2016年大学合格体験記の最近のブログ記事

2016年 大学受験 合格結果 
英語だけ教えているのに 国公立大に合格する ウィングローブ英語塾!

受験生114名のうちの合格率が95.6%、つまり109名が大学に合格

国公立大合格者が去年の10名を大幅に上回る21名!
114名のうち18%が国公立に合格しました!
しかも英語塾なので英語しか教えていないのに、
科目数の多い国公立でも受験実績が出ている!というところが
ウィングローブのストロングポイントです。

英語以外の科目は、進路アドバイザーの山口先生の指導のもと、
予備校に行かずに理系も国公立も合格できている人が増えている、
ということです。
生徒の合格体験記を読んでいただけば、
山口先生のアドバイスにいかに感動して従って受験を乗り越えたかが分かると思います。

大学受験の結果を見ると、延べ合格者数ですとかなりの人数にみえる上位校も、
進学者実数を見ると実はそれほど実績が出ていないということがわかります。

最低でも国公立・早慶上智・ICU・GMARCH理科大に進学を希望する、
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城の上位進学校283校中、
延べ合格数ではなく、実際にこれらの大学に50%以上進学した高校は、
たった61校、つまり21.6%しかありません(2014年・週刊朝日より)。

ウィングローブ英語塾は、入塾テストなしで、
昨年も今年も、
受験生の半数が国公立・早慶上智・ICU・GMARCH理科大に合格しています!

【合格大学】

《 国公立大 》 21名  (昨年度10名)

東工大(Ⅰ類) 東京農工大(農) 筑波大(生物資源) 東京外語大(国際社会)
千葉大(法政経) 横浜国立大(経済) 電気通信大 2名 
首都大学東京(都市教養)4名 
埼玉大 横浜市立大2名 
新潟大(理) 信州大 静岡大(工学部) 
岐阜大(応用生物科学)  他

《 私立大 》

早稲田・慶応・上智・ICU合格者数 42名(昨年は126名中40名)

(合格大学)早稲田17名、慶応11名、上智11名、ICU3名、明治16名、立教12名、青学6名、法政11名、中央3名、学習院8名、東京理科大9名、成蹊・成城6名、東京女子大・日本女子大・津田塾・明治学院22名、北里大、東邦大、立命館、武蔵、日大、東洋、駒沢、専修、日本獣医、麻布、学習院女子、獨協、芝浦工大、東京都市大、東京電機大、東京農大、フェリス、東京薬科、明治薬科、昭和薬科、日本薬科 他多数合格

《 合格体験記 》
SY
さん ひたすら書き続けたSVOC 文章を前から順番に理解して合格!   上智大学 文学部 信州大学 人文学部 明治学院大学 文学部に合格 

今思い返しても、私が高1になった時の英語の成績はひどいものでした。もちろん英語が好きではなく、それからの2年間は模試も学校の試験も最底辺。ただ、上野先生の「高3で一気に偏差値はあがります。」「学校の成績なんて気にしなくて大丈夫。」という言葉を信じて塾に通いました。そして高3の初めての模試――偏差値は高1と比べ倍になり、いつのまにか友達から英語の問題についての質問を受けるようになっていました。

毎週受け続けた単語と熟語のテスト、ひたすら書き続けたSVOC、「こんなの寝てても言えるでしょ!」と上野先生に厳しく仕込まれた文法の数々――問題を解いていると、自分が今まで積み上げてきたものが、大きな力となっていることに気づきます。そして、それらに裏付けされた長文読解は、解いた問題数に比例してできるようになっていきました。

また、文章を前から順番に理解していく方法は、他の塾に通う友達にとても羨ましがられました。私には、頭のイメージで英文を捉えるというやり方が本当に楽しく、現代文を解いている気持ちになることもしばしばありました。今や英語は私の得意科目となっています。単語や熟語、文型、細かな文法は、他の塾ではなかなか身につくものではありません。
ウィングローブに通って本当によかったと、今心から思います。

