大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。鎌倉小町校です。

「自分で連絡すること」

鎌倉小町校(2014年11月28日)

その日のレッスンが終わり、一息ついたところで、家の電話が鳴りました。

 

 「もしもし、Kです。長尾先生ですか?」

 

教室に来ている小6生のKさんでした。

 

「あの、あの、明日は学校で郊外学習があって、東京に行くので、少し、レッスンに、

 

遅れます。 そんなに遅れないかもですが、少し、遅れます。」

 

Kさんは、少し緊張した様子ですが、しっかりと、はっきりと伝えてくれました。

 

「はい、わかりましたよ。連絡ありがとう!では気をつけてきてくださいね。では明日ね。」

 

と言って電話を切りました。

 

 

学生の生徒さんでレッスンを都合でお休みしたり、遅刻する場合、

 

通常は保護者の方より連絡をもらっていますが、もうじき中学生になる生徒さんでは、

 

このように自分で直接連絡をくれる生徒さんがいます。

 

 

「教室に入るときは、あいさつをして、靴をそろえてから入ってきてね。

 

教室に入ったら、まずは物語文のスラッシュリピート&リスニング表を出してね。

 

自分でできることはきちんとやるんだよ。あいさつは大事ですよ」

 

と毎週、生徒さんたちには伝えてきました。

 

もっとも最近は言わなくても、教室に来ている生徒のみなさん、きちんとできるように

なっています。

 

 

Kさんのように、自分できちんと連絡してきてくれるのは、保護者の方のご協力も

 

ありますが、たいへん嬉しいことです。

 

 

教室では日頃より、英語を勉強することを通じて、

 

「自分のアタマで考えて行動すること」=「自立すること・自律すること」

 

を学んでほしいと、意識して指導にあたっています。

 

 

アーカイブ

-

カレンダー

2024年7月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • ウィングローブ英語塾