大学受験、高校受験のウィングローブ英語塾。秋葉原校です。

過去問の最近のブログ記事

秋葉原校講師による「過去問チャレンジ」第4弾。

今回は東工大の英語過去問です。

 

  • 2021年と2020年、2年分の過去問(学部別入試)を時間を測って解きました。

 

これまで、慶応法、青学経済、明治商の過去問についてご紹介しました。

東工大の英語の入試問題は、慶応法と比較してもタフです。

 

記述問題も含めてあくまで自己採点ですが、2021年は24問中23問正解、2020年は24問中22問正解でした。

制限時間は90分で、かかった時間は2021年が83分59秒、2020年が87分27秒でした。

 

長文は最初から最後まで読みました。

2020年は取組み方を誤りました。失敗です。時間的にも本当にギリギリで焦りました。

 

以下、東工大の問題形式・傾向および感想です。

 

【問題の形式・傾向】

・試験時間90分
・150点満点
・2つの長文読解総合問題で構成(うち1つ目は超長文)
・2021年は1つ目の長文問題の配点90点、2つ目は60点
・2020年は1つ目の長文問題の配点80点、2つ目は70点
・記述式と選択式問題で構成
・英文和訳、和文英訳、内容説明が記述式問題として出題
・内容真偽問題、空所補充問題等が選択式問題として出題

 

【感想】

・長文読解の英文量が膨大

・長文を全て読み終えることを目標にしてはならない(無理なので)

・問題自体の難易度はそれほど高くない
・内容真偽問題の選択肢は、ほぼ本文の段落の順番通りに並んでいる
・150点満点のうち100点取れれば十分成功
・1つの問題に悩み、時間をかけ過ぎてはいけない(2020年分はこれで失敗しました)
・解ける問題を探し、1点でも多く取ることを意識する
・2つ目の長文問題から解く方法も検討すべし

 

最大の難関は、とにかく膨大な英文量です。

どのように解けば良いのか?

 

2つの長文読解問題のうち、1つ目の文章のほうが長いという傾向は、何年も続いています。

1つの作戦として、1つ目の問題からではなく、2つ目の問題から解く方法も十分検討に値します。

 

1つ目の問題を最初から最後までまともに解いた場合、それだけで90分の制限時間に達してしまう可能性があります。それほどの分量です。

 

2つ目の問題は若干短めですので、ここは時間をかけて1つ目より丁寧に解きます。

 

そのあとに1つ目の問題に戻り、時間内に解ける問題だけ解く。

特に和文英訳や英文和訳など記述式の問題は、英文を完ぺきに読まなくても、ある程度前後の文脈だけで答えを作ることが可能です。

 

【難易度】13

(数字が大きいほど難易度高、慶応法は10、青学経済は3、明治商7)

※問題難易度であって合格難易度ではありません。

 

秋葉原校の皆さん、興味がある大学・学部があれば、学校名・学部名を教えてください。

高校生だけでなく、中学生も遠慮なく言ってください。

 

皆さんが今必要な目の前の学習に取り組んでいる間に、最新の過去問を解いておき、後々情報を伝えます。

ウィングローブ秋葉原校です。

 

秋葉原校講師による「過去問チャレンジ」第3弾。今回は明治大学商学部です。

 

今回も講師が実際に時間を測って英語の入試問題を制限時間内に解いてみました。

  • 最新の2022年ではなく、2021年と2020年、2年分の過去問(学部別入試)を時間を測って解きました。

 

2021年は47問中46問正解、2020年は46問中46問正解でした。

かかった時間は2021年が61分47秒(制限時間80分)、2020年が58分19秒でした。

 

数字だけ見ると簡単そうですが、そんなことは決してありません。

 

以下、明治大学商学部の問題形式・傾向および感想です。

 

【問題の形式・傾向】

・制限時間80分

・150点満点

・マークシート法による選択式と記述式の併用
・いわゆる英作文はなし
・4つの大問で構成

・大問1は文法・語彙問題の空所補充で、難易度は高くない
・大問2は2020年度が会話文、2021年度がエッセーを読んだ上での空所補充問題、特に難しくない

・3つ目と4つ目が長文読解問題

・長文問題は2つとも文章がとても長く、大問2の3~4倍ある
・長文は2つとも似たような問題構成で、空所補充、同意表現、内容説明、内容真偽問題が出題される
・長文は語彙の知識が問われるものもあるが、基本的には前後の文脈から正解を判断するものが多い

 

【感想】

・難易度は大問によって大きく異なる、全体的にはまずまず高い

・青学の経済学部の英語よりはるかに難しい

・慶応の法学部の英語より簡単

・80分の制限時間のうち75分で終わらせることができれば上出来

・4つの大問のうち最初の2つは難しくない
・後半の大問2つ(長文読解問題)が受験生にとっては難しいはず

・後半2つの長文読解問題は、文章が非常に長く時間がかかるため時間配分には注意が必要

・「長文をすべて読み終わってからはじめて問題を解く」解答スタイルは絶対NG

・長文は読んでいて全てスラスラと読めるわけではなく、文構造を把握するのに一瞬迷う箇所もある

・長文読解の最後に内容真偽問題が出題されるが、紛らわしい選択肢は皆無(長文が読めていれば正解できる)

・難しい単語もかなり出てくる
・きちんと英語を勉強してきた受験生が報われ、そうでない生徒は報われない、誠実な入試問題

 

明治商学部の長文読解問題は、文字通り「長文」です。2年分解いて、とにかく疲れました。それくらい長いです。

そして部分的に文構造が取りにくい箇所もあります。日頃から文構造を取ることに慣れているウィングローブの生徒にとっては有利だなと感じました。

 

【難易度】7

(数字が大きいほど難易度高、慶応法は10、青学経済は3)