MRさん 学校の補習もとらず、予備校にも行かず、ウィングローブのみで国立大に合格! 普連土学園高校 国立・電気通信大 法政・理工 他合格

私は高3直前の2月に入会したのですが、まず、初めての山口先生の面談で、受験までの過ごし方・勉強の方法が驚くほど変わりました。考えていたことの間違いに気付かされました。私は、初めての山口先生の面談で、学校でとっていた放課後・土曜日の補習をすべてやめました。学校の友人は、ほぼ全員補習をとっていましたが補習で難しい問題をやるよりも前に基礎を自力で勉強した方がよいと山口先生に言われたことに深く納得したためです。予備校に行くと難しい問題の解説を、わけもわからず聞きノートにとるだけ、ということになると予感していたので予備校には行きませんでした。
基礎だけでも手一杯なのに予備校の授業・予習・復習に時間を費やしていたら疲れきって何もできなくなっていたと思います。それから定期的にある面談の存在は、私にとってとても心強いもので、「山口先生がいるから大丈夫」と思っていました。

高3直前の2月にこの塾に入り、英語の苦手だった私ですが、英語の勉強はこの塾にまかせていれば大丈夫!と、塾で課されたこと以外は特にやらず、他の教科に力をそそいでいました。私にとって英語は苦手科目であり、模試でいつも一番悪く、正直いちばんやりたくない科目だったので勉強方法は右も左もわからない状態でした。しかし、ウィングローブに通い始め、先生に素晴らしい授業をしていただき、英語はウィングローブに任せて大丈夫だと確信しました。そのため英語に関しては何も心配することなく、週に1回ウィングローブに行くだけで、他の科目の学習に集中することができました。

そのおかげで私はウィングローブにしか通うことなく国立大学に合格できました。たった1年と少しで英語が苦手だった私に自信が持てるまでにしてくれたウィングローブ英語塾に心から感謝しています。

S君  静岡大(工学部)、芝浦工大 他合格 (平塚中等教育)sakura 1.jpgのサムネイル画像

静岡大学に合格しましたが、最初はとても国立なんて目指せる状況では
ありませんでした。
これを読んでいる皆さんには、
ぜひともウィングローブを信じて勉強に励んでもらいたいです。

英語はやはり単語と熟語と文法です。
ごくごく当たり前のことですが、自分にはこれがなかなか大変でした。
単語の暗記が嫌いで、ずっと逃げていたので
真に本腰を入れ始められたのは高2の夏からでした。
時間をかけてもすぐには覚えられるものでもなく、
自分も高3まで偏差値50台になれませんでした。
しかし、途中で折れずに、毎日決めた時間分、
必ず単語と熟語と文法にかけるということが大事だと思います。
そして、間違えた単語も文法も必ず手で書くということがミソです。

「文法も?」と思う人もいるかもしれませんが、文構造を理解しながら書くことで
英作文にも強くなっていきます。
ついでに、単語まで覚えられます。
紙に書いた英文を寝る前に1回、解けなかった理由を確認しながら
読み直すのもいいですよ。
長文もたとえ3分だけであろうとも必ず毎日音を聞きながら読むことが大切です。
それが長文読解のスピードに大きく左右してくるので、頑張って続けてください。

理系科目は、背伸びせずに基礎から確実に固めていってください。
わからないところは必ず誰かに聞いて必ずわかるようにメモを取ってください。
そして、その問題を解き方の道筋がはっきりと説明できるくらいまで何度も解き直して、
その問題集を解きあきるぐらいまで5周でも7周でもしてください。
周りの友達と同じようにどんなに新しくて難しい問題集を解いても、
自分でそこまでの基礎がなければあまり意味がありません。
どんなに不安になっても一冊ずつ必ず終わらせていくことが、
特に高3の秋以降にとても大切です。

