先生対象イベントの最近のブログ記事

カシオ辞書.jpg毎年恒例、この時期に情報セミナーを行っています。
先生方に、
役立つ情報を知っていただき、
クラス運営に役立てていただくためです。


今年は、
前半:カシオ 電子辞書の活用法セミナー
後半:教育開発出版(株) 入試関係情報セミナー

という趣向でした。

参加の先生方25人、一人一人に
電子辞書が配布され、
デモンストレーションとともに活用法を教授してもらい、
スペリングがわからないときにどうするか、など
気づいていない活用法などを学びました。
さらに効率よく利用できそうです。


後半は、教育開発出版の担当の方から、
大学受験の内容が変更すること、
また、スピーキングなど4技能+語彙力・文法力も計測できるという
ピアソンのテストのご紹介。
教育開発progress.jpg
英語の「スピーキング」「ライティング」の力まで
計測でき、
CEFRのスケールも利用し、
瞬時に結果が出るというものでした。

現中3以降、必要になってくるという4技能、
客観的なものさしとして、
本番前の練習として利用できるテストということでした。




ウィングローブでは、

在籍する先生方の指導力を高めていただくためのセミナーや講座などを、毎月の1-2回の定例研修以外にも行っているのですが、

今回は「発音講座」を企画いたしました。

講師は、英語音声学者の小川直樹先生。IMG_1653 (2).JPG

小川先生は、津田塾大学非常勤講師であり、
Heart-to-Communications代表取締役でいらっしゃいます。


30人もの先生がご参加。
みなさん「よりよい授業を」と本当に熱心です。

「英語らしい発音を身につける」というタイトルで、
「音」を、「動作」「イラスト」を結び付けることでイメージしやすくなり、

さらに発音も良くなる!というものでした。


母音の発音を、少し大げさな動作をしながら学ぶのですが、
想像してみてください、
30人がいっせいに行っている様子を!

「なんか変な宗教のようですが」と、
先生もおっしゃって、大ウケ!IMG_1640 (3).jpg

楽しく印象に残り、しかもクオリティが非常に高く、
みなさん「なるほどね!」と
随所で膝を打ってらっしゃいました。

終了後の質問コーナー、質問が次から次へと
とまりません。

日々、生徒たちの発音をどうしたらよりよくなるか、を
考えているからこその質問ばかりでした。

翌日さっそく、

「授業で応用させていただきました!」との感想が複数。

IMG_1644 (2).JPG
こんなふうに、熱心な先生が多く、

だからいっそう、さらに指導力を常に向上させていきましょう、
と本部も頑張る、

というのがウィングローブ英語塾です。

アーカイブ

カレンダー

<   2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • ウィングローブ英語塾