大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。大船富士見町校です。

音読練習アプリ・リピートーク関連エピソード そのⅡ

その1とは違った切り口でリピートークを習慣化している高校女子の例。

☆リピートークとは:英文を聞き、影のように後について言う練習(シャドーイング)をするアプリです☆

 

 

学校のコミュ英の先生に

「あなたは帰国子女?」と聞かれたKさん。

 

え?! 色黒だからってナンカ勘違いされてる (・・? 」

とマイナス思考が頭をよぎったらしい。

 

よくよく話を聞いてみたら、

「発音が素晴らしくて」という理由からで、

お褒めの言葉をいただいたのだった (^^;

 

そんなことを言われたのは初めて!

で、思い当たる節は..リピートークしかない!という。

 

夏休みのリピートークの宿題は、

Supreme(高校生用winglobeオリジナルテキスト)を

トラック1から最後まで

復習のシャドーイングをして毎日提出、というもの。

各トラックの学習直後に復習⇒合格をしているが、

今回は総復習。

夏休みに入る前に最終トラック94の学習を終えたため、

94÷30≒3ということで、

一日に3トラックづつ復習シャドーイングしていけば、

夏休み一か月で一冊丸ごとシャドーイング完成!となる

 

そしてやり切った👏

総復習時間281分・提出94回

毎日コツコツの積み重ねの記録でもある。

 私も毎日添削 (*^^*)

 

シャドーイングと共に語順訳の復習もセットで行い、

返り読みをせずに、読んだスピードで意味を取る。

こちらも、学習直後に復習⇒合格したものを総復習。

 

が、意外にも「頑張って」いるという感じはない。

お風呂上がりのドライヤーの時間が

お決まりのリピートークタイム。

自然と5分~10分程度の練習時間が積みあがっていく、というわけだ。

 

夏休み明け。

高校生用最終教材Completeへ進み、

今は長文読解の学習をした後、

170-180wpmで読まれる音声を聞いて復習。

 ☆wpm : words per minuteの略 

     (一分ごとに読まれる語数)

 

共通テストReadingの総語数が約5500語となり

(センター試験より1000語も増加!)

150wpmの速読力がないと解答時間が不足する

と言われている中、

リピートークでの練習は、

Listeningの下地になるのはもちろんのこと、

速読力を鍛えるのにも一役買っている。

 

 

そしてさらにこんなエピソードも教えてくれた。

 

学校で単語帳丸ごと1冊全範囲テストがあったらしい。

総語数1900語。

彼女の欠席時にテスト告知がされたようで、

当日まで知らず「しゃーない」とNO勉で受けた。

 

結果、100問中100問正解!

 

彼女曰く、「四択だったからね」

と、前述の先生に再度お褒めの言葉をいただくも、

至ってクール。

Winglobeの単語テストでは、

意味も全部言う、派生語も言う。

だから、こちらの方がずっとハードなのだと。

確かに、合格できずリベンジ再テストを受けることは

いまだにある (T_T)

 

ちなみにKさんは単語テスト14周目を走り続けている。

「決して覚えるのが得意ではない」という自覚の下、

ひたすら繰り返す」を実践している。

 

 

アーカイブ

カテゴリ

-

カレンダー

2022年5月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • ウィングローブ英語塾