2015年大学合格 体験記の最近のブログ記事

WY くん 早稲田・社会学部、文化構想学部 他合格 (錦城高)

私は、高2の春に高田馬場校に入塾しました。
入る前、私は、英語が苦手でした。

入塾して先生の言葉を信じ、単語や文法を根気よくやり、
テキストのCDを聞きながら何度も音読し、
五文型を常に意識しながら、必死に取り組みました。

次第に速読力が上がると同時に、模試の成績も上がっていきました。

また、元から得意であった国語は、
山口先生から勧められた教材をやっていく内に
読解力の理論づけができ、古文の点数が上がり、
日本史は、アドバイス通りこなすことで、
常に高得点を維持出来ました。

すべ山口先生のアドバイスを信じてやってきたからこそ、
予備校にも行かず、学校でも難しいと言われていた
大学に合格できたのだと思いました。

本当に、先生方に出会えて良かったと思っています。

ありがとうございました。
002mj_cherry1.jpg

Mさん 慶応・文学部 青山学院大 他合格 (頌栄女子学院)

学校の進み方が速くなって中1からついていけなくなり、
英語の勉強の仕方がわからなかったのでこの塾に来ました。

文型や品詞について教わって最初はとまどいました。

文型については学校で一応習っていたはずでしたが、
しっかり教わったのは初めてでした。

そして、文型がわかると、さっぱりわからなかった英語が
少しずつわかるようになりました。

受験を終えて、
やはりウィングローブでやってきた英語の勉強の仕方は正しかったのだと確信しました。

あんなに壊滅的な英語の成績の私でも

慶應合格レベルの英語力を身に付けることができたのは

ウィングローブのおかげです。
lgi01a201403120800.jpg

Eくん 筑波大・生命環境学群 進学 (江戸川学園取手高校)

僕がウィングローブに通い始めた頃は、
テストの点数が取れず、勉強方法もわからない、
でも危機感もない状況でした。
紹介で半ば無理やり連れてこられ、あまり期待はしていませんでした。
それどころか、単語と熟語を毎週覚えなければならず、
ただただ辛さしか感じませんでした。

でも、まだ結果も出ていない時、
ほかの塾と明確な差として認識できたのは、
山口先生のアドバイスでした。

学校の先生よりも親身で、
他の塾の先生よりも的確に思えました。

何より、受験生としての立場を配慮してのアドバイスに好感がもてました。

そしてこの塾での指導は、和訳し問題を解かせる学校の授業と違い、

厳しいながらもわかりやすく、英語を本質から理解することを
助けてくれるものでした。

テストや点数の結果に伸び悩む頃、
「構文を意識しなさい」 と山口先生によく言われました。

前から意識的に読むようになると英語の点数も伸びてきました。

いまウィングローブに通う人に伝えたいことは、
ぜひ途中でやめることなく最後まで続けて欲しいということです。

一見苦行のようにも思える
単語熟語基礎精講と授業は
英語力アップには欠かせないものです。

ぜひ先生や山口先生を信じて頑張ってください。

 plant_cherry_blossoms01.jpg

 

アーカイブ

カレンダー

<   2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • ウィングローブ英語塾