小4!小5!小6!の最近のブログ記事

小学生の英語と言えば、「楽しく」。
やっていることと言えば、「単語」「あいさつ」「かんたんな会話」が定番ですね。

でも、小学生の間にそういうことを英会話教室で学んだ生徒が、
中学に進学してから、英語がキライになった、英語ができない、という話は、
実はけっこう有名な話です。

中1の途中で英語がわからなくなり、大ショックを受けるというのです。

なぜなのでしょう?

中学の英語は、ちゃんと「文法」です。
試験は、文法がきちんとわかって、書けないと点数になりません。

実は、それなのに、中学の授業で
文法がわかるための「文型」「品詞の働き」を教えてくれない学校がほとんど。

結果、
中1の途中から、または、少し生き延びても中2の途中から、
英語がわからなくなるという「悲劇」です。

「トムは学校でテニスをします」
WGコンパステキスト写真.jpgこういった文でさえ、確信をもって語順正しく並べられないのでは?

主語+動詞 なので Tom plays  
そのあと、
日本語の「学校でテニスを」のまま
Tom plays school tennis.  という語順にしてませんか?
動詞のあとは目的語。だから Tom plays tennis.  です。

ルールをひとつひとつ、わかるように
説明 ⇒ 理解 ⇒ くりかえす ⇒ 会得  ⇒ 使えます!

ちゃんとわかるって、本当にうれしいのです(^-^)    

アーカイブ

カレンダー

<   2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  • ウィングローブ英語塾