※問題難易度であって合格難易度ではありません。

 

秋葉原校の過去問チャレンジは今後も不定期で掲載します。

多くの生徒さんにとって少しでも参考になれば幸いです。

ウィングローブ秋葉原校です。

 

秋葉原校講師が勝手に始めた「過去問チャレンジ」第2弾。今回は青山学院大学経済学部です。

表参道のあの雰囲気、素敵ですよね。

 

第1弾の慶応義塾大学法学部に続き、今回も講師が実際に時間を測って英語の入試問題を制限時間内に解いてみました。

 

改めて「過去問チャレンジ」の目的をおさらいしておきます。

 

  • 1. 実際に時間を測って全問解くことで、各大学・学部の入試問題の特徴・難易度がより鮮明にわかる。受験生の気持ちになって考えることが可能になる。
  • 2.「この入試問題で自分の生徒に合格点を取ってもらう」というゴールから逆算して、その生徒が「いつまでに」「何を」「どのくらい」勉強すべきかの設計がし易くなる。

 

第2弾の今回は、青山学院大学経済学部です。

2021年と2020年、2つの過去問(一般入試)を実際に時間を測って解いてみました。

 

以下、青山学院大学経済学部の問題形式・傾向と感想です。

 

【問題の形式・傾向】

・制限時間90分

・マークシートと記述式の併用
・記述は英文和訳などがあるものの分量はごくごくわずか
・長文問題と呼べるものは大問1つのみ(2019年は長文問題が大問2つ出題)

・2020年と2021年は少し長めの会話文が出題された
・同音異綴語の語彙問題は毎年出ている
・複雑な構造の文章は皆無と言っていい(受験生にとっても)
・2019年は英作文が1問だけ出題されたが2020年と21年は出題されず

 

【感想】

・早慶などと比べると問題は非常に簡単

・90分の試験時間は十分すぎるほどで余裕を持って時間内に解けるはず

・合格最低点は非常に高く「問題簡単=合格簡単」では断じてない

・会話文はどの登場人物が何を言ったのかを追いながら解けば間違えないはず

・選択肢が紛らわしい問題も非常に少ない

・難しい単語も出てくるが文脈から推測可能な範囲
・語彙力と文構造を瞬時に読み解く力があれば、9割前後取ることも可能(日頃から地道にウィングローブの課題に取り組むことがきわめて重要)

 

2年分解きましたが、ともに全問正解でした。90分の制限時間のうち実際にかかった時間は2021年が41分、2020年が43分と、制限時間の半分以下でした。

 

今回も、「正確に」「速く」読む力がつくウィングローブでの日々の学習がとても大切だと改めてわかる入試問題でした。

 

【難易度】3

(数字が大きいほど難易度高、慶応法は10)

※問題難易度であって合格難易度ではありません。

 

秋葉原校の過去問チャレンジは今後も不定期で掲載します。

多くの生徒さんにとって少しでも参考になれば幸いです。

ウィングローブ秋葉原校です。

 

今日から(誰にも望まれず勝手に)始まった秋葉原校講師による「過去問チャレンジ」は、講師が実際に各大学の入試問題を制限時間内に解いてみるという企画です。

 

改めて講師が各大学の過去問を解く目的は、次のようなものになります。

 

  • 1. 実際に時間を測って解くことで、各大学・学部の入試問題が持つ特徴や難易度がよりクリアにわかる。受験生の気持ちになって考えることが可能になる。
  • 2.「この入試問題で自分の生徒に合格点を取ってもらう」というゴールから逆算して、その生徒が「いつまでに」「何を」「どのくらい」勉強すべきかの設計がし易くなる。

 

第1弾は慶応大学法学部です。2018年・2019年・2020年の3つの過去問を実際に時間を測って解いてみました。

以下、慶応大学法学部の問題形式・出題傾向・感想です。

 

【問題の形式・傾向】

・制限時間80分

・マークシート形式(記述なし)
・大問4つか5つで構成
・設問もすべて英語
・読解問題中心

・堅い内容の論説文だけでなく、会話文も毎年出題される
・語彙問題や穴埋め問題もあるが、それらも大半が論説文や会話文の中に登場

・英文の話題は、芸術・司法・移民・メディア報道・フェミニズム・違法薬物対策など多岐にわたる(日頃から様々な話題の文章に触れることが大事)

 

【感想】

・語彙レベルは高い

・会話文の中の口語表現が特に受験生には難しいと思われる(が、消去法で大体正解を絞り込める)

・最後の大問は長文読解、英文が長いため40分以上残しておきたい
・長文読解に紛らわしい選択肢がたまにある(3年間で数問)
・制限時間80分は受験生には短い

・「速く」読むのではなく、「正確に」「速く」読むことを要求する試験問題
・「文の構造を瞬時に見抜く力」と「豊富な語彙力」が不可欠(日頃のウィングローブでの学習がきわめて重要)

 

品詞や文型の知識が曖昧だと合格点は絶対に取れない問題です。

ウィングローブでの日々の学習をしっかりこなすことが大切だとよくわかる問題でした。

 

講師が解いても80分の制限時間のうち65分程度はかかりました。

2018~2020年は毎年問題数が異なり48問~58問出題されましたが、全問正解は2019年のみでした。

 

いろいろ書きましたが、恐ろしいほど難しい問題ではありません。

 

【難易度】10

(数字が大きいほど難易度高、他の入試問題との比較に使用)

 

秋葉原校の過去問チャレンジは今後も不定期で掲載します。

可能な限り多くの大学と学部の問題を改めて実際に解き、生徒さん達に有益な情報を提供していこうと思います。

アーカイブ

-

カレンダー

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • ウィングローブ英語塾