お知らせの最近のブログ記事

単語大会2日目

本日、単語大会2日目を中野サンプラザにおいて開催致します。

単語大会

本日、中野サンプラザにおいて単語大会を実施致します。


2016年4月にまたまた新しい教室が開講しました!
今回は神奈川県宮前平校・笠原先生にインタビューです。

以前英会話教室で講師をしていた笠原先生。
受験でも英会話でも「品詞と文型の習得が欠かせない」と
ずっと感じてきた中で、
ウィングローブのメソッドに共感。今回開講となりました。

高校生の頃から英語の好きだった笠原先生は
大学卒業後にイギリスへ留学経験あり。
歴史や美術に興味があり、美術館・博物館めぐりや旅行、
ランニング、音楽鑑賞、ピアが趣味とのこと。

好奇心のカタマリのような笠原先生、
英語はもちろん、色々なお話しもきかせてくれる楽しい教室になりそうです!


宮前平玄関4.JPGQ ウィングローブを知ったキッカケはなんですか?

A タウン誌に掲載されていた講師募集の広告を
偶然目にしたことです。


Q 興味を持った理由はなんでしたか?

A 広告はとても小さく目立つものではありませんでしたが、
短い文面の中にウィングローブのメソッドが集約されていて
「このメソッドなら本物の英語力につながる指導ができる!」と直感しました。

文型・品詞の理解と習得を謳い文句にしている塾を
見聞きしたことはなかったのですが、
実体験からもその大切さを痛感してきました。
自分自身が勉強してきた中で、また過去の指導経験を通して、
日本人が第二言語として英語を学ぶには
「文型・品詞の理解」は不可欠だと感じています。

開校前の研修を通してウィングローブのメソッドを深く知っていく中で、
会話重視の教育に傾く近年に、
敢えて文型・品詞に立ち返ることが
逆に英語教育の先端を行っていると思いました。



Q ご家庭のある中で開講することに不安はありませんでしたか?

A 自宅で英語塾を開きたいと長年考えていただので、
特に不安はありませんでした。
どのメソッドを選ぶべきか検索していた最中に
ウィングローブに出会い、開校することは
私にとってとても自然なことでした。
それぞれの家庭のライフスタイルに合わせた
無理のないスタートが切れるので、
家族も賛成・応援してくれています。


Q いよいよ授業がはじまります。どんな授業をしていきたいですか?

A 英語の文法の論理的な楽しさを知ってもらいたいです。
同時に英語特有のイントネーションや発音の美しさにも
たくさん触れて欲しいですね。

英語を学ぶことでお子さんの未来の選択肢は確実に広がります。
10代の大切な時期に英語の勉強に一生懸命取り組むことで、
「英語力」プラス、「コミュニケーション能力」や
「コツコツと積み上げていく力」といった、
今後の人生に役立つものを身につけてもらえるよう、
講師としてお手伝いをしていきたいと思います。

宮前平教室2.JPG


2016年4月に開校した千葉県市川市の菅野校・飛田先生にインタビューしました。

神戸大学・教育学部を卒業後、公立中学校で10年英語をご指導され、現在も市で講師をされている飛田先生。
その中で感じた英語教育の改善点をウィングローブで実践したいと、開校を決めていただきました。

最近はフラダンスに加えウクレレも習いはじめるなど、チャレンジ精神旺盛で明るく活気のある飛田先生!週末はご家族でもよく出かけたり、庭にはお嬢さんのためのバスケットゴールがあったりと、ご家族の仲の良さが伺えます。
教室には英語に関する本がたくさん!色々な角度から英語の勉強をされている熱心な先生です。教育現場を知っているからこそ出来る「楽しく」そして「しっかり」した英語指導が魅力です!



Q
ウィングローブを知ったキッカケはなんですか?         
飛田先生2.JPG

A 地域新聞で講師募集の記事を読みました。

聞いたことのない塾でしたが「品詞・文型がわかれば」というアプローチがどんなものか興味を持ったのと、「シャドーイング」と「前から英文を訳す」という方法に共感ができたので、開講説明会に参加しました。


Q ウィングローブのどこが良いと思いましたか?

A 品詞・文型からのアプローチで基本をしっかり押さえることと、シャドーイングでトレーニングしていく指導方法です。

私も以前は公立中学校で10年ほど英語を教えていましたが、学校では時間も限られていて、理解したことを使いこなすまでの練習の時間が十分に取れないことが多く、どういう活動が効率的か、いろいろ試行錯誤もしました。
そんな中でシャドーイングでの効果も強く感じていました。

英語は言語であり、「使えること」を目標にするにはトレーニングが大切。これは他の習い事や、スポーツとも同じ。ウィングローブなら、基礎を理解した上で使えるようになるためのトレーニングがしっかり出来るのではと思いました。



Q 市の小学校外国語活動指導員として働きながら自宅で教室をはじめることを決心した理由は何ですか?

A 自分の子も含め、学校のテストは範囲があるのでそこそこ出来ても、英文を書いたり話したりが苦手。実力テストや入試問題で思うようにできない生徒は多いと思います。
また、最近の小学校では、英語の表現や音に慣れることがメインです。
ウィングローブの教材と指導法で、もっとしっかり勉強したいという子供たちへのサポートができたらなと思いました。

そして、英語指導もさることながら、他教科の取り組み方などのアドバイスをしてもらえるプロのアドバイザーがついていることも、おととし大学受験生の親だった立場から魅力を感じました。



Q もうすぐ授業がはじまりますね?意気込みを聞かせてください。

A 勉強するのは生徒、何より本人のやる気が大切です。
英語がわかると、うれしい!楽しい!という実感を持ってもらえるようなクラスにしていきたいです!

菅野校1.JPG


元・全国予備校協議会会長校の校長・事務局長を歴任され、

7000人以上の高校生と個別面談・進路指導し、大学合格へと導いてきた山口先生が、

渋谷本部校にて講演会を行います。ぜひご参加ください。

参加費・無料です。

11月19日(水)午後の部・14:00~15:30 夜間の部・19:00~20:30

@渋谷本部校 tel 03-6450-6959  問い合わせ:email:shibuya@winglobe.jp

「だれも語らなかった 大学入試の現状」

kosugi-9862.jpgのサムネイル画像英語を苦手としている高校生は60%以上というのが現状です。なぜでしょうか?その原因を解き明かし、志望校合格へ導く方法を語ってくれます。

偏差値40台の生徒を多数、MARCH,早慶合格に導いてきた山口先生の経歴と経験、独自の教育理念をお聞きいただきますと、お子さんをよりよい将来へと導いていただけることと思います。

@winglobe_lesson

知っているようで知らない英語、日本語で使われているけど通じない英語

日本人が間違えやすい発音、大学受験必須熟語など毎日1回ツイートします。

通勤、通学の電車の中でぜひチャレンジしてみて下さい。

もうすぐスタートします。

どうぞお気軽にフォローして下さいね。

@winglobe_lesson

アーカイブ

カレンダー

<   2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • ウィングローブ英語塾