岸町校第10回単語道場

クリスマスの週末に単語道場を2日間行いました。DSC_1774.JPG


特に初日の午前中はテストを受けるために並ぶ生徒の列が最後まで途絶えることが無く、講師は大忙し(求む!試験官)。
部屋には生徒たちが単語とその意味を音読する声が、これまた最後まで途絶えることがありませんでした。

みな、真剣そのもの。岸町校の生徒みんなで作り上げた道場の雰囲気です。

  暗記例
    小学生  英検3級単語 200個(3時間)
    中1   教科書単語3レッスン分 + 英検3級単語熟語104個(3時間)
    中1   教科書単語4レッスン分 + 英検3級単語熟語会話表現184個
    中3   熟語270個 + 不規則動詞60個 + 基本例文100文
    高2   単語2100個 + 熟語400個  
    高3   単語2100個 + 熟語200個
    高3   単語4000個 + 熟語1000個 (岸町校新記録!)

  生徒の感想

   ☆初めて単語を200こおぼえました。とてもうれしかったです。またやりたいです。(小4)

   ☆今日は受験に向けて役立ちそうなことがたくさん覚えられました。(中3)
    
   ☆かかった時間の倍ぐらいの成果が出たので、とても集中していたのだと思う。(中1)
      
   ☆英検の単語の暗記では、これまでの3回よりもスラスラと進められました。
    暗記は繰り返しと積み重ねが本当に大事なのだと実感できました。(中1)

   ☆夏休みから単語と熟語の暗記のペースを早くしたことの成果が感じられました。(高2)

   ☆前回より覚えられたが、もう少しいきたかったし、もっと覚えないと、と思った。(高3)

   ☆まだすぐに意味の出てこない単語熟語を確認できた。(高3)  


今回の道場に参加して、生徒たちは   
          単語力アップ+暗記力アップ+頑張った自分への信頼度アップ 

こうすれば覚えられる、という体験は、英語はもちろん、他の教科でも威力を発揮します。

みんな、頑張りました!

クリスマスの連休にも関わらずお子さんを送り出して下さった保護者の皆さま、ご協力感謝申し上げます。
脳へのブドウ糖補給もバッチリできました、差し入れ、ありがとうございました!




DSC_1772.JPG


  

 

小学生ミニ暗唱発表会

岸町校の小学生クラスでは、学期の終わりに生徒さんの頑張りを保護者の方に見ていただく機会として、暗唱発表会を行っております。
各自が2学期に訳したものから2~3話ずつ選んで暗唱しました。

小学生クラスでは、何よりも音読習慣を重視しています。毎日のほんの5~10分の音読が大きな違いを生み、習慣は生涯の宝となります。
音読習慣定着のため、音読チェックカードを使って保護者の皆さまにもご協力していただいております。
おかげさまで3人ともしっかり音読習慣がついていて、見事な暗唱でした。

暗唱が終わった後の感想は、全員口をそろえて

      「楽しくできました!」

確かにみんな笑顔で暗唱していましたね。楽しんで音読するのが何よりです。

保護者の皆さまからもたくさんお褒めの言葉をいただきました。

      「初めての発表会なのに、上手でびっくりしました。」(9月入会)
      「発音がきれいで、流れるような暗唱でした。スポンジのように吸収していて楽しみです。」
      「皆さん、量も多いのにしっかり暗唱していて素晴らしかったです。」

_20171227_131158.JPG
今回はスペシャル企画として保護者の皆さまも一緒にJohn Lennon のHappy Christmasをみんなで歌いました。英語の歌をCDと一緒に歌うと英語独特の強弱のリズムやリエゾン(音の連結)が自然に身につくのでとってもおススメの学習法です!

done, begun, fun, one, young(最後のyoungはちょっと違うけど)などのライム(韻)の美しさを味わえると、さらに英語の歌が楽しめます。
英語の歌にご家族で興味を持ってもらえたら嬉しいな、という思いを込めて発表会のプログラムに組み込んでみました。


最後に、2020年度からの大学入試改革についてお話しさせていただきました(現在の小5から、英語の共通テスト(仮称)は民間試験に完全移行予定)。


単語熟語は何周する?

