ウィングローブの教育の最近のブログ記事

2020年度の大学入試改革に向け、
「4技能対策」といった塾などの動きが加速しています。

4技能とは、英語を「読む」「聴く」「書く」「話す」力。

ウィングローブにも中学生の問い合わせが増えていますが、
新方式の入試で受験する層の保護者の方々が
焦って英語塾を探している、といった状況のようです。

いとも簡単に「4技能を習得」できる、といった文言をみるにつけ
「?」という気持ちになります。

「書く」「話す」力は、そんなに短期に身につくものでしょうか。
現場の感覚で言うと、NO です。

「文法を気にしすぎるから話せないんだ」という声があります。
でも、今の中高生は、それ以前のレベルの文法さえわかっていません。
それは、この約20年の、
文法軽視・コミュニケーション重視の指導法にあります。


鳥飼久美子さんも著書の中で、
「最近の大学生は、主語とか目的語のない文を作る。  
 中高で、文法をちゃんと学んでいないからだ」
といったことを書いておられました。


動詞のあとに「~を」をおきたいのに、形容詞をおいてしまう。
目的語なら名詞なのに。
それすらわかっていない生徒が多いのが実は現状です。
日本語の順番に、単語を並べてしまうなんて生徒は
上位進学校にもたくさんいます。

ちゃんとルールを教えず、
「音読しているうちに習得できる」は、乱暴です。
一部の、優秀な子、英語センスのいい子は自分でルール化できますが、
ほとんどの人は、自分でルール化は難しいので教えてもらったほうが絶対に正しく習得できます。

品詞の使い方を知り、5文型をわかる、
日本語と比較して英語のルールを習得すると
確信をもって理解でき、使えるようになるのです。

それを効率よく習得できるウィングローブでは
「英語がスゴク不得意です」と入会した生徒が飛躍的に伸びたり、
難関大学に合格したり、
すばらしい英文を書けるようになったりしています。


book_cha.png

ウィングローブでは在校生向けに
「ウィンコム」という英文ネイティブ添削サービスを行っておりますが、
最近、高校生のなかで定着しつつあります。

大学受験や英検にも必要ですが、
「書いて内容を伝えられる」ことは
「英語が使える」ということです。

以下は、添削後の英文ですが、
素晴らしい内容です。

トピック: Basic Income という考えをどう思うか

I am against the idea of basic income, for the following two reasons.

First, the idea of basic income itself is good, but it is not realistic. Introducing basic income would mean reorganizing the whole tax system. It would take too much time to gain the people's support.

Second, there is a possibility that basic income might contribute to financial difficulties or financial collapse. For example, France has a welfare system called Revenue de Solidarite Active (RSA). This system provides money to people on low incomes, on a means-tested basis, even if they don't have French nationality. Thanks to this generous system, unauthorized claims are rampant and it is a burden on the treasury. So, I would like to say that handouts from the government inevitably lead to people claiming benefits illegally.

For these reasons, I strongly believe that basic income should not be adopted.

(高田馬場校 高3生)
今年もこの時期を迎えました。

英単語・熟語暗記を朝10時~17時まで、の、英単語暗記大会が
2日間。

今年は、中野・渋谷・横浜の3箇所で、
1日平均130名が参加!

英単語集約2000語 1冊全部を暗記テスト、
終わると熟語1000も暗記です。

単語集1周終了者が50人以上!

英文法問題集を1冊テスト・説明し切る
文法セミナー。

「説明できる文法力」がつきます。
すると、
応用力がつきます。

詳細報告はまた!

今春、ウィングローブ英語塾がさらに増えます。
banner.png

【東京都】  池袋本町校 本郷校 鶴川校
【神奈川県】 北茅ヶ崎校 横浜校
【埼玉県】  浦和田島校
【長野県】  上田校 (5月より)伊那市高遠校
【群馬県】  桐生校

みなさん、この指導法で教えたら
生徒ができるようになる!とご賛同いただき、
開講されたのです。

今、学校でちゃんと文型・文法を教えない。
それなのにテストはけっこう応用力を要求してきて難しい。
ちゃんと教えてもらえばできるはずの生徒たちが
苦しんでいます。

banner.pngウィングローブなら、品詞の機能と5文型分析を身につけ、
さらに前から右へ右への訳で、
かんたんに英文の構造がよくわかる。
すると、正しく・速く、ちゃんと読める・書ける力、
音読・シャドーイングでリスニング力もつき、
総合的に英語力がつきます。

そして、うちのもうひとつの強みは
ひとクラス数人の中での、個別対応。

集団授業でも、映像授業でもできない
ー 弱点を個別に克服
ー 戻るべきところに戻ってそこから復習、その見極めができる
ー 個別に対応 でも
  1クラスに数人生徒がいるので、
  1対1の欠点「生徒のペースになってしまう」がない

そして、さらにウィにグローブの強いのは
先生たちです。
毎月の講師研修で
常に指導方法をブラッシュアップしbanner.png
お互いに指導アイディアをシェアし
経験を重ねている
プロ講師ばかり。
大学生はいません。

こんな強みばかり、
絶対に英語力があがる英語塾。ウィングローブです。


 



留学すると年収が高い人が多い! と言う記事が日経に掲載されました。

留学前に英語をかなりできるようにしてから留学した方が、
より有意義な留学になるハズ。
ウィングローブでは、大学生になるまでに、
英語の基礎をしっかり身につける方針です。
そして海外に出れば、あとは実地訓練あるのみ! です。

ウィングローブは、
大学は、なるべく一般受験で行こう!を標榜しております。
大学受験生活をきびしくちゃんと経験することで
人間力もつく。打たれ強い人格となる。
ウィングローブは
グローバル時代を生き抜く
英語力と人間力を育てています。



留学有無で年収に差 明大など調査、柔軟性・忍耐力も向上
2015年12月16日 日経新聞電子版

 海外の大学で学位を取った人は、留学経験がなく国内大学を卒業した人に比べ、就職後の年収が男性で平均70万円、女性で同109万円多いことが、明治大の横田雅弘・国際日本学部長(教育学)らのグループの調査で分かった。

 留学経験者の方が柔軟性や忍耐力が高まったと考えている人の割合が高いことも判明した。
 横田学部長は「留学は語学力だけでなく、社会人に求められる能力の向上にも効果があることが分かった」と指摘している。

 調査は今年1~9月、全国の20~50代の男女を対象に実施。海外の大学や大学院、語学学校などに留学したことがある4489人と、留学経験がなく国内の大学や大学院を卒業した1298人について、現在の年収のほか、留学や学生生活で得られたと考える能力などを聞いた。留学経験があるグループと、ないグループの年齢層や性別はほぼ同じ割合になるよう調整したという。

 このうち男性では、海外の大学で学位を取った学士留学者(218人)の現在の平均年収は645万円で、留学経験がない国内大卒業者(334人)の575万円を70万円上回った。女性の場合、学士留学者(198人)の439万円に対し、国内大卒(376人)は330万円で、109万円の開きがあった。

アーカイブ

カレンダー

<   2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • ウィングローブ英語塾