2018年 大学入試 講評

本年度もウィングローブの生徒の合格実績は大健闘でした。


大学の定員問題で、昨年も大変厳しくなり、

さらに今年も大幅に合格者が削減されています。


各大学の合格者数は昨年比で

早稲田-1395人、上智-970人、明治-1638人、法政-3633人、
明治学院-1696人、成城-1002人、東洋-3170人専修-1455人

と大幅減となり
他大学もそれに準じています。


これにより、上位進学校が軒並み合格実績を落とし

パニック状態になっている高校が何校も出ています。


ウィングローブではこの状況のなか

150名の受験生で合格率95.3%

国公立も昨年から倍増の20名

早慶上智ICUの合格実人数も21名

国公立・GMARCH理科大以上では約半数の47.3%

と素晴らしい結果が出ています。※

さらに、そこに薬学部などの難関学部や

成蹊大・東京女子大・津田塾大といった有名大学まで含めると

じつに受験生の60.0%にあたる90人もの生徒が合格しました。※


昨年の総括で本年度の入試は厳しくなると予想を出しましたが、

各教室の先生が英語指導のみならず

他の教科に対しても気を配った結果だと思います。


来年も更なる競争の激化が予想されます。

ウィングローブもそれに対してしっかりと対策を立てています。





進路指導部長 山口 達正




※入塾試験なしでの結果です。
 また、延べ合格数でなく実人数での結果です。

アーカイブ

カレンダー

<   2018年6月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • ウィングローブ英語塾