ウィングローブでは高1から受験まで同じ単語熟語を何度何度も繰り返し、染み込ませます。1秒以内に(控えめに言っています)パッと反応できて初めて「使える単語力」になるからです。高1の頃はしぶしぶ(?)やっていた生徒たちも、高2終わりから高3になると「やってて良かった~」と実感し、受験勉強を良い形で始められるのです。

高2もこの時期になると、周囲もいよいよ受験を意識し、単語熟語を始める生徒も出て来きます。
岸町校のYくんのクラスメートも熟語帳を買って、同じ熟語帳(かなり使い込んでいる)を持っているYくんに話しかけて来たそうです。

「熟語何周したのか聞かれたので、〇周って答えたら、メッチャ驚かれました!」
                            (まだ途中経過なので、〇周としました)


「そーでしょ、そーでしょ。普通、単語熟語は3周すればいい、って思ってるからね。ウィングローブで高1からやってて良かったでしょー(^^)」

高2までにある程度単語熟語力がついていると高3で、①長文問題を多くこなすことができる ②他の教科に時間を充てられる ③単語熟語力の自信が受験勉強の好循環を生み出す。
イイコトばかり。

現中3生、3月の単語大会に参加してウィングローブの先輩方の単語力を間近で体感すると、
     単語学習の動機づけになりますよ!
現高1生、単語力をつけて高3を迎えませんか?
現高2生、ウィングローブの先輩方の中には、高2の終わりから驚異的ペースで単語熟語を暗記し、
     見事に志望校に合格した生徒もたくさんいますよ。覚悟を決めて始めましょう!


岸町校の中高生クラスは現在満席ですが、2月入会の体験レッスンを受け付けております(小学生クラスは1月入会できます)。
無料体験レッスンのお申し込みをお待ちしております。

DSC_1699.JPG

英語クイズの答え

 前回のブログでご紹介したクイズの答えです。

  東大王で出題されたクイズ     岸町校生徒のオリジナル問題

       silver  →  gold         coast → season

       window →  target        house → ray     

      key →  oyster           grass   →  fence 

      rainbow →  ?            newspaper →   ?   

(答え) ぎん → きん          きし → しき
     まど → まと          いえ → えい
     かぎ → カキ          くさ → さく
     にじ → にし          しんぶんし → しんぶんし

     ひらがなにすると一目瞭然ですね。rayは複数の意味があるので、ヒントにイラストをつけました!


ダウンロード.png
                                            




                            

英語クイズ

「東大王」というクイズ番組で出題された英語のクイズを参考にして、岸町校の高校生がとてもいい問題を作ってくれました。

教室ニュースでご紹介したところ、「楽しかった!」「問題作った生徒さん、すご~い!」など、予想以上の反響でした(*^^*)ので、ブログでもご紹介します。

ぜひ親子でチャレンジしてみて下さい!

     

     東大王で出題されたクイズ     岸町校生徒のオリジナル問題

       silver  →  gold         coast → season

       window →  target        house → ray     

      key →  oyster           grass   →  fence 

      rainbow →  ?            newspaper →   ?                         ダウンロード.pngのサムネイル画像

岸町校 単語道場

岸町校夏の単語道場を行いました。今回は初の2日連続道場です。
正直終わってぐったりでしたが、生徒の感想を読むと疲れは吹っ飛びました。


 ◆3時間も勉強したことはなかったけれど、(時間が)スラスラと過ぎてしまいました。
  覚えられた数にビックリです!(小5初参加)
 
 ◆小学生から単語道場に出ているので、今までの積み重ねでスペルをすぐ覚えられるようになった(中1)
 
 ◆前回覚えた英検単語の7割くらい忘れていて、繰り返しやることの大切さを感じました。せっかく覚えたものを忘れて振り出しに戻ることがないように反復学習を大事にしていきたいです。(中1)
 
 ◆何回も書けば覚えられるとわかってうれしかった。(中2)

 ◆2日間で単語を覚えるスピードがとても速くなっているのが実感できて良かったです。(中3) 

 ◆単語道場には何度も参加して慣れていたのですごく集中して覚えることができました。参加するたびにどんどん覚えるのが速くなっていてうれしくなりました。(中3)
  
 ◆単語道場はなぜだか楽しみにしていたので、一日あまり苦にならず頑張れたと思います。前より覚えるのが速くなったので、どんどん楽しくなりました。
  単語帳も初めてやった時とは比べものにならないくらい速く覚えられるようになったと自分ですごく実感しました。
(中3)
 
 ◆今までで一番多くの数を覚えられました。回を重ねるごとに進歩していることを感じられます。(高2)
 
 ◆短時間で200語覚えられたことに驚きました。
  CDを聴いて発音することで正しく覚えることができました。
(高1・初参加)
 
 ◆本部の単語大会の時には熟語まで2周できるように確認しておきます。(高3)


語学の習得には暗記や反復学習が欠かせませんが、それを支えるのは「自分はこんなにできた!」という達成感なんですね。
年3回の単語道場は、単語力をつけるだけではなく、自分の成長を実感できる機会にもなっているのだと、新たな発見がありました。

