていくうちに
目に見えて(耳に聞こえて?)成果は上がってきます。

  毎日リピートーク!!
  毎日5分!!

七夕イラスト.jpg     ・・・定期テスト中でもね(*^^)v






YELL ~山口面談より~

ウィングローブ受験アドバイザーの山口が
5月末に大船富士見町教室に来室。
高校2年生の親子と中学3年生の親子計3組を対象に、
受験に向けてのアドバイスをしてくれました。

その中から印象に残った話を皆さんにもご紹介します。

例えば、テストで平均点に届かないことが多いと
それが自分の能力だと思い込んでしまいがちです。
が、
それは本当に限界まで力を出し切った結果でしょうか?
正しい勉強方法で
やるべき内容を
必要な量だけ
取り組んだ結果でしょうか?

こんな実例を挙げていました。
地域で下から二番目の公立高校の生徒がウィングローブに来た。
be動詞と一般動詞の違いも分からなかった。
が、指示された単熟語と文法を7周、必死で頑張った。
学校の先生から「そんなことしたって無理だよ」と言われても、
「4大は無理だから、専門学校を」と勧められても、
とにかくウィングローブを信じて素直にやった。
結果、MARCH合格。
そして、母校の英語教師となった。
周りの先生たちも、生徒たちもあきらめている。
「どうせやったって無理だよ」と。
くやしかった。
できるようになることを証明したかった。
だから、教え子にウィングローブを紹介した。


大船富士見町校の高校生たち、今つらい時を迎えています。
毎回の単語熟語のテストがすんなり合格とはいきません。
授業外で、テストだけ再受験しに来ることもあります。
「部活を終えるともうくたくた~」
「学校の定期テストも、小テストもあるのに・・・」
こんな彼らの内なる声が聞こえてきます。

が、私はニッコリ笑って、オニになります。
「もう一度がんばりましょう!」
できなかったらもう一度やり直す。合格するまで。

そのプロセスをただただ繰り返し、
前に前に進み続けていると、
必ずどこかで霧が晴れてきます。
三周目までがヤマ。
その後は加速度がついてラクになる。

今はまだ一周目も半ば。
暗中模索、ゴールはどこ?の状態でしょう。
こんなキツイ坂道本当に登り切れるのだろうかと不安になります。
が、
今走っている上り坂は一本道。
迷うことなくゴールにつながっています。
峠を越えて、坂道を下る快感を早く味わいましょうね!
ずっと隣で伴走していますよ。

できるまで、
授業外でも、何度でも、付き合います。



















料理と授業のカンケイ

GWが終わり、大船富士見町校も通常授業の再開です。
みなさん、よいお休みを過ごされたでしょうか?

私はというと、見事に教室準備に浸りました。
授業は一週間のお休みをいただいたのですが、
あれもこれもと準備しておきたいことが浮かび、
存分に時間を使いました。
満足!です !(^^)!

4月にスタートして、一か月。
始まってからはじめて気づくこともたくさんあり、
教材づくりや整備、予習、改めて目標の確認などなど、
あっという間に時間は過ぎていきました。


こんなGWが終わり、ふと思い出したことがあります。
「料理と授業は似ているんじゃないか」
・・・昔、こんなことを考えたことがあったのです。

どんなにおいしいお料理を用意しても、
お腹が空いていなければ、おいしく食べられない。

どんなに一生懸命授業しても、
学ぶ意欲がなければ、身につかない。

どんなにおいしいお料理でも、
食べる時間も食べられる量も限度がある。

どんなに楽しい授業でも、
時間枠があって、扱える内容には限度がある。

お料理は手間暇かけて準備することも、
インスタントでさっと済ませることもできる。

授業も時間をかけて準備した上で臨むことも、
出来合いの教材でさらっと済ませることもできる。

真剣に取り組むと、
お料理も、授業も、
準備時間の方が本番よりずっと長いのです。


ウィングローブの提供する少人数内個別対応。
ー個々の生徒さんにとって最高の学習時間を提供するー
奥が深いです。

まだまだ新人の私は、
研修で先輩方のお知恵や技術を学ばせていただきながら
大船富士見町校の実際の生徒さんを思い描いて
シミュレーションを繰り返します。


お料理は「おいしかった」の一言で、
授業は「よくわかった」の一言で報われます。

さあ!今週からまた本番再開。
楽しみです!


・・・というわけで、GW中の我が家のお料理は
「パパッと手早くおなか一杯」がベースとなりました (^^;












金曜中学生クラス、こんな感じです

金曜中学生クラスは今日で3回の授業を終えました。
6日に初日を迎えてから、まだたった3回です。

でも、みんな素晴らしい!
各自が集中して、小テストの取り組みも採点もさっと済ませます。
ダブルKさんたちは小テスト3つとも合格で、コンプリート!

テキストの読みが明らかに先週より進歩しているAくん。
「どれくらい練習したの?」
「1~2回」
「それだけで?」
「あ、毎日」
「すごい!いつやってるの?」
「朝です」
「素晴らしい!」

実は、前回の授業で、あるフレーズがうまく読めなかったのです。
そこで、毎日読み練習をしているKさんのことを紹介しました。
同じように取り組んでみたのですね。

もともとコツコツ練習をしていたKさんが立派なのはもちろん、
それをすぐに取り入れてやってみたAくんもあっぱれです。
即、成果が出ました。
続けていきましょうね。


120分間休みなく頭を回転させている中学生ですが、
こんな珍解答が、ひと時クラスを和ませてくれました。

「私たちは父をコロと名付けました」。

え?
お父さんがコロ?

We named our dog Koro.

第5文型の練習、
ポイントはしっかりつかめていたんですけどね。

父ではなく、犬でした (^^;




アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

<   2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
  • ウィングローブ英語塾