大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。大船富士見町校です。

2020年3月アーカイブ

コロナの春…but…④おめでとうの春そのⅡ

大船富士見町校(2020年03月30日)

コロナもどこ吹く風、

うれしいニュースの4つ目は、

2019年度第3回英検結果です。

 

インフルエンザ等で実際の受験者は

予定より2名も減ってしまいましたが、

2級合格1名、準2級合格1名という結果。

おめでとうございます!!

 

2級合格者(中3)は、Speaking が満点\(◎o◎)/

報告でこういう画像を送ってくれました。

 

準2級合格者(中2)も立派な成績でした。

 

4月からは、受験日をより選びやすくなります。

各自の目標を設定し、どんどん挑戦していきましょう。

 

今回涙をのんだ受験者も、

弱点克服に向けてすぐに始動しました。

前進あるのみ!

 

 

 

コロナの春…but…③おめでとうの春そのⅠ

大船富士見町校(2020年03月30日)

コロナに負けず、

うれしいニュースの3つ目です。

 

大船富士見町校は、

この春初めての高3生を送り出しました。

東海大学政治経済学部への進学を決めた彼に

心よりエールを送りたいと思います。

おめでとうございます!

 

ご本人の了解を得て、以下ご紹介します。

 

野球部と両立しながら、

単熟語、文法、過去問と高2~頑張ってきた彼ですが、

実は第一志望にはご縁がありませんでした。

進学しようか、もう一年頑張ろうか、

熟考し、ご家族ともたくさん話し合ったといいます。

「しっかり考えて決めたいので、

会って報告するのはそれからでいいですか?」

と律儀に事前連絡をくれていました。

 

来室してこれからの方向性の話になった時、

彼が意外にも海外支援を志していることを知り(@_@)

そんなこと考えてたなんて知らなかったよ~

じゃあ、こんなアプリもおススメかも、

という話にもなりました。

 

そんな彼が後輩に残してくれたメッセージ。

「部活で忙しい時も、

たとえ30分でも勉強する習慣があったら違います。

ゼロとは違います。

そしてそれは、明確な夢や目標があると続けられます。

ぜひ、見つけてください。」

 

これは、誠実な人柄を表すかのように

ぎっしり記入されたアンケートの一部でもあり、

来室時、彼の口からも聞かれた言葉です。

 

これから受験を迎える方の心に届きますように。

 

 

考え抜いた末の彼の進路に幸多かれ!と祈ります。

 

One ship drives east and another drives west

with the selfsame winds that blow.

It’s the set of the sails and not the gales

that tell us the way to go.

As we voyage along through life,

it’s the set of a soul that decides its goal,

and not the calm or the strife.

               Ella Wheeler Wilcox

吹いている風が全く同じでも、

ある船は東へ行き、ある船は西へ行く。

進路を決めるのは風ではない、帆の向きである。

人生の航海でその行く末を決めるのは、

凪でもなければ、嵐でもない、心の持ち方である。

          エラ・ウィラー・ウィルコックス

 

 

 

 

コロナの春…but…②出会いと再会の春

大船富士見町校(2020年03月30日)

コロナ一色の春に

大船富士見町校で起きた

うれしいニュースの二つ目。

 

春は出会いの季節。

新しい仲間が増えました

 

ピッカピカ✨の新中1生たち

まだ慣れないうちにリモート対応となりましたが、

その頑張りは見事です。

新学期からの教科書単語、

コロナ休みにたくさん練習しました!

 

こちらもピカピカ✨の新高1生

英語はニガテと聞いていましたが、いやいやどうして。

順調なスタートを切っています。

「リモート単語道場」では、

2100語全てをやり切り1周達成!

 

 

新しい出会いに加えて、再会の喜びもありました。

 

一年間のブランクを経て帰ってきてくれた、

これまた新高1生

復帰を信じて教室のファイルは残してありましたが、

高校合格発表後すぐの連絡は本当にうれしかったです。

久しぶりのウィングローブの授業。。。

「品詞と文型」が身についていることを再確認(*^^*)

ブランクの間、ご本人もこう思ったそう。

「やっててよかった、ウィングローブ!」

高校受験の武器になったようです。

 

 

 

 

 

 

コロナの春…but…①リモートの春

大船富士見町校(2020年03月30日)

コロナが猛威を振るい、

お花見どころかすっかりコロナ一色の春(>_<)

ですが、開校から丸2年を迎えた大船富士見町校では

うれしいニュースがいくつかあります。

その一つ目。

 

学校の休校は突然決まりました。

けれども、いや、だからこそ、

ウィングローブでの学習は休みたくない!

と強く思いました。

多くの方々のご協力をいただいて実現した

リモートの学習形態です。

 

まずは私自身がZoomの操作方法を学ぶところから。

第1弾として「単語道場リモート版」開催を決定。

臨時時間割を作成し、

Zoomアプリのインストールを各家庭にお願い。

試行を経て本番スタート。

みなのモチベーションは大丈夫か?

機器の不具合はないか?。。。

ドキドキでした💓

 

ところが、私の心配をよそに。。。

画面上では、まるで教室に集っているかのように

一心に単語を唱える声・声・声。

テストを受ける生徒の声が聴き取りにくく、

一時ミュートにしてもらう要請をしたほどです。

 

そしてこの経験を踏まえて、

第2弾は「リモート通常授業」への移行。

細やかに対応するため、

さらに少人数にしてコマ数を増やしました。

結果、対面授業とほぼ変わらない内容を

自宅に居ながら受けていただくことができました。

 

生徒や保護者の皆さんから感謝の言葉をちょうだいし、安堵。

「普段の信頼関係があるからこそですね」

というある保護者の方からのメッセージにじんわり💓

そう、単語道場も授業もリモートが成功したのは、

今までの積み重ねあればこそ、なのです。

 

ご協力いただいた方々に

この場をお借りして感謝申し上げます。

IT関連の本部のサポート

急な変更や要請に対応してくださった保護者の皆さま

普段と変わらず前向きに取り組んでくれた生徒の皆さん

どの一つが欠けても、うまくいかなかったでしょう。

 

新学年の授業もリモート続行が濃厚となってきました。

さらにパワーアップしようと、

リモート授業での新ルールも作成し、

新システムBit Campusの掲示板にもUP.

進化中です。

おかげで、この春はグンとITリテラシーが高まりました(*^^*)

 

「ピンチはチャンス」

ある先輩の先生の言葉です。

思い切って一歩を踏み出してよかった、

と心から思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ

カテゴリ

-

カレンダー

2020年3月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • ウィングローブ英語塾