最後に、今回もたくさんの差し入れが集まりまして、最後にみんなで山分けしました(^-^)
保護者の皆さま、日程調整や差し入れなど、ご協力感謝申し上げます。



DSC_1558.JPG

DSC_1557.JPG

夏期講習第1弾 文法セミナー

Winglobeの夏期講習第1弾は「基礎精講セミナー」です。

高校生は毎週単語熟語テストとセットで文法テストも行っていますが、このセミナーはその文法テストだけを一日集中的に行うものです。

テキスト2章ずつの中から講師がその場で指定した問題に対して、根拠を説明しつつパッパッと制限時間内に答えていきます。

目的は「自分の言葉で説明できる文法力」をつけること。

講師はその生徒が本当に理解しているのか、時々ツッコミを入れます。

一日の終わり、生徒も講師もぐったり。でも充実感でいっぱいです。

岸町校からは3名参加しました。参加生徒の感想です。

         初めての参加だったので最初は戸惑いました。あんなに速いペースで基礎精講を進めたのは
         初めてだったけれど、
とてもスラスラ進めることができたので自分でも驚きました。
         集中すればちゃんとできるんだなと思いました。
(高2 Rさん)

         1日やるのはやはり大変だったけど、やり切ることができてとても良かったです。
         また、しっかりと1周やれるとは思ってなかったので嬉しかったです。(高3 Mさん)

         周りにどんどん合格して進めていっている人がいたので、自分も追いつかなきゃという
         良い刺激をうけました。
間違えたところやすぐに答えられなかったところは夏休み中に
         しっかり確認しておきます。
(高3 Nさん)

Nさんの言う通り、セミナーは練習試合や模試のようなもので、結果に過度に喜んだりガッカリしたりするのではなく、自分の足りない点を自覚することが大事です。それを持ち帰り、普段の自己学習で補強します。

私も課題が見つかりました。スラスラ答える生徒に対してのツッコミ力を磨くこと。
なんかワクワクしてきました(^-^)

参加生徒たちの成長が楽しみです。(Special thanks to Sakurashinmachi-kou)

1501130638712.jpg














修学旅行ミッション

6月は修学旅行シーズンです(埼玉県だけでしょうか)。
0-82.jpg京都奈良に修学旅行に行く高校生にミッションを課しました^^
「外国人と話すこと」(ただし、いきなり "Where are you from?" は失礼なので、話すきっかけを自分から見つけよう!)

美味しい生八つ橋とともに(ご馳走さま!)、報告が来ましたよ~







生徒A: 「土産物屋でロンドン焼きを指して、"これは何ですか?"とカタコトの日本語で聞かれました。
     友だちが"ロンドン焼き(注1)"と答えて分からないようだったので(私もわかりません...)、
     "It's like a small cake."と答えたら "Oh!" と分かってくれたので、嬉しかったです。」
     
      自分の英語が通じる嬉しさ! Mission completed!


生徒B: 「バス停の場所を英語で聞かれました。"~bus stop~~~opposite~~~?"  
     全部は聞き取れなかったけど、聞かれている内容はわかったので、
     "Probably opposite."と答えました。」

      opposite(注2)が耳に残った! 日頃から正しく発音してるからだね!  Mission completed!
                                      0-11.jpgのサムネイル画像 (注1)ロンドン焼き:京都新京極にある《ロンドンヤ》というお店の小型のあん入りカステラ饅頭
 (注2)opposite:[パズィット]と発音し、最初のアに強勢あり。発音アクセントともに注意の単語。


        




全国大会出場!

嬉しいニュースです。
岸町校の高2Mくんが、高体連の自転車競技部の関東大会を通過し、インターハイへの切符を勝ち取りました!
すごい! おめでとうございます!

関東大会でお休みしていた分の振替で来た日は中学生女子のクラスでした。
「この高校生のお兄さん、全国大会に出るんだよ!」と、思わず興奮してアナウンスしてしまいました。
女子中学生の目がキラキラ °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°     


インターハイに向けてMくんに一言もらいました。                         
「入賞めざして頑張ります!」
LINE_P20170618_095019291.jpg