最後に、受験はとてもつらいですが、
無理をせずに、一日一日を大切にして頑張ってください。

岐阜大学に合格したHさんのコメントです!  (国学院久我山高校)  sakura 3.jpg

  合格大学:
    岐阜大(応用生物科学部)
    麻布大(獣医学部)  他
    

winglobeを一時期やめていた期間があるからこそわかることかもしれませんが、
毎日やる、毎週テスト...。
苦しくてもその繰り返しが
どんなプレッシャーがかかった場所でも実力を発揮できる
唯一の方法なのだと、受験を経験して思いました。

勉強を主体的にやる、自分で説明できるようにする、
これを、どの科目でもやること、

それが本当に私の力になりました。

改めて...ありがとうございました。お世話になりました。

文系から再受験して医学部に合格!

         獨協医科大学医学部、金沢医科大学医学部 合格 

ウイングローブには、現役の時と今回の2回、お世話になりました。

特に、今回は文系からの再受験だったこともあり、
理数系の勉強はゼロからスタートでした。

しかし、現役の時のウイングローブでの勉強のお陰で、
英語はほとんど勉強せずに点を取ることができました。

ちなみに、センター試験は189点でした。現役の時に使っていた
CD教材を暗記するほど聴いて音読することで、相当力がついたと思います。

また理数系の勉強では、山口先生のご指導のお陰で、
余計なことに手を出さず、基礎をしっかりと固めることができたことが
合格につながったと思います。
基礎を身につけることは、思っているよりもずっとずっと難しいです。

山口先生には、反復を何度も繰り返すことの重要性を教えていただきました。
量は並大抵なものではありませんが、逆にこれを乗り越えることができれば、
自ずと結果はついてくると思います。

また反復を繰り返すことには、もう1つメリットがあります。

それは、自分ができていない、覚えていない部分が見えてくることです。

これは分かることが多くなってくる受験の後半で非常に有効になります。
すぐに結果は出ませんが、辛抱強くやり切ることが重要だと感じました。

山口先生のおっしゃることは、もしかしたら最初はピンとこないかもしれません。
大変失礼ながら、僕は最初、半信半疑でした。

しかし、それは勉強というものをあまり理解していなかったからだと思います。

勉強はピラミッドの容器に水を溜めていくようなものだとおっしゃっていた
山口先生のお言葉は、とても印象に残っています。最初は、なかなか
水は溜まりにくいが上に行くほどに水は速く溜まっていく。
つまり、長くやればやるほど習得、理解のスピードはどんどん
速くなっていくということだと思います。

最後に、自分のことについて書きたいと思います。
参考になれば嬉しいです。

僕が勉強をしていた時に気をつけたことは、分からなかったこと、
気になったことは、全て人に説明できるまで理解することでした。

ただ覚えるだけではおそらく、1、2か月もすれば忘れてしまうと感じたからです。

このおかげで、広い範囲を暗記、理解することができました。
人に説明できるまで勉強する。これができれば、学力はつくと思います。

また、僕は1日12時間以上勉強しました。

これを5月からほぼ毎日続けました。
そのお陰で、試験では『自分は最大限勉強した、やれることはもうやった、
これでだめなら仕方がない』と思うことができ、緊張もさほどせずに
受験することができました。
『自分が納得できるまでやる』これが大事だと思います。

常に自分に厳しく、決して"このくらいでいいや"と思わないように
したほうがいいと思いました。
そして、勉強がきつい時は自分が医師になりたいと思った
当初の気持ちを思い出しながら踏ん張りました。
何か1つでもモチベーションを保てるものを持つといいと思います。
人間は必要だと思ったことはたとえ嫌いであってもやり切れると思います。

自分の目標、やりたいことを持っている人はそれを志した時の気持ちを
大事にしたり、まだ見つかっていない人は、上の大学に行けば
自分の選択肢が広がると考えてそれをモチベーションにするのもいいと思います。

自分に厳しく、山口先生始め、ウイングローブの先生と一緒に
ご自分の将来に向けて全力で頑張ってください。

応援しています。

                    

アーカイブ

カレンダー

<   2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • ウィングローブ英語塾