英語の勉強法って?

英語に限らず自分に合った勉強法は人それぞれです
教科書を音読する、書いて覚える、ノートに整理する、など

英語にしても 文法か、会話か、
常に論じられています

ウィングローブ英語塾は品詞と文型をまず、そして常に
土台として、英語を学習していきます

文法なんか知らなくても
英語をマスターできる、という意見もあります

五感で覚えるという学習法もすばらしいとは思いますが
それはどちらかというと 私たちが日本語を覚えた時のやり方です

母国語ならそれで自然と身に付きますが、
第二外国語だとある程度のレベルまでしか習得できない様に思います

なぜなら ステップアップしていく為の確たる土台がないからです
ある程度の年齢になると 自分で納得した事は理解できますが、
拠り所のない知識は不安でしかありません

大学受験はもちろん、大学での研究や、企業でのリサーチでも使える英語まで
向上させていくのが ウィングローブ英語塾の学習法だと思います





2019年を迎えて

新しい年を迎えて、
センター試験もまじかに迫り、高3生には緊張の時期です
今までの成果をいかに発揮するかが鍵になります。

高2生にとっても今後 どう受験勉強をしていくか悩む時期でもあります
予備校に頼るか、自己学習で乗り切るか
それぞれ自分に合った勉強法を選べば良いわけですが

ウィングローブ英語塾では
単語、熟語、文法の基礎の上に
過去問で様々な問題を経験し、受験に臨みます

過去問クラスを重ねていくうちに
英文を辛抱強く、理解し回答していく体験を積んでいきます

いかに受験体制が変わろうとも
それが受験英語を制し、そして大学に進学しても生きる英語力を身につける王道だと思います。


夏休みを前にして

早いもので1学期も終わり、夏休みをむかえようとしています。

この時期、
高3生は本部の山口先生との面談を終え、夏休み中の
勉強の計画で頭がいっぱいでしょう。

単語、熟語、文法問題集を7周終えると
大学の過去問を解くクラスが通常クラスとは別に始まります。

自己学習の時間を優先するために 予備校の夏期講習は取らず、
自習室確保のために 取っても1教科。
夏休み中にどこまで基礎を身につけられるかで
今後が決まるからです。

山口先生の薦める各教科の参考書と勉強量のめやすを参考にして
ただひたすら信じて進むだけです。

受験生の諸君、この暑さに負けずに頑張れ!!


2017年度を振り返って

大変久しぶりのブログですが
先ずは大学受験の結果報告です
今年は女子一人、奮闘しました

明治学院大学 経済学部 国際経営学科
法政大学 経営学部 経営戦略学科
文化学園大学 服装学部 ファッションクリエイション

次に英検合格者です

準2級 中2 1名
3級  中2 2名
4級  中1 1名

ウィングローブ祖師谷校の中学生も高校生も 皆それぞれに進歩した一年でした。








生徒面談

本部から生徒指導の山口先生が祖師谷校に来校し、高校生の面談を行いました。
大学受験に関しては とにかく自己学習が大事であり、
それをどう管理し、どれだけの時間がかけられるかが合格の鍵だそうです。
予備校や学校の補習などは良さそうに見えても
自分で考え、学習しているわけではないのです。

二番目に基礎の大切さも強調していました。
周りでいくら過去問や難易度の高い問題を解いていようが
焦らずに基礎を繰り返しやる事です。
そうして難関校にみごと合格した例をいくつも話してくれました。

山口先生の面談では どの参考書を何周やるか
(ちなみに日本史は20周です!)を指示してくれるので
自分の勉強の仕方に不安を覚えることなく、
とにかく前を向いて進んでいくことを最後にアドバイスしてくれました。



英語録音アプリ、リピートーク

3月も末に近づき、今年度も無事終了しました。
昨年からウィングローブ英語塾で採用しているリピートーク
という英語録音アプリを 祖師谷校でも昨年の夏から導入しました。

生徒さんのリピートークの利用も大分軌道に乗ってきました。
このアプリは生徒さんがそれぞれ自分のペースで
ご家庭で学習でき、それを講師がしっかり把握できます。
英語学習の柱である、声に出して読むという見えにくい部分を
形にした画期的な学習法です。

リピートークによる学習で生徒さんのリスニングや
速読などに成果が見えてくるのを十分に期待しています。

2017年、新年を迎えて

2017年が明けて 我がウィングローブ祖師谷校も12年目に入りました。
昨今の英語教育をめぐる改定は学校の教員を始め、保護者の方にも
混乱と不安を招くものだと思います。

小学校で英語が教科になり、 
中学受験の科目に英語を採用している学校も既にあります。

英検や学校の学習内容もreading, listening, writing, speaking,
4技能を重視した内容に変わってきます。

大学入試でも2020年にはセンター試験に変わる試験が実施される事になりました。
英検やTOEIC、CEFRという世界的に通用するスコアを
入試の判定基準に使う学校も増えてきています。

いずれにしてもこの変化を ウィングローブ英語塾も
注意深く見守り、対応していく必要があります。






ウィングローブの夏

夏休みに入り、ウィングローブでもイベントが盛りだくさんです。 IMG_3835.jpg

7月30日には高校生の文法書、「基礎精講」を集中的に
勉強するセミナーが行なわれ、8月23,24日には同じく高校生
対象の単語大会があります。

8月1日には中、高校生向けに ニュージーランド出身のブレンダン先生が英語でニュージーランドの歴史、地理、自然、文化などを
多くの写真でクイズを交えながら楽しく講義してくれました。  IMG_3836.jpg
参加者は一緒に歌ったり、マオリのダンスを習ったり
原宿にオープンしたニュージーランドのクッキー店から
クッキーが届くサプライズもあり、大いに盛り上がりました。

引き続きーウィングローブ卒業生の言葉

「 毎日やる、毎週テスト---- 苦しくてもその繰り返しがどんなプレッシャーがかかった場所でも実力を発揮できる唯一の方法なのだと受験を経験して思いました。 勉強を主体的にやる、自分で説明できるようにする、これを、どの科目でもやること、これが本当に私の力になりました。 改めて--- 有難うございました。 」

ウィングローブを、 受験指導の山口先生を、 そして私を信じてついてきてくれた彼女にこちらこそ感謝です!
私にとって かけがえのない宝物です。


嬉しい訪問

高校生のクラスに大学受験を終えたばかりのウィングローブ卒業生が参考書や問題集を持って来てくれました。
まさに貴重な体験談を新高1、新高2は真剣な眼差しで聞いていました。

予備校は1教科だけ受講して自習室を目いっぱい活用したが 他の教科も、質問出来るかを確かめてから入塾すると良いこと。
高3の夏まで部活をしていたが 試験前の部活停止期間に十分集中して勉強すれば間に合うこと。
高3で部活の中心メンバーになってから かえって時間の使い方がうまくなり、成績が上がったこと。
高2のうちから志望校を選び、試験科目をチェックしておいたこと。
学校の定期テストもその範囲は完ぺきにしようと、おざなりにしないで活用したこと。IMG_0271 (1).jpg


これは一年間に勉強したノートの量だそう!!!
                                         


アーカイブ

カレンダー

<   2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
  • ウィングローブ英語塾