日々地道なトレーニングが続きます。
目標があるから、ハードなトレーニングもなんのその。

授業が終わってお母さまに連絡をすると、
「授業のあと、すぐに走りに行っちゃいました~」とのこと。


おうちの方は、勉強にももう少し力を注いでほしい、
とハラハラしていらっしゃるようですが(わかります、わかります)、

Winglobeの進路アドバイザー山口は
「部活にとことん打ち込むのは、勉強しているのと同じ事です!」
と、生徒たちを応援してくださいます。

自分の限界に挑戦する、という点ではスポーツも受験勉強も同じですね。

インターハイでの検討を祈ります!
そのあと、8月24日25日は単語大会で待ってるからね(^O^)/


LINE_P20170617_085429942.jpg






岸町校第2回小中高合同発表会


11731-b1e90673-4404-4065-9158-851dd57da8f3.jpg
昨年の同じころ、試みに小学生と中学生の合同発表会を行いました。暗唱を終えた生徒たちの満足げな表情、保護者の皆さまからのたくさんのお褒めの言葉、ユーチューブに限定公開した見事な暗唱‥‥あの感動をもう一度!ということで、今年も何とかスケジュールを調整し、行うことができました。今回は中学生からの継続の高校生も有志で参加してくれました。
 
小学生が中高生の発表に憧れたり、逆に高校生が小中学生の発表に刺激を受けたり、とても意義深い発表会となりました。吹奏楽部所属の生徒が定期演奏会の案内を英語で書いてきて発表する、というサプライズもありました。生徒たちにとって、英語が「勉強するもの」から「使うもの」になりつつあることに、喜びを感じた次第です。


以下、それぞれの発表への感想をいくつかご紹介させていただきます。

小学生

A Faithful Dog  イギリス版忠犬ハチ公「Bobby」の物語です。
          スコットランド国立博物館の近くにBobbyの像があるそうです。行ってみたいです。
 ☆3人とも発音が良くてすごいと思いました。(生徒)                                         
 ☆長い文をしっかり覚え、素晴らしい発表でした。小学生とは思えません!立派でした。(保護者)

A Good Sleep  質の良い睡眠を得るコツとは?
☆唇をかんで /f/ を発音しているのがお手本のようでした。もしかして帰国子女ですか? (生徒)
☆大変流ちょうな発音でうっとりしてしまいました。素晴らしいです!帰国子女の方でしょうか? (保護者)
  (注:帰国子女ではありません(^^) 
   毎日CDを聴いてCDソックリに発音しようとする努力のたまものです!)

中学生
Madame Curie  キュリー夫人の少女時代の物語です。
☆速くてもかまずに言えていてびっくりしました。(生徒)
☆(一番最初の発表で)緊張する中、とても聞きやすい、きれいな発音でした。(保護者)
     
Famous People (Who Am I?)  生徒がある歴史上の人物になりきって、経歴を暗唱します。
                誰なのか当てるクイズ形式になっています。
☆文の切れ目が明確だったので、わかりやすかった。楽しく聞けました。(生徒)
☆分かりやすくきれいな発音、とても楽しい発表でした。
  英語を楽しんで学んでいることが伝わってきました。(保護者)

高校生
Concession Speech by Hillary Clinton(ヒラリークリントン大統領選挙敗北宣言より)  
                   若い女性へのメッセージが感動的な敗北宣言でした。
☆かむこともつっかえることも無く、すごく流ちょうでした。本当のスピーチを聴いているみたいで、さすが高校生と思いました。(生徒)
☆難しい文を感情込めて発表していました。素晴らしかったです。(保護者)

Pearl Harbor Speech by Barack Obama(オバマ前大統領真珠湾スピーチより) 
                   2016年12月の安倍首相の真珠湾訪問時のスピーチです。
☆このスピーチはとても長くてこれを2人で全て暗記できるなんて、自分もそうなりたいなと思いました。その上発音もすごく本格的で憧れました。(生徒)
☆完全に彼らの言葉でスピーチしていたことが伝わってきました。(保護者)

1490513934689.jpg
      

全体を通して   
 このような発表会があることにより目標へ向かって頑張ることができるので、良い機会になりました。他の皆さんの発表を聴いて、CDを聴いて練習することと文の意味を考えることは大切だと感じました。(生徒)

 みんなしみながら英語を学習していることが伝わってきました。緊張感漂う中、みんな立派でした。感動しました。素晴らしい時間をありがとうございました。(保護者)

講師より
 小学生はおよそ学期ごとにミニ発表会で保護者の皆さまに暗唱を聴いていただいております。しかし、中高生の普段の授業は単語テスト→訳の復習テスト→音読→訳→文法、そして定期考査前はテスト勉強、と当然ですが勉強一色です。発表会は、"英語は使ってなんぼ" ということを実感する大切な機会となっており、これからの英語学習のモチベーションアップに繋がると確信しております。発表会の「アウトプット」を経て、普段の地道な単語暗記や文法学習や音読といった「インプット」の質が高まるのではないかと感じた次第です。

 合同発表会開催にあたって、保護者の皆さまには日程調整のご協力に感謝申し上げます。
ありがとうございました。







       

                                                      

アーカイブ

カレンダー

<   2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  • ウィングローブ英語塾