大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。大分校です。

その後・・・雑感

大分校(2016年09月20日)

P1040723.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

上野丘、舞鶴の生徒さんが複数入会された。当初高校からお受け入れして果たして効果
があるか疑問であった。
ところが・・・彼らはお試しの日に、この塾の初級本の勉強の仕方を理解して、
いきなり大学入試レベルの英文について
文の要素と品詞の関係を説明すると即座に理解し、すっきりしている。
「こんな分かる教え方をしてもらったのは初めてです」と。トップ校に合格できた
理解力があれば高校からでも効果あり,のようだ。

戦術が分かれば、武器となる単語、熟語をインプットすることだ。きっと
彼らならやれるだろう。

おそくとも中2までに入会されることが理想である。そこまで放置していた場合
発音の保証は出来ないのであるが高校受験の対策は出来る。
高校入試でフォニックスなど問われないから。しかし・・・
フォニックスを知っているかどうかで、スペルを書けるか、
単語を読めるかが大きく変わってくるのは明らか
である
これは小学生低学年のゆとりのある時期、
日本語と異なる音を
受け入れることが出来易い時期に学ぶのが効果がありそうだ。

しかし中高生が過去を後悔しても始まらない。
その子の現在をありのままに受け入れ、
そこから個別にスタートできるのがウィングローブの他にはない
強みである。したがって英語構造理解教材は無学年制。
中学生の場合、入会時期により中1も中3も同じ読解本を使っている場合もある。
そしてそのベースの上に学年別の、関東圏で使用している中高一貫校の文法
問題集を使っている。

先日から公立中高一貫校中1の生徒さんが、高校範囲の英文がふんだんに入った
二冊目の英文構造教材に挑戦している

中1なのに関係代名詞や現在完了が出てくるが彼女は大まかに理解して、
アカデミックで、社会的または科学ものの英文を理解して嬉しそうにしている。
本人曰く「どの学年で何を学ぶでなく、出てきた時に学ぶ事が大事と思う」。

今日も様々な学年の生徒が同じ時間帯に同時に学んでいる。
「あれ?あの子中学生なのにあんなにできてる・・・」や
「高校生になったらあんなに難しいことをやってるんだ!!」等、
時々横目でお互いにちらちら様子をうかがっているかわいい生徒たちである。

高校生に課すものはハイレベル、根性とやる気、
これまでの断片的ではあったが正しい知識を要する
。ここでやっていける
高校生を育てるのが楽しみだ。そしてもう種まきが終わり、芽が出て双葉に
なっている生徒たちなのである。楽しみだ。

アーカイブ

-

カレンダー

2021年12月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • ウィングローブ英語塾