中学校英語まとめの時期に差し掛かる中3生の皆さん


「動名詞」「不定詞」「受動態」
なんの事を言っているのかすぐ分かりますか?
用語は問題集で見て知っているけれど
整理出来ていないという人もいるでしょう。
また、文法の用語は堅苦しくてなじめないと思う人もいるかもしれません。


しかしルールがあってこそスポーツが成立するのと同様に
文法を知らずして4技能を磨く事は出来ないのです。
英語でのコミュニケーションに求められるのは
単語を出来るだけ多く知っている事と
その単語をきちんと通じるように並べるためのルール

つまり「英文法」です。

実は4技能の柱となる英文法のほとんどは
中学生の間に学びます。
ですから中学英文法をしっかり定着させておくことは
後々の英語学習のカギとなります。


そして文法は、品詞や文型と関連させて行かない限り
あやふやな理解にとどまってしまいます。


当塾では大学受験指導まで行う専任の講師陣が
品詞と文型を押さえながら文法の指導を行います。


英語学習は英語専門塾にお任せください。

体験レッスンへのお申込みはこちらから。

新学年のスタート

新元号の令和も、巷では10連休と言われるGWも目前です。
新しいクラスで、学校でうまくスタートできたでしょうか?

この春の入試で第一志望の大学に合格したCさん(前回ブログより)の話題です。

合格発表後は喜びいっぱいだったCさんですが、
入試本番の時期を余裕たっぷりに過ごせたわけではありません。

インフルエンザで受験機会を逃したり、
安全圏と思った大学で不合格になったりもしました。
平常心が大事と言い続けた講師も、
よくぞ最後までよくあきらめずに頑張った!!と思います。

昨年11月の個人面談のころから模試の結果が安定し始め、
「『勉強したい!何か楽しくなってきた!』と
今まで聞いたことのない言葉に驚いています」と
保護者様からも嬉しい報告があり、
とても前向きな気持ちで受験準備が進んできた結果、
無事に第一志望に合格することができました。

第一志望に合格することが目標なので、
もちろん講師は嬉しいのですが、
最後までやりきった達成感を手にして
新生活に向かっていく生徒を送り出すことは本当に喜びです。

英語は大事、でも、いつになったらスイッチが入るのだろう?
と不安に思っている高1、高2のみなさん、
行徳校で目の前の課題にいっしょにチャレンジしましょう。

無料体験のお申し込みはこちらです。
  ⇒ 体験授業申込

合格おめでとう!

この春ウィングローブ英語塾行徳校を卒業した皆さんの実績です。

早稲田大学・文化構想学部Aさん、Bさん

明治大・商学部&経済学部、法政大・経営学部Cさん、

東京家政大学・家政学部・造形表現学科Dさん

受験を終えて晴れやかな顔で報告に来てくれた生徒たちが
それぞれ次のようなコメントを寄せてくれました。

Aさん
単語テストがあるのが良かった。
単語力が非常に上がった。文法の理解が深まった。

Bさん
単語、文法などの基礎的な部分から英語を見直していける。
リスニングなどのあまり自主的に取り組めていなかったところができた。
基礎の積み重ねの重要さを知り、それに基づいて取り組めた。

Cさん
英単語と熟語をやると英語の勉強をするときの世界が変わるのですごく大切だと思った。
言われたとおりに勉強していたら模試でも着々と学力が上がっていったのでとても良かった。

先輩たちが繰り返す英単語と文法って?

英語学習に近道はありません。
日々の努力あるのみですが、
ぜひ無料体験でその大切さを確認してください。

無料体験のお申し込みはこちらです。⇒ 体験授業申込

中学生面談

2月4日は本部から進路指導担当の先生を迎えて
中2クラス生徒6名が個人面談でした。

担当講師も同席するのですが、
いつもより改まった席で
どんな話か少し緊張したかもしれません。

英語を学習する上で大切な品詞と5文型、
音を聞きながらのシャドーイング、
毎週の単語テスト。

それらは学校の定期テスト、身近な英検だけでなく、
高校・大学、そして社会人になってからも
使える英語のための基礎を育てています。
受験のもう少し先のことまで考えて
目の前の課題に取り組んでほしいと願ってます。

面談を待つ通常クラスの生徒は
別講師のサポートで学習を進めました。

少人数クラスならではのきめ細かな対応をご提供する。
私たちウィングローブ英語塾の強みです。

新入会生徒募集中、
体験授業の申込はこちらです。

 無料体験授業申込フォーム


2019年スタート

今週末はセンター試験です。
幸い晴天続きの1月ですが、
インフルエンザの流行もあり受験生を支えるご家族も
気を抜けない日々をお過ごしと思います。

1月末で卒業する高3クラスもあとわずかです。
生徒たちが最後まで力を尽くしてくれることを願いつつ、
送り出す時期となりました。

同時に新入会の皆さんをお迎えできる時期でもあります。
体験授業のお問合せ、実施も続いてます。

2019年英語をがんばろう!と、思い立ったら、
ウィングローブ英語塾・行徳校へ!

品詞と5文型を押さえ、語彙力を増やし
音声教材を活用して英語の実力を確実にすること。

英語が得意でも、苦手でも目指す先は同じです。
どこから始めるか、
どんなペースで目標まで継続できるか、
一人一人に向き合った授業を展開しています。

無料体験授業はHPからのお申し込みが可能です。

 ⇒ 無料体験授業申込

寒さ厳しい季節から私たちといっしょに
春を待つ準備を始めてみませんか?

英検面接

文化祭、体育祭、修学旅行、中間考査。
学校行事の多くがひと段落しました。
11月は英検2次の面接テストもあります。

3級を受験する中2生、
2級の高3生にアドバイスするのは、
面接で何を答えるかの前に
質問をしっかり聞き取ることが大事!という話です。

どんなにおしゃべりが上手な人も
相手があって話が続きます。
英語であっても話者としてだけでなく、
聞き手としての習熟がSpeakingの技能にも求められます。

ウィングローブでは普段の授業から
リピートークを利用して
Listening → Repeating → Shadowing→
録音・提出した生徒の音声を
講師が確認する練習を繰り返しています。

毎日の積み重ね、繰り返し。
ひとりでもできるはずだけど、
なかなか進まないその作業の後押しをする。
それが私たちの仕事です。

英語を得意にする一歩を
ウィングローブ英語塾で始めてみませんか?

無料体験はこちらです。⇒ 行徳校・体験授業申込

夏休み英単語暗記大会感想から

8月渋谷の英単語暗記大会に行徳校からも
5名の生徒が参加しました。
感想を求めるアンケートには6項目の選択肢があり、
4番の「苦しかったけど、参加したかいがあった!」は、
毎回ほぼ全員の生徒がマークしてます。

今回、初参加のAくんは、
1番の「楽しかった」を選んでました!
講師にとっては嬉しい驚きです。

次はBくんの自由記述からの一部です。
「やってみて思うのは、弱い部分やできなかった部分が
とてもよく分かったということだ。例えば・・・(略)。
毎回、この大会は気づきが多いと個人的には思う。
次回は効率をアップし、もっと量をこなせるようにしたい。」

英単語暗記大会に参加したから終わりというわけはなく、
高3生になってもリピーターとして
繰り返しチャレンジする生徒が多数います。

吉本興業役員が国連演説という記事が
9月17日・日経新聞朝刊にありました。
英語が苦手な羽根田みやびさんは同僚に作ってもらった原稿を
1か月かけて300回以上繰り返しました。
歩きながら、入浴中、出張先にも原稿を持参して。

ニューヨークの国際会議で日本企業代表として
演説をする方であっても、努力に努力を重ねています。

夏休みの1日6時間×2日間はまだまだ始まりの一歩です。
ウィングローブ英語塾でがんばる自分に出会ってみませんか?

無料体験はこちらから。


ウィングローブ夏行事

8月1日、今年も渋谷の基礎精講セミナーでした。

真剣にならざるを得ない高3生、
勉強にもしっかり気持ちが向いてきた高2生、
ようやく高校生ペースになじんできた高1生。

行徳校からは今回6名の生徒が参加でした。

会場の冷房に負けない熱気に、
日頃の少人数クラスとは違ったエネルギーを
感じてほしいと送り出しました。

今日・明日は英単語暗記大会。
さらに人数が増えての2日間です。
暑い夏にがんばった足跡を残してきましょう!!!

試験官の先生方、お手伝いの大学生のみなさん、
今年もお世話になります。

来週1週間行徳校は夏休みです。
20日(月)からほとんどの通常クラスが再開します。

英語をがんばるってどうすればいいの?
と、ご興味を持たれた方は中学生、高校生とも、
体験授業のお申し込みはこちらです。

無料体験授業申込


0108seikou.jpeg

英単語暗記大会

夏休みですね。
ウィングローブ英語塾の英単語暗記大会は8月です。
春休みの英単語暗記大会に参加した生徒の感想です。

高3:参加してよかった!
かなり疲れたけど参加してよかった。

高2:苦しかったけど、参加したかいがあった!
学年が変わり合格点が上がり、さらに暗記をやり進めていくと、
どんどん難易度が高くなっていくので追いついていけないことがあったが、
英単語は『意味が分かる・書ける・読める』の三拍子そろわないと
テストでは使えないということが改めて分かった。
同時に新たに単語や意味を覚えられたり、
知っているつもりだったが実はできていなかった部分の再確認もできた。
こうして丸一日英単語とむきあうということは
普段学校でもウィングローブの授業でもなかなかできないことだと思うので
今日学んだことを授業やテストに生かしていきたいと思う。

夏休みの英単語暗記大会、リピーターも初参加の生徒もがんばってほしいです。
期待してます。

英検ニ次対策

英検一次試験合格おめでとう!

2級に高3のAくん、
3級に中3のBくん。

英検一次の合格発表を受けて
ニ次の面接対策はどうしたらいいですか?
とよく聞かれます。
今回も高3・Aくんからの質問がありました。

まず第一は心構えです。
試験というだけで余計に緊張してしまうものですが、
一次試験を合格して面接のニ次に進んだわけですから、
自信をもって英語で答えてほしいと思います。

次に一次試験のリスニングとは形式が違いますが、
対話形式のテストであるニ次も、
面接官の先生の質問を落ち着いて
正しく聞き取ることが大事です。

ウィングローブは日頃の授業で
英文を読むことだけでなく、
CDやリピートークの音声を聞くこと、
その音を真似て繰り返すこと(シャドーイング)を重視しています。

聞こえる→わかる→答える=話す

というサイクルで英文の理解を進めています。

だから英検二次対策と言っても、
普段から聞いている音声教材を十分に利用することを忘れないように、
と伝えます。

最後に自分の意見を簡潔に伝える練習です。
知っているフレーズを使って、
設問のトピックへの賛成、反対、その理由を伝えます。
知っているフレーズを増やして、真似る練習、
これもリピートークの得意分野です。

毎日の積み重ねが大事なのは言うまでもないのですが、
直前の練習にもウィングローブ教材は大いに役立ちます。

知っていることを増やす、
忘れないように繰り返す、
実際に使ってみる。

地味だけど必要なステップを
私たちも繰り返しお伝えできればと思って
日々生徒さんに接しています。

『本物のビジネス英語力』久保マサヒデ(講談社)
今月読了した一冊です。
とても共感しながら読み終えることができました。
せっかく勉強するなら目指してほしい世界基準を知ることができます。

行徳校の無料体験授業・お問い合わせはこちらから 

→ 体験授業希望

アーカイブ

カレンダー

<   2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  • ウィングローブ